デリカシリーズの5代目となるデリカD:52007年に登場し4代目デリカスペースギアの後継車種として発売されました

最大の特徴はSUVとミニバンストロングポイントを融合させた世界でも稀なオールラウンダーミニバンというコンセプトにあります

初代モデルの発売当初は4WDのみの設定で悪路走行に特化したSUVとしての性格の強いモデルでしたが現在ではミニバンで唯一電子制御4WDを採用し低燃費を実現することで競合車種との差別化が図られています

そこで今回はデリカD:5査定相場や高額査定のポイントについてみていきましょう

 

デリカD:5の買取情報

 

SellCaオークションでの高額売却実績

 


 

デリカD:5のグレード、色、オプションなど

 

グレード:Dパワーパッケージ、Dプレミアムパッケージシャモニー
 

デリカD:5はクリーンディーゼルを搭載したグレードに人気があり価格が下落しないため高価買取が期待できますこれはディーゼルエンジンは低燃費かつハイパワー燃料費のコスト削減ができるといった利点があるためです

さらに近年のクリーンディーゼルブームもあいまってどんなシーンでもパワーと低燃費を実現しているデリカD:5は高速走行などの長距離移動では優位性を発揮しにくいハイブリッド車とは異なりディーゼルファンから支持されています

また売れ筋のパワーパッケージや上級グレードのプレミアムパッケージは買取価格が上昇する傾向にあり特別仕様車となるシャモニーアクティブギアなども高価買取されやすいグレードです

 

オプション:9インチナビげーション、ロックフォードプレミアムサウンド
 

デリカD:5で査定額のアップが期待できるオプションはディーラーオプションとなる9インチナビゲーションがあげられます

これは9インチ用のオーディオパネルはディーラーオプションでしか取り付けられず装着している車両も少ないためですここにリヤモニターやロックフォードのプレミアムサウンドが装着されていればさらに高い査定が期待できます

  関連記事:車の査定でプラスになりやすいオプションは?

 

色:白、黒
 

デリカD:5で特に需要の高い人気色は白と黒です同じグレードや年式走行距離の場合これらのカラーは査定額が上がる一方でシルバーなどの場合査定額は下がってしまう傾向があります

  関連記事:車の色の秘密

 

あなたのデリカD:5はいかがですか?

お車の走行距離や状況によっても価格が大きく異なりますのでまずは査定してもらいましょう!

  関連記事:車の査定で見られるポイント

  関連記事:キズは査定前に直した方がいいの?

 

 

では、ここでデリカD:5を高く売るためにデリカD:5のことをもうちょっと知っておきましょう。

  関連記事:ミニバン高額売却のポイント

 

デリカD:5の概要

 

デリカD:5は雪道や山道といった悪路での走破能力に優れ傾斜45度までの登板能力を持つなどアウトドアシーンのに最適な1台としてこの分野では競合する他のミニバンを圧倒しています

また外観からも想像できるように余裕のある室内空間を実現していてSUV並の走行性能に加えミニバンとしての機能を充分に兼ね備えているオールランダーミニバンとしてのスペックを実現しています

これは6速スポーツモード付きCVTや電子制御4WDサスペンションはフロントにマクファーソンストラット式リアトレーリングアーム式マルチリンクを採用するなど通常のミニバンとの差別化によるものです

また2012年からは4WD車にミニバンとして初導入となるクリーンディーゼルエンジンを搭載し歴代デリカのディーゼルファンの要望に応えていますさらにこれまでミニバンは大半が国内のみでしか再販されないため売却時には高値が付きにくい車種でしたが、デリカD:5場合海外でも高い評価を得ていることから中古車に関しても海外で人気となっており登録から5年以内のものはもちろん走行距離が長くなってしまっているものでも市場価値が落ちにくい特徴があります

 

デリカD:5の歴史

 

デリバリーカー運ぶクルマ車名の由来となっているデリカは1968年7月商用トラックとしてデビューしました

ボンネットトラックが主流だった当時キャブオーバータイプで3名乗車が可能な小型トラックは時代を先取るもので1969年には9人乗りが登場しますがこれは現在のミニバンにも通じる3列シート仕様です

2代目になると車名はデリカスターワゴン変更されエンジンは1.6リッターへ拡大されますそして最上級グレードにはコラムATやパワーステアリング反転式対座シートマルチサウンドコンポが追加されるなどレクリエーションビークルRVとしての魅力を高めていきます

3代目へのモデルチェンジの際にはそれまでのフレーム付ボディからモノコックボディへと変更されボディ剛性の強化や軽量化が図られていますデザインもそれまでの直線的なものからソフトキューブスタイル呼ばれるやわらかなカーブで構成されたものに変更されました

4代目になるとデリカはスペースギア名付けられ日常生活をはじめレジャー用途の性格を強めますエンジンはV6リッターをはじめ4種類が設定され全長の異なる標準ボディとロングボディが用意されバリエーションも拡大していきました1999年には時代のニーズに合わせ両側スライドドアも新たに追加されています

現行モデルとなる5代目デリカは2007年1月でD:5名付けられたのは5代目であることとミニバンシリーズのラージサイズカテゴリーという意味合いもあります4WDシステムにはデリカ初となる電子制御4WDが採用され衝突安全性能試験総合評価は最高となる6スターを獲得

2013年1月には2.2リッタークリーンディーゼルエンジン搭載モデルが追加されデリカらしい高い走破性と力強い走りを実現しています

一方現行モデルはすでに12年目に突入し近年の三菱はモデルチェンジの間隔が長いとはいえフルモデルチェンジも近いのではないかと噂されていますこのため査定価格にも影響するモデルチェンジの情報は常にチェックが必要です

 

 

デリカD:5新車の登録台数推移

 

  年間販売台数 前年との比較
2018年 13,502台 533台
2017年 12,969台 2,155台
2016年 10,814台 -273台
2015年 11,087台 -1,082台
2014年 12,169台 -1,684台
2013年 13,853台 398台
2012年 13,455台 136台
2011年 13,319台 -3,533台
2010年 16,852台 1,223台
2009年 15,629台 -2,978台
2008年 18,607台 -8,733台
2007年 27,340台

 

 
 

デリカD:5の新車価格表