メルセデスベンツ CLAクラスは、2013年にAクラスやBクラスをベースとしたサッシュレスな4ドアクーペおよびステーションワゴン(ハッチバック)です。

同じようにEクラスをベースに開発された4ドアクーペ&ステーションワゴンとしてCLSクラスがありますが、それよりも小さな車体サイズを特徴としています。
似たような車であるAクラスセダンと比べると全長が長く、全幅や全高は短め。
車内の居住性を含め、実用性よりもスポーツ性能をより重視した内外装が特徴となっています。

今回は、そんなメルセデスベンツ CLAクラスの中古車買取相場と高く買取してもらうコツについてご紹介します。

 

ベンツ CLAクラスの買取情報

 

SellCaオークションでの高額売却実績

 


 

ベンツ CLAクラスのグレード、色、オプションなど

 

グレード:CLA 180 AMGスタイル、CLA 250 Sports(シュポルト) 4MATIC
 

メルセデスベンツ CLAクラスの新車市場では、ベースグレードが人気です。

一方、メルセデスベンツ CLAクラスの中古車市場では、新車時には高価格なAMGスタイル仕様や高性能なサスペンション、ブレーキなどを搭載し、トランスミッションやエンジンサウンドでも差をつけるなど多彩な専用チューニングが施されたシュポルトグレードが人気となっています。

特に降雪地方では4WD仕様であるシュポルトグレードの人気が高くなっています。

 

オプション:ベーシックパッケージ、レーダーセーフティパッケージ
 
 

メルセデスベンツ CLAクラスのオプションでは、緊急ブレーキ機能や車間距離探知機能、死角スポットの安全確認機能などが詰まったレーダーセーフティパッケージが人気です。

中高年層や女性が乗っても安心の先進安全装備が搭載されている車には高い査定評価がつきやすくなっています。

  関連記事:車の査定でプラスになりやすいオプションは?

 

色:カルサイトホワイト(白:650)、コスモスブラック(黒:191)
 

メルセデスベンツ CLAクラスのカラーでは、定番の白黒カラーが人気です。

レッドやダークブルーといったカラーと比較して男女ともに受けの良いカラーであるためリセールしやすく、ゆえに高額査定となりやすい色となっています。

  関連記事:車の色の秘密

 

あなたのベンツ・CLAクラスはいかがですか?

お車の走行距離や状況によっても価格が大きく異なりますのでまずは査定してもらいましょう!

  関連記事:車の査定で見られるポイント

  関連記事:キズは査定前に直した方がいいの?

 

 

では、ここでベンツ・CLAクラスを高く売るためにベンツ・CLAクラスのことをもうちょっと知っておきましょう。

  関連記事:輸入車高額売却のポイント

 

ベンツ CLAクラスの概要

 

メルセデスベンツ CLAクラスは、2013年にAクラスから派生したサッシュレスな4ドアクーペおよびステーションワゴン(ハッチバック)です。

エクステリアは、通常ウィンドウ付近にあるサッシがない(サッシュレスな)のが特徴です。
前方から後方にかけて継ぎ目の目立たない非常にクールでスタイリッシュなルックスをしており、見る者の視線を惹きつける妖艶な魅力を持っています。

Eクラスをベースに開発されたCLSクラスよりも小回りが利くサイズであることも特徴で日本国内での狭い道もさほど苦にしません。
Aクラスのセダンと比較すると、主に車内の居住性で差を感じることができます。
短めにカットされた全幅や全高で、実用性よりもドライバーが走りを楽しめることを重視した設計と分かります。

インテリアでは、ベースモデルであるAクラスと共通する部分が多くみられるものの収納スペースや座席スペースはやや削られている点が特徴的です。

エンジンは、日本国内走行では十分な性能を誇る適度な仕様が特徴です。
ハイチューン版のAMGグレードなどを除いて多くのグレードでは、その性能を持て余すことなく使い切れる仕様となっており、ストレスなくドライブを楽しむことができます。

比較的低排気量なエンジンは、燃費やそのほか税金などの維持費は安く済むため奥様の了解も得られやすいモデルといえるでしょう。

足回りでは、スポーティでやや硬めのセッティングのサスペンションが特徴です。

FFモデルでは、シャープなハンドリングと力強い推進性、キビキビとした人馬一体のドライビングフィールを堪能することができます。

価格面では、スペシャリティカーながら比較的リーズナブルな価格から購入でき、所得に余裕のあるユーザーや子育てを終えた中高年層に人気のある車となっています。

 

ベンツ CLAクラスの歴史

 

メルセデスベンツ CLAクラスは、2013年に登場したサッシュレスな4ドアクーペおよびステーションワゴン(ハッチバック)です。
初代メルセデスベンツ CLAクラス(C117/X117型)は、エントリーモデルであるAクラスやBクラスをベースに開発されました。

デザインでは、斧のような形状をしたヘッドランプに彫りの深いフロントグリル、中央には大きなスリーポインテッドスターマークが添えられ、非常に力強い印象のフロントマスクとなっています。
サイドラインには空気抵抗を軽減するくぼみが設けられ、筋肉質な引き締まったボディを連想されるシャープな外観も特徴でした。

エクステリアは、全長×全幅×全高で、4685mm1780mm1430mm、ホイールベースは2700mmで車重は1500kgほどと狭い道でも走れる適度なサイズでした。(20137月販売モデル「CLA250」グレード)

エンジンは、直列型4気筒1.6L~2.0L(最高出力122ps~381ps※ハイチューニング版であるAMG CLAクラスを含む)、ディーゼルエンジンでは直列4気筒1.5L~2.2L(最高出力109ps~177ps)も用意されています。

駆動方式は多くのグレードでFFを中心としながら4WD仕様である「4MATIC」グレードも用意されていました。

サスペンションは、前輪がマクファーソン式ストラット、後輪には4リンク式マルチリンクが搭載。

インテリアでは、ベースモデルであるAクラスと多くの共通点を持つものの後部座席のスペースはややタイトになっており女性や子供向け、あるいは緊急用の座席と言えます。(4ドアクーペ)

高級ブランドで知られるメルセデスベンツのシリーズ中では比較的リーズナブルな価格から購入できるモデルであり、子育てが一段落した中高年層や車好きの若手に愛されている車になります。

お車の売却をお考えのオーナー様は、中古車査定相場に大きな影響を与える最新情報に注意しながら売却時期を検討していきましょう。