【ベリーサの概要】

ベリーサは、マツダが2004年から2015年まで販売されていたコンパクトカーです。
アクセラの登場で廃止されたファミリ音デミオの中間体を補完するために開発されました。
デミオと同じTYプラットフォームが使用されており、デミオとの差別化のために本革シートをオプション採用に入れました。
ベリーサとは、イタリア語の「verita(真実)」と英語の「satisfaction(満足)」をあわせた造語です。
「真の充足」を表しており、こだわりを持つ人と、それに応えるモノとの理想的な関係を表現して名付けられました。
残念ながら2015年に生産終了してしまい在庫のみの販売となってしまいましたが、
コンパクトカーが近年人気となってきている影響を受け、中古車で探している方も少なくありません。
少し高級なコンパクトカーといったイメージで、どちらかというと女性のユーザーが目立ちます。

【ベリーサの買取、下取り査定で押させるポイント】

マツダのベリーサは、状態によって大きく価値が変わる車種です。
状態が良ければ高額も期待ができます。期待値より安い査定額となる場合は準備不足の可能性があります。
洗車などで外装を整え、エンジン状態や社内の状況も確かめて、最善の状態に整えて査定をしてもらいましょう。
中古で購入する方の傾向としては、移動手段としての車という認識だけでなく、自分に合ったメインの1台としてじっくり選別される方が多い様子。
国内需要の中でも選別が激しい車種のため、リセールの難点が1つでも存在すると急激に価値が下がるのでご注意くださいませ。
一定的な相場がない車種のため、買取店によって大きく価格が変動する車種です。
他の車種よりも、多くの店舗が定めた価値を見比べて、納得のいく価格にたどり着くまで一度粘ってみてもよいかもしれません。