【ストリームの概要】

ストリームは2000年から2014年まで販売されていた車高の低いホンダのミニバンです。ストリームは英語で「流れ」「時流」の意味からきています。新しい7人乗り車両の潮流を創り出すという意思を込めています。この14年の間に一度フルモデルチェンジが行われ、2代目で生産が終了した車になります。
先にも言ったように、車高の低いミニバンとして人気を集め、ただ単にファミリーカーとして使われるだけでなく、趣味の車としても非常に人気がありました。2代目モデルでは、3列シートのミニバンのほかに、ステーションワゴン感覚の使い勝手を実現した2列シート5人乗りのモデルが設定された時期もありました。

搭載エンジンは直列4気筒の1.8リッターと2.0リッター、トランスミッションは5速ATが基本で、2.0リッターのFF車にだけ無段変速のCVTが組み合わされています。

【ストリームの買取、下取り査定で押させるポイント】

ストリームは黒色とホワイトが人気となっています。

年式が新しい、修復歴無し等がありますが、他にも高額査定の項目になります。また、かなり走行距離が多くなっている車でも高額査定が望めないわけではありません。たとえメーターの距離が多かったとしても、街乗りでしか使っていない車と、長距離移動ばかり使っていた車では、査定金額が変わる可能性があります。

また、マイナーチェンジ以降に製造されたモデルの人気が高く、より高い査定が期待できるでしょう。比較的短期間の販売だったため流通量は限られていますが、買取価格は年々減少しているため、売却を予定されている場合は早めの査定依頼をおすすめします。