【一番高く売れる】BMW・M4の買取・査定相場、リセールバリューや高額売却のコツ

M4の買取実績相場

 

現在の買取参考相場
¥5,102,480〜¥7,681,180
3年落ち以下
¥5,102,480〜¥7,681,180
5年落ち以下
¥5,554,680〜¥5,554,680
7年落ち以下
¥5,220,990〜¥5,220,990

 

 

M4のグレード別買取実績相場

 

グレード 買取価格
1位 M4クーペ コンペティション ¥7,681,180〜¥7,681,180
2位 M4クーペ ¥5,554,680〜¥5,554,680

 

連絡・査定はセルカのみで
最大6000社があなたの車に値付け!

セルカにお申込みをいただくと、セルカと提携している全国6000社の車屋さんにあなたの愛車を見てもらえます。
お客様への連絡はセルカからのみなので、しつこい営業電話をいろんな業者から受けたり、何回も査定を受ける手間がありません。

書類手続きやローンの精算なども
セルカサポートがすべてフォロー!

お車のご売約後に発生する、書類の提出等の諸手続きもセルカのサポート部隊がすべてフォローいたします。
お引渡しからご入金まで、他の業者さんなどと連絡をとっていただく必要は一切ありません。

通常の車買取ではかかる
中間業者の手数料がかかりません!

一括査定などの買取業者はお車を買い取ったあと、車屋さんに再販します。このときにかかる費用や買取業者の利益分がが予め査定額から引かれています。
セルカでは間に入る業者を飛ばして、実際に「この車がほしい!」という方に直接車を買ってもらうことができるため、買取業者が得ていた利益や手数料をお客様に還元できます。

 

 

SellCaでご売却いただいたお客様の声

 

M4 / M4クーペ コンペティション
成約日:2021年06月
共済会でセルカさんを知り、軽い気持ちで査定して頂きました。 思い掛けない高値でビックリしました‼️ 売却値も良かったですが、スタッフさんの対応が素晴らしかったです。 次の絶対にセルカさんにお願いしたいと思います。 知り合いにもお勧めします。 有難うございました。

 

M4を高く買い取ってもらうコツ

 

BMW M社が開発しているM4は、非常に人気の高い輸入車の1つです。2021年1月に新型M4が発表されたことで注目されたことも、記憶に新しいでしょう。
そんなM4の買取相場はどういった状態なのでしょうか。

 

M4は3年以内の買取相場でもかなり買取額が低い

 

BMW M4は、新車購入価格が1200万円以上の高級輸入車です。スポーツカーをメインで製造するBMW M社が手掛けるスーパーマシンでもあるため、車好きならば誰もが憧れる1台でしょう。

しかし、そんな人気とは裏腹に、中古車としてのM4の価格はそれほど高くなく、比例して買取額もそれほど高額ではありません。
平均的な価格で言えば、1回目の車検までに査定に出しても、大体150~200万円前後、場合によっては半額以下の買取額にしかならないのです。

その理由は、M4に適用される査定基準にあります。M4は輸入車であり、国産車と同じ基準で査定されるわけではありません。国産車よりも厳しい基準であり、かつ減点が大きいため、なかなか国産車のような高額査定が見込めないのが、M4をはじめとする高級輸入車の特徴なのです。

ただし、M4が中古車市場で車が余っているのかと言われるとそういうわけでもありません。やはり高級輸入車というだけあって、人気があるのでいくら安く買い取られているといっても不人気というわけではないのです。
実際、状態にもよりますが、3年落ちのM4に1000万円近い高額買取額が付いた例もあります。

 

高額買取のカギは買取業者

 

M4の高額買取を希望するのであれば、カギを握るのは買取業者でしょう。現在は多くの中古車買取業者があるものの、それぞれ微妙に特徴が違います。M4の買取価格を少しでも高額にしようと思えば、この買取業者の微妙な特徴を把握しておく必要があるのです。

先ほども簡単に紹介したとおり、M4は高級輸入車で、買取額に反して人気がそれなりにあるという特徴があります。
しかし、その新車価格と昔ながらの輸入車の悪いイメージからか、一般のユーザーからは購入を躊躇されがち。さらに輸入車だけに適用される査定基準が影響し、なかなか高値がつかないのが現実です。

そこで注目すべきは、M4の価値を知る人に査定してもらう、もっと言えば、輸入車専門の買取業者に査定してもらうことです。
広く一般に知られている中古車販売店は、対応できないわけではありませんが、輸入車の専門知識を持っているわけではありません。
そのため、査定をしても機械的なチェックしかせず、人気などを考慮しない査定方法しかしないのが現実です。しかし、輸入車専門の買取業者であれば、M4の人気や価値を十二分に加味して査定してくれるのです。少しでも高額で買い取ってほしいのなら、輸入車専門の買取店に査定を依頼しましょう。

しかし、ご自身で輸入車買取店を探したり、何件もの買取業者に査定を依頼するのは時間がかります。
愛車買取りオークションのセルカでは、セルカと提携している全国6000社の車屋さんにあなたの愛車を見てもらえます。
その中には輸入車などの希少車を専門に扱っている車屋さんも多くあり、M3の価値を高く評価してくれる車屋さんから高値をつけてもらうことが可能です。

お客様への連絡はセルカからのみなので、しつこい営業電話をいろんな業者から受けたり、何回も査定を受ける手間がありません。

 

査定時期は思った以上に重要

 

M4だけではありませんが、自動車販売に関わる業界全体が活発に動く時期はある程度決まっています。それは1~4月と、7~9月の2シーズンです。

この時期は、ライフスタイルが大きく変わりやすいタイミングであり、車を手放す人も、手に入れる人も多い時期です。
需要と供給が大きくなるこのタイミングは、中古車販売店でも買取・販売ともに力を入れます。当然、M4もこの時期に査定すれば、普段よりも高額買取が望めるでしょう。この時期以外に査定したことがある人は、一度比較してみるとその差は歴然です。

もちろん、M4の年式や走行距離、コンディションが大きく影響することは言うまでもありません。普段からの手入れが欠かせないことも、忘れずに覚えておきましょう。
ただ、車の買取には、買取価格が高額になりやすい時期があることも忘れてはいけません。買取に適した時期になるまでは、大事に扱うことが何よりも大切なのです。

 

M4買取時の注意点

 

M4買取時の注意点は、なんといってもオプション装備です。本来ならば1200万円はする高級輸入車なので、ついているオプションもまた特別仕様。
また、M4のような輸入車は、日本で手に入る汎用カスタマイズパーツが使えないことも珍しくないため、購入する段階で自分好みのカスタマイズをすることが普通です。

ただ、汎用カスタマイズパーツがまったくないわけではありません。中にはかなりの高額であっても購入し、純正品と交換しているオーナーもいるのです。
しかし、査定に出す際は、純正オプションを装備し直しておくことをおすすめします。

M4は、それ専用のオプションが多く、後付けができないものも中には存在します。
純正オプションはそれだけで数十万円することも珍しくはなく、オプションのあるなしで査定額は大きく変わるのです。もし交換してしまっているなら、純正のものに戻しておきましょう。

 

M4の特徴

 

M4の概要

 

BMW M4は、2014年に日本に登場した比較的新しいモデルのMシリーズ車です。
M3クーペの後継モデルとして誕生し、エンジンチューニングはBMW M社が手掛けています。日本で発売されたのは、同年2月で、2020年まで同じモデルが販売されていました。

直列6気筒のツインターボで、最大出力とトルクは431ps/561Nmと、モデルとなったM3よりもハイパワーで、力強い走りが魅力のS55B30Aが搭載されています。
このエンジンは、マイナーチェンジモデルや、限定生産車両にも搭載されており、まさにM4の心臓と言っても過言ではありません。

現在のM4は2代目にあたり、2021年1月に発表されたばかりの文字どおり最新モデルです。エンジンは変更され、さらに力強い走りを実現しています。
ラインナップにはM4コンペティションとM4クーペ、M4クーペ コンペティションの3種類。さらに秋には、兄弟分であるM3と同じくM4コンペティション xDriveが販売される予定になっています。今後、初代のように限定モデルが発売される可能性もあるので、プレスリリースに期待が寄せられているのです。

 

M4の特徴

 

M4最大の特徴は、M4専用にチューニングされたエンジンでしょう。初代でも十分なパワーがあったのですが、それとは違う新型エンジン、S58が2代目M4に搭載され、排気量もわずかながらアップしています。
2代目M4に搭載されているこのエンジンは最大出力・トルクともにM3を凌駕するもので、M4クーペが480ps/550Nm、M4コンペティションとM4クーペ コンペティションが510ps/650Nmというとんでもないモデルです。

このようなモンスター級のエンジンを搭載しながら、日常使いもこなせるように設計されたM4はさまざまな場面で活躍すること間違いなしです。
また、エクステリアも非常に凝っており、BMW M社らしい精悍でスポーティーなデザインに仕上がっています。インテリアにもカーボン素材をふんだんに使ったものが多く、名実ともに高級輸入車の代表のような特徴を有しているのです

 

2代目M4とは?

 

2代目M4は、2021年1月にリリースが発表された車で、M3と同時に日本での販売も発表されました。販売は3月から始まっており、秋には4輪駆動モデルのM4コンディション xDriveの発売も決まっています。

搭載するエンジンはS58B30T0と最新のもので、トランスミッションは6速ミッションと8速オートマチックの2種類。ただし、M4クーペは6速ミッションのみ、M4コンペティションは8速オートマチックのみになります。ハンドルは左右どちらでも選択可能です。排気量は2,993ccであり、出力とトルクも相まって、素晴らしい走りを見せてくれる1台に仕上がっています。

そのエンジン性能は非常に高く、特に加速性においては0km/hからわずか4.1秒で100km/hに到達するだけのパワーを持っているのです。「街乗りではアクセルを踏まなくてもいい」と言われるほどの実力は本物というべきでしょう。エクステリアもインテリアも一新されたモデルで、今後の流通量拡大が期待されます。

 

初代M4の限定モデル

 

初代M4にはいくつかの限定生産モデルがあり、日本には片手で数えられるぐらいしか配分されなかったものもあります。世界的自動車メーカーであるがゆえに、日本だけではなく海外からの評価も高いモデルも存在しているのです。

2015年に登場した、M4 DTM チャンピオンエディションは、世界で23台、日本では5台の限定販売されたもので、DTMシリーズでチャンピオンになった記念として話題を呼びました。
インテリアトリムとドア・シルにはDTMシリーズでハンドルを握った、マルコ・ヴィットマン選手のサインが入っていることも、話題を盛り上げた理由の1つです。

ちなみにこれは翌年の2016年にも別のモデルが登場しています。また、同じ年に限定生産されたM4クーペ M パーフェクトエディションとM4クーペ インディヴィジュアルエディションも人気があります。

2016年に、M4GTSの日本での発売が発表されました。日本では30台限定の販売で、専用エンジン、インテリア・トリムやホイールが装備されています。リアシートがないため乗車定員が2名ですが、ファンが歓喜したことは言うまでもないでしょう。

マイナーチェンジ後のM4 LSIでは、2017年にM3セダンと同じタイミングでM4コンペティションの限定モデルとして、M ヒートエディションが、それぞれ15台ずつ販売されました。
その1年後にはM4ガブリオレが発表され、話題になりました。

このように、2014年の登場から幾度となく限定モデルが登場しているM4ですが、それぞれの台数が少ないため、今後希少価値はどんどん上がっていくと思われいます。また、今後、2代目となる新型M4にも同様の限定モデルが登場する可能性が十分あります。今後の報道に期待しましょう。

 

人気が高いM4GTSとは?

 

初代M4の中でも抜群の人気を誇り、今でも中古車市場に現れることがめったにないのが、2016年に東京モーターショーで発表された、M4GTSです。
全世界限定700台限定で販売されたM4GTSは、日本でも有名芸能人が所有していたことで有名です。

通常のM4から更なる進化を遂げたM4GTSは、M3の30周年記念モデルのベースとなった車でもあり、販売から5年以上経った現在でも根強い人気を誇っています。
その進化の仕方は素晴らしく、出力とトルクは500ps/612Nm、0km/hから100km/hまでにかかる加速タイムは3.8秒と、すべてが通常のM4を越えています。車両重量も130kg軽量化されており、まさに走るために生まれてきた車と言えるでしょう。

M4GTSが注目された最大の理由は、エンジン内部への水噴射装置である「ダイレクト・ウォーター・インジェクション」システムです。
これは60年以上前にBMW社が開発した航空機用エンジンに採用された機構と同じもので、その流用となります。このシステムの採用は市販車ではM4GTSが初めてで、環境大国ドイツのメーカーらしさが色濃く出ています。ただ速く走るだけが求められない時代に適した1台です。

 

M4のライバル

 

日本のみならず世界でも人気が高いM4ですが、当然ライバルが存在します。想定しているであろうライバルは主に2車種あり、どちらも強力なライバルであることに変わりはありません。

ひとつはメルセデス・ベンツ社のAMGです。メルセデス・ベンツ社の最上位モデルで、BMW M社と同じくスポーツカーの開発を手掛けるAMG社がメインになっています。
もうひとつはポルシェ社の911です。どちらも高級輸入車かつスポーツカーという特性が同じですが、新車価格がBMW M4はこの中間にあるという特徴があります。
性能面は優劣つけがたい部分や負けてしまう部分はありますが、それでもM4は十分なパフォーマンスを有しています。

選択基準としては価格の他に、エンジン性能や車両形状で変わって来るでしょう。特にポルシェ社の911はオープンカーモデルも存在するため、スポーツカー好きだけではなく、オープンカー好きにも人気があります。
対して、M4やAMGは、クーペスタイルの、実用性にも富んだモデルとして、走りも実用性も重視したいユーザーに支持されているのです。

 

M4買取相場の傾向

 

M4の買取相場は、現在緩やかな下降をしています。1月に新型M4のリリースが発表されたことも影響していますが、すでに市場に出回っていた先代M4の年式や走行距離が重なっていることが最大の理由です。

M4のような高級輸入車は、国産車と比べて年式×走行距離での減額幅が大きく設定されています。
まったく同じ価格帯の国産車と比較しても、その減額幅は明らかに高いことがわかります。傷やヘコミがあればなおさら。傷・ヘコミの減額幅は、国産車の1.2~2倍とされており、「こんなに引かれるの?」と思うぐらい減額をされることも珍しくないのです。輸入車というだけで買取査定が不利になってしまうのは、ある意味仕方がありません。

ただし、M4すべてが安く買い取られてしまう、価格が下落しているわけではないのです。
そもそも、M4そのものは、日本国内での流通量が少なく、そうそう手に入れられる車ではありません。
M3から派生した比較的新しい車であるがために、希少価値が高いのもその理由です。
いかに買取相場が下落傾向にあるとはいえ、その水準は高く、おおむね300~500万円という高い価格帯で推移しているのです。

加えて、GTSやDTMチャンピオンといった限定生産車は、今でも1000万円を越える高値で買取されることも珍しくありません。
その分、中古車での販売価格も非常に高いのですが、それでも売れてしまうあたり、人気の高さを伺えます。限定モデルを所有しており、売却を検討しているのなら、年式が新しい、走行距離が浅いうちに査定してもらうことをおすすめします。

今後、市販モデルのM4の買取相場は下落を続けると思われます。新型M4の登場で、旧型M4のオーナーやBMW Mシリーズ愛好家が、今持っているM4を手放す可能性が高いからです。
一方で、限定モデルのM4は、今後の買取価格の上昇が期待できます。いずれの場合でも、日頃からのメンテナンスを徹底し、少しでも高く買い取ってもらえるようにしましょう。

 

 

 

コラム編集部
SellCa車買取コラム編集部
中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

 

SellCaオークションのご利用の流れ

 

  • Step 1

    無料査定申込

    無料査定申込 あなたの愛車情報をご入力ください

    あなたの愛車情報を
    ご入力ください。

  • Step 2

    査定

    査定

    ご自宅で査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分程度です。
    ※エリアによってはお伺いできない場合もありますのでご相談ください。

  • Step 3

    オークションに出品

    オークションに出品

    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに
    出品します。
    全国最大6000社のバイヤーがオンライン入札!

  • Step 4

    売却

    売却

    オークションで最高額にご納得いただけたらバイヤーへ売却!愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。

 

 

 

 

BMW車種別の買取実績相場

 

車種 買取価格
1シリーズ 5.3万円〜216万円
2シリーズ 69.5万円〜257.6万円
4シリーズ 207.9万円〜273.9万円
5シリーズ 11.9万円〜400.2万円
7シリーズ 18.9万円〜407.6万円
M2 338.9万円〜506.7万円
M3 190.6万円〜477.3万円
M5 291.4万円〜291.4万円
M6 98.5万円〜412.3万円
X1 39.9万円〜320.7万円
X2 342万円〜342万円
X3 18.3万円〜531.1万円
X4 295.4万円〜368.9万円
X5 44.1万円〜725.7万円
Z4 18.7万円〜364.6万円

 

 

 

 

M4と同じボディタイプ別の買取実績相場

 

車種 買取価格
日産 180SX 51.7万円〜74.3万円
BMW 1シリーズ 78.6万円〜98.7万円
BMW 2シリーズ 141.8万円〜257.6万円
ポルシェ 356 344.3万円〜344.3万円
BMW 4シリーズ 229.9万円〜273.9万円
ポルシェ 718ケイマン 667.2万円〜667.2万円
トヨタ 86 78.6万円〜292.9万円
ポルシェ 911 186万円〜1451.6万円
アウディ A5スポーツバック 173万円〜210万円
スバル BRZ 164.7万円〜287.4万円
メルセデス・ベンツ CLAクラス 148.4万円〜148.4万円
メルセデス・ベンツ Cクラス 58.2万円〜462.5万円
メルセデス・ベンツ Eクラス 69.8万円〜471.7万円
日産 GT-R 550.3万円〜1267万円
レクサス LC 801万円〜1009.3万円
BMW M2 338.9万円〜506.7万円
BMW M3 190.6万円〜388.7万円
BMW M6 98.5万円〜243.3万円
MINI MINI 164.6万円〜164.6万円
レクサス RC 282.3万円〜286.2万円
プジョー RCZ 156.7万円〜226.8万円
アウディ S5 168.9万円〜168.9万円
メルセデス・ベンツ SLK 35.3万円〜35.3万円
アウディ TTクーペ 9.8万円〜314.2万円
BMW Z4 51万円〜215.3万円
マツダ アンフィニRX-7 221.6万円〜221.6万円
スバル インプレッサ 63.3万円〜63.3万円
トヨタ カローラ 67.9万円〜67.9万円
トヨタ カローラレビン 159.5万円〜222万円
キャデラック キャデラックCTSクーペ 156.8万円〜156.8万円
ポルシェ ケイマン 245.1万円〜502.1万円
フォルクスワーゲン ザ・ビートル 75.3万円〜177.5万円
シボレー シボレーカマロ 62.6万円〜474.2万円
シボレー シボレーコルベット 154.6万円〜808.6万円
日産 シルビア 47万円〜175.6万円
トヨタ スープラ 63.1万円〜520.6万円
日産 スカイライン 42万円〜685.4万円
トヨタ セリカ 10.3万円〜99.1万円
トヨタ ソアラ 50.8万円〜106.9万円
フォルクスワーゲン ニュービートル 8.6万円〜8.6万円
ポルシェ パナメーラ 601.1万円〜601.1万円
日産 フェアレディZ 9.3万円〜429.6万円
トヨタ プリウス 43.9万円〜43.9万円
ポルシェ ボクスター 209.1万円〜209.1万円
フォルクスワーゲン ポロ 10.7万円〜32万円
日産 レパード 81.4万円〜81.4万円

 

 

 

 

人気車種の買取実績相場