【オートザムクレフの概要】

オートザムクレフは、1992年から1994年まで販売されていた4ドアセダンです。
オートザムとは「あなたの街の身近なカーショップ」をコンセプトに展開していた、マツダ5チャンネル体制のうちの1つの販売チャンネルでした。
クレフは英語で音部記号を意味し、「いつまでも心に残る音楽のように、走るたびに感動があるクルマでありたい」との願いで命名されました。
クロノスの兄弟車で、クロノスのコンポーネンツを使用されましたが、外板及び内装はクレフ専用の物が与えられました。
スポーツセダンをコンセプトとしていた車種で、国産の上級車種が必要という販売店の要望に応える形で投入されたものでしたが、
販売戦略の甘さもあり、販売台数は92年2129台、93年1979台、94年1153台とあまり売れませんでした。

【オートザムクレフの買取、下取り査定で押させるポイント】

マツダのオートザムクレフは、バブル期にマツダが車種を大量展開していた際のモデルです。
スポーツセダンらしくない少しファンシーな顔部分も特徴の1つで、本来セダンの販売対象となる層にはあまり好まれにくい車種ではあります。
販売されていた時期と現在では、車に乗っている層も変わっているため、需要がないわけではありません。
しかし、新車時代に人気のなかった車種のためあまり高い値は期待できないでしょう。
客層により好みも異なる可能性がございますため、様々な販売店に価値を見極めてもらえるオークションが合う車種かもしれません。
洗車や掃除などを行い、見栄えを現在施せる最良の状態にして査定に出してみましょう。