【一番高く売れる】ポルシェ 718ボクスター買取相場、高額売却のコツ

ポルシェ 718 ボクスターは、 2016 年に登場したロードスタースタイルのオープンカーです。
1996 年から 3 世代にわたって販売されていたポルシェ ボクスターに、 1950 年代に活躍したレーシングカー「ポルシェ 718 」の冠(かんむり)がつけられ販売されるようになりました。

低重心で高剛性、スムーズな回転と優れた重量バランスを持つ水平対向エンジンを採用し続けるモデルで、その優れた走行安定性とハンドリング性能は人馬一体と表現されています。

今回は、そんなポルシェ 718 ボクスターの中古車買取相場と高く買取してもらうコツについてご紹介します。

ポルシェ・718ボクスター の中古車買取情報

ポルシェ・718ボクスターの人気のグレード、色、オプションなど

グレード:ベースグレード、ボクスター、ボクスター スパイダー

ポルシェ 718 ボクスターの新車市場では、低排気量・軽量・低価格なベースモデルが長らく人気です。

4 気筒のダウンサイジングターボモデルが主力となった 718 ボクスターですが、ポルシェ伝統の水平対向型 6 気筒エンジンを搭載した最上位グレード「スパイダー」の去就に注目が集まりやすくなっています。

新車価格よりは低廉な価格となる中古車市場では上位グレード「 GTS 」が人気で、今後は「スパイダー」も人気となるでしょう。

オプション:フロアマット、オートエアコン、シートヒーター、パークアシスト(前後)+バックカメラ、ダイナミックコーナリングライト、ポルシェ・トルク・ベクタリング(PTV)、ポルシェ・ドッペル・クップルング(PDK)、ポルシェ・アクティブ・サスぺンション・マネジメントシステム(PASM)

ポルシェ 718 ボクスターのオプションでは、実用的なオートエアコン、シートヒーター、フロアマットが人気です。

次いで、高額ながら便利なパークアシスト&バックカメラ機能、暗い夜道でもステアリング操作に連動して照射方向を変えてより安全な運転を実現するダイナミックコーナリングライトなどが人気となっています。

PDK は、デュアルクラッチタイプの AT で変速スピードが早いうえ変速ショックが少なく、フットブレーキでシフトダウンができる仕様になっています。
多数のセンサーが走行状況に応じて最適なギアコントロールを行ってくれることでプロドライバーになったような感覚を味わえます。

PTV は、リアディファレンシャルと連動してエンジンからそれぞれのタイヤへの駆動力を最適配分することで走行安定性を高めてくれる機能です。
非常にスムーズに最適なラインを走行しながらカーブを攻めることができ、こちらもプロのレーサーになったような気分を味わえます。

PASM は、電子制御式のダンパー(ショックアブソーバー)システムで、乗り心地を重視したノーマルモードとタイムを重視した硬めのセッティングなスポーツモードをスイッチ 1 つで変更できる便利な機能となっています。

  関連記事: 車の査定でプラスになりやすいオプションは?

色:キャララホワイトメタリック(白:B9A)、ジェットブラックメタリック(黒C9X)

ポルシェ 718ボクスターのカラーでは、綺麗めで上品な輝きを放つキャララホワイトメタリックや高級感が惹きたつジェットブラックメタリックが人気です。
老若男女問わず好まれやすいカラーであることからリセールバリューが高くなっています。

次いで、色褪せやキズ・汚れなどが目立ちにくい GT シルバーメタリック(銀: M7Z) やポルシェの代表色であるカーマインレッド(赤: M3C) 、ガーズレッド(赤 :80K) 、レーシングイエロー(黄 :1S1) が人気な傾向にあります。

これらのカラーである場合、他色と比較して買取査定額が 5% 程度上乗せされることが多くなっています。

関連記事: 車の色の秘密

あなたのポルシェ・718ボクスター はいかがですか?

お車の走行距離や状況によっても価格が大きく異なりますのでまずは査定してもらいましょう!

  関連記事: 車の査定で見られるポイント

関連記事: キズは査定前に直した方がいいの?

では、ここでポルシェ・718 ボクスター を高く売るためにポルシェ・718 ボクスター のことをもうちょっと知っておきましょう。

関連記事: 輸入車高額売却のポイント

ポルシェ・718ボクスターの概要

ポルシェ 718 ボクスターは、 2016 年に登場したロードスタースタイルのオープンカーです。

エクステリアは、ポルシェ伝統の離れ目で出目金な楕円形ヘッドランプ、アッパーグリルレスなマスク、フロントスカートと後輪付近には大きなエアインテークが開けられ、車両の前後のオーバーハングが短く整えられたスタイリングが特徴的です。

ボンネット先端には、金色に輝くロゴマークが付与されており、オープンカーな車体全体からは強い主張が感じられます。

インテリアは、 2 シーターで交際相手やパートナーとの 2 人だけの空間を愉しむのにぴったりです。

ステアリングやエアダクト、シフトやセンターコンソール、ドアトリム付近などにシルバーメッキが見られ、全体的にはスポーティなデザインながら高級感も感じられる内装に仕上げられます。
エンジンを中央に搭載したミッドシップ構造が特徴的で、車体後部のトランクのほかフロントボンネットを開けるとそこには 2 つ目のトランクルームが存在します。
そのため思いのほか大量の荷物を積載でき、日常のお買い物からおみやげ付きのちょっとしたドライブ旅行まで幅広く活用できる車です。

エンジンは、剛性が高く回転や重量バランスに優れる堅牢な水平対向型を搭載。

伝統の 6 気筒ナチュラルエンジンから 4 気筒ターボエンジンが主力なモデルへと変貌をとげています。
エンジンサウンドは変化しましたが出力性能は先代を上回っており、準ライトウェイトスポーツカーとして軽快な走りを堪能することができます。

足回りでは、前後輪ともに軽量・省スペースでハンドリング性能に優れるマクファーソンストラット式サスペンションを長らく採用してきました。
これに電子制御式の可変ダンパー「ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネジメントシステム」(オプション)を組みあわせるとコンフォートな乗り心地の「ノーマルモード」、引き締まった設定で操舵に対して俊敏な反応を見せる「スポーツモード」とスイッチ 1 つで切り替えて走行できます。

ブレーキは前後輪ともに制動力の強いディスク式を搭載し、フロントが軽い車体でも瞬時にストップ&スタートをきることが可能です。
電動式のトップは時速 50km/h であれば走行中であっても開閉することができ、開閉作業にかかる時間はおよそ 9 秒ほどと突然の悪天候にも問題なく対応できる仕様となっています。

購買層の傾向や中古車市場の動向としては、シングルの若者からミドル世代、子育てを終えたシニア世代に人気で、ポルシェブランドのネームバリューも相まってリセール時の残価率は高めになっています。

ポルシェ・718ボクスターの歴史

初代ポルシェ 718 ボクスター( 982 型)は、 1996 年から 3 世代にわたって販売されてきたポルシェ ボクスターの後継モデルとして 2016 年に誕生しました。
718 」は、 1957 年に登場して以来レーシング界で活躍した「ポルシェ 718 」のネームに由来しています。

デザインは先代を踏襲しながらも、ヘッドランプには LED ディタイムランニングライトを装着した新仕様となっています。

エクステリアは、全長 × 全幅 × 全高で、 4379mm 1801mm 1281mm 、ホイールベースは 2475mm で車重は 1345kg ほどでした。 (2016 年発売モデル「ボクスター(ベース)」グレード )

エンジンは、先代の 6 気筒から水平対向型 4 気筒 2.0L~2.5L ターボへダウンサイジングされましたが最高出力では 300ps~365ps へとパワーアップを果たしました。

発売当初は、 2.0L (最高出力 300ps )を搭載するベースグレードと 2.5L 350ps )を搭載する「ボクスター S 」グレードのみでしたが 2017 年に 2.5L(365ps) の「ボクスター GTS 」が追加されました。

2019 年には伝統の水平対向型 6 気筒 4.0L を搭載した「スパイダー」も発表されています。
駆動方式は MR (ミッドエンジン・リアドライブ)で、車体中央寄りにエンジンを配置し後輪で動く車になります。

サスペンションは前後輪ともにマクファーソンストラット式サスペンションを搭載。
軽量・省スペース・低コストで軽快な走りや優れたハンドリング性能を生み出す良質な設計になっていました。

インテリアでは、先進のポルシェコミュニケーションマネジメントシステムを標準搭載。
タッチパネル式となっており、スマートフォンを操作する感覚で容易に扱うことができました。
ラゲッジスペースは車体の前後にトランクルームを合計 2 か所搭載。

電動トップは 9 秒ほどで開閉でき、走行中の突然の悪天候でも時速 50km/h 以下であれば操作することが可能でした。

2018 5 月発売モデルからは、従前はオプションとされていたスポーツエグゾーストシステムやパークアシスト機能が標準装備されるようになり、より魅力的なモデルとなりました。

このようにフルモデルチェンジやマイナーチェンジで大幅な機能強化や魅力的なデザインがなされると中古車査定相場に大きな影響が出ることがあります。

お車の売却を検討されているかたは、お早めに一度ご相談されるとよいでしょう。

コラム編集部
SellCa車買取コラム編集部
中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

SellCaオークションのご利用の流れ

 

  • Step 1

    無料査定申込

    無料査定申込 あなたの愛車情報をご入力ください

    あなたの愛車情報を
    ご入力ください。

  • Step 2

    査定

    査定

    ご自宅で査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分程度です。
    ※エリアによってはお伺いできない場合もありますのでご相談ください。

  • Step 3

    オークションに出品

    オークションに出品

    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに
    出品します。
    全国最大6000社のバイヤーがオンライン入札!

  • Step 4

    売却

    売却

    オークションで最高額にご納得いただけたらバイヤーへ売却!愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。

 

 

 

 

 

 

718ボクスターと同じボディタイプ別の買取実績相場

 

車種 買取価格
日産 180SX 51.7万円〜74.3万円
BMW 1シリーズ 78.6万円〜98.7万円
BMW 2シリーズ 141.8万円〜257.6万円
ポルシェ 356 344.3万円〜344.3万円
BMW 4シリーズ 229.9万円〜273.9万円
ポルシェ 718ケイマン 652.1万円〜667.2万円
トヨタ 86 78.6万円〜292.9万円
ポルシェ 911 186万円〜1451.6万円
アウディ A5スポーツバック 173万円〜210万円
スバル BRZ 164.7万円〜287.4万円
メルセデス・ベンツ CLAクラス 148.4万円〜148.4万円
メルセデス・ベンツ Cクラス 58.2万円〜462.5万円
メルセデス・ベンツ Eクラス 69.8万円〜471.7万円
日産 GT-R 550.3万円〜1267万円
レクサス LC 801万円〜1009.3万円
BMW M2 338.9万円〜506.7万円
BMW M3 190.6万円〜388.7万円
BMW M4 510.2万円〜768.1万円
BMW M6 98.5万円〜243.3万円
MINI MINI 164.6万円〜164.6万円
レクサス RC 282.3万円〜286.2万円
プジョー RCZ 102万円〜226.8万円
アウディ S5 168.9万円〜168.9万円
メルセデス・ベンツ SLK 35.3万円〜35.3万円
アウディ TTクーペ 9.8万円〜314.2万円
BMW Z4 51万円〜215.3万円
マツダ アンフィニRX-7 221.6万円〜221.6万円
スバル インプレッサ 63.3万円〜63.3万円
トヨタ カローラ 67.9万円〜67.9万円
トヨタ カローラレビン 159.5万円〜222万円
キャデラック キャデラックCTSクーペ 156.8万円〜156.8万円
ポルシェ ケイマン 219.8万円〜502.1万円
フォルクスワーゲン ザ・ビートル 75.3万円〜177.5万円
シボレー シボレーカマロ 62.6万円〜474.2万円
シボレー シボレーコルベット 154.6万円〜808.6万円
日産 シルビア 47万円〜441.8万円
トヨタ スープラ 63.1万円〜520.6万円
日産 スカイライン 42万円〜685.4万円
トヨタ セリカ 10.3万円〜99.1万円
トヨタ ソアラ 50.8万円〜106.9万円
フォルクスワーゲン ニュービートル 8.6万円〜8.6万円
ポルシェ パナメーラ 601.1万円〜601.1万円
日産 フェアレディZ 9.3万円〜429.6万円
トヨタ プリウス 43.9万円〜43.9万円
ポルシェ ボクスター 209.1万円〜209.1万円
フォルクスワーゲン ポロ 10.7万円〜32万円
日産 レパード 81.4万円〜81.4万円

 

 

 

 

人気車種の買取実績相場