【一番高く売れる】日産 ディーダラティオの買取・査定相場、リセールバリューや高額売却のコツ

 

 

 

 

 

SellCaオークションでの高額買取実績

 

 

 

ティーダラティオは日産のコンパクトハッチバックであるティーダのセダンバージョンとして、2004年にデビューして2012年まで販売されました。

その後、2代目にフルモデルチェンジしましたが、2代目はティーダというネームが消えてラティオという名前に変更されました。

しかし、販売不振のため2016年に販売終了となりました。当時、ティーダラティオはサニーの後継車種と位置づけられており、比較的人気の車種でした。

 

ティーダラティオの買取情報

 

SellCaオークションでの高額売却実績

 

SellCaオークションでの高額買取実績

 

 

ティーダラティオのグレード、色、オプションなど

 

グレード:15M(ティーダラティオ)、G(ラティオ)
 

ティーダラティオの人気グレードは中間グレードの15Mです。

オートエアコンなどの一通りの装備が標準装備されており、人気がありました。またラティオにモデルチェンジしてからの人気グレードはGです。
こちらは上級グレードですが、オートエアコンやインテリジェントキーが装着されていました。

 

オプション:ナビ(ティーダラティオ)、VSC・サイドエアバッグ(ラティオ)
 

ティーダラティオの中古車を見てみると、そのほとんどでナビが装着されています。
このため、査定の時にナビが装着されているとプラス査定に繋がります。

一歩、ラティオには横滑り防止装置とサイドエアバッグがオプション設定となっていますので、これらが装着されているとプラス査定に繋がります。

  関連記事:車の査定でプラスになりやすいオプションは?

 

 

色:シルバー、ホワイト
 

中古車サイトを覗いてみると旧型のティーダラティオで人気があるのはホワイトよりシルバーですが、価格相場はシルバーもホワイトもあまり変わりはありません。
一方、ラティオは中古車市場ではホワイトの方が多く出回っている印象があります。

  関連記事:車の色の秘密

 

あなたのティーダラティオはいかがですか?
お車の走行距離や状況によっても価格が大きく異なりますのでまずは査定してもらいましょう!

  関連記事:車の査定で見られるポイント

  関連記事:キズは査定前に直した方がいいの?

 

 

 

では、ここでティーダラティオを高く売るためにティーダラティオのことをもうちょっと知っておきましょう。

 

ティーダラティオの概要

 

ティーダラティオは2004年にハッチバックのティーダのセダンバージョンとしてデビューしました。
当時、日産にはコンパクトセダンのサニーが販売されていましたが、実質的にサニーの後継車種として販売されました。

日産がルノーの傘下に入って以降、共同で開発されたBプラットフォームを採用している点や、同じく共同開発の新型の1.5Lエンジンを搭載しています。
このためコンパクトセダンですが、車としての性能は比較的高くキビキビと走り、扱いやすいエンジンでした。

ティーダラティオの全長×全幅×全高は4395mm×1695×1535となっており、通常のセダンに比べると若干全高が高いのがポイントです。
エンジンは1.5Lと1.8Lで、駆動方式は前輪駆動とe-4WDが設定されていました。
一般的に前輪駆動車の4WDはプロペラシャフトで後輪を駆動していますが、e-4WDは専用の発電機とモーターが装着されており、このモーターで後輪を駆動します。

ティーダラティオの特徴は上質なコンパクトセダンとして開発された点です。
インテリアの質感が高く、少し全高を高くして居住性がサニーに比べると大幅に向上しているのがポイントです。

 

ティーダラティオの歴史

 

ティーダラティオは2004年にハッチバックのティーダの派生車種としてデビューしましたが、コンパクトカートは思えない上質なインテリアの質感と広い車内が特徴でした。
この当時販売されていたサニーの人気は下降傾向でしたが、ティーダラティオは比較的人気があるモデルでした。

日産がルノーの傘下に入ってから販売されたモデルですので、日産の復活を実感させルモデルとなりました。
またティーダラティオは中国や台湾などでも販売されましたが、後にオーストラリアでも販売されるようになりました。

そしてティーダラティオは2012年にフルモデルチェンジし、2代目に移行しました。
2代目はVプラットフォームと呼ばれるマーチのプラットフォームを流用したシャーシーに変更され、実質的にはCセグメントからBセグメントに降格となりました。

またラティオは日本では生産されず、タイで生産され日本に輸入するという形が取られました。タイのほかには中国やインド、メキシコなどでも生産され、アメリカなどでも販売される世界戦略車でした。

そんなティーダですが、ティーダという名が消えてラティオという名前に変更されました。
これはBセグメントに降格したというのが理由だと思われますが、エンジンも日本仕様では1.5Lから3気筒の1.2Lエンジンに変更されました。
ラティオに搭載されている3気筒エンジンはマーチと同じもので、4気筒に比べると振動が大きく、静粛性でも劣ります。
このため、旧型のティーダラティオに比べると車としての性能はワンランク下がりました。

こうした理由から、ラティオは人気が下降し始め、2016年に販売終了となってしまいました。
ラティオとして販売されていたのは約4年で、最近の車としては短命のモデルということになります。

ティーラダティオは販売が終了してから約7年、ラティオは約3年経っていますので今後相場が上がることはないと思われます。
このため、このため、乗り換えを考えている人は早めの売却がおススメだと思います。
一方で、ティーダラティオで比較的低年式のモデルに乗っているオーナーさんはすでに下取り額はあまり期待できませんので、壊れるまで大切に乗るのも良いかもしれません。

 

 

 

SellCa車買取コラム編集部
中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

 

SellCaオークションのご利用の流れ

 

  • Step1

    無料査定申込

    無料査定申込 あなたの愛車情報をご入力ください

    あなたの愛車情報を
    ご入力ください。

  • Step2

    査定

    査定 お近くのセルカ提携店にて 査定を受けましょう。査定のお時間は約30分です

    ご指摘の場所への出張査定か
    セルカ提携店にて
    査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分です。

  • Step3

    オークションに出品

    オークションに出品

    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに
    出品します。
    全国最大6000社のバイヤーがオンライン入札!

  • Step4

    売却

    売却

    オークションで最高額にご納得いただけたらバイヤーへ売却!愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。