【一番高く売れる】ジープ・ラングラーアンリミテッドの買取・査定相場、リセールバリューや高額売却のコツ

 

ジープ・ラングラーアンリミテッドの買取実績相場

 

現在の買取参考相場
¥1,032,940〜¥5,930,980
3年落ち以下
¥2,961,740〜¥5,930,980
5年落ち以下
¥2,733,040〜¥3,945,680
7年落ち以下
¥2,460,680〜¥3,005,380
8年落ち以降
¥1,032,940〜¥2,009,940

 

 

ジープ・ラングラーアンリミテッドのグレード別買取実績相場

 

グレード 買取価格
1位 ルビコン ¥1,918,540〜¥5,930,980
2位 サハラ ¥1,943,660〜¥5,917,640
3位 スポーツ ¥1,032,940〜¥4,705,780
4位 ルビコン ハードロック ¥3,632,480〜¥3,632,480
5位 アルティテュード ¥2,964,840〜¥2,964,840

 

 

SellCaオークションでの高額買取実績

 

 

連絡・査定はセルカのみで
最大6000社があなたの車に値付け!

セルカにお申込みをいただくと、セルカと提携している全国6000社の車屋さんにあなたの愛車を見てもらえます。
お客様への連絡はセルカからのみなので、しつこい営業電話をいろんな業者から受けたり、何回も査定を受ける手間がありません。

書類手続きやローンの精算なども
セルカサポートがすべてフォロー!

お車のご売約後に発生する、書類の提出等の諸手続きもセルカのサポート部隊がすべてフォローいたします。
お引渡しからご入金まで、他の業者さんなどと連絡をとっていただく必要は一切ありません。

通常の車買取ではかかる
中間業者の手数料がかかりません!

一括査定などの買取業者はお車を買い取ったあと、車屋さんに再販します。このときにかかる費用や買取業者の利益分がが予め査定額から引かれています。
セルカでは間に入る業者を飛ばして、実際に「この車がほしい!」という方に直接車を買ってもらうことができるため、買取業者が得ていた利益や手数料をお客様に還元できます。

 

 

SellCaでご売却いただいたお客様の声

 

ジープ・ラングラーアンリミテッド / ルビコン ハードロック
成約日:2018年05月
本当にやばいです!SellCaさん。ありがとうございます。 実績でいきますと、買い取り屋さん何社かに聞いて、 1社目250万円 2社目270万円 3社目265万円 4社目(知り合いの業者)285万円でしたが、 SellCaさんでは一気に350万円まで超えてくれました。 仕事中で競りは見れなかったのですが、びっくりしています。 是非是非周りの人にも紹介しようと思います。
ジープ・ラングラーアンリミテッド / スポーツ
成約日:2018年08月
購入後にカスタマイズもしてあり、とても愛着のある車でした。一括査定で230万円、買取業者で245万円でしたが、セルカでは300万円ちかい金額になり大満足です。ジープの高額買取実績があったので査定申込してみましたがよかったです。 査定の方も親切で、かっこいいとほめてくださり、プロの方に言われるととてもうれしかったです。 また次回もセルカで売ります。
ジープ・ラングラーアンリミテッド / スポーツ
成約日:2020年02月
元々、車の売却など考えていなかったのですが、7年目の車検も近かったので、車の買取額が気になり一括査定してみました。 すると210万円という、自分の想像を超える金額が出たので、売却して新車を買うことに決めました。 翌日、「一括査定」はすごいと、会社の上司に話したところ、「SellCa」の存在を教えていただきました。 売却先も決定していなかったので、すぐに実行した結果、なんと245万円以上に・・・。 本当に大満足の結果です♪^^ ということで、もし車の売却を考えているなら間違いなく「SellCa」をおススメします!!!
ジープ・ラングラーアンリミテッド / サハラ
成約日:2020年08月
予想以上で嬉しいです。 最初は、ダメ元での出品予定だったのですが、訪問して頂いたスタッフの方の説明や、車に対する知識に関心して 本腰入れての出品を決意しました。 余り、長距離を走らせる事は無かったのですが、素晴らしい車なので、次のオーナー様にも大事にして貰えればと思います。 ありがとうございました。 知人にも薦めます。
ジープ・ラングラーアンリミテッド / サハラ
成約日:2020年08月
はじめての売却だったため、分からないことが多かったのですが、色々と教えていただきました。 また他社の買取価格などもかなり近い数字をおっしゃっていて、市況感の理解をされているんだとわかりました。 他社よりかなり高い数字で売却が決まりましたので、とても助かります。 ありがとうございました。

 

SellCaイチオシ!注目のジープ・ラングラーアンリミテッド高額買取実績紹介

 

お客様の声はこちら

 

今回ご紹介する買取事例は、2013年式のジープ ラングラーアンリミテッドスポーツです。走行距離は43,167kmで年式からすると短い走行距離で、修復歴がないワンオーナー車、かつ、人気ボディカラーのホワイトです。

装備は、社外ナビテレビ(carrozzeria)、バックカメラ&サイドカメラ、クルーズコントロール、ETCが装着されているため、高額買取を期待できます。
また、5ドアのSUVであるため、利便性が高く、友達や家族を乗せてドライブやキャンプに行くことも可能です。

2013年式のジープ ラングラーは、ジープ伝統の走破性を秘めているだけでなく、3.6L V型6気筒エンジンがもたらすパワフルな走りにより、高速道路などでもゆとりある走行を実現しています。

 

 

他社での買取見積額は、210.0万円とオーナーの予想を上回る額でしたが、会社の上司からセルカの存在を知り、セルカへお問い合わせいただきました。
セルカの買取システムを利用したところ、入札数が34件、売却額が35.0万円上乗せの245.0万円となりました。
セルカなら十分に満足した買取額以上の評価をすることができ、多くの買取店を巡るのと同じことが自宅にいながらできます。あなたもセルカで効率よく車の売却をしてみませんか。

 

 

 

ジープ・ラングラーアンリミテッドを高く買い取ってもらうコツ

 

ジープ ラングラーは4代目が人気

 

現行モデルで4代目に当たるラングラーは、中古車市場で見ると4代目の台数がまだ十分とは言えない状況です。
そのため、まだ発売されて間もないものの、4代目ラングラーであれば高く買い取ってもらえる可能性があります。

もちろん3代目ラングラーに人気がないわけではありません。
しかし、中古車市場全体に言えることですが、年式や走行距離が浅いほど高く買い取ってもらえる傾向にあります。

ラングラーも例外ではなく、年式や走行距離が重点的に見られます。
特にラングラーのようなSUVは、アウトドア派のドライバーに好まれる傾向にあるため、まだ新しい車両のほうがその後の活躍が期待できるため、特に重要です。

リセールバリューも高いため、早めに売却するとさらに高く売ることができるでしょう。

 

査定の前の洗車は念入りに

 

よく「査定前には洗車を」という言葉を目にしますが、ラングラーも例外ではありません。
むしろ他の車よりも重点的に、普段は見ないところまできちんと洗車することをおすすめします。
ラングラーはアウトドア派のドライバーに好まれるため、オフロードのような険しい道でも問題なく走行できる機能が求められます。

運転の仕方にもよりますが、泥や石がボディ内部に入り込み、故障の原因になることもあり、きちんとチェックしておかなければなりません。
査定の際は、いつもより念入りに洗車をし、ワックスをかけておくといいでしょう。
一緒に走った日を振り返りながら、心を込めて洗車しましょう。

 

ジープ・ラングラーアンリミテッド買取時の注意点

 

ジープ・ラングラーを買い取る際の注意点は、先ほどもお伝えしたとおり、他の車以上に洗車をすることです。
ラングラーを購入する人は、キャンプやレジャーを好む人がほとんどでしょう。

そう簡単に壊れてしまうような構造はしていないものの、旧オーナーの走り方やメンテナンス次第では、思ったような活躍ができなくなってしまっていることも珍しくありません。
洗車は普段気にしないようなところまで念入りにしておくといいでしょう。
また、メンテナンスについても査定前にしておくことをおすすめします。

ハードな走り方に耐えられる構造はしているものの、万能ではありません。
車検を含む定期点検だけではなく、険しい道を走るたびに確認しておくと異常に早く気が付けるのでぜひ習慣にしておきましょう。

 

 

 

ジープ・ラングラーアンリミテッドの特徴

 

ラングラーアンリミテッドの概要

 

ジープが誇る本格オフローダー「ラングラー」は、いかにもジープらしい無骨なスタイリングと、高い走破性能を有しています。ジープは1941年のブランド誕生以降、「どこへでも行ける。何でもできる。」のスピリットと共に躍進し続けてきました。
1987年に誕生したラングラーは、ジープの思想を具現化していることが特徴です。また、ラングラーは、ジープを代表するモデルとして、日本のみならず世界中で多くのファンに愛され続けています。

長年の歴史を大切にしながら進化を続けるラングラーは、独立型フロントフェンダーや7スロットグリル、丸型ライトをアイコンとして受け継ぎ、四輪駆動システムも時代とともに性能向上してきました。今でも多くのファンに支持されている本格オフローダーがジープ ラングラーなのです。

 

ジープ ラングラーの歴史

 

ジープ ラングラーは、1987年に初代モデルが登場してから、ジープを代表するオフローダーとして、世界中から愛され続けています。
長い歴史の中で、安全性能や排出ガス規制など、時代の変化がありました。ここからは、大きな変化があっても柔軟に対応してきた歴代ラングラーを振り返っていきましょう。

 

2ドアコンバーチブルだった初代ラングラー

 

1987年に登場した初代ラングラーは、ジープ CJの後継車種として、ジープの思想を具現化したモデルとしてデビューしました。ボディタイプは、2ドアのソフトトップコンバーチブルと、ピックアップトラックの2種類を展開。日本にも輸入されましたが、乗用車登録と貨物車登録の2種類が存在します。

エンジンはデビュー当初、2.5L直列4気筒を基本とし、オプションで4.2L直列6気筒を選べました。1991年からは4.2L直列6気筒エンジンが4.0L直列6気筒に変更となっています。

1992年にロールゲージの大型化し、1993年にABS(アンチロック・ブレーキ・システム)をオプション設定。
1994年に3速AT搭載グレードを展開します。1996年までの約9年間にわたり製造・販売され、2代目へモデルチェンジしました。

 

右ハンドルが導入された2代目ラングラー

 

1996年に2代目となったジープ ラングラーは、ボディサイズを若干アップしました。日本への輸入も行われ、ハンドル位置が右になったことがトピックです。また、オーストラリアやイギリスへも輸出が開始されました。
サスペンションは、前後5リンク式コイルリジッドアクスル形状を採用し、ハンドリングや乗り心地などが向上。エンジンは、2.4L直列4気筒、2.5L直列4気筒、4.0L直列6気筒が用意され、AT・MTを展開しています。

2003年に走行性能に磨きをかけた「ルビコン」を追加。
2004年にホイールベースを254mm延長した「アンリミテッド」をリリース。
2005年に「ルビコン アンリミテッド」が追加され、2006年まで製造・販売されました。

 

4ドアモデルとSUVがデビューした3代目ラングラー

 

2007年から3代目となったラングラーは、ボディサイズのアップとボディタイプの追加がされました。
これまでの2ドアコンバーチブルに加え、4ドアコンバーチブルとルーフを備えるSUVが登場。2ドアモデルに「ルビコン」の名が与えられ、4ドアモデルに「アンリミテッド」または「サハラ」の名が与えられています。

エンジンは、V型6気筒エンジンが搭載され、より力強い走りを実現。日本でも2007年から輸入販売が開始され、2ドア・4ドアともに輸入されました。
3代目ラングラーは、2018年までの約11年にわたり製造・販売され、4代目へバトンタッチします。

 

「伝統と進化」の4代目ラングラー

 

2018年にデビューした4代目ラングラーは、独立フェンダーや7スロットグリルなどのジープらしさを残しつつ、最新のメカニズムを搭載した「伝統と進化」の世代といえるでしょう。
日本にも輸入が行われ、2ドアモデルを「スポーツ」、4ドアモデルを「アンリミテッド」として販売。

3代目に引き続きV型6気筒エンジンを搭載しデビューしましたが、2019年に2.0L直列4気筒ダウンサイジングターボを導入。
時代の変化に合わせたパワートレインを搭載し、運転サポートシステムなど、最新のメカニズムを取り入れています。

 

ラングラーアンリミテッドのラインナップ

 

4代目ラングラーアンリミテッドには通常のモデルで4つがラインナップされています。
排気量3.6Lのアンリミテッド スポーツ、アンリミテッド サハラ、そしてアンリミテッド ルビコンの3種類と、排気量2.0Lのアンリミテッド サハラです。

トランスミッションは8速ATで、駆動方式はすべて4WD。
特にアンリミテッド ルビコンは本格クロスカントリーのモデルとして、独自開発された4WDシステムが採用されています。

アンリミテッドと同時に発売されたラングラースポーツとは違い、すべて4ドアモデルとなっています。
ちなみに、ラングラースポーツは2ドアモデルです。

これ以外にも特別仕様車も数台ラインナップされています。
最初に投入されたのは2019年6月に投入された、アンリミテッド ルビコン スカイワンタッチパワートップです。
電動開閉式ルーフを採用したモデルで、257台限定で販売されました。
通常のラングラーのルーフは手動で、10分ほどで収納できるものですが、それが電動式になったのは大きな違いと言えるでしょう。

2020年10月には、アンリミテッド フリーダムエディションの販売を開始しました。
2.0Lの直列4気筒ターボユニット搭載のモデルで台数は200台限定です。
カラーバリエーションは4種類で、それぞれ台数が決められています。

台数が多い順に、ビレットシルバーメタリックが100台、ブライトホワイトが70台、ファイヤークラッカーレッド15台、そしてヘラヤライエロー15台です。
今後も新たな限定モデルが出てくる可能性があります。

ラングラーアンリミテッドの今後の展開に注目です。

 

ラングラーアンリミテッドのライバル車

 

ラングラーアンリミテッドには、強力なライバルがいます。
それはイギリスが誇るオフロード車メーカー、ランドローバー社が製造販売するランドローバー・ディフェンダーです。
ディフェンダーのほうがあとに出てきたものの、ラングラーアンリミテッドの好敵手となりうる好敵手と目されています。

しかし、ラングラーとディフェンダーには大きな違いがあります。
ラングラーは昔ながらのラダーフレームを採用しており、前後リジッドアクスルを採用。
これは歴代ラングラーの伝統を踏襲しており、デフロックもマニュアル操作という、長い歴史で培った性能をそのまま残し続けています。

一方のディフェンダーのほうは、2018年のフルモデルチェンジでラダーフレームからアルミモノコック構造へチェンジしています。
操作もほとんどがスイッチ式で、路面ごとに用意されたモードへの切替でデフロックも連動する、現代的な要素をふんだんに含んでいるのです。

両者の違いは、他にも多くありますが、昔ながらのオフロードを楽しみたい人はラングラーを、乗り心地と機能性を求めたいのであればディフェンダーを選択するといいでしょう。
どちらにも良い点、悪い点があるため、一概にどちらが優れているとは決めにくいのが現実です。

しかしどちらも、長い歴史と伝統の上に立った、素晴らしい車であることは間違いありません。

 

ジープ・ラングラーアンリミテッド買取相場の傾向

 

ジープ・ラングラーアンリミテッドの買取相場は、非常に高い水準で推移しています。
その背景には、日本のSUVの流行と、世界的な人気の2つがあります。

日本でのSUV人気は、1960年代から始まっているものの、盛んに言われるようになったのはつい最近の出来事です。
それまでミニバンを好んでいた日本人は、SUVへシフト。
見た目のカッコよさだけではなく、実用性の高さから、人気が沸騰しているのです。

ラングラーアンリミテッドは、SUVのさきがけのようなモデルで、ラングラーの名前を知らなくても、ジープの名前は知っている人は少なくありません。
悪路走行のためにあるようなこの1台に、注目が集まらないわけはありません。
これらのネームバリューも相まって、ラングラーアンリミテッドは非常に人気が高い1台なのです。

また、世界的に見てもSUVは非常に人気で、メーカー各社からコンパクトSUVから本格的なオフロード仕様車まで幅広くラインナップされています。
そんな中にあって、長年オフロード仕様の車を作り続けてきたジープが手掛けるラングラーに人気が集まるのは、ある意味当然と言えるでしょう。
最近になって製造販売を始めたメーカーよりも、SUVに関しては絶対的な安心感があります。

また、ラングラーに人気が集中する理由は、オープンカーにもできることにもあるでしょう。
天気がいい時にはルーフを外すことで、風を感じながら運転することができます。

意外にもSUVでオープンカーになるものは少なく、これもラングラーの人気を支える理由のひとつでもあるでしょう。
レジャースポットで車に乗りながらくつろぐことができるのは、非常に魅力的です。

実は最近になって買取価格は一気に上昇したのも、ラングラーアンリミテッドの買取相場の傾向です。
年式的な問題で価格が下がりそうな7年落ちのラングラーでも、200万円を越える買取価格をつけた1台も存在します。

もちろん年式が新しい、走行距離の浅いものであればあるほど高額にはなりますが、当面この傾向は続きそうなので、古いからと諦めないようにしましょう。

 

 
 
コラム編集部
SellCa車買取コラム編集部
中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

SellCaオークションのご利用の流れ

 

  • Step 1

    無料査定申込

    無料査定申込 あなたの愛車情報をご入力ください

    あなたの愛車情報を
    ご入力ください。

  • Step 2

    査定

    査定

    ご自宅で査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分程度です。
    ※エリアによってはお伺いできない場合もありますのでご相談ください。

  • Step 3

    オークションに出品

    オークションに出品

    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに
    出品します。
    全国最大6000社のバイヤーがオンライン入札!

  • Step 4

    売却

    売却

    オークションで最高額にご納得いただけたらバイヤーへ売却!愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ジープ・ラングラーアンリミテッドと同じボディタイプ別の買取実績相場

 

車種 買取価格
プジョー 5008 289.3万円〜333.4万円
トヨタ C-HR 136.1万円〜216.1万円
マツダ CX-3 111万円〜177.8万円
マツダ CX-5 74.2万円〜265.8万円
マツダ CX-8 302.7万円〜323.5万円
トヨタ FJクルーザー 197.2万円〜334.7万円
メルセデス・ベンツ GLAクラス 136.2万円〜139.7万円
メルセデス・ベンツ GLC 297.3万円〜446.7万円
メルセデス・ベンツ GLE 460.1万円〜924.4万円
メルセデス・ベンツ GLKクラス 142.5万円〜142.5万円
メルセデス・ベンツ GLS 601.3万円〜642.7万円
メルセデス・ベンツ GLクラス 92.2万円〜500.4万円
メルセデス・ベンツ Gクラス 229.8万円〜1648.4万円
レクサス LX 777.4万円〜1086.6万円
MINI MINI 47.8万円〜97.1万円
メルセデス・ベンツ Mクラス 47.5万円〜287.4万円
レクサス NX 264.9万円〜486.3万円
アウディ Q3 138.6万円〜171.8万円
アウディ Q5 117.1万円〜257.3万円
アウディ Q7 175.4万円〜516.4万円
トヨタ RAV4 26万円〜316.7万円
レクサス RX 99.9万円〜717.6万円
レクサス UX 368.8万円〜436.1万円
BMW X1 39.9万円〜320.7万円
BMW X2 342万円〜342万円
BMW X3 18.3万円〜531.1万円
BMW X4 295.4万円〜368.9万円
BMW X5 44.1万円〜617.5万円
BMW X6 376万円〜376万円
ボルボ XC60 151万円〜452.1万円
ボルボ XC90 36.5万円〜557.3万円
三菱 アウトランダー 8.8万円〜132.1万円
トヨタ ヴァンガード 36.1万円〜157.8万円
ホンダ ヴェゼル 83.7万円〜240.5万円
日産 エクストレイル 5.7万円〜200.2万円
フォード エクスプローラー 25.2万円〜331.8万円
ホンダ エレメント 119.6万円〜119.6万円
ポルシェ カイエン 38.7万円〜877.9万円
キャデラック キャデラックエスカレード 18.6万円〜889.3万円
トヨタ クルーガーV 25万円〜29.1万円
日産 ジューク 25.6万円〜116.8万円
米国トヨタ タンドラ 299.8万円〜299.8万円
フォルクスワーゲン ティグアン 25.9万円〜418.2万円
日産 デュアリス 8.5万円〜91.5万円
日産 テラノ 19万円〜19万円
フォルクスワーゲン トゥアレグ 225.3万円〜225.3万円
トヨタ ハイラックスサーフ 3.1万円〜119.3万円
トヨタ ハリアー 8.8万円〜481.1万円
トヨタ ハリアーハイブリッド 59.1万円〜282.2万円
スバル フォレスター 5.1万円〜271.7万円
ポルシェ マカン 353.9万円〜715.8万円
日産 ムラーノ 13万円〜157.2万円
トヨタ ラッシュ 23万円〜101.2万円
トヨタ ランドクルーザー100 77.2万円〜123.4万円
トヨタ ランドクルーザー60 45.1万円〜134.8万円
トヨタ ランドクルーザー80 61.5万円〜106万円
トヨタ ランドクルーザープラド 39.2万円〜504.2万円

 

 

 

 

人気車種の買取実績相場