【フレアワゴンの概要】

フレアワゴンは、マツダから2012年から販売されているスズキのOEM車です。
2008年に生産終了したスピアーノ以来の新型軽自動車として、販売が開始されました。
OEM元と比べるとエンブレムが変更されている程度でさほど違いはありません。
フレアとは英語で才能・ひらめき・お洒落を意味しており、
運転のし易さ、使い勝手の良さ、室内空間の広さ、といったこの車に付随する「才能」を表現すると共に、
フレアを愛車に選択したユーザーの「才能」も称えています。
フレアの登場以降、マツダの軽トールワゴンはフレアシリーズとして名前を共有することとなり、フレアワゴンは2つ目の車種です。
初代はスズキ・パレットのOEM車、2代目(現行型)はパレットの後継車であるスペーシアのOEM車となっております。
2代目からカスタムスタイルも仲間入りしており、そちらはスペーシアのスポーティーモデルであるスペーシアカスタムがモデルとなっております。

【フレアワゴンの買取、下取り査定で押させるポイント】

マツダのフレアワゴンはスズキのOEM車ですので、期待値は高くありません。
同じモデルのOEM元であるスペーシアがリセールしやすいからといって安易にリセールがしやすいと考えることは危険です。
また、軽自動車の国内傾向として走行距離が価格にあまり影響しないというものがありますが、フレアワゴンはそれに該当しません。
走行距離がリセール価格に大きく影響しますのでご注意ください。
カスタムスタイルは流通台数がかなり少ないです。流通数が少ないということは売れにくいことに通じるものがございますが、
逆に走行距離も少なく綺麗な状態のものでしたら貴重なお車として扱ってもらえる可能性も無きにしも非ずです。
より高い価値を見出してくれる買取先を根気よく探しましょう。