ホンダ フィットの買取・査定相場や高額売却のコツ

 

フィットの買取実績相場

 

現在の買取参考相場
¥36,920〜¥1,777,900
3年落ち以下
¥801,260〜¥1,777,900
5年落ち以下
¥357,860〜¥652,760
7年落ち以下
¥52,220〜¥508,720
8年落ち以降
¥36,920〜¥228,920

 

フィットのグレード別買取実績相場

 

グレード 買取価格
1位 13G・L ホンダセンシング ¥1,170,420〜¥1,170,420
2位 13G・Fパッケージ ¥84,820〜¥1,048,160
3位 13G・Fパッケージ ファインエディション ¥801,260〜¥909,060
4位 13G・Lパッケージ ¥652,760〜¥652,760
5位 13G・Lパッケージ ファインエディション ¥649,879〜¥649,879
6位 G・10thアニバーサリー ¥85,720〜¥508,720
7位 13G ¥36,920〜¥429,860
8位 13G・スマートセレクション ファインスタイル ¥52,220〜¥427,710
9位 Gスマートセレクション ¥336,739〜¥336,739
10位 G・10thアニバーサリーⅡ ¥258,120〜¥258,120
11位 13G・スマートセレクション ¥87,420〜¥228,920
12位 13G・Sパッケージ ¥215,860〜¥215,860
13位 ¥61,430〜¥185,620
14位 スポーティエディション ¥129,920〜¥129,920
15位 RS・10thアニバーサリー ¥123,720〜¥123,720
16位 RS ¥47,420〜¥116,920
17位 G ハイウェイエディション ¥82,320〜¥82,320
18位 G スマートスタイルエディション ¥74,420〜¥74,420
19位 1.5S ¥62,820〜¥62,820
20位 ¥49,220〜¥49,220

 

SellCaオークションでの高額買取実績

 

 

連絡・査定はセルカのみで
最大6000社があなたの車に値付け!

セルカにお申込みをいただくと、セルカと提携している全国6000社の車屋さんにあなたの愛車を見てもらえます。
お客様への連絡はセルカからのみなので、しつこい営業電話をいろんな業者から受けたり、何回も査定を受ける手間がありません。

書類手続きやローンの精算なども
セルカサポートがすべてフォロー!

お車のご売約後に発生する、書類の提出等の諸手続きもセルカのサポート部隊がすべてフォローいたします。
お引渡しからご入金まで、他の業者さんなどと連絡をとっていただく必要は一切ありません。

通常の車買取ではかかる
中間業者の手数料がかかりません!

一括査定などの買取業者はお車を買い取ったあと、車屋さんに再販します。このときにかかる費用や買取業者の利益分がが予め査定額から引かれています。
セルカでは間に入る業者を飛ばして、実際に「この車がほしい!」という方に直接車を買ってもらうことができるため、買取業者が得ていた利益や手数料をお客様に還元できます。

 

 

SellCaでご売却いただいたお客様の声

 

フィット / 13G・Fパッケージ
成約日:2020年04月
とても親切に対応して頂いてありがとうございます。3箇所ほど見積りしてもらいましたが、一般の中古車店では、22万円でディーラーのホンダ販売店では、28万円でした。入札の情報をメールで流して頂きましたので楽しく見守ることができました。友人が車を売るときにはセルカを必ず、薦めたいと思います。思ってたより高く売れて助かりました。
フィット / 13G・Fパッケージ
成約日:2021年09月
今回初めて車を売ることにして、不安だらけでしたがセルカさんに査定だけして頂こうと思いました。担当者の方対応がとても良く安心してお任せ使用と思いオークションにかけた所、思った以上の値がつき、簡単にスムーズに売れて助かりました。ありがとうございました!
フィット / 13G・Lパッケージ
成約日:2021年10月
ディーラーから50万位が基本どこに出しても大体同じと言われていたので、64万で落札されてとても嬉しいです。 web上解らない時お電話で親切に対応して頂き、解らない私にもスムーズに出来ました。 ありがとうございました! 又、知人達にも教えます!
フィット / 13G・Fパッケージ
成約日:2021年11月
ディーラーの査定では、100000円でした。 思っていた以上に高く買取価格で売却できて有り難く思います。  ディーラーで下取りしてもらうとやっぱり安いね  次も機会があればSellCaでお願いしたいです。  家族の思い出のいっぱい詰まった車です。 どこかのどなたかが大切に乗っていただいたらうれしく思います。 引き取りまで安全運転を心がけて行きたいと思います。

 

 

ホンダ フィットを高く買い取ってもらうコツ

 

ホンダ フィットの人気グレード

 

ホンダ フィットの人気グレードは「13G F」「ハイブリッド F」「RS」の2種類です。
ホンダを代表するコンパクトハッチバックであり、同車の人気車種であるN-BOXと並んで流通台数が多い車でもあります。
ハイブリッドモデルのイメージも強まってきましたが、依然としてガソリンエンジンモデルの需要も高いのが特徴です。
グレードのラインナップが豊富で、目移りするほどの種類がありますが、人気は上記の3つに集中している印象です。
特にスポーティーグレードの「RS」は2代目でも一定のリセールバリューを誇っています。
新車価格が高額なこともありますが、普通のフィットとは違う特徴に市場評価が上乗せされている印象です。

非常に人気の高いフィットですが、買取相場自体は至って平均的な数字にとどまっています。
流通台数が非常に多い車なだけに意外な結果ですが、新車でも購入が難しいほど高額な車ではないのが理由として上げられるでしょう。
人気がある「13G F」「ハイブリッド F」は、同じフィットの中でも人気が高い程度で、市場価値が高いというわけではありません。
とはいえ、比較的高額で買い取ってもらえること自体に変わりはありません。
4代目フィットが市場投入されたことで、世代を問わず少しずつ買取価格が下落しているので、できるだけ早い時点での査定をおすすめします。

 

ホンダ フィットの人気カラー

 

ホンダ フィットの人気カラーはホワイト系、ブラック系の2色です。
いずれもフィットでは定番のボディカラーで、乗り手のステータスを問わないため中古車市場では高く評価される傾向にあります。
特にホワイト系のボディカラー「プラチナホワイトパール」は不動と言っても差し支えないほどの人気を誇っています。
現行モデルの4代目にも当然のように設定されており、有償色であるにもかかわらずよく選ばれるボディカラーです。
ブラック系の「クリスタルブラックパール」も人気はあるものの、ホワイト系に比べるとやや劣ってしまいます。
それでも新車購入時にはよく選択されるボディカラーであり、特に走りを楽しみたいユーザーからの支持が高い傾向にあります。

上記2色の場合、通常のフィットと比較しても買取価格に数万~10万円程度の価格差が生まれることも珍しくありません。
汚れや傷、焼け具合によりますが、定期的な手入れができていればまず問題ないでしょう。
特に人気グレードとの組み合わせでは、査定価格が大幅に上がる可能性も。
洗車・ワックスがけをしておくことをおすすめします。
なお、ホンダの場合は新車購入時に専用ワックスが社内に搭載されています。
市販のワックスでもいいのですが、ディーラーでも使用されているものなので、できれば車載のものを使用しましょう。

 

ホンダ フィットの人気オプション

 

ホンダ フィットの人気オプションは純正ナビである「ホンダインターナビ」です。
ホンダが提供している純正ナビであり、市販されているナビでは取得できない渋滞・到着予想時刻を通信をつなぎ続けることで常に最新の状態に保つことができるものです。
自然災害などの情報もタイムリーに受け取ることができるため、非常に利便性の高いシステムとなっています。
実は、走行中の車に関係する情報を集めて配信するこのシステムは、本田インターナビが世界初。
普通のカーナビには搭載されていない高性能コンピューターによる分析結果で、ドライブも快適にすごすことができるようになるでしょう。
最近はインターネット上の地図アプリの精度上昇で、カーナビをあえて装備しないことも増えてきました。
しかし、インターナビのような性能を持っているアプリはまだ存在せず、災害情報や騎乗情報は別枠で検索する手間が発生します。
それらが一気にできるホンダインターナビは、中古車買取時には高く評価されるものです。
地図データの更新をしていなくても、ナビの機能そのものに評価が付くので、査定前にデータのアップデートなどをする必要ありません。

 

 

ホンダ フィットの特徴

 

ホンダ フィットの概要

 

ホンダ フィットは日本のみならず世界中で販売されている5ドアハッチバックです。
2001年の登場から20年間愛され続けている車であり、 N-BOX と並ぶホンダの主力商品でもあります。
現行モデルの4代目は2020年に発売されたばかりで中古車市場には少なく、ボリュームゾーンは3代目フィットになります。
最終型のサイズは全長4,005mm×全幅1,695mm×全高1,525mmと、他社のハッチバックと大きな差はありません。
「世界のコンパクトカーのベンチマークにふさわしいクルマ」をコンセプトに開発されており、同時にホンダの最量販車として販売されてました。
また、2代目フィットのマイナーチェンジの過程で設定されたハイブリッドモデルのフィットハイブリッドも販売を継続していますが、車体の大きさに大きな違いはありません。

とにかく乗りやすさに定評があり、初代から一貫してセンタータンクレイアウトを維持しています。
燃料タンクが車体の中心にあることで前後の重量バランスをコントロールしやすくしています。
センタータンクレイアウト方式を採用すると、室内空間が多少なり圧迫されるデメリットがありますが、フロントシート直下に配置することでこれを解消。
同時に、室内空間の自由度を高めることにも成功しています。
排気量や出力は決して高くはないものの、家族での使用や日常生活での使い勝手で困ることはまずありません。
3代目でパワートレインの全面刷新が行われたことで燃費性能も向上しています。
もっとも大きな改良がエンジンの型式変更です。
2代目までは国産車には珍しいSOHCを採用していました。
これは欧米市場の車に採用されているエンジンの種類のひとつですが、ストップ&ゴーが多い日本の交通事情には適していない側面があります。
また、燃費性能も決していいとは言えず、スポーツカーでもない限りあまり恩恵がないエンジン仕様をしていました。
3代目へのフルモデルチェンジにあたって、日本で主流のDOHC方式に変更されたことで日本の道路事情に適合。
燃費性能も向上し、「RS」を除く全モデルで「平成27年度燃費基準」を10~20%で達成しました。
同時にハイブリッドモデルの販売を継続したことで、環境意識の高いユーザーの取り込みに成功し、 N-BOX に並ぶ人気車種となったのです。

現行モデルの4代目フィットでもその特徴はキープ。
ハイブリッドモデルの名前をフィットe:HEVと変更しています。
また、電動化の一環でフィットをベースにした試験車両も存在し、今後完全電動化したフィットが市場投入される可能性もあります。
進化を継続するフィットは、今後も高い人気を維持し続けることが予測され、仕様変更やマイナーチェンジでその恩恵を受ける可能性もあるでしょう。
今後の進化に注目が集まる車です。

 

ホンダ フィットの魅力

 

ホンダ フィットの魅力は汎用性の高さにあります。
5ドアハッチバックという形状で、ファミリー層から単身者まで利用できるのが最大の特徴です。
アウトドア人気で注目されているSUVやミニバンと比較すると劣ってしまうものの、日常生活で使う程度なら何ら問題ない機能を有しています。
ただ、いちおうアウトドアでまったく役に立たないわけでもありません。
リアシートは60:40の独立可倒式を採用しており、倒すとフルフラットになるようになっています。
快適さは人それぞれですが、斜めに乗ることで1人なら車中泊できないことはないでしょう。

ちなみに、4代目フィットでは座面だけのカスタマイズが可能で、背が高い荷物でも横に倒すことなく搭載できるような仕様になっているのが特徴です。
メーカーHPでもこの機能は注目されており、アウトドアシーンでの利用もできることをアピールしています。
とにかく使い勝手が非常によく、市場でも注目度の高い車です。

N-BOX と並ぶホンダの二枚看板のフィットですが、どちらを選択するかは予算や税金関係以外に、乗車定員や主な利用方法で違いがあるようです。
N-BOX も使い勝手がいい車ではあるものの、軽自動車ゆえ乗車定員は4名。
高さがある分フィットよりも背の高いものは得意な反面、横幅に限界があるため総合的な積載能力ではやや難があります。
ファミリー層で利用するにも小さな子どもであれば問題ないものの、少し大きな子どもだとやや狭さを感じることがあるでしょう。
対してフィットもそれほど大きな車ではないものの、N-BOXと比較すると積載能力が高く、活躍できるシーンは多いと言えます。
乗車定員も1名多い5名で、その分後部座席も余裕があるのが特徴です。
このようにフィットと N-BOX は、それぞれのライフスタイルに併せて選択できる違いが明確にあり、双方をサポートしているともいえます。
もちろん単身者での利用でも使い勝手は抜群。
フィットの人気の背景には、高い使い勝手が関係しているといえるでしょう。

 

ホンダ フィットの歴史

 

ホンダ フィットは2001年にロゴの後継車種として発売されました。
軽自動車を除くホンダの自動車ラインナップで最小クラスであり、登場当初から他社の同クラスの車の中でも断トツの人気を誇っています。
初代フィットから採用されているセンタータンクレイアウトはホンダの特許技術であり、この技術を応用して、ほかのコンパクトカーよりも広い室内空間を実現しているのも特徴です。
センタータンクレイアウトを実現しているグローバルスモールプラットフォームは、のちにモビリオ、モビリオスパイク、フィットアリア、 エアウェイブ にも採用されました。
それぐらいフィットで採用されたこの技術は高い評価を得たことで有名です。
同時にフィットの知名度も高くなり、最終的にはそれまでコンパクトカーで不動の1位であったトヨタ カローラ を上回る販売台数を記録しました。

続く2代目は2007年に発売されました。
初代フィットよりもひと回り大きくなったものの、スタイルそのものはキーコンセプトとなっています。
5ナンバーサイズぎりぎりの大きさになったものの、操舵性に大きな変更はなく、非常に乗りやすい車となりました。
また、初代が女性を中心に人気があったことを受けて、全体的にシャープなデザインに意匠変更したことで男性が選びやすいようなデザインに変更されている面もあります。
2代目から追加されたスポーツ仕様の「RS」の発売もあって、男女問わず広く選ばれる車へと進化しました。
2010年には、フィット初のハイブリッドモデルも登場し、環境配慮した1台も人気を博しました。

2013年に発売された3代目では、はじめからハイブリッドモデルもラインナップされ、車選びの楽しさを維持しています。
3代目からエンジン形式がSOHCからDOHCに変更されたことで燃費性能がさらに向上し、人気にさらに火がつきました。
3代目は特に安全性能の進化が多く、ホンダの先進技術であるセンシングとの組み合わせで歴代でもっとも高い安全性確保に成功しています。

現行モデルの4代目フィットは2020年に登場し、高い人気を誇っています。
環境性能にさらに磨きがかかったほか、随所で変更点があり、使い勝手が大幅に向上しました。
この世代から「クロスター」と呼ばれるアウトドアに強いフィットも登場。
のちに登場したフリードなどでも採用されるなど、ホンダの新たなグレード展開の先駆け的存在にもなっています。
ちなみに、標準グレードのフィットは一貫して5ナンバーのままですが、クロスターは現行フィット唯一の3ナンバーです。

 

ホンダ フィット買取相場の傾向

 

ホンダ フィットの買取相場はおおむね安定しており、年式・走行距離が多くなければ高額買取につながりやすい車です。
フィットの買取相場自体はほかのコンパクトハッチバックと大きな差はありませんが、人気車種であることから大きな値崩れを起こしにくいのが特徴です。
4代目フィットが市場に投入された影響で、2代目以前のフィットには価格が付きにくくなってしまいましたが、3代目フィットであればまだまだ高額査定を狙えるでしょう。
とはいえ、4代目の登場でフィットは売り手市場になっているのは事実です。
このまま様子を伺っても、3代目の買取価格上昇をするようなタイミングもないので、可能な限り早く査定に出すことをおすすめします。

買取相場が比較的高いのはガソリンエンジンモデルよりもハイブリッドモデルです。
燃費性能の良さは昨今の車選びでは欠かせない要素となりつつあり、ガソリン車よりも維持費が安いことから注目を集めています。
年式が相当古くない限りは高額査定の対象になるでしょう。
ハイブリッドモデルの注意点は、燃料代・税金の観点から言えば維持費が安いものの、電池の寿命から交換費用が高くなる点にあります。
そのため年式が古いもの、走行距離が多いものだとハイブリッドシステムを支えるリチウムイオン電池の劣化を疑われ、査定額が伸び悩むことも。
交換となれば数十万~100万円は必要なので、年式・走行距離がかさんでいるハイブリッドモデルは査定額を期待しすぎない方が良いかのしれません。

例外としてスポーツモデルの「RS」だけはモデルチェンジの影響を受けにくい特徴があります。
専用エアロパーツが搭載されており、2代目、3代目問わず高額査定の対象になっているのです。
状態や走行距離にあう程度左右されるものの、すでに10年以上前のモデルである2代目「RS」が新車価格の半分で買い取られたケースもあり、人気の高さを物語っています。

中古車買取オークションのセルカでは、年式・走行距離が古く買い取れないといわれた車でも高額査定につながる可能性があります。
過去には、2013年式で走行距離10万km以上の「13G F」が25.1万円で落札された実績も。
いかに人気車種とはいえ、10万kmを越えた車は良くて数万円どまりのことも。
フィットも例外ではないものの、セルカなら上記以外にも高額買取が実現できた例が多くあります。
セルカなら高額査定につながりやすいシステムなので、年式が古くても走行距離が多くても問題ありません。
査定は1回で、全国6,000店の中古車買取店から入札があり、一番高いところに売るだけでOK。
愛車を少しでも高く買い取ってほしいなら、中古車買取オークションのセルカまでお問い合わせください。

 

 

コラム編集部
SellCa車買取コラム編集部
中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

SellCaオークションのご利用の流れ

 

  • Step 1

    無料査定申込

    無料査定申込 あなたの愛車情報をご入力ください

    あなたの愛車情報を
    ご入力ください。

  • Step 2

    査定

    査定

    ご自宅で査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分程度です。
    ※エリアによってはお伺いできない場合もありますのでご相談ください。

  • Step 3

    オークションに出品

    オークションに出品

    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに
    出品します。
    全国最大6000社のバイヤーがオンライン入札!

  • Step 4

    売却

    売却

    オークションで最高額にご納得いただけたらバイヤーへ売却!愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。

 

 

 

 

ホンダ車種別の買取実績相場

 

車種 買取価格
N-BOX 7万円〜178.8万円
S660 112.7万円〜386万円
ヴェゼル 74.3万円〜240.5万円
エアウェイブ 5万円〜13.1万円
エリシオン 6.6万円〜41.3万円
エリシオンプレステージ 22.8万円〜22.8万円
エレメント 119.6万円〜119.6万円
オデッセイ 1.4万円〜236.2万円
オデッセイハイブリッド 160.6万円〜264万円
ジェイド 71万円〜194.5万円
シビックハイブリッド 4.8万円〜16.9万円
シャトル 128.5万円〜146.6万円
ステップワゴン 2.8万円〜239.7万円
ステップワゴンスパーダ 12.6万円〜259.4万円
ストリーム 3.6万円〜24.7万円

 

 

 

 

フィットと同じボディタイプ別の買取実績相場

 

車種 買取価格
BMW 1シリーズ 5.3万円〜216万円
BMW 2シリーズ 69.5万円〜249.8万円
アウディ A1 9.3万円〜37.6万円
アウディ A1スポーツバック 78.2万円〜132.1万円
アウディ A3 15.2万円〜195万円
メルセデス・ベンツ Aクラス 8.3万円〜701.9万円
トヨタ bB 4.9万円〜90万円
トヨタ C-HR 169万円〜209.8万円
シトロエン C3 44.1万円〜87.1万円
シトロエン C4 42.8万円〜42.8万円
レクサス CT 46.6万円〜245.2万円
マツダ CX-3 95.5万円〜141.1万円
マツダ CX-5 92.6万円〜99.7万円
メルセデス・ベンツ Cクラススポーツクーペ 9.5万円〜9.5万円
メルセデス・ベンツ GLAクラス 156万円〜216.8万円
メルセデスAMG GLC 429.2万円〜429.2万円
トヨタ iQ 3.4万円〜23.1万円
レクサス LX 817.7万円〜817.7万円
MINI MINI 5.1万円〜356.2万円
メルセデス・ベンツ Mクラス 332.1万円〜332.1万円
ホンダ N-BOX 58.6万円〜61.4万円
アウディ TTクーペ 206.4万円〜206.4万円
トヨタ WiLL VS 3.5万円〜3.5万円
BMW X3 285.7万円〜285.7万円
トヨタ アクア 2.8万円〜201.3万円
マツダ アクセラ 128.4万円〜128.4万円
マツダ アクセラスポーツ 8.1万円〜138.8万円
フォルクスワーゲン アップ! 6.4万円〜205.1万円
トヨタ イスト 4.1万円〜12.5万円
スバル インプレッサ 10.2万円〜75.6万円
トヨタ ウィッシュ 45.5万円〜95.7万円
トヨタ ヴィッツ 3.1万円〜99.4万円
日産 ウイングロード 49.4万円〜49.4万円
ホンダ ヴェゼル 131.1万円〜158.2万円
トヨタ オーリス 10.1万円〜19.8万円
トヨタ カローラフィールダー 69.6万円〜69.6万円
トヨタ カローラルミオン 6.1万円〜14.3万円
トヨタ カローラレビン 108.7万円〜147.8万円
日産 キューブ 4.1万円〜52.3万円
日産 キューブキュービック 4.4万円〜4.4万円
フォルクスワーゲン ザ・ビートル 61.5万円〜236.2万円
トヨタ シエンタ 2.9万円〜169.1万円
ホンダ シャトル 128.5万円〜128.5万円
日産 ジューク 26.8万円〜60.9万円
スズキ スイフト 5.9万円〜113.8万円
日産 スカイラインクロスオーバー 160.3万円〜160.3万円
ホンダ ステップワゴン 7.1万円〜7.1万円
スズキ スペーシア 66.8万円〜98万円
トヨタ スペイド 27万円〜63.3万円
トヨタ セリカ 6万円〜6万円
スズキ ソリオ 4.9万円〜121.4万円
トヨタ タンク 49.5万円〜143.5万円
ダイハツ タント 21.6万円〜24.5万円
日産 ティーダ 6.3万円〜6.3万円
マツダ デミオ 6.2万円〜125.9万円
フォルクスワーゲン ニュービートル 5.3万円〜24.6万円
日産 ノート 2.2万円〜202万円
スズキ ハスラー 47.4万円〜86.4万円
トヨタ パッソ 1.3万円〜91.7万円
ポルシェ パナメーラ 443.6万円〜443.6万円
トヨタ ハリアー 250.2万円〜250.2万円
日産 フェアレディZ 23.5万円〜245.5万円
トヨタ プリウス 5.9万円〜240.4万円
トヨタ プリウスPHV 82.2万円〜270.3万円
トヨタ プリウスα 32.2万円〜141.1万円
トヨタ ブレイド 10.7万円〜22.8万円
マツダ ベリーサ 5万円〜35.2万円
トヨタ ポルテ 3.6万円〜85.8万円
フォルクスワーゲン ポロ 8.1万円〜142万円
トヨタ マークXジオ 14.7万円〜14.7万円
日産 マーチ 3.2万円〜98.3万円
ダイハツ ムーヴ 20.2万円〜59.9万円
トヨタ ラウム 9.9万円〜16.5万円
日産 ラシーン 9.3万円〜9.3万円
日産 リーフ 15.4万円〜275.9万円
トヨタ ルーミー 126.7万円〜148.9万円
フォルクスワーゲン ルポ 34.3万円〜34.3万円
スバル レヴォーグ 205.3万円〜205.3万円
スズキ ワゴンR 14.6万円〜36.8万円

 

 

 

 

人気車種の買取実績相場