【一番高く売れる】フォード・エクスプローラーの買取・査定相場、リセールバリューや高額売却のコツ

 

エクスプローラーの買取実績相場

 

現在の買取参考相場
¥252,400〜¥3,318,220
5年落ち以下
¥2,426,660〜¥3,318,220
7年落ち以下
¥1,411,980〜¥2,660,980
8年落ち以降
¥252,400〜¥1,731,420

 

 

エクスプローラーのグレード別買取実績相場

 

グレード 買取価格
1位 XLT エコブースト ¥546,860〜¥3,318,220
2位 リミテッド ¥1,731,420〜¥1,731,420
3位 リミテッド エコブースト ¥1,411,980〜¥1,411,980

 

 

SellCaオークションでの高額買取実績

 

 

連絡・査定はセルカのみで
最大6000社があなたの車に値付け!

セルカにお申込みをいただくと、セルカと提携している全国6000社の車屋さんにあなたの愛車を見てもらえます。
お客様への連絡はセルカからのみなので、しつこい営業電話をいろんな業者から受けたり、何回も査定を受ける手間がありません。

書類手続きやローンの精算なども
セルカサポートがすべてフォロー!

お車のご売約後に発生する、書類の提出等の諸手続きもセルカのサポート部隊がすべてフォローいたします。
お引渡しからご入金まで、他の業者さんなどと連絡をとっていただく必要は一切ありません。

通常の車買取ではかかる
中間業者の手数料がかかりません!

一括査定などの買取業者はお車を買い取ったあと、車屋さんに再販します。このときにかかる費用や買取業者の利益分がが予め査定額から引かれています。
セルカでは間に入る業者を飛ばして、実際に「この車がほしい!」という方に直接車を買ってもらうことができるため、買取業者が得ていた利益や手数料をお客様に還元できます。

 

 

 

 

フォード・エクスプローラーを高く買い取ってもらうコツ

 

フォード・エクスプローラーの人気グレード

 

フォード  エクスプローラーでは、新車販売、中古販売ともに「フォード  エクスプローラーXLTエコブースト」が人気です。
他のグレードと比較して小さな排気量ながらターボエンジンで馬力やトルクは実用十分な性能を誇ります。

維持費も抑えられることから買取査定額が高額となりがちです。
4WDモデルでは、充実仕様の「リミテッド」にも人気があります。

「エコブースト」が設定されているのは、通算5代目にあたるモデルです。5代目エクスプローラーは、2011年から日本での販売を開始しました。
デビュー当初は、最高出力294ps/6,500rpm、最大トルク345N・m/4,000rpmを発生するV型6気筒3.5リッターエンジンのみのラインナップとなっていましたが、2012年に2.0リッター直列4気筒ターボの「エコブースト」を追加。2トンを超える大型SUVでありながら、最高出力243ps/5,500rpm、最大トルク366N・m/3,000rpmというトルクフルな2.0リッターのターボエンジンを搭載しています。
最高出力こそV型6気筒3.5リッターエンジンに及ばないものの、最大トルクはV型6気筒エンジンを21N・m上回る力強さを発揮。また、最大トルク発生回転数がV型6気筒エンジンよりも直列4気筒ターボエンジンの方が1,000rpm低いため、日常での扱いやすさが増しました。

2015年には、エコブーストエンジンの排気量を2.0リッターから2.3リッターへ変更。最高出力261ps/5,500rpm、最大トルク420N・m/3,000rpmとなりました。2トンを超えるSUVを動かすのに十分なトルクを発生するエンジンへ一新しています。

アメリカ車らしい堂々としたスタイリングでありながら維持がしやすい「エコブースト」モデルは、中古車市場で人気があるため、高値で買取される傾向です。

「エコブースト」に次いで人気なのは、V型6気筒エンジンを搭載しているモデルです。4代目エクスプローラーでは、V型6気筒エンジンとV型8気筒エンジンの2種類のエンジンをラインナップしていますが、中古車市場で人気があるのはV型6気筒エンジン搭載モデルです。

3代目以前のモデルは、流通台数が少ないため、買取相場を調査するのが難しいものの、高額買取されている車両を見てみると、内装・外装やエンジンの状態が良く、アメリカ車らしさを強調するタイヤやサスペンションなどにカスタマイズされていると高額買取されている傾向が見られます。

また、年式が新しいモデルも、内装・外装やエンジンなどのコンディションが良好で、大径ホイールを装着しているなどのカスタマイズがされ、きれいな状態になっていると高い評価を受けられルでしょう。

 

フォード・エクスプローラーのオプション

 

フォード  エクスプローラーのオプションでも、純正ナビのほか高速道路走行時に便利なETCキットといった定番アイテムが人気です。

そのほか解放感あふれる車内空間が特徴的なサンルーフ付き車両やシートヒーターも査定評価が高いアイテムです。
フォードが誇る先進の安全装備がまとめて手に入るフォードセーフ&スマートパッケージにも人気があります。

また、社外品の大径ホイールを装着していた場合でも高い評価を受ける傾向です。アメリカ車の堂々たるスタイリングや存在感を強調するホイールは中古車市場で人気があります。

 

フォード・エクスプローラー買取時の注意点

 

フォード エクスプローラーの買取時の注意点は、内装や外装などをきれいな状態にしておくことと、エンジンやトランスミッションなどの機械系のコンディションを良好な状態に保っておくことです。

インテリアは、グレードによってレザーシートなど、上品でありながら繊細なマテリアルが使われていることもあるため、クリーナーを使った掃除をしたり、汚れに気がついたときに拭き取ったりして、汚れやシミが付着しないようにしておくことをおすすめします。

エクステリアは、ボディの塗装やパーツに汚れやくすみなどがあると、買取時の評価が低くなることがあるでしょう。特にメッキパーツは、定期的に洗車をしてコーティングを施し、輝きを維持しましょう。

エンジンやトランスミッションなどの機械系は、不具合があると大きなマイナスポイントとなってしまいます。動作に不具合がないよう、定期的に点検や整備をしておき、いつでも動かせる状態にしておきましょう。また、点検や整備をしたときの記録簿は、大切に保管しておいてください。点検整備記録簿は、買取時にプラス評価になる大切な書類です。

 

 

フォード・エクスプローラーの特徴

 

フォード・エクスプローラーの概要

 

 フォード  エクスプローラーは、1990年に登場したミドルサイズのSUVです。

本場アメリカで特に人気が高く、過去にSUV部門の売り上げで14年連続トップに君臨した記録を持っています。

フォード  エクスプローラーの特徴は、強靭な耐久性や走破性をアーキテクチャが採用されていること、数多くの人間が乗車できる広く快適な車内とワイルドなエクステリア、実用十分なエンジンを併せ持ち万人受けしやすいといった点が挙げられます。

長年高いセールスを上げ続けてきた実績からユーザーニーズへの即応性が感じられるモデルでもあります。

かつてチープだった内装も世代を追うごとに上質な仕上がりへと進化していきました。

集められた1000を超える改善要望リストを1つ1つクリアし当時SUVとしては最高レベルのシャシーを完成させたことで話題となったこともあります。

課題だった燃費についてもエンジンの改良で改善してきており、時代ごとに当時の先進技術を惜しみなく搭載してきています。

センサーやビューモニタを活用した安全システム、通信端末との連携機能、多彩な走行モードと最適化機能などを次々と盛り込んできたことで知られています。

フォードの中核を担うブランドであるだけに今後も目覚ましい発展を続けていくことでしょう。

 

フォード・エクスプローラーの歴史

 

フォード  エクスプローラーは、1990年にフォード・ブロンコⅡの後継車として登場しました。
比較的大きな車体と4.0Lのパワフルなエンジンを組み合わせ、ベースには強靭なラダーフレームを採用する実用性と耐久性を高い次元で兼ね備えた車として人気を博します。

日本でも1991年から正規輸入販売が行われたほか本国アメリカでもマツダへOEM供給がなされるなど勢いがありました。

当初、日本には3ドアの「スポーツ」、5ドアの「XL」と「エディバウアー」が導入されました。
しかし、翌年には「XL」が廃止。1993年から、5ドア「XLT」が輸入されています。
エンジンは、3958ccのV型6気筒OHVです。導入当初のスペックは、最高出力170ps/4,250rpm、最大トルク32.6kgm/2,200rpm。1993年からは、エンジン排気量こそ変わらないものの最高出力が160ps/4,500rpm、最大トルク30.4kgm/2,200rpmとなっています。
使用燃料はレギュラーガソリンで、4速ATが組み合わされています。駆動方式はパートタイム4WDを採用していました。

1994年には2代目へモデルチェンジします。
直線的でシャープな印象だったエクステリアは丸みを帯びたオーバルデザインへ変更され、内部では主に足回りが改良されました。ダブルウィッシュボーンとトーションバースプリングの組み合わせが採用され乗り心地が向上しています。
初代に続いて2代目も高い売り上げで商業的に成功を果たしました。

日本への導入は1995年から開始され、3ドアの「エクスペディション」、5ドアの「XL」、「XLT」、「リミテッド」の4グレードが輸入されました。
エンジンは、3958ccのV型6気筒を搭載し、最高出力160ps/4,200rpm、最大トルク31.1kgm/2,800rpmを発生します。トランスミッションは4速ATで、駆動方式がフルタイム4WDです。また、ハンドルの位置は左のみでした。

1996年モデルからは、5ドアモデルが右ハンドル仕様になったことがトピックです。また、「エディーバウアー」と5速MTの「XL」が追加となりました。
さらに、1996年からはトランスミッションが5速ATに変更されています。1998年からは、グレード体型の見直しがされ、3ドアモデルが廃止となり、5ドアモデルに5速ATを組み合わせるモデルのみが輸入されました。

長らく販売された後の2001年、3代目へ舵を切ります。
4輪全てが独立懸架となるサスペンションが搭載され、無数の改善項目を徹底してクリアし完成した足回りは屈指のクオリティを誇り話題となりました。
ボディサイズはさらに拡大され、車内空間の快適性も向上します。

日本では2001年から販売を開始し、「XLT」と「エディーバウアー」の2グレードが導入されました。
いずれも5ドアで、右ハンドルのみのラインナップです。エンジンは、「XLT」が4009ccのV型6気筒SOHCで最高出力213ps/5,100rpm、最大トルク35.1kgm/3,700rpm。
「エディーバウアー」のエンジンが、4600ccのV型8気筒SOHCで最高出力242ps/4,750rpm、最大トルク39.0kgm/4,000rpmとなっています。
駆動方式は、電子制御4WDで、FRを基本に路面や走行状況に応じて駆動力を配分するシステムを採用しました。また、インパネのスイッチ操作でオート・ハイ・ローの切り替えができます。サスペンションには、4輪独立懸架となったため乗り心地が向上しています。

2005年には4代目フォード  エクスプローラーとしてビッグマイナーチェンジが行われます。フロントフェイスを中心に大幅にデザイン変更されました。

変更されたのは、エクステリアだけではありません。4,600ccのV型8気筒エンジンが最高出力296ps/5,750rpm、最大トルク41.5kgm/4,000rpmへ向上しています。
また、4.6リッターエンジンを搭載するモデルのトランスミッションが6速ATへ変更されました。ただ、ハンドル位置が全車左ハンドルのみとなっています。グレードは、4.0リッターV型6気筒エンジンを搭載する「XLT」と4.6リッターV型8気筒エンジンを搭載する「エディーバウアー」の2種類です。

2007年には、「XLT」のエクステリアのボディをフルカラーにすることで、見た目の質感向上を図っています。
また、4.6リッターV型8気筒エンジンを搭載する「エディーバウアー」のグレード名が「V8エディーバウアー」に変更されました。「V8エディーバウアー」の運転席にはシートメモリーやシートヒーター、助手席に6ウェイパワーシートやシートヒーターなどを装備することで快適性を向上させています。2009年には、限定車としてラインナップしていた「リミテッド」が最上級グレードとしてカタログモデルになりました。

2010年には5代目フォード  エクスプローラーへとさらに進化します。
路面状況を検知して走行モードを最適化するテレインマネジメントシステムが搭載され、走行の快適性はさらに向上することとなりました。
課題であった燃費もエンジンの改良やモノコックボディの採用で大幅に改善し、さらに魅力的なSUVへと進化しています。

日本には2011年から輸入が開始され、新開発となる3495ccのV型6気筒DOHCエンジンを搭載する「XLT」と「リミテッド」が導入されました。
エンジンは、最高出力294ps/6,500rpm、最大トルク35.2kgm/4,000rpmを発生させ、エンジン排気量をダウンサイジングしながらも従来の4.0リッターエンジンと同等の性能を維持していることが特徴です。組み合わされるトランスミッションは6速ATで、駆動方式に4WDを採用しています。2012年には、1998ccの直列4気筒ガソリンターボエンジン「エコブースト」を導入。最高出力243ps/5,500rpm、最大トルク37.3kgm/3,000rpmを発生させ、V型6気筒エンジンとほぼ同等の動力を発揮します。

2015年の改良では、エクステリアデザインを一新。横一文字のフロントまわりの造形によりワイド感と力強さを強調しています。
また、「エコブースト」は、2.0リッターから2.3リッターへ排気量をアップ。最高出力261ps/5,500rpm、最大トルク
42.8kgm/3,000rpmへ出力・トルク共に向上しています。2016年をもって日本からの撤退によりフォード エクスプローラーは、販売を終了しました。

2019年1月にはフルモデルチェンジとなる6代目モデルが発表されました。
新しく設計された車体はさらなる機能向上を予感させ、走行モードは6つに拡大されています。通信端末との連携機能が一層強化され、迫りくるIoT時代に対応した次世代モデルとなっています。

6代目発表以降、 再進出のニュースはなく入手したい場合には中古車か独自輸入車を購入するほかない状況となっています。

 

フォード・エクスプローラー買取相場の傾向

 

フォード エクスプローラーの買取相場は、数十万円から数百万円と幅広い価格帯になっています。
年式が新しく、走行距離が短い車両であれば、100万円以上の買取価格の提示がされることがあるものの、走行距離が伸びてしまったり、内装や外装の状態などが良くなかったりすると、厳しい買取額になる傾向です。

世代別で見てみると、日本に正規輸入されていた最後の世代にあたる5代目は、数十万円から300万円台で買取りされているケース(2021年5月時点)が多く見られます。
また、ボディやホイールに手が加えられている車両であっても、数百万円の買取額が提示されるケースがあります。最後の日本正規輸入モデルであることから、ノーマルの車両もカスタマイズされている車両も高値で買取りされているといえるでしょう。

3代目と4代目のエクスプローラーは、数十万円から100万円前後が相場となっています。内装や外装の状態が良ければ、走行距離が多少長めであっても、数十万円の買取り値がついているというのも特徴です。
また、足まわりを中心としたカスタマイズ車両は、大径ホイールを装着しているとプラス評価がされ、ノーマル車両よりも高値で買取りされています。

フォード エクスプローラーは、内装や外装をきれいな状態に保ち、エンジンやトランスミッションなどの機械系のコンディションが良好であれば、高値で買い取られるといえるでしょう。
また、大径ホイールを装着していたり、ナビ・バックカメラやETCなどの装備が充実しているとプラス評価がされるため、買取額がアップすることがあります。

ただし買取額は、車両の状態や装備の充実度合いなどの総合判断で決まるため、まず査定してみると良いでしょう。
また、少しでも高値で売却したいのであれば、中間の業者を介さないセルカが最適です。セルカには、エクスプローラーを欲しがる多くのバイヤーが多くいます。少しでも高く、効率良く売却したいのであればセルカにお問い合わせください。

 

 

コラム編集部
SellCa車買取コラム編集部
中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

 

SellCaオークションのご利用の流れ

 

  • Step 1

    無料査定申込

    無料査定申込 あなたの愛車情報をご入力ください

    あなたの愛車情報を
    ご入力ください。

  • Step 2

    査定

    査定

    ご自宅で査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分程度です。
    ※エリアによってはお伺いできない場合もありますのでご相談ください。

  • Step 3

    オークションに出品

    オークションに出品

    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに
    出品します。
    全国最大6000社のバイヤーがオンライン入札!

  • Step 4

    売却

    売却

    オークションで最高額にご納得いただけたらバイヤーへ売却!愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

エクスプローラーと同じボディタイプ別の買取実績相場

 

車種 買取価格
プジョー 5008 289.3万円〜333.4万円
トヨタ C-HR 136.1万円〜216.1万円
マツダ CX-3 111万円〜177.8万円
マツダ CX-5 74.2万円〜265.8万円
マツダ CX-8 302.7万円〜323.5万円
トヨタ FJクルーザー 197.2万円〜377.6万円
メルセデス・ベンツ GLAクラス 136.2万円〜139.7万円
メルセデス・ベンツ GLC 297.3万円〜446.7万円
メルセデス・ベンツ GLE 460.1万円〜924.4万円
メルセデス・ベンツ GLKクラス 142.5万円〜158.5万円
メルセデス・ベンツ GLS 601.3万円〜642.7万円
メルセデス・ベンツ GLクラス 92.2万円〜500.4万円
メルセデス・ベンツ Gクラス 229.8万円〜1648.4万円
レクサス LX 777.4万円〜1086.6万円
MINI MINI 47.8万円〜97.1万円
メルセデス・ベンツ Mクラス 47.5万円〜287.4万円
レクサス NX 264.9万円〜486.3万円
アウディ Q3 138.6万円〜171.8万円
アウディ Q5 117.1万円〜376.2万円
アウディ Q7 175.4万円〜516.4万円
トヨタ RAV4 26万円〜359万円
レクサス RX 99.9万円〜717.6万円
レクサス UX 368.8万円〜436.1万円
BMW X1 39.9万円〜320.7万円
BMW X2 342万円〜342万円
BMW X3 18.3万円〜531.1万円
BMW X4 295.4万円〜593.3万円
BMW X5 44.1万円〜785.8万円
BMW X6 376万円〜376万円
ボルボ XC60 151万円〜452.1万円
ボルボ XC90 36.5万円〜557.3万円
三菱 アウトランダー 8.8万円〜132.1万円
トヨタ ヴァンガード 36.1万円〜157.8万円
ホンダ ヴェゼル 83.7万円〜240.5万円
日産 エクストレイル 5.7万円〜200.2万円
ホンダ エレメント 119.6万円〜119.6万円
ポルシェ カイエン 38.7万円〜877.9万円
キャデラック キャデラックエスカレード 18.6万円〜889.3万円
トヨタ クルーガーV 25万円〜29.1万円
クライスラー・ジープ ジープ・ラングラーアンリミテッド 103.3万円〜593.1万円
日産 ジューク 25.6万円〜116.8万円
米国トヨタ タンドラ 299.8万円〜299.8万円
フォルクスワーゲン ティグアン 25.9万円〜418.2万円
日産 デュアリス 8.5万円〜91.5万円
日産 テラノ 19万円〜19万円
フォルクスワーゲン トゥアレグ 225.3万円〜225.3万円
トヨタ ハイラックスサーフ 3.1万円〜119.3万円
トヨタ ハリアー 8.8万円〜481.1万円
トヨタ ハリアーハイブリッド 59.1万円〜282.2万円
スバル フォレスター 5.1万円〜271.7万円
ポルシェ マカン 353.9万円〜715.8万円
日産 ムラーノ 13万円〜157.2万円
トヨタ ラッシュ 23万円〜101.2万円
トヨタ ランドクルーザー100 77.2万円〜123.4万円
トヨタ ランドクルーザー60 45.1万円〜134.8万円
トヨタ ランドクルーザー80 61.5万円〜106万円
トヨタ ランドクルーザープラド 39.2万円〜504.2万円

 

 

 

 

人気車種の買取実績相場