【一番高く売れる】キャデラック CTSクーペの買取・査定相場、リセールバリューや高額売却のコツ

 

 

 

 

 

SellCaオークションでの高額買取実績

 

 

 

キャデラック CTSクーペは2009年11月28日に発表されたラグジュアリークーペです。

アメリカのゼネラルモーターズが手掛ける高級ブランド「キャデラック」のうち、ミドルサイズラグジュアリーカーが並ぶ「キャデラック CTS」の1タイプとして存在しました。

シニアユーザー以外にもターゲット層を広げようと開発されたチャレンジングな車種で、セダン中心の同ブランドのなかで異質な存在感を放っています。

今回はキャデラック CTSクーペの査定相場や高額売却のためにできることをご紹介します!

 

CTSクーペの買取情報

 

SellCaオークションでの高額売却実績

 

SellCaオークションでの高額買取実績

 

 

CTSクーペのグレード、色、オプションなど

 

グレード:CTSクーペ
 

日本向けには2010年8月26日、ゼネラルモーターズ・アジアパシフィック・ジャパンがアナウンスを発表し2011年1月から販売が開始されました。

新車時に売れていたのは3.6Lエンジンが特徴の「CTSクーペ」で、6Lを超える大排気量エンジンをさらにハイチューンした「CTS Vクーペ」モデルの流通量は多くありません。

中古車市場でも実用的なCTSクーペが主流となっています。

 

オプション:ガラスサンルーフ、14ウェイ・アジャスタブル・レカロ・スポーツシート
 
 

キャデラック CTSクーペには当初からプレミアムHDDナビやBOSEサラウンドシステム、レザーインテリアなどがすべて標準搭載されていました。それらに加えて高級感や解放感を堪能できるガラスサンルーフが備えてあればさらなる高評価につながりやすいです。

あわせてレカロ社製シートも査定額がアップしやすいオプションです。

  関連記事:車の査定でプラスになりやすいオプションは?

 

色:セーブルブラック、ラジアントシルバー、ホワイトダイヤモンド
 

キャデラック CTSクーペでは、キャデラック定番のシルバーカラーのほか、万人受けしやすい白黒カラーに人気があります。

なかでもホワイトダイヤモンドはメーカーオプションのカラーで希少価値が高く、査定価格がアップしがちです。

  関連記事:車の色の秘密

 

あなたのキャデラック・CTSクーペはいかがですか?

お車の走行距離や状況によっても価格が大きく異なりますのでまずは査定してもらいましょう!

  関連記事:車の査定で見られるポイント

  関連記事:キズは査定前に直した方がいいの?

 

 

では、ここでキャデラック・CTSクーペを高く売るためにキャデラック・CTSクーペのことをもうちょっと知っておきましょう。

  関連記事:輸入車高額売却のポイント

 

 

CTSクーペの概要

 

キャデラック CTSクーペは2010年から2014年にかけて販売されたミドルサイズラグジュアリークーペです。

購買年齢層が60歳前後と比較的高かったキャデラックブランドにより若い世代も取り込もうとCTSシリーズにクーペも誕生しました。

ベースグレードには一貫してV6型3.6Lエンジンが搭載され改良が重ねられました。

ハイチューンモデルはV8型6.2Lエンジンが首尾一貫して採用され500馬力を超えるモンスターマシンとなっていました。

エクステリアはセダンをベースにクーペスタイルに仕上げられていますが共通パーツは少なく、多くの箇所でオリジナルパーツが贅沢に用いられました。

アメリカ車の特徴である広々とした車内ではなくデザインやスポーツ性能を重視したストイックな仕様となっており車高も低く抑えられています。

とはいえキャデラックの冠を博したラグジュアリークーペだけあって装備は充実していました。

プレミアムHDDナビやBOSEサラウンドシステム、レザーインテリアなどがすべて標準搭載されており高級な価格もリーズナブルに感じさせる内容となっていました。

日本でも左ハンドル仕様ながら2011年1月~2014年にかけ正式に導入販売されています。

 

 

キャデラック・CTSクーペの歴史

 

キャデラック CTSクーペは、2008年1月13日に中国北京で開催された国際オートモーターショーにて初めてコンセプトカーが発表されました。

実際の販売モデルが公表されたのは2009年11月28日で、販売は翌年2010年に開始されました。

日本では、ゼネラルモーターズ・アジアパシフィック・ジャパンより2011年1月から正式に国内販売がスタートします。

国内向けラインナップには、V6型3.6Lエンジンを搭載したスタンダード仕様の「CTSクーペ」とV8型6.2Lスーパーチャージャーエンジンを搭載した「CTS Vクーペ」が並びました。

エクステリアは、キャデラックCTSセダンタイプとは異なる多くのオリジナルパーツが採用され、全高を抑えたシャープな造りとなっていました。ハンドルは日本仕様でも左ハンドルのみ。インテリアはハンドメイドな高級感あふれる仕様となっており、手縫いのアクセントステッチのほかオプションで全グレードに高級なレカロ製スポーツシートが用意されていました。

2012年1月には、V6型3.6Lエンジンがリニューアルされ最高出力がアップします。

モデル全体では、新素材の採用や設計の見直しによって10kgほどの軽量化に成功。

さらに安全性能では左右の死角に生じた危険を警告してくれる「サイドブラインドゾーンアラートシステム」が搭載されました。

ハンドルは日本仕様でも左ハンドルのみで変更はありませんでした。

購買層が平均60歳程度と準シニア世代が多くを占めるキャデラック。

そんななかミドル世代や若者向けに開発された挑戦的なモデルだったCTSクーペ。

残念ながら2014年をもって生産終了と短命に終わりましたが意欲的なチャレンジとしてキャデラックの歴史に名を残しました。

 

 

 

 

SellCa車買取コラム編集部
中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

 

SellCaオークションのご利用の流れ

 

  • Step1

    無料査定申込

    無料査定申込 あなたの愛車情報をご入力ください

    あなたの愛車情報を
    ご入力ください。

  • Step2

    査定

    査定 お近くのセルカ提携店にて 査定を受けましょう。査定のお時間は約30分です

    ご指摘の場所への出張査定か
    セルカ提携店にて
    査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分です。

  • Step3

    オークションに出品

    オークションに出品

    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに
    出品します。
    全国最大6000社のバイヤーがオンライン入札!

  • Step4

    売却

    売却

    オークションで最高額にご納得いただけたらバイヤーへ売却!愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。