【アンフィニMS-8の概要】

アンフィニMS-8は、当時マツダが展開していた販売店ブランドアンフィニで、1992年から1997年にかけて販売された、Eセグメントに属する4ドアハードトップサルーンです。
アンフィニ(Ẽfini )とはフランス語で「無限」を意味する名詞および形容詞(英語でinfinity/infinite)。
MS-8とは、ギリシャ語で「大いなる想い」を意味する「Megalo Spirits」の頭文字と、車格を示す「8」とを組み合わせできた造語です。
マツダの車には1から9までの数字で表す独自の車格があり、値が大きくなるほど車格が高くなります。
「無限大に広がる喜びを提供する、Eセグメントに属する4ドアハッチバックサルーン」の意味合いが込められています。
ペルソナの後継者として販売が開始されたため、ペルソナと同様に内装にこだわった仕様が施されています。
1997年にカペラのフルモデルチェンジが行われたため、生産が終了されてしまいましたがクロノス車の中では一番最後まで販売されていました。

【アンフィニMS-8の買取、下取り査定で押させるポイント】

マツダのアンフィニMS-8は販売期間は短いものの、他とは異なる特徴的なつくりに魅力を感じる方が存在する車種です。
その独特な内装には現在でも一定のファンがついており、生産終了のため部品が手に入らず嘆く声もちらほらみかけます。
手入れが多く必要な車種でもあるので、お車を乗るうえで気を付けていたことなどをまとめてみてもよいかもしれません。
お車に対して少しづつ行っていた気遣いが査定価格をあげてくれることも十分にあり得ます。
色による違いは、やはり白や黒など落ち着いた色が人気な傾向があります。
ご存じのとおり、人は視覚から多くのものを判別しています。車も例外ではありません。
少しでも価値を上げるためにも洗車などを行いメンテナンスを行ってから査定に出してみたらどうでしょうか。