【アンフィニMS-6の概要】

アンフィニMS-6は、当時マツダが展開していた販売店ブランドアンフィニで、1991年から1994年にかけて販売された、D/Eセグメントに属する5ドアハッチバックサルーンです。
アンフィニ(Ẽfini )とはフランス語で「無限」を意味する名詞および形容詞(英語でinfinity/infinite)。
MS-6とは、英語で「大いなる想い」を意味する「Megalo Spirits」の頭文字と、車格を示す「6」とを組み合わせできた造語です。
「無限大に広がる喜びを提供する、Eセグメントに属する5ドアハッチバックサルーン」の意味合いが込められています。
セダンのフォーマル性を持ちながらも使いやすさを併せ持っていました。
エンジンは当初V6のDOHCタイプ1.8Lと2L。FF設計のため車内が広いのも特徴。クロノス車のモデルの1つです。
カペラとの差別化のためボディのワイド化し、上級エンジンの代名詞であるV6エンジンの搭載がされています。
日本国内ではカペラの復活により1994年に販売が打ち切られましたが、ヨーロッパ諸国においては引き続き1997年まで販売されました。

【アンフィニMS-6の買取、下取り査定で押させるポイント】

マツダのアンフィニMS-6は販売期間は短いものの一定のファンは残っている車種です。
走行距離が少ない、修復歴無し等以外にも、土足禁止や手洗い洗車のみなどによって価値を上げられることがあります。
同じメーターの距離数だったとしても、長距離のドライブが多かった車の方が高額査定のチャンスは高くなります。
お車を乗るうえで気を付けていたことなど、詳細のところまで査定士に伝えられるように細かく利用方法を見直してみるのもよいかもしれません。
きれいな状態であることに越したことはないため、最低限でも洗車などは済ませておきましょう。