【一番高く売れる】アウディ S3の買取・査定相場、リセールバリューや高額売却のコツ

 

 

 

 

 

 

連絡・査定はセルカのみで
最大6000社があなたの車に値付け!

セルカにお申込みをいただくと、セルカと提携している全国6000社の車屋さんにあなたの愛車を見てもらえます。
お客様への連絡はセルカからのみなので、しつこい営業電話をいろんな業者から受けたり、何回も査定を受ける手間がありません。

書類手続きやローンの精算なども
セルカサポートがすべてフォロー!

お車のご売約後に発生する、書類の提出等の諸手続きもセルカのサポート部隊がすべてフォローいたします。
お引渡しからご入金まで、他の業者さんなどと連絡をとっていただく必要は一切ありません。

通常の車買取ではかかる
中間業者の手数料がかかりません!

一括査定などの買取業者はお車を買い取ったあと、車屋さんに再販します。このときにかかる費用や買取業者の利益分がが予め査定額から引かれています。
セルカでは間に入る業者を飛ばして、実際に「この車がほしい!」という方に直接車を買ってもらうことができるため、買取業者が得ていた利益や手数料をお客様に還元できます。

 

 

 

アウディ S3を高く買い取ってもらうコツ

 

アウディ S3の人気グレード


アウディ S3はA3のラインナップに入るグレードのため、単一のグレードはありません。
中古車市場ではベースグレードやスポーツバックと呼ばれていますが、ベースグレードは初代 S 3のみにラインナップされていたもので現在はスポーツバッグと呼ばれています。
また中古車市場では少ないものの、セダンタイプも存在し、走りを追求するか使い勝手を追求するかで選べるようになっているのです。
A3の上位グレードとして登場し、発売開始から9年が経過しています。
現行モデルは2021年に発売されたばかりの2代目に相当し、A3としては4代目です。
高性能モデルと会って走行性能や乗り心地は、ベースとなったA3よりも格段に高くなっています。

エンジンは2.0 L 直列4気筒直噴ガソリンターボエンジンですが、数値よりも力強さを感じることができるでしょう。
また、S3専用に足回りがチューニングされ直しているので、高い走行性能を維持することができているのです。
中古車市場でスポーツバックの数が多い理由は、近年のセダン・クーペの不人気が理由と思われます。
対して、スポーツバックはSUVほどではありませんが高い人気を誇り、ファミリー層からアウトドア派まで幅広く支持されています。
高価買取が期待できるのは、セダンタイプよりもスポーツバッグです。
しかしセダンタイプもそれなりに人気が高いため、買い叩かれるようなことはないでしょう。

 

アウディ S3の人気カラー


アウディ S3のカラーラインナップはベースとなるA3と共通しています。
全8色のラインナップで最も人気が高いのは「アイビスホワイト」「グレイシアホワイトメタリック」の2色です。
通常の車であればブラックも人気になるのですが、S3にラインナップされている「ミストブラックメタリック」は高級感こそあるものの、傷や汚れが目立ちやすいことから他の車ほどの人気はありません。
「アイビスホワイト」「グレイシアホワイトメタリック」の2色はどちらもホワイト系ですが、無料の「アイビスホワイト」が中古車市場でもよく見かけます。
「グレイシアホワイトメタリック」は有償色ですが、高級感があるため、予算に余裕があるオーナーが購入していました。

ただし、ブラック系・ホワイト系ともに無条件で高額査定できるわけではありません。
特にブラック系は汚れが目立ちやすいため、日頃からの手入れが必要です。
もし高額査定を狙うのであれば、日頃から洗車やワックスをしておきましょう。
メタリック系にはワックス選びから気にしてください。
コンパウンドが入っていると、メタリックの層を傷つけることがあるため、コンパウンドが入っていないものを選びましょう。
純正ワックスを購入していればそれを使用すれば問題ありません。

 

アウディ S3の人気オプション


アウディ S3の人気オプションは「アクティブレーンアシスト」「トラフィックジャムアシスト」の2つです。
「アクティブレーンアシスト」とは車線維持機能のことで、「トラフィックジャムアシスト」は高速道路の渋滞状況に合わせて、ステアリング操作を自動でアシストする機能です。
特に「トラフィックジャムアシスト」は、時速65 km までの走行時で適用可能なので高速道路などの渋滞時には非常に重宝します。
これらの機能は「セーフティパッケージ」としてパッケージングされており、価格は28万円です。
その他の機能として、車両接近を知らせる「サイドアシスト」、車両後方にいる車をレーダーで感知する「リアクロストラフィックアシスト」、衝突時のシートベルトの緩みをなくす「プレセンスベーシック」、「ハイビームアシスト」がセットです。
合わせて「LEDライトパッケージ」を装着しておけば、夜間の前方確認に非常に役に立つでしょう。
また、アウディのような輸入車の場合、電圧の関係で日本の汎用カーナビが取り付けできないことも少なくありません。
そのため、多少高くなってしまっても純正のナビが付いている方が、あとあとの費用がかからず、中古車市場では人気がある個体となります。

 

 

アウディ S3の特徴


アウディ S3の概要


アウディ S3 は、 C セグメントクラスのアウディ A3 をベースにハイチューンを施した 4WD 仕様モデルです。

エクステリアは、基本的にはベースであるアウディ A3 のデザインを踏襲しているもののハイパワーなエンジンに耐えうるようさらに強靭な設計となっています。

そのため高速走行を行ってもボディの揺らぎや軋(きし)む音など不安を感じさせる要素のない圧巻の高剛性ボディに仕上げられています。

インテリアでは、ヒーター付きのレカロ製スポーツシートを搭載し、ドライバーの心躍らせる専用のステアリングなど内装のいたるところに専用設計が見られます。

エンジンは、ハイチューンナップされた高性能モデルが搭載され速度制限のないアウトバーンでの走行に耐えうる充実の仕様となっています。

足回りでは、走行状況に応じて減衰力を調整できるアダプティブサスペンションを開発するなど先進技術の採用に積極的です。

高速安定性を重視した適度に硬いセッティングが特徴ですが、コンフォートモードで走行すればホットハッチとは思えないようなマイルドな乗り心地を堪能できます。

低排気量のターボエンジン、日本でも乗りやすいコンパクトなボディサイズ、圧倒的なパワー、その走行を支え制御する 4WD を持ち、走り好きのユーザーから高い関心が寄せられるモデルとなっています。
日本では特にスポーツバックの人気が高くて誰よりも中古車市場ではよく見かけるでしょう。
セダンやカブリオレも存在しますが、折からのセダン不人気、およびカブリオレの理解の低さから、日本ではあまり流通していません。
まったく人気がないわけではありませんが、中古車市場で人気が高いスポーツバックのほうが高価買取につながるでしょう。


アウディ S3の魅力


アウディ S3の人気のひとつに実用性と走行性能の高さが挙げられます。
これこそがアウディの魅力であり、多くの日本人ユーザーの取り込みを実現した魅力でもあります。
S3の場合では、特にスポーツバックにこの条件が該当するでしょう。

同じエンジンを搭載するフォルクスワーゲン ゴルフGTIと比べ、最高出力が高くトルクも申し分ないため、走り重視なのであればS3に軍配が上がります。
特に現行モデルのS3の場合、ゴルフGTIと比べてエンジンの性能の差が出力しかありません。
そのため、わずかではありますがS3の出力性能のほうが勝っており、走行性能ではS3が高いと言われているのです。
また、アウディのお家芸であるフルタイム4WDシステム「クワトロ」を採用しており、多少の悪路走行なら問題なくこなすことができます。
トランスミッションは7速Sトロニックを採用しており、エンジンの性能と相まって0~100km/hへの加速がわずか4.8秒で可能です。
最高時速はリミッター作動時で250 km/h。
A3のハイパフォーマンスモデルとして呼ぶにふさわしい性能を持っているのです。

現在中古車市場に多く流通している先代のS3でも、やや機能に違いはありますが高い性能を誇っていることは間違いありません。
日本仕様ではやや出力が抑えられていますが、それでも十分な性能を有していると言えるでしょう。
またスポーツバックの場合、実用性が高くSUVでは大柄すぎて運転に不安を覚えている人でも、大きな問題なく乗りこなすことができると評判が高いのも特徴です。
アウディはもともと安全性能も非常に高いため、自動車の初心者でも安心して運転できるだけの装備を持っています。
組み合わせるオプションにもよりますが、国産車よりも安全にかつ快適にドライブを楽しむことができるようになっているのです。
この傾向はS3のみにかかわらず、アウディの全車種で共通しています。
「イヤーモデル制」を導入しているため、今後の一部仕様変更やマイナーチェンジによってさらなる進化を遂げる可能性もあるのです。
ただし、もともとの完成度が高いため、あまり新車にこだわりがない場合は中古車市場で購入する事もおすすめされています。
非常に完成度も高く、安全性も世界でトップクラスに入るため、新車中古車を問わず現在人気が急上昇しています。

 

アウディ S3の歴史


アウディ S3は2012年のパリモーターショーで初めて公開されました
A3をベースにした高性能モデルで、最大出力は300PS、最大トルクは390Nmを誇り、発表当時は最高時速250 kmでした。
この当時発表されたモデルがベースグレードと呼ばれるもので、後々廃止されましたがS3の全ての原型となっています。
モデリングはベースとなったA4によく似ており、見た目だけで判断するのが難しい個体でもありました。
日本でも流通しており、個体数は多くないものの、現在でも中古車として手に入れることができます。
日本導入モデルは本国の使用とはやや異なり、最大出力280PS・最大トルク38.8 kgmと、控えめな数字でした。

2013年のジュネーブモーターショー2013で登場したのが、S3スポーツバックです。
搭載されたエンジンはベースグレードと同じですが、駆動方式とトランスミッションに違いがあります。
駆動方式は「クワトロ「が採用され、トランスミッションは6速MTもしくは6速Sトロニックでした。
エクステリアの印象も大幅に変更され、専用のバンパーなどが採用され、よりスポーツカーらしいデザインへ。
高い走行性能をさらに高めた1台であり、ハッチバックの実用性と合わせて高い人気を誇りました。
S3スポーツバックは、4WD搭載のためホットハッチバックに分類されることもあり、その名に違わぬ走破性も魅力的です。
アウディ専用の駆動方式「クワトロ」による力強い走りもできる点からも、高いポテンシャルを秘めていることがわかります。

2014年には「S3セダン」が、同じ年の8月には「スポーツバック」と「セダン」の両方が仕様変更し、最高出力がやや上昇しました。
また燃費性能も向上し、オプションで「LEDライトパッケージ」も設定が選択可能になったのです。

2017年にはマイナーチェンジを発表。
さらにエンジン出力が向上し、トランスミッションには7速Sトロニックが新たに採用されました。
また、エクステリアも一部変更が加わっており、見た目の変化も楽しむことができるようになってきます。
ちなみに、初代S3の後期型でリアシートが3分割可倒式に変更になりました。
この方式の採用のおかげでシートアレンジの幅がぐっと広がり、今まで以上に使い勝手がよくなったのです。

2020年の8月に、ヨーロッパで新型S3スポーツバック、およびS3セダンが発表されました。
どちらもフルモデルチェンジであり、エンジンをはじめとする一部のパワートレインに変更が加えられます。
最大出力は310PSまで上昇し、先代の出力を大幅に超えていることがわかるでしょう。
エクステリアはA3を基本としていますが、大型化されたシングルフレームグリルや大型エアインテークが採用され、ベースであったA3とは一線を画しています。
見た目にもスポーツカーらしくなった新型S3は、2021年の5月から日本での発売を開始しました。
現在欧米市場で販売されている「40 TFSI クワトロ」も、まもなく日本に上陸すると言われています。
また、現在のところカブリオレに関する情報も出ていないため、開発するのかどうかを含めて期待しているファンも多いでしょう。
S3の新型エンジンを搭載したモデルが、明確にいつ頃登場するかはまだ分かりませんが、今後の動向に期待が寄せられます。

 

アウディ S3買取相場の傾向


アウディ S3の買取相場は、スポーツバックとセダンで大きく異なります。
結論から言うと、スポーツバックのほうが人気が高いため、買取価格も高くなりがちです。
2013年以降に発売を開始した「S3スポーツバック」の場合、もっとも古いもので8年落ちになります。
一般的な中古車では価値が付きにくいといわれる年数ですが、8年落ちで中古車価格は大体半分程度に落ち着いています。
それよりも古いモデルになると、新車価格の1/4・1/5になってしまうことが当たり前で、あまりリセールバリューが高いとは言えなくなってしまいます。
現在3年落ち程度のS3スポーツバックであれば、買取価格は200万円台程度になるでしょう。
新車価格500万円台中盤ということもあって、リセールバリューは決して低くありません。

対して「S3セダン」の場合、リセールバリューは「S3スポーツバック」よりもやや下がってしまいます。
年式や走行距離にもよるものの、3年落ち程度の個体で200万円台の値を付けることが珍しくなってしまうのです。
エンジン性能などに大きな違いはないものの、世界的なセダン不人気からあまり買い手がつかず、比較的安く買い取られることが増えています。

これはS3セダンの問題ではなく、セダン・クーペ形状の車全体での問題です。
セダンやクーペが不人気の訳は、見た目の問題ではなく、主には車の使い勝手が大きく関係しています。
現在主流の SUV、そしてS3のラインナップの中では人気の高いスポーツバックのようなハッチバック、ミニバンなどは、普段使いからアウトドアまで幅広く活躍することができます。
一方でセダンの場合、日常使いでは問題がありませんが、アウトドアなどの活躍はあまり期待できないのが大衆の意見です。
もちろん自動車メーカーがセダンをそのようなコンセプトでは製造していないため、そもそもの用途外であることは間違いありません。
しかし、現在新車購入をする20代30代には、車は日常生活だけはなく、あらゆるシーンで使えることが求められているのです。
その結果、セダンの人気は下火になってしまい、一部メーカーではセダンを廃止する動きも見られます。
幸い「S3セダン」の場合、製造元がアウディと言うブランド力がある会社であるため、他のセダンよりも大きな値崩れを起こしにくい傾向にあります。
過度な期待は禁物ですが、セダン不人気だからといって買い叩かれてしまうようなことはないと考えていいでしょう。

中古車買取オークションのセルカでは、「S3スポーツバック」「S3セダン」ともに高く買い取ってくれる中古車買取店と提携をしています。
一般的な中古車買取店では出せないような金額を付けてくれる中古車買取店も存在するため、是非一度お問い合わせいただき、愛車の真の価値を測ってみることをおすすめします。

 

コラム編集部
SellCa車買取コラム編集部
中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

SellCaオークションのご利用の流れ

 

  • Step 1

    無料査定申込

    無料査定申込 あなたの愛車情報をご入力ください

    あなたの愛車情報を
    ご入力ください。

  • Step 2

    査定

    査定

    ご自宅で査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分程度です。
    ※エリアによってはお伺いできない場合もありますのでご相談ください。

  • Step 3

    オークションに出品

    オークションに出品

    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに
    出品します。
    全国最大6000社のバイヤーがオンライン入札!

  • Step 4

    売却

    売却

    オークションで最高額にご納得いただけたらバイヤーへ売却!愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。

 

 

 

 

アウディ車種別の買取実績相場

 

車種 買取価格
A1 9.3万円〜37.6万円
A1スポーツバック 78.2万円〜132.1万円
A3 10.7万円〜189.5万円
A3セダン 63.5万円〜201.7万円
A4 9.4万円〜211.8万円
A5スポーツバック 42.2万円〜399.1万円
Q3 138.6万円〜171.8万円
Q5 117.1万円〜376.2万円
Q7 175.4万円〜516.4万円
RS4 386.6万円〜386.6万円
S4 73.2万円〜73.2万円
S5 168.9万円〜168.9万円
TTクーペ 9.8万円〜314.2万円

 

 

 

 

S3と同じボディタイプ別の買取実績相場

 

車種 買取価格
BMW 1シリーズ 5.3万円〜216万円
BMW 2シリーズ 69.5万円〜249.8万円
アウディ A1 9.3万円〜37.6万円
アウディ A1スポーツバック 78.2万円〜132.1万円
アウディ A3 28.8万円〜189.5万円
メルセデス・ベンツ Aクラス 8.3万円〜701.9万円
トヨタ bB 4.9万円〜90万円
トヨタ C-HR 169万円〜209.8万円
シトロエン C3 44.1万円〜87.1万円
シトロエン C4 42.8万円〜42.8万円
レクサス CT 46.6万円〜245.2万円
マツダ CX-3 95.5万円〜106.6万円
マツダ CX-5 92.6万円〜99.7万円
メルセデス・ベンツ Cクラススポーツクーペ 9.5万円〜9.5万円
メルセデス・ベンツ GLAクラス 156万円〜216.8万円
メルセデスAMG GLC 429.2万円〜429.2万円
トヨタ iQ 3.4万円〜23.1万円
レクサス LX 817.7万円〜817.7万円
MINI MINI 5.1万円〜356.2万円
メルセデス・ベンツ Mクラス 332.1万円〜332.1万円
ホンダ N-BOX 58.6万円〜61.4万円
トヨタ WiLL VS 3.5万円〜3.5万円
BMW X3 285.7万円〜285.7万円
トヨタ アクア 2.8万円〜201.3万円
マツダ アクセラ 128.4万円〜128.4万円
マツダ アクセラスポーツ 8.1万円〜138.8万円
フォルクスワーゲン アップ! 6.4万円〜205.1万円
トヨタ イスト 4.1万円〜12.5万円
スバル インプレッサ 10.2万円〜75.6万円
トヨタ ウィッシュ 45.5万円〜95.7万円
トヨタ ヴィッツ 3.1万円〜97万円
日産 ウイングロード 49.4万円〜49.4万円
ホンダ ヴェゼル 131.1万円〜158.2万円
トヨタ オーリス 10.1万円〜19.8万円
トヨタ カローラフィールダー 69.6万円〜69.6万円
トヨタ カローラルミオン 6.1万円〜14.3万円
トヨタ カローラレビン 108.7万円〜147.8万円
日産 キューブ 4.1万円〜52.3万円
日産 キューブキュービック 4.4万円〜4.4万円
フォルクスワーゲン ザ・ビートル 61.5万円〜236.2万円
トヨタ シエンタ 2.9万円〜169.1万円
ホンダ シャトル 128.5万円〜128.5万円
日産 ジューク 26.8万円〜60.9万円
スズキ スイフト 5.9万円〜113.8万円
日産 スカイラインクロスオーバー 160.3万円〜160.3万円
ホンダ ステップワゴン 7.1万円〜7.1万円
スズキ スペーシア 66.8万円〜98万円
トヨタ スペイド 27万円〜63.3万円
トヨタ セリカ 6万円〜6万円
スズキ ソリオ 4.9万円〜121.4万円
トヨタ タンク 49.5万円〜143.5万円
ダイハツ タント 21.6万円〜24.5万円
日産 ティーダ 6.3万円〜6.3万円
マツダ デミオ 6.2万円〜125.9万円
フォルクスワーゲン ニュービートル 5.3万円〜24.6万円
日産 ノート 2.2万円〜202万円
スズキ ハスラー 47.4万円〜86.4万円
トヨタ パッソ 1.3万円〜91.7万円
ポルシェ パナメーラ 443.6万円〜443.6万円
トヨタ ハリアー 250.2万円〜250.2万円
ホンダ フィット 3.7万円〜117万円
日産 フェアレディZ 23.5万円〜245.5万円
トヨタ プリウス 5.9万円〜240.4万円
トヨタ プリウスPHV 82.2万円〜270.3万円
トヨタ プリウスα 32.2万円〜141.1万円
トヨタ ブレイド 10.7万円〜22.8万円
マツダ ベリーサ 5万円〜35.2万円
トヨタ ポルテ 3.6万円〜85.8万円
フォルクスワーゲン ポロ 8.1万円〜142万円
トヨタ マークXジオ 14.7万円〜14.7万円
日産 マーチ 3.2万円〜98.3万円
ダイハツ ムーヴ 20.2万円〜59.9万円
トヨタ ラウム 9.9万円〜9.9万円
日産 ラシーン 9.3万円〜9.3万円
日産 リーフ 15.4万円〜275.9万円
トヨタ ルーミー 126.7万円〜148.9万円
フォルクスワーゲン ルポ 34.3万円〜34.3万円
スバル レヴォーグ 205.3万円〜205.3万円
スズキ ワゴンR 14.6万円〜36.8万円

 

 

 

 

人気車種の買取実績相場