【一番高く売れる】アウディ S8の買取・査定相場、リセールバリューや高額売却のコツ

 

 

 

 

 

 

連絡・査定はセルカのみで
最大6000社があなたの車に値付け!

セルカにお申込みをいただくと、セルカと提携している全国6000社の車屋さんにあなたの愛車を見てもらえます。
お客様への連絡はセルカからのみなので、しつこい営業電話をいろんな業者から受けたり、何回も査定を受ける手間がありません。

書類手続きやローンの精算なども
セルカサポートがすべてフォロー!

お車のご売約後に発生する、書類の提出等の諸手続きもセルカのサポート部隊がすべてフォローいたします。
お引渡しからご入金まで、他の業者さんなどと連絡をとっていただく必要は一切ありません。

通常の車買取ではかかる
中間業者の手数料がかかりません!

一括査定などの買取業者はお車を買い取ったあと、車屋さんに再販します。このときにかかる費用や買取業者の利益分がが予め査定額から引かれています。
セルカでは間に入る業者を飛ばして、実際に「この車がほしい!」という方に直接車を買ってもらうことができるため、買取業者が得ていた利益や手数料をお客様に還元できます。

 

 

 

アウディ S8を高く買い取ってもらうコツ

 

アウディ S8の人気グレード

 

アウディ S8には同じ車種での別ラインナップは存在せず、カタログ上はすべて「ベースグレード」となります。
これは日本に登場した2001年から現在に至るまで変わっておらず、特別仕様者も存在しません。
アウディが誇る最高級乗用車の1台であり、ライバルにはメルセデス・ベンツ Sクラス、BMW 8シリーズが存在します。
Fセグメントと呼ばれる大型乗用車に分類されるだけではなく、その高い性能からほかの2台と激しくしのぎを削っているのです。

S8はヨーロッパでは1997年から、日本では2001年から製造・販売を開始しています。
ベースとなったA8に、専用のフロントグリルやサスペンションを採用した、ある意味特別仕様車と同等の扱いを受けています。
新車価格は最新モデルで2000万円を超える超高級車ですが、アウディのブランド力からか、一定の購入者層がいるのも事実です。
ただ、新車購入のハードルが高いのは間違いないので、中古車で買い求めるオーナーも少なくありません。
グレードが「ベースグレード」一択なのでグレードによるリセールバリューは気にする必要はありませんが、その反面、車の状態や外観に査定額が左右されることは覚えておきましょう。
日頃からきれいかつ丁寧に乗り、決められた点検でメンテナンスできていればまず問題はない可能性が高いです。

 

アウディ S8の人気カラー


アウディ S8の人気カラーはブラック・ホワイト・シルバーの3色です。
無難な3色ともいわれるボディカラーであり、遊び心がないと思われがちですが、これらの色が選ばれるのには外観を損ないにくいという理由があります。
ブラック・ホワイト・シルバーは一般的に傷や汚れが目立ちにくく、手入れを多少しなくてもきれいに見える特徴があります。
もちろんまったく手入れがいらないわけではありませんが、毎日のように洗車をする必要がないため、よく選ばれるボディカラーでもあります。
11色あるカラーの中でもこの3色は非常に人気があるのですが、ブラックとシルバーには複数のカラーバリエーションが用意されてるのです。
このうち「メタリック」ではないのはブラック系の「ブリリアントブラック」1色で、残りのボディカラーはすべてメタリックになります。

メタリックは、外観こそきれいに見えますが手入れの際には注意が必要なカラーです。
特に注意すべきはワックスがけで、市販のワックスを使用するとメタリックの層に傷が入ってしまい、とてもみっともない姿になってしまいます。
もちろんそうなってしまえば買取額は大幅に下落してしまうので、S8専用の純正ワックスを使用するか、コンパウンドの入っていないやや高めのワックスを使いましょう。

 

アウディ S8の人気オプション


アウディ S8の人気オプションはあらゆるオプションがパッケージになった「Sラインパッケージ」です。
アウディ全車種で設定できるオプションパッケージで、内外装問わずスポーティ使用に変更できることで人気があります。
好みに合わせて必要な部分だけオプションでカスタマイズすることももちろんできますが、追加費用などを考えるといくらかお得になるように設定されています。
もともと新車価格が高いS8であり、新車購入時にしか設定できないオプションであるため、設定されている個体であれば高額査定の対象になるでしょう。
もちろん一部パーツだけのカスタマイズでも高額査定につながる可能性はあります。
純正オプションそのものの金額が高いため、ついていればプラス評価になることはまず間違いありません。
しかし、「Sラインパッケージ」で一括で人気オプションが装備できることを考えると、一部カスタマイズよりもパッケージでカスタマイズされているモデルの方に人気が集中するのはある意味当然です。
もし「Sラインパッケージ」装備のS8を査定に出す際は、カスタマイズした部分の機能がおかしくなっていないか、見た目の美観は損なわれていないかをよく確認しましょう。

 

 

 

アウディ S8の特徴

 

アウディ S8の概要


アウディ S8は、1997年に登場したハイパフォーマンスセダンです。
アウディ A8をベースに専用フレームやスポーツサスペンション、各種専用パーツをふんだんに用いて高性能化されているモデルになります。
エクステリアは、5mを超える超大型セダンであることが特徴です。
そんなボディには、オールアルミボディのASF(アウディ・スペース・フレーム)が採用されるなど先進の技術を投入して製造されてきました。
インテリアでは、超高級なレザー表皮やアルカンターラ表皮といった素材が用いられリッチなテイストを演出。
音響も最高級機器「B&Oアドバンスドサウンドシステム」を採用するなど徹底したこだわりがみられます。
車内の安全装備では、デュアル&サイド&ヘッドレベルエアバッグを搭載。
シートベルトはテンショニングシステム付きで、アウディ先進の安全性能も万全に搭載されてきました。
エンジンは、大排気量・高性能仕様ながら年々、環境負荷への取り組みが強化されてきており、直噴式、気筒休止システム(シリンダーオンデマンド)、アイドリングストップ、エネルギー回生システムといった時代先進の低燃費技術が投入されてきています。
足回りでは、アルミニウム製の軽量かつ高性能なサスペンションを搭載。
先進のスポーツアダプティブエアサスペンションや「 Audi drive select 」(走行モードの切り替え機能)を搭載し、状況に応じて違った味わいのドライビングフィールを堪能することができました。
価格は1000万円をゆうに超える超高級車で新車購入層は限られますが、その憧れから中古車市場を注目するユーザーが一定数存在しています。

 

アウディ S8の魅力

 

アウディ S8の魅力は、スポーティタイプの車らしい走行性能と、最高級グレードであるデザインです。
S8のベースになったのは、アウディのフラッグシップモデルであり、高級乗用車でもあるA8です。
高級感のある走りはもちろんのこと、A8では感じられない疾走感を味わうことができるようになっています。
具体的には専用フロントグリルやサスペンションの導入による走りの違いがあります。
全長5,000mmを超える大柄のボディでスポーティな走りを実現するために、さまざまな部分でS8専用の装備が装備されているのです。
2代目以降、現行モデルに至るまでS8の駆動方式は四輪駆動方式を採用。
アウディ独自のシステムである「クワトロ」による力強い走行を楽しむことができるのです。
エンジンもV型6気筒からV型8気筒になっており、出力性能も340PSから571PSまで向上しています。
反面犠牲にされがちな燃費性能にも改良の手が加えられており、A8で10.5km/Lであったものが11.4km/Lになりました。
わずかな差ではありますが、エンジンの出力が上がったことを考えると十分低燃費化していると言えます。
ベースとなったA8とはまた違った乗り味を味わうことができますが、コンセプトがそもそも違うため、スポーツカーらしい走りを体感したいのならS8がいいでしょう。

同時に、アウディが誇る最高級グレードでもあるため、内装・外装ともに高級感あふれるデザインに仕上がっています。
ラグジュアリーな外観と内装は、初代が誕生して以来ずっと続いており、アウディの最上位クラスらしい風格です。
現行モデルである3代目S8は特にこだわりぬかれたパーツが採用されており、先代・先々代のも増して高級感を醸し出しています。
特にコックピットのインパネに採用された光沢のある素材は、運転中の視覚的な刺激にもなるでしょう。
また、液晶ディスプレイはサイズにまでこだわっており、徹底的に高級感と使い勝手を考えているものになっています。

ホイールベースも約3,000mmと長く、安定した走行に一役買うような仕上がりです。
Fセグメント特有のボディの長さを生かした結果ですが、運転が案てするのはS8の魅力といっていいでしょう。
ゆとりある室内空間の実現にも大幅に貢献しており、ドライバーだ絵ではなく車に乗る全員が快適な空間で快適に過ごせるように設計されました。
外観こそ控えめな仕上がりになっていますが、こだわるところにはしっかりとこだわりが反映されており、おとなしくもなければ派手でもない、まさしくちょうどいい1台に仕上がっています。
ドイツ車特有の存在感や威圧感というよりは、高級車らしい仕上がりになっているといったほうが正解でしょう。
スポーティモデルでありラグジュアリーモデルでもあるS8は魅力の塊と呼ぶにふさわしい機能を有しているのです。

 

アウディ S8の歴史

 

初代アウディ S8(D2型)は、1997年に登場しました。

アウディ・スペース・フレームとよばれるオールアルミボディで製造され、軽量かつ堅牢なボディに仕上げられています。

エクステリアは、全長×全幅×全高で、5035mm、1880mm、1415mm、ホイールベースは2880mmで車重は1850kgほどでした。(2001年発売モデル「4.2L」グレード)

エンジンは、V型8気筒4.2L(最高出力360ps)を搭載。

駆動方式はフルタイム4WD、サスペンションは全アルミニウム製で前後輪に車体のロールを抑えるスタビライザーを組み込み、前輪に4リンク式、後輪にはトラペゾイダルダブルウィッシュボーン式サスペンションを搭載していました。

販売面では、日本にも2001年より導入・販売がスタートしています。

つづく2代目アウディ S8(D3型)は、2006年~2010年にかけて製造販売されていました。

エクステリアは、全長×全幅×全高で、5055mm、1895mm、1430mm、ホイールベースは2944mmで車重は1940kgほどでした。(2012年発売モデル「5.2L」グレード)

エンジンは、V型10気筒DOHC40バルブ構造を持つ5.2L(最高出力450ps)を搭載。

直噴ガソリン技術(FSI)が採用されるようになり、わずか2,300rpmという低回転時にトルク性能の90%を引き出せるという普段使いでも扱いやすいチューニングがなされていました。

駆動方式はフルタイム4WD、サスペンションはアダプティブスポーツエアサスペンションを搭載。

最高級セダンとしてのラグジュアリー性とスポーツカーとしての高性能さを兼ね備え、実用域のトルク性能も非常に太いという万能の車となりました。

価格はさらにアップし、乗り出し価格は1500万円を超えました。

その後、3代目アウディ S8(D4型)が2011年に登場します。

エクステリアは、全長×全幅×全高で、5145mm、1950mm、1455mm、ホイールベースは2995mmで車重は2080kgほどでした。(2012年発売モデル「4.0L」グレード)

エンジンは、環境負荷に配慮してダウンサイジングを敢行。

V型8気筒4.0Lとなりましたがツインターボ技術を駆使して最高出力520psを実現。

全長5mを超える全輪駆動の最大級セダンにして0-100km/h加速は4.2秒という驚愕のタイムを記録しています。

一方で、気筒休止システムやアイドリングストップ機能、エネルギー回生システムを搭載し燃費性能にもこだわりが見られるようになりました。
駆動方式はフルタイム4WD、サスペンションは前輪が5リンク・ウイッシュボーンアンチロールバーエアサスペンション、後輪には、トラペゾイダルウィッシュボーンスタビライザーバーエアサスペンションを搭載。
「Audi Drive Select」を用いて5つの走行モードを切り替えて使用することができるようになっています。

 

アウディ S8買取相場の傾向


アウディ S8の買取相場の傾向は安定こそしていますが、買取価格が高いわけではありません。
新車価格の関係で中古車市場での流通台数も決して多いとは言えないため、一見すると非常に高額で買い取ってもらえるように思いますが、実際は厳しい査定基準のもとで審査がされるようになっているのです。
一般的に採用される査定基準は、国産車や比較的安価な輸入車に適用されるものですが、S8のように高級輸入車になると異なる査定基準が採用されるようになっています。
大きく異なる減額対象と減額幅です。
査定額決定のメインである年式と走行距離ひとつとっても、その減額幅は非常に大きく設定されています。
また、傷や汚れに関しても高級輸入車とそれ以外では1.2~2倍の開きがあるものの、減額幅が大きめに設定されているのです。
その結果、S8は新車価格が2000万円を超えるにもかかわらず、買取相場の高い数値をとっても300万円台が関の山になってしまっているのです。
この傾向は年式や走行距離にかかわらないことが多く、購入した時点で新車価格と同等の額で買い取ってもらえる可能性は極めて低いと考えておくべきでしょう。
新車購入する層が少ない反面、中古車購入で購入する層が多い理由は、明らかに新車価格で購入するよりもお得に購入することができるからに尽きます。
中古車購入すれば、新車価格の1/3程度で手に入る可能性もあるからです。

S8を高額で査定してもらう方法はできる限り新しい年式で、走行距離は限りなく0kmに近いことが理想ですが、実際問題そんなことは不可能です。
S8を少しでも高く買い取ってもらうには、加点してもらえるポイントを作るのではなく、これ以上減額されないための努力が必要になります。
もちろん早めに手放せばそれだけ減額幅は最小限に押さえられますが、それ以外の方法がないわけではありません。
例えば外観のきれいさを保つための洗車やワックス、車内の清掃をするだけでも減額幅を抑えることができるかもしれません。
あわせて購入時についていた装備やオプションのうち、取り外してしまっているものをそろえて多くだけでも買取価格の減額に一定の歯止めはかけられます。

そして査定を依頼する先を輸入車専門の中古車買取店にするといいでしょう。
日本で有名な中古車買取店は、輸入車の査定に慣れていないケースも多く、しっかりとした市場価値を知らないままに査定額をつけることもあります。
中古車買取オークションのセルカでは、輸入車専門の中古車買取店とも提携しているため、セルカにお任せいただければ自動的に輸入車専門店の評価も得ることができるのです。
自分でお店を探すよりも手軽で、かつ高額での買取も期待できます。
せっかく高額で購入したS8に正しい評価・査定をしてほしいのなら、中古車買取オークションのセルカまでご相談ください。

 

 

コラム編集部
SellCa車買取コラム編集部
中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

SellCaオークションのご利用の流れ

 

  • Step 1

    無料査定申込

    無料査定申込 あなたの愛車情報をご入力ください

    あなたの愛車情報を
    ご入力ください。

  • Step 2

    査定

    査定

    ご自宅で査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分程度です。
    ※エリアによってはお伺いできない場合もありますのでご相談ください。

  • Step 3

    オークションに出品

    オークションに出品

    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに
    出品します。
    全国最大6000社のバイヤーがオンライン入札!

  • Step 4

    売却

    売却

    オークションで最高額にご納得いただけたらバイヤーへ売却!愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。

 

 

 

 

アウディ車種別の買取実績相場

 

車種 買取価格
A1 9.3万円〜37.6万円
A1スポーツバック 78.2万円〜132.1万円
A3 10.7万円〜189.5万円
A3セダン 63.5万円〜201.7万円
A4 9.4万円〜211.8万円
A5スポーツバック 42.2万円〜399.1万円
Q3 138.6万円〜171.8万円
Q5 117.1万円〜376.2万円
Q7 175.4万円〜516.4万円
RS4 386.6万円〜386.6万円
S4 73.2万円〜73.2万円
S5 168.9万円〜168.9万円
TTクーペ 9.8万円〜314.2万円

 

 

 

 

S8と同じボディタイプ別の買取実績相場

 

車種 買取価格
BMW 4シリーズ 207.9万円〜268万円
プジョー 5008 26.8万円〜26.8万円
BMW 5シリーズ 11.9万円〜391.4万円
BMW 7シリーズ 18.9万円〜407.6万円
アウディ A3セダン 63.5万円〜201.7万円
アウディ A4 9.4万円〜211.8万円
アウディ A5スポーツバック 42.2万円〜399.1万円
スバル BRZ 154.2万円〜154.2万円
メルセデス・ベンツ CLAクラス 110.4万円〜762.1万円
メルセデス・ベンツ Cクラス 6.1万円〜376.2万円
メルセデス・ベンツ Eクラス 6.8万円〜405.4万円
レクサス GS 12.2万円〜279.3万円
レクサス HS 27.8万円〜138.6万円
レクサス IS 38.1万円〜361.5万円
レクサス LS 32.1万円〜1163.4万円
BMW M3 477.3万円〜477.3万円
BMW M5 291.4万円〜291.4万円
BMW M6 412.3万円〜412.3万円
アウディ RS4 386.6万円〜386.6万円
アウディ S4 73.2万円〜73.2万円
トヨタ SAI 21.8万円〜134.9万円
スバル WRX S4 133.8万円〜347.8万円
トヨタ アクア 76.6万円〜76.6万円
マツダ アクセラ 52.7万円〜100.9万円
マツダ アテンザスポーツ 32.9万円〜32.9万円
マツダ アテンザセダン 11.9万円〜189.3万円
トヨタ アリオン 7.5万円〜91.4万円
トヨタ アリスト 5.7万円〜8.5万円
トヨタ アルテッツァ 8.2万円〜8.2万円
スバル インプレッサ 14.3万円〜138.1万円
トヨタ カムリ 13.1万円〜315.2万円
トヨタ カローラ 6.7万円〜17.9万円
トヨタ カローラアクシオ 10.3万円〜89.2万円
トヨタ クラウン 3.3万円〜329.8万円
日産 グロリア 99.9万円〜99.9万円
日産 シーマ 7.3万円〜9.6万円
フォルクスワーゲン ジェッタ 10.1万円〜10.1万円
ホンダ シビックハイブリッド 16.9万円〜16.9万円
日産 シルフィ 17.4万円〜28.5万円
日産 スカイライン 2万円〜511.1万円
トヨタ セルシオ 6.9万円〜43.5万円
日産 ティアナ 68.8万円〜174.4万円
日産 ノート 46.8万円〜46.8万円
フォルクスワーゲン パサート 56.4万円〜56.4万円
ポルシェ パナメーラ 482.9万円〜482.9万円
日産 フーガ 3.4万円〜158万円
トヨタ プリウス 7.5万円〜246.1万円
トヨタ マークII 10.2万円〜136.6万円
トヨタ マークX 11.1万円〜192.9万円
日産 マキシマ 6.4万円〜6.4万円
スバル レガシィ 9.2万円〜9.2万円

 

 

 

 

人気車種の買取実績相場