【一番高く売れる】ポルシェ・カイエンの買取・査定相場、リセールバリューや高額売却のコツ

 

カイエンの買取実績相場

 

現在の買取参考相場
¥387,360〜¥8,779,390
3年落ち以下
¥5,754,940〜¥8,779,390
7年落ち以下
¥2,532,880〜¥4,728,470
8年落ち以降
¥387,360〜¥387,360

 

 

カイエンのグレード別買取実績相場

 

グレード 買取価格
1位 ベースグレード ¥3,728,290〜¥8,779,390
2位 S E-ハイブリッド ¥6,392,400〜¥6,392,400
3位 プラチナエディション ¥5,754,940〜¥5,754,940
4位 S ハイブリッド ¥2,532,880〜¥2,532,880
5位 ターボ ¥387,360〜¥387,360

 

 

SellCaオークションでの高額買取実績

 

 

連絡・査定はセルカのみで
最大6000社があなたの車に値付け!

セルカにお申込みをいただくと、セルカと提携している全国6000社の車屋さんにあなたの愛車を見てもらえます。
お客様への連絡はセルカからのみなので、しつこい営業電話をいろんな業者から受けたり、何回も査定を受ける手間がありません。

書類手続きやローンの精算なども
セルカサポートがすべてフォロー!

お車のご売約後に発生する、書類の提出等の諸手続きもセルカのサポート部隊がすべてフォローいたします。
お引渡しからご入金まで、他の業者さんなどと連絡をとっていただく必要は一切ありません。

通常の車買取ではかかる
中間業者の手数料がかかりません!

一括査定などの買取業者はお車を買い取ったあと、車屋さんに再販します。このときにかかる費用や買取業者の利益分がが予め査定額から引かれています。
セルカでは間に入る業者を飛ばして、実際に「この車がほしい!」という方に直接車を買ってもらうことができるため、買取業者が得ていた利益や手数料をお客様に還元できます。

 

 

 

 

 

ポルシェ・カイエンを高く買い取ってもらうコツ

 

ポルシェ・カイエンの人気グレード

 

ポルシェ カイエンの新車市場では、もっとも廉価な「カイエン」(ベース)グレードが人気です。
一方、ポルシェ カイエンの中古車市場では、ベースグレードに加え スポーツグレードの「ターボ」や「ターボS」、「GTS」、高い運動性能を備えながら環境に配慮している ハイブリッドが人気となっています。
ポルシェ カイエンには、500馬力を超える「カイエンターボ」グレードなどの超高性能モデルも存在していますが購買層は一部のファンに限られているのが現状です。

ポルシェ カイエン各世代ごとの人気グレードは、次のようになっています。

2002年から2010年まで販売されていた初代カイエンの人気グレードは、「カイエンS」、「GTS」、「ターボ」、「ターボS」です。いずれも、V型8気筒エンジンを搭載していることが共通点となっています。また、「GTS」のMT車仕様の人気も高く、中古車市場で高く買い取られる傾向です。

2010年から2017年まで販売されていた2代目カイエンの人気グレードは、「GTS」、「ターボ」、「ターボS」、「S Eハイブリッド」です。2代目カイエンでは、スポーティーなモデルや高性能モデルの人気が目立ちます。また、2代目から設定され、環境性能と運動性能を両立しているハイブリッドモデルも人気です。

2017年から販売を開始した3代目カイエンの人気グレードは、「ターボ」や「ターボS」、「GTS」が高い買取価格を維持しています。
また、3代目カイエンから追加されたクーペスタイルの「カイエンクーペ」でも「ターボ」や「GTS」が人気です。

ポルシェ カイエンは、スポーツカーメーカーであるポルシェらしさを体感できる「ターボ」や「ターボS」が高い人気を維持しています。
次いで、スポーティー「GTS」や上級グレードの「カイエンS」、環境性能と運動性能を両立した「ハイブリッド」が人気です。
ポルシェ カイエンの場合、ベーシックなグレード「カイエン」であっても、他のクロスオーバーSUVよりも運動性能やポテンシャルが高いため、高額買取されることがあります。

また、どのグレードであっても、故障やトラブルがあると買取額が低くなってしまうため、定期的な点検やメンテナンスを確実に実施し、良好なコンディションを維持しておくようにしましょう。

 

ポルシェ・カイエンの人気オプション

 

ポルシェでは、エクステリアからインテリア、シャシーや安全性能にいたるまで膨大なオプションメニューが用意されるのが特徴的となっています。
そんななか、スポーティなSUVであるポルシェ カイエンで人気となっているのは、見た目に大きな違いが出るスポーツデザインパッケージ、乗り心地がさらに良くなる電子制御式のポルシェダイナミックシャシーコントロール、エアサスペンションです。

また、スポーティーな印象を高める大径ホイールを装着した車両が高い人気となっています。ホイールは、純正オプションだけでなく、社外品であっても高額買取の対象です。
そのほか、フロアマットやシートヒーター、各種の便利な安全性能を搭載した車両は万人受けしやすく買取査定評価が高くなっています。

さらに、内装については、スポーティーな印象を強調するカーボンインテリアオプションを装着していたり、高級感あるレザーシートなどにしていると買取りでの評価が高くなるでしょう。

 

カイエンの人気カラー

 

ポルシェ カイエンの人気ボディカラーは、「ブラック(黒)」と「ホワイト(白)」です。次いで「シルバー」、「レッド」が高値で買取りされています。
また、最近ではグレー系のカラーの人気が上昇している傾向です。

ボディカラーは、色褪せや剥がれなどがあると買取額が下がってしまう可能性があります。そのため、定期的に洗車をして、ワックスやコーティングを施し、綺麗な状態を維持しておきましょう。

 

ポルシェ・カイエン買取時の注意点

 

ポルシェ カイエンを買い取ってもらうときは、内装や外装の状態を綺麗にしておき、点検整備記録簿や取扱説明書などの書類関連を用意しておくことです。
カイエンの内装は、スポーティーでありながら高級感のあるマテリアルやパネルなどを使用しています。そのため、内装を綺麗な状態に保っておくと、買取りでの評価が高くなるでしょう。

外装は、塗装の色褪せや剥がれなどがないようにメンテナンスしておくと、大切にしてきたことが伝わり買取りでの評価が高くなることがあります。

点検整備記録簿は、法定12ヶ月・24ヶ月点検を記録しておく帳簿で、いつ・どのような部品を交換・補充・調整したのか明記されます。記録簿があると、法定点検を正しく受けていたという証明になるため、買取りでプラスの評価になるのです。また、定期的に点検していたことがわかれば、車両のコンディションが良好であることの証明にもなります。点検整備記録簿は、失くさずに保管しておきましょう。

取扱説明書は、車の使用方法が記載されています。取扱説明書は、点検整備記録簿とともに保管していることが多いです。
実は、取扱説明書も買取りでのプラス評価の対象となります。買取時には、取扱説明書も車に乗せておきましょう。

 

 

ポルシェ・カイエンの特徴

 

ポルシェ・カイエンの概要

 

ポルシェ カイエンは、2002年に登場したスポーティなプレミアムSUVです。
当時、高級化を図っていたフォルクスワーゲンとSUV市場への参入を試みていたポルシェとのあいだで思惑が一致したことから共同開発が実現し誕生したモデルになります。

エクステリアは、ポルシェ伝統の楕円型のヘッドランプ、アッパーグリルレスのフロントマスクが特徴的です。
プラットフォームのシャシーベースこそフォルクスワーゲン トゥアレグと共有している姉妹車にあたるものの、尋常ではないほど高性能なエンジンも搭載するポルシェ カイエンは多くの部分で独自仕様を余儀なくされています。
エンジンは、実用十分なV型6気筒エンジン(ガソリン/ディーゼル)のほか、非日常を味わえる500馬力級のハイパワーエンジンも用意。

ハイブリッド仕様では700馬力に迫る「カイエン ターボS  E Hybrid」も登場し、1車種とは思えないほどグレードによって性能差が大きいSUVとなっています。

足回りでは、前輪にはダブルウィッシュボーン式やマルチリンク、後輪にはマルチリンク式を長らく採用してきました。

オフロード走行を視野にいれながらも、シティユースに適したふんわりと柔らかな乗り心地が特徴的となっています。
とはいえ、エキサイティングなスポーツ走行で名高いポルシェが製造するSUVであることに違いはなくステアリング感度の鋭さ、優れたハンドリング性能は1級品です。

下回りとボディ部分に適度な重量さがあり、スカイフック理論のごとく路面の段差も上手にいなす優れた足回りも特徴的です。
特殊素材で製造されたボディ、エンジン、4WDシステムなどによって軽量化が図られており、大きなボディサイズであることを思わず忘れてしまうくらいの軽快な走りを堪能することができます。

インテリアは、独特な形状のエアダクト、大画面のモニタ、ユニークで巨大なセンターコンソールが目につきます。

デザインは個性的ながらボタンやスイッチ類は思いのほか少なく、初めて乗車しても使いやすいよう配慮されています。

総じて、全体的にシンプルな部分とユニークな部分とのメリハリが効いたハイセンスなインテリアデザインとなっています。

購買層の傾向や中古車市場の動向としては、ハイクラスなミドル世代に人気でベースグレード「カイエン」を中心に低排気量グレードが人気な傾向にあります。

 

ポルシェ・カイエンの歴史

 

初代ポルシェ カイエン(955型)は、2002年9月に販売がスタートしました。
デザインは、ポルシェ伝統のオーバルタイプのヘッドランプにアッパーグリルレスのおなじみのフロントマスクを踏襲。

ただし、ハイパワーなエンジンを迅速に冷却するためにロアグリルやロアエアインテークは比較的大きく開口されています。
エクステリアは、全長×全幅×全高で、4782mm、1928mm、1699mmホイールベースは2855mmで車重は2245kgほどでした。(2002年発売モデル「カイエンS」グレード)

前期型のエンジンは、V型6気筒3.2L(250ps)、V型8気筒4.5L(最高出力340ps)~450psをラインナップ。
先駆けて4.5Lの大排気量エンジン搭載グレードが発売されたのち、2003年9月からは3.2Lモデルが販売されるようになりました。

後発のより低排気量なモデルのほうが売れ行きが良く、ポルシェ カイエンの主力グレードへと成長しました。

2006年12月に行われたマイナーチェンジモデル(957型)では、ヘッドランプ形状がより鋭角的な形状に変更され、フロントスカート付近に設けられたエアインテーク内には鋭利なブレードが2本組み込まれるようになりました。
エンジンラインナップにも変更があり、ベースグレード「カイエン」は3.6L(最高出力290ps)へボアアップ、上位モデル「カイエンS:も4.8L(最高出力385ps)へと性能が強化されています。
さらに、「カイエンGTS」(3.6L/405ps)、「カイエン ターボ」(4.8L/500ps)、「カイエン ターボS」(4.8L/550ps)が追加されました。

駆動方式はフルタイム4WD、サスペンションは前輪がダブルウィッシュボーン式、後輪にはマルチリンク式サスペンションが搭載されていました。
ブレーキは前後輪でベンチレーテッドディスク式が採用されています。
足回りは街乗りに適した衝撃吸収性の高いセッティングとなっており、乗り心地は柔らかく良好です。

ただステアリング感度は高めでハンドリング性能は抜群となっておりスポーティな走りを堪能することができました。
販売価格は、ベースグレードの「カイエン」で1000万円程度、最上級の「カイエンターボS」グレードは1800万円に迫る超高級なスポーティSUVでした。

 

つづく2代目ポルシェ カイエン(958型)は、2010年~2018年にかけて販売されています。
ヘッドランプはさらにシャープになり吊り目で細目なフォルムに変更されています。
エクステリアは、全長×全幅×全高で、4845mm、1940mm、1710mm、ホイールベースは2895mmで車重は2130kgほどでした。(2010年発売モデル「カイエンS」グレード)
ボディサイズが拡大されながら100kg級の軽量化に成功。

エンジンには、アイドリングストップ機能やエネルギー回生システムが搭載され燃費性能が大きく向上しました。
エンジンラインナップには、V型6気筒3.6L(最高出力300ps)、V型8気筒4.8L(400ps~500ps)、ハイブリッドモデルでは、V型6気筒3.0L+電気モーター(最高出力333ps)、
日本未導入のディーゼルエンジンではV型6気筒3.0L(240ps)が存在していました。
駆動方式はフルタイム4WD、サスペンションは引き続き前輪がダブルウィッシュボーン式、後輪がマルチリンク式となっています。

ブレーキは先代同様、前後輪でベンチレーテッドディスク式を採用。
先代よりも軽快かつスポーティな走りを実現していました。

2014年からは後期モデルとなり、ベースグレード「カイエン」では燃費性能を向上、上位グレードでは従来の4.8Lエンジンから3.6Lのツインターボエンジンへダウンサイジングされています。
それでも性能は前期型を凌駕する420psを発揮。

ハイブリッドモデルでも性能向上が見られ、最高出力は先代の333psから416psへと大幅に強化されました。
最上位グレード「カイエン ターボ」はエンジン排気量はそのままに最高出力は520psへ、「カイエン ターボS」では570psという驚愕のスペックを誇っています。

 

その後、3代目ポルシェ カイエンが、2017年12月から日本でも国内販売されるようになりました。
車両は、新たにフォルクスワーゲンのMLBプラットフォームを用いて製造されています。

デザインはキープコンセプトながら、ロアグリル内のブレードがより強調されたワイルドなルックスとなっています。
エクステリアは、全長×全幅×全高で、4918mm、1983mm、1696mm、ホイールベースは2895mmで車重は2175kgほどでした。(2017年発売モデル「カイエンS」グレード)
エンジンは、V型6気筒2.9L~3.0L(最高出力340ps~440ps)、V型8気筒4.0L(550ps)をラインナップ。
海外仕様では、4.0L+電気モーターのハイブリッドモデル(最高出力680ps)も登場してきています。
駆動方式はフルタイム4WD、サスペンションは前後輪ともにマルチリンク式となり俊敏性、乗り心地、ハンドリング性能など全方面で機能向上がみられています。

 

ポルシェ・カイエン買取相場の傾向

 

ポルシェ カイエンの買取相場は、高い水準を維持し続ける傾向にあります。

 

カイエンの場合、初年度登録から10年以上経過し、走行距離が10万kmを越えていても買取価格が提示されることがあります。
カイエンは 、ポルシェというスポーツカーメーカーのモデルであることやスポーツカー並みの走行性能を持つSUVであることが高く評価されるため、買取相場が高い状態になっているのです。

 

内装や外装の状態が良好で、年式が新しく、走行距離が短い車両であれば、新車時の車両本体価格の50%以上の買取価格になるでしょう。
カーボンパーツや大径ホイールなどスポーティーな印象を高めるパーツが装着されている車両は、買取時にプラス評価になります。また、レザーシートなどの高級感を引き立てたてる装備、ナビ・オーディオやサンルーフなど快適性を高める装備が付属している場合も買取評価が高くなる傾向です。

 

カイエンは、買取りの基本価格が緩やかに下落していきます。そのため、時間が経過しても高額買取されやすいです。
また、装備が充実している車両は、査定でプラス評価になるため、高い買取価格を維持する傾向が見られます。

 

車は一般的にフルモデルチェンジが実施されると、前型の買取額が大幅に下落します。
しかし、カイエンの場合は、内装や外装の状態、エンジン・トランスミッションやサスペンションなど機械系のコンディションが良好に保たれていれば、型落ちでも高額買取されるケースが多くあります。また、限定車やスペシャルカラーの車両は、流通台数が少なく希少性が評価されるため、高値が付くこともあるでしょう。

 

カイエンは、初代と2代目にMT車を設定しているグレードがあります。一般的にMT車は、AT車に比べると買取額が低くなるケースが多いです。
しかし、カイエンの場合は、スポーツドライビングを堪能できるスポーツSUVとして高く評価されることから、MT車であっても高額買取されることがあります。

 

 

コラム編集部
SellCa車買取コラム編集部
中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

 

SellCaオークションのご利用の流れ

 

  • Step 1

    無料査定申込

    無料査定申込 あなたの愛車情報をご入力ください

    あなたの愛車情報を
    ご入力ください。

  • Step 2

    査定

    査定

    ご自宅で査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分程度です。
    ※エリアによってはお伺いできない場合もありますのでご相談ください。

  • Step 3

    オークションに出品

    オークションに出品

    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに
    出品します。
    全国最大6000社のバイヤーがオンライン入札!

  • Step 4

    売却

    売却

    オークションで最高額にご納得いただけたらバイヤーへ売却!愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。

 

 

 

 

 

 

カイエンと同じボディタイプ別の買取実績相場

 

車種 買取価格
プジョー 5008 289.3万円〜333.4万円
トヨタ C-HR 136.1万円〜216.1万円
マツダ CX-3 111万円〜177.8万円
マツダ CX-5 74.2万円〜265.8万円
マツダ CX-8 302.7万円〜323.5万円
トヨタ FJクルーザー 197.2万円〜334.7万円
メルセデス・ベンツ GLAクラス 136.2万円〜139.7万円
メルセデス・ベンツ GLC 297.3万円〜446.7万円
メルセデス・ベンツ GLE 460.1万円〜924.4万円
メルセデス・ベンツ GLKクラス 142.5万円〜142.5万円
メルセデス・ベンツ GLS 601.3万円〜642.7万円
メルセデス・ベンツ GLクラス 92.2万円〜500.4万円
メルセデス・ベンツ Gクラス 229.8万円〜1648.4万円
レクサス LX 777.4万円〜1086.6万円
MINI MINI 47.8万円〜97.1万円
メルセデス・ベンツ Mクラス 47.5万円〜287.4万円
レクサス NX 264.9万円〜486.3万円
アウディ Q3 138.6万円〜171.8万円
アウディ Q5 117.1万円〜257.3万円
アウディ Q7 175.4万円〜516.4万円
トヨタ RAV4 26万円〜316.7万円
レクサス RX 99.9万円〜717.6万円
レクサス UX 416.1万円〜436.1万円
BMW X1 39.9万円〜320.7万円
BMW X2 342万円〜342万円
BMW X3 18.3万円〜531.1万円
BMW X4 295.4万円〜368.9万円
BMW X5 44.1万円〜725.7万円
ボルボ XC60 151万円〜452.1万円
ボルボ XC90 36.5万円〜557.3万円
三菱 アウトランダー 8.8万円〜132.1万円
トヨタ ヴァンガード 36.1万円〜157.8万円
ホンダ ヴェゼル 83.7万円〜240.5万円
日産 エクストレイル 5.7万円〜200.2万円
フォード エクスプローラー 25.2万円〜331.8万円
ホンダ エレメント 119.6万円〜119.6万円
キャデラック キャデラックエスカレード 18.6万円〜889.3万円
トヨタ クルーガーV 25万円〜29.1万円
クライスラー・ジープ ジープ・ラングラーアンリミテッド 103.3万円〜593.1万円
日産 ジューク 25.6万円〜116.8万円
米国トヨタ タンドラ 299.8万円〜299.8万円
フォルクスワーゲン ティグアン 25.9万円〜418.2万円
日産 デュアリス 8.5万円〜91.5万円
日産 テラノ 19万円〜19万円
フォルクスワーゲン トゥアレグ 225.3万円〜225.3万円
トヨタ ハイラックスサーフ 3.1万円〜119.3万円
トヨタ ハリアー 8.8万円〜481.1万円
トヨタ ハリアーハイブリッド 59.1万円〜282.2万円
スバル フォレスター 5.1万円〜271.7万円
ポルシェ マカン 353.9万円〜715.8万円
日産 ムラーノ 13万円〜157.2万円
トヨタ ラッシュ 23万円〜101.2万円
トヨタ ランドクルーザー100 77.2万円〜123.4万円
トヨタ ランドクルーザー60 45.1万円〜134.8万円
トヨタ ランドクルーザー80 61.5万円〜106万円
トヨタ ランドクルーザープラド 39.2万円〜504.2万円

 

 

 

 

人気車種の買取実績相場