【一番高く売れる】ルノー・カングーの買取・査定相場、リセールバリューや高額売却のコツ

 

カングーの買取実績相場

 

現在の買取参考相場
¥184,340〜¥2,412,480
5年落ち以下
¥1,664,280〜¥2,412,480
7年落ち以下
¥303,593〜¥1,137,000
8年落ち以降
¥184,340〜¥619,080

 

 

カングーのグレード別買取実績相場

 

グレード 買取価格
1位 ラ・タント・イレーズ ¥2,412,480〜¥2,412,480
2位 ペイザージュ ¥1,137,000〜¥1,664,280
3位 クルール ¥619,080〜¥619,080
4位 1.6 ¥184,340〜¥303,593

 

 

SellCaオークションでの高額買取実績

 

連絡・査定はセルカのみで
最大6000社があなたの車に値付け!

セルカにお申込みをいただくと、セルカと提携している全国6000社の車屋さんにあなたの愛車を見てもらえます。
お客様への連絡はセルカからのみなので、しつこい営業電話をいろんな業者から受けたり、何回も査定を受ける手間がありません。

書類手続きやローンの精算なども
セルカサポートがすべてフォロー!

お車のご売約後に発生する、書類の提出等の諸手続きもセルカのサポート部隊がすべてフォローいたします。
お引渡しからご入金まで、他の業者さんなどと連絡をとっていただく必要は一切ありません。

通常の車買取ではかかる
中間業者の手数料がかかりません!

一括査定などの買取業者はお車を買い取ったあと、車屋さんに再販します。このときにかかる費用や買取業者の利益分がが予め査定額から引かれています。
セルカでは間に入る業者を飛ばして、実際に「この車がほしい!」という方に直接車を買ってもらうことができるため、買取業者が得ていた利益や手数料をお客様に還元できます。

 

 

SellCaでご売却いただいたお客様の声

 

カングー / 1.6
成約日:2018年08月
見ての通り変わった車なので中古車でも人気がないかなと覚悟していました。 買取店で査定してもらったら20万円と言われ「やっぱり、、、」といった感じでした。 もうちょっと高く売れないかなと思って、はじめてオークションに出してみましたが、金額が上がって満足です。 ありがとうございました。

 

ルノー・カングーを高く買い取ってもらうコツ

 

ルノー カングーの人気グレード

 

ルノー カングーの人気グレードは、多くのグレードを展開していないため、ベーシックな「1.6」や「ゼン」が高い価格で買取りされている傾向です。また、カングーは、初代・2代目共に、装備が充実した特別仕様車や特別なカラーリングの限定車などを多くリリースしています。そのため、特別仕様車や台数限定車など特別感があるモデルの人気も高いです。

 

ルノー カングーは、AT車とMT車をラインナップしています。日本市場では、おしゃれな乗用車として利用されることが多いため、AT車の方が人気です。ただし、MT車の人気が低いわけではありません。MT車をラインナップしている他のモデルと比べると、カングーのMT車はリセールバリューが良いため、MT車であっても高額買取を狙うことができます。

 

また、わずかな台数ではあるものの、並行輸入車も日本で出回っています。日本への正規導入にはないグレードが輸入されることもあるため、並行輸入車の人気も高いです。

 

さらに、カングーをベースにしたキャンピングカーもごくわずかに流通しています。キャンプやアウトドアブームの後押しもあり、車中泊ができるコンパクトなキャンピングカーの需要が高まっているため、キャンピング仕様の場合には、高い評価になるでしょう。

 

ルノー カングーの人気オプション

 

ルノー カングーは、運転のサポートや快適性を高めてくれる装備が人気です。

 

運転をサポートする装備には、カーナビ、ETC、バックカメラ、コーナーセンサーなどがあります。長距離ドライブでの運転をサポートするナビやETCを装着しておくと、買取りしてもらうときにも有利です。社外の後付けであっても装着しておくと良いでしょう。

 

また、障害物への接近を知らせてくれるコーナーセンサーや後方視界の支援をしてくれるバックカメラは、駐車場で車を停めるときに役立ちます。駐車場の中には、左右の間隔が狭く、視界がよくない場所もあるため、駐車をサポートする装備を充実させておくと売却するときにプラス評価になりやすいです。

 

さらに、ホイールやルーフキャリアなど、ルノー カングーのおしゃれなイメージをアップさせるアイテムも人気があります。プラスアルファの装備を装着しておくと、買取時に高く評価されることがあります。そのため、カングーをカスタムしている場合には、カスタマイズパーツを外さずに買取りをしてもらいましょう。

 

カングーの純正オプションには、ホイールやルーフレール、シートカバーやフロアマットなど定番のアイテムから、カーテンや網戸、簡易ベッドクッション、車載用サイクルキャリアなども用意されています。一見すると社外品に思われてしまう装備が純正オプションとして用意されている点がカングーの良いところです。そのため、買取りをしてもらうときには、純正オプションと社外品を正しく伝えるようにしましょう。その理由は、純正オプションの方が社外品よりも高く評価されるケースが多いためです。カングーならではの粋な純正オプションは、高額買取のポイントになるため、細かな部分であっても買取り時のアピールポイントとして主張しましょう。

 

ルノー カングーの人気ボディカラー

 

ルノー カングーは、「イエロー」、「ブルー」、「ホワイト」のボディカラーが人気です。

 

特にイエローは、カングーらしさを強調しつつも、ブラックアウトされたパーツとのコントラストがはっきりと出るカラーであるため、人気があります。また、ブルーやホワイトは、落ち着きがあり、上品なフランス車を連想させることから、人気があるといえるでしょう。さらに、「レッド」や「オレンジ」といった暖色系のボディカラーも一定の人気があります。

 

つまり、ルノー カングーの場合には、一般的な人気ボディカラーである「ブラック」・「ホワイト」・「シルバー」よりも、色味のあるボディカラーの方が人気だといえるでしょう。

 

ルノー・カングー買取時の注意点

 

ルノー カングーは、内装や外装、エンジンやトランスミッションなど機械系の整備状況が買取りに大きく影響します。

 

内装は、インテリアのパネル(内張り)やシートは定期的に掃除をしてきれいな状態を維持しておきましょう。外装では、ボディやホイールの傷・へこみ、塗装の褪せや剥げに気を付けましょう。特に、色味があるボディカラーの場合、日光の影響により塗装の表面が褪せてしまったり、クリア塗装が剥げてしまったりする可能性があります。よって、定期的に洗車をして、ワックスやコーティングを施してボディのメンテナンスを欠かさないようにしましょう。

 

エンジンやトランスミッションなどの機械系は、定期的に点検をして、必要に応じて部品交換を行い、いつでも動かせる状態にしておくことが大切です。部品の交換は、走行距離が伸びたり、所有期間が長くなったりすると増えてきます。そのため、時期が来たら交換するようにしましょう。部品交換を怠ってしまうと車の不具合に繋がります。不具合がない車の方が高値で売却できるため、定期的なメンテナンスは、確実にしておきましょう。

 

 

ルノー・カングーの特徴

 

ルノー カングーの概要

 

ルノー カングーは、1997年にデビューしたコンパクトサイズのトールワゴンです。ヨーロッパでは商用車として使われています。

 

日本へ正規輸入が開始されたのは2002年。導入当初は、上方向に開くハッチバックのみでしたが、翌2003年から観音開きの「ダブルバックドア」の導入が始まりました。今ではカングーといえば観音開きの「ダブルバックドア」というイメージが定着し、日本へ輸入されるカングーのほとんどが「ダブルバックドア」となっています。

 

カタログモデルとしてラインナップされているグレードは、モノグレードでAT車とMT車を選ぶことができます。また、カタログモデルの他に、特別仕様車や台数限定車を数多くリリースしているのがカングーの特徴です。

 

ルノー カングーの歴史

 

ルノー カングーは、2002年に日本へ導入されたコンパクトサイズのトールワゴンです。導入されたグレードは「1.4」のみで、上方向へ開くバックドアのモデルでした。ボディサイズは、全長3995mm、全幅1675mm、全高1810mmで、5ナンバーのコンパクトカーサイズでありながら、高さがあるため室内の頭上空間が広いといった特徴があります。

 

搭載されるエンジンは1.4リッター直列4気筒で、組み合わされるトランスミッションはフロア式の学習機能付プロアクティブ4速AT。室内は、特徴的なオーバーヘッドコンソールをはじめ、さまざまな収納スペースが備わります。リアシートは、60:40の分割可倒式で、ダブルフォールディング機能付です。さらに、折り畳みができ、脱着可能なトノボードを装備しています。安全面は、デュアルエアバッグとサイドエアバッグ、電子制御ブレーキシステム(EBD)付ABS、プリテンショナーとフォースリミッター付シートベルトが標準です。また、イモビライザーが装備されています。

 

2003年には、エンジンの排気量を1.6リッターへアップしました。また、バックドアに観音開きの「ダブルバックドア」を採用したモデルを導入。上方向に開くバックドアの「ハッチバック」もあわせてラインナップされています。

 

2004年、100台の限定車「シトラス」を設定。ボディカラーには専用の「シトラス・グリーン」と専用シート生地を採用。また、エクステリアの専用装備として、専用バンパー、専用ヘッドランプ、14インチアルミホイールなども装備しています。

2004年12月には、ダブルバックドアモデルに5速MTを追加しました。

 

2005年、特別仕様車「シトラスサウンドパック」と「オーセンテック」を設定。「シトラスサウンドパック」は、専用ボディカラーの「シトラス・グリーン」、前後大型スピーカー付「サウンドパック」、ボディ同色前後バンパー、カングー刺繍入り専用シート生地、専用フロアマットなどを採用。「シトラスサウンドパック」は100台限定で販売されました。「オーセンティック」は、150台限定販売のモデルで、専用インテリアを採用しながら、ベースモデルより価格を抑えた仕様です。

 

その後、ボディカラーの追加や装備の充実をさせながら、2008年まで製造販売されました。

 

2009年、2代目カングーが日本へ導入されました。2代目は、ボディサイズがひとまわり大きくなり、全長4215mm、全幅1830mm、全高1830mmと3ナンバーサイズに拡大されています。エンジンは、1.6リッター直列4気筒が搭載され、先代の1.6リッターエンジンよりもパワーアップしました。トランスミッションは、MTモード付きの4速ATまたは5速MTが組み合わされます。リアドアは両側スライドドアを採用し、バックドアは観音開きの「ダブルバックドア」です。また、フロントとリアにフォグランプが装備されています。室内は、60:40分割可倒式のリアシートや前倒し機構付きの助手席により、シートアレンジが多彩になりました。

 

2010年には、特別仕様車「クルール」を90台限定で販売。フロントとリアのバンパーがブラックになり、ブラックの電動格納式ドアミラーを装備しています。限定90台の内訳は、ボディカラーとトランスミッションの種類で決まっており、「オランジュプロヴァンス」が30台(AT車15台/MT車15台)、「ベール パリ」が30台(AT車15台/MT車15台)、「ブルー フランス」が30台(AT車15台/MT車15台)です。

 

また2010年には、ホイールベースを短縮し3ドアにした「カングービボップ」をリリース。全長3870mm、全幅1830mm、全高1840mmという短い全長が特徴です。しかし、2011年に販売を終了しました。

 

2011年、特別仕様車「クルール」を合計300台限定販売。ボディカラーを4色に増やし、無塗装のブラックバンパーを装備した特別仕様車となっています。ボディカラーと販売台数の内訳は、「オランジュアンダルー(オレンジ)」が90台(AT車65台/MT車25台)、「ベール ジャルダン(グリーン)」が90台(AT車65台/MT車25台)、「ブルークレールメタリック(ブルー)」が90台(AT車65台/MT車25台)、「ローズ(ピンク)」が30台です。

 

同じく2011年にはマイナーチェンジが実施され、エクステリアのサイドモールがボディ同色になりました。ただし、ジョンアグリュムのみサイドモールがブラックです。また、ドアハンドルがシルバーに変更となりました。ボディカラーは、「ブルーエトワールメタリック」と「マロンショコラメタリック」が追加され全10色。インテリアカラーにダークカーボン、シートカラーにライトグレーを採用しています。

 

2012年1月、AT車をベースとしてカーナビ等を搭載した「ナビライン」を設定。パイオニア製のカーナビが装着され、7型ワイドVGA液晶、地上デジタルTVチューナー、DVD-VIDEO、iPod、USBメモリー再生などに対応しています。また、カーナビにはボディーカラー同系色のフェイスパネルを装着。さらに、専用オプションとして、フロアマット・リヤラゲッジマットを用意しています。販売台数は合計100台で、2色のボディカラー「ジョンアグリュム」と「ブルーアルジョンメタリック」に50台ずつ設定されました。

 

2012年3月に、上級グレードの「イマージュ」を設定。エクステリアは、前後バンパーにシルバーのアクセントが入り、ブラックヘッドランプマスク、15インチアルミホイールを装備します。インテリアは、レッドとシルバーとブラックの3トーンカラーのシートを採用。また、レザーステアリング、バックソナー、ESP(横すべり防止装置)を標準装備しています。

 

2012年5月、フレンチレトロをテーマにした3色の特別ボディカラーとブラックバンパーを採用した限定車「クルール」を300台限定で販売。カラーは、「ベージュカマルグ(ベージュ)」、「ブルーエクスプレス(水色)」「ヴェールパステル(緑)」としています。

 

2012年11月、限定30台の「ショコラ」を発売。インテリアには、ショコラカラーの専用シフトブーツカバー、専用インナードアハンドル、専用アームレストを採用し、ショコラカラーのフェイスパネルのSDカーナビを標準装備しています。ボディカラーは「マロンショコラメタリック」です。

 

2013年2月、3色の専用ボディカラーとブラックバンパーを採用した「クルール」を180台限定で販売。ボディカラーは、「カルムブルー(青)」、「タンタシオンヴィオレ(紫)」、「クラージュジョン(黄)」の3色です。

 

2013年6月、300台限定の「オーセンテック」を販売。シンプルかつベーシックなデザインを取り入れた限定車となっています。

 

2013年8月にマイナーチェンジ。グレード体型を「アクティフ(ACTIF)」と「ゼン(ZEN)」に変更しました。マイナーチェンジではフロントデザインを一新し、大きく角度を立てて取り付けられたメーカーエンブレム、ヘッドライトまで繋がるブラックグリルバー、新デザインのヘッドランプが特徴です。2014年には、使い勝手を向上させた「アクティフ」を設定しました。

 

2014年5月、1.2リッター直列4気筒直噴ターボエンジンに6速MTを組み合わせた「ゼン(ZEN)」を設定。また、2014年8月には、100台限定の「コンフィチュール」とSDナビゲーションを特別装備した50台限定車「アクティフ プラスナビ」リリースしました。

 

2014年10月、200台限定の特別仕様車「ペイザージュ」を発売。シルバーとブラックの専用フロントバンパー、ブラックのリアバンパー、シルバーのドアミラー、プライバシーガラス、フロントシートバックテーブル、可倒式助手席を装備しています。ボディカラーは、「ジョンシトロン」、「ヴェールカクトゥスメタリック」、「ブルーアルジョンメタリック」の3色を用意しました。また、2015年にも「ペイサージュ」を100台限定で販売しています。

 

2015年8月、150台の限定車「ラ・ポスト」を設定。シルバーとブラックの専用フロントバンパー、ブラックのリアバンパーなどを装備し、ボディカラー「ジョン ラ・ポスト」を採用しています。

 

2015年10月、160台の限定車「クルール」発売。シルバーとブラックの専用フロントバンパー、ブラックのリアバンパーなどを装備し、「ブルーアンサンシエ」と「ヴェールロマラン」のボディカラーを設定しました。

 

2016年1月、合計180台の限定車「アクティフペイザージュ」発売。専用の装備を装着し、ボディカラーに「タンタシオン ヴィオレ」、「ヴェール メールメタリック」、「ブルー ヴィブラートメタリック」を設定し、各色90台ずつ販売しました。

 

2017年には、「ゼン」をベースとした30台の限定車「フォーミュラ エディション」発売。2018年には、カングー誕生20周年を記念した200台限定の「ヴァンタン」をリリースしました。

 

2019年、100台限定の「エヴァジヨン」発売。ブラックとシルバーのフロントバンパー、フロアカーペットの豪華さとラバーマットの防水性を持つデュアルカーペットが装備されています。ボディカラーは、専用の「ヴェールジャッドメタリック」です。

 

2020年にも「クルール」、「ペイサージュ」、「アシエ」、「ラ・ポスト」といった特別仕様車をリリースしました。

 

2021年は、合計380台の限定車「パナシェ」を発売。ボディカラーには、「オランジュコロンジュ」、「ルージュビフ」、「ジョンアグリュム」、「グリアーバン」、「イヴォワール」の5色を用意しています。また、ボディ同色フロントグリルブレード(一部グレードを除く)、ブラックフロントバンパー、ブラックリアバンパー、ブラックドアミラーを装備しました。

 

ルノー・カングー買取相場の傾向

 

ルノー カングーの買取相場は、2021年5月時点で数万円から200万円台後半と幅広い価格帯になっています。商用車としても使われるシャシーを備えていることから、しっかりとメンテナンスしていれば、それなりの買取額になることが多いようです。高値で買取りされている車両は、年式が新しく走行距離が短い個体だけではありません。年数が経過し、走行距離が伸びている車両であっても高値になることがあります。

 

時間が経過しても高値で買取りされている車の特徴は、内装や外装の状態がきれいに保たれ、エンジンやトランスミッションなどの機械系のメンテナンスが行き届いている車両です。つまり、しっかりと手入れをしていれば、相場以上の買取価格になるということなのです。そのため、カングーの高額買取の条件は、法定点検や整備、洗車および車内清掃を定期的にしておくことだといえるでしょう。

 

現在、市場に出回っているカングーの価値は、各車両で異なります。それは、オプションや追加装備などが、それぞれの車両で違うからです。同じモデルであっても、装着しているオプションや追加装備によっては、買取額がプラスされることもあります。そのため、購入時にどのようなオプションを選択したのか、後付けした追加装備にはどのようなアイテムがあるのか、明らかにしておくと買取時に有利になるでしょう。

 

また、カングーは、特別仕様車や台数限定車を数多くリリースしています。これら特別仕様車や台数限定車の中には、流通台数が少ない貴重なモデルも存在するのです。希少性が高いモデルであれば、相場以上の買取価格になる可能性があります。特別仕様車や台数限定車を所有している場合には、買取相場の数字を参考程度に捉えておくとよいでしょう。

 

カングーをより高い価格で売却したいのであれば、多くのバイヤーを抱え、業者同士で競り合う買取りシステムを採用しているセルカで売却しましょう。セルカには、カングーを欲しがるバイヤーが多くいます。また、セルカは中間業者をスキップできるシステムであるため、より高値での売却が可能です。これまでになかった買取りシステムのセルカで、新しい売却体験をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

コラム編集部
SellCa車買取コラム編集部
中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

 

SellCaオークションのご利用の流れ

 

  • Step 1

    無料査定申込

    無料査定申込 あなたの愛車情報をご入力ください

    あなたの愛車情報を
    ご入力ください。

  • Step 2

    査定

    査定

    ご自宅で査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分程度です。
    ※エリアによってはお伺いできない場合もありますのでご相談ください。

  • Step 3

    オークションに出品

    オークションに出品

    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに
    出品します。
    全国最大6000社のバイヤーがオンライン入札!

  • Step 4

    売却

    売却

    オークションで最高額にご納得いただけたらバイヤーへ売却!愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

カングーと同じボディタイプ別の買取実績相場

 

車種 買取価格
BMW 1シリーズ 5.3万円〜216万円
BMW 2シリーズ 69.5万円〜174.7万円
アウディ A1 9.3万円〜37.6万円
アウディ A1スポーツバック 78.2万円〜132.1万円
アウディ A3 28.8万円〜189.5万円
メルセデス・ベンツ Aクラス 8.3万円〜701.9万円
トヨタ bB 4.9万円〜90万円
トヨタ C-HR 169万円〜209.8万円
シトロエン C3 44.1万円〜87.1万円
シトロエン C4 42.8万円〜42.8万円
レクサス CT 46.6万円〜245.2万円
マツダ CX-3 95.5万円〜106.6万円
マツダ CX-5 92.6万円〜99.7万円
メルセデス・ベンツ Cクラススポーツクーペ 9.5万円〜9.5万円
メルセデス・ベンツ GLAクラス 156万円〜216.8万円
メルセデスAMG GLC 429.2万円〜429.2万円
トヨタ iQ 3.4万円〜23.1万円
レクサス LX 817.7万円〜817.7万円
MINI MINI 5.1万円〜356.2万円
メルセデス・ベンツ Mクラス 332.1万円〜332.1万円
ホンダ N-BOX 58.6万円〜61.4万円
トヨタ WiLL VS 3.5万円〜3.5万円
BMW X3 285.7万円〜285.7万円
トヨタ アクア 2.8万円〜201.3万円
マツダ アクセラ 128.4万円〜128.4万円
マツダ アクセラスポーツ 8.1万円〜138.8万円
フォルクスワーゲン アップ! 6.4万円〜205.1万円
トヨタ イスト 4.1万円〜12.5万円
スバル インプレッサ 10.2万円〜75.6万円
トヨタ ウィッシュ 45.5万円〜95.7万円
トヨタ ヴィッツ 3.1万円〜97万円
日産 ウイングロード 49.4万円〜49.4万円
ホンダ ヴェゼル 131.1万円〜158.2万円
トヨタ オーリス 10.1万円〜19.8万円
トヨタ カローラフィールダー 69.6万円〜69.6万円
トヨタ カローラルミオン 6.1万円〜14.3万円
トヨタ カローラレビン 108.7万円〜147.8万円
日産 キューブ 4.1万円〜52.3万円
日産 キューブキュービック 4.4万円〜4.4万円
フォルクスワーゲン ザ・ビートル 61.5万円〜236.2万円
トヨタ シエンタ 2.9万円〜169.1万円
ホンダ シャトル 128.5万円〜128.5万円
日産 ジューク 26.8万円〜60.9万円
スズキ スイフト 5.9万円〜113.8万円
日産 スカイラインクロスオーバー 160.3万円〜160.3万円
ホンダ ステップワゴン 7.1万円〜7.1万円
スズキ スペーシア 66.8万円〜98万円
トヨタ スペイド 27万円〜63.3万円
トヨタ セリカ 6万円〜6万円
スズキ ソリオ 4.9万円〜121.4万円
トヨタ タンク 87.7万円〜143.5万円
ダイハツ タント 21.6万円〜24.5万円
日産 ティーダ 6.3万円〜6.3万円
マツダ デミオ 6.2万円〜125.9万円
フォルクスワーゲン ニュービートル 5.3万円〜24.6万円
日産 ノート 2.2万円〜202万円
スズキ ハスラー 47.4万円〜47.4万円
トヨタ パッソ 1.3万円〜91.7万円
トヨタ ハリアー 250.2万円〜250.2万円
ホンダ フィット 3.7万円〜117万円
日産 フェアレディZ 23.5万円〜245.5万円
トヨタ プリウス 5.9万円〜240.4万円
トヨタ プリウスPHV 82.2万円〜270.3万円
トヨタ プリウスα 32.2万円〜141.1万円
トヨタ ブレイド 10.7万円〜22.8万円
マツダ ベリーサ 5万円〜35.2万円
トヨタ ポルテ 3.6万円〜85.8万円
フォルクスワーゲン ポロ 8.1万円〜142万円
トヨタ マークXジオ 14.7万円〜14.7万円
日産 マーチ 3.2万円〜98.3万円
ダイハツ ムーヴ 20.2万円〜59.9万円
トヨタ ラウム 9.9万円〜9.9万円
日産 ラシーン 9.3万円〜9.3万円
日産 リーフ 15.4万円〜275.9万円
トヨタ ルーミー 132.3万円〜148.9万円
フォルクスワーゲン ルポ 34.3万円〜34.3万円
スバル レヴォーグ 205.3万円〜205.3万円
スズキ ワゴンR 14.6万円〜36.8万円

 

 

 

 

人気車種の買取実績相場