【一番高く売れる】トヨタ プリウスαの買取・査定相場、リセールバリューや高額売却のコツ

プリウスαの買取実績相場

現在の買取参考相場
¥263,120〜¥2,589,660
3年落ち以下
¥1,735,260〜¥2,589,660
5年落ち以下
¥762,030〜¥2,042,030
7年落ち以下
¥263,120〜¥1,175,640
8年落ち以降
¥322,040〜¥907,440

プリウスαのグレード別買取実績相場

グレード 買取価格
1位 Sツーリングセレクション・G’s ¥1,938,060〜¥2,589,660
2位 ¥263,120〜¥1,735,260
3位 G チューン ブラック ¥1,348,360〜¥1,348,360
4位 Sツーリングセレクション ¥342,140〜¥1,224,460
5位 S Lセレクション ¥322,040〜¥1,074,200
6位 Gツーリングセレクション ¥357,040〜¥983,160
7位 ¥433,240〜¥837,620
8位 S チューン ブラック ¥487,060〜¥542,040

SellCaオークションでの高額買取実績

トヨタ・プリウスαは2011年に登場したハイブリッド専用のミニバン、ステーションワゴンです。
ハイブリッド車の代表と言っても過言ではない、トヨタプリウスから発売されたミニバン(プリウスα)ということで一気に大人気車種となりました。

プリウスαは中古車市場でも人気があり、高値で買取りされています!

今回はトヨタ・プリウスαの買取査定相場や高額売却のためにできることをご紹介します!

プリウスαの中古車買取情報

SellCaオークションでの高額売却実績

SellCaオークションでの高額買取実績

プリウスαの人気のグレード、色、オプションなど

グレード:Sツーリングセレクション Gツーリングセレクション

プリウスαではグレードでの買取相場の違いはさほどありません。

プリウスαのSグレードとGグレードではハンドルが本革、シートの素材などインテリアのパーツに差がありますが、買取額で差がでるといったらそれぞれのグレードに設定があるツーリングセレクションかどうかでしょう。
プリウスαのツーリングセレクションは17インチアルミホイールやフロント、リアバンパーにスポイラーがついており、スポーティな設定になっています。

新車では7人乗りよりも5人乗りのほうが販売台数は多いですが、プリウスαの中古市場では5人乗りと7人乗りで買取価格の差はほぼありません。
よってリセールバリューは5人乗りのほうが高くなっております。

オプション:パノラマルーフ、ナビ、フルエアロ

プリウスαは幅広い年齢層、ターゲットに人気があるため、エアロなどの装備がついている車も買取査定額がプラスになりやすいです。

関連記事: 車の査定でプラスになりやすいオプションは?

色:ホワイトパールクリスタルシャイン(白:070)、ブラック(黒:202)

プリウスαも定番の白、黒が人気です。奇抜な不人気色と比べると買取査定額が20万円~30万円の差がでてくることもありますので色で悩んだ場合は定番色を購入するのがおすすめでしょう。
また、現行モデルのプリウスαはブラック(202)より変更になり アティチュードブラックマイカ(218) となりました。

ソリッドカラーの202よりメタリックが入っている色なので手入れは少し楽になりましたが、小傷は目立ちやすいため洗車の際は丁寧にふき取りましょう。

関連記事: 車の色の秘密

あなたのプリウスαはいかがですか?

お車の走行距離や状況によっても買取価格が大きく異なりますのでまずは査定してもらいましょう!

では、ここでプリウスαを高額で買取りしてもらうために、プリウスαのことをもうちょっと知っておきましょう。

プリウスαの概要

トヨタ・プリウスαは2011年に登場したハイブリッド専用のステーションワゴン、ミニバンです。
日本国内や台湾ではプリウスαと呼ばれていますが、北米やオセアニアでは「プリウスV」、ヨーロッパでは「プリウス+」という名称で販売されています。

プリウスαは環境を考慮し、エコに特化した中でいかに大きな車体に近づけるかというコンセプトで開発されたため、同じステーションワゴン、ミニバンの中では圧倒的な低燃費を実現しています。
また、静音性も高く、高速走行時の安定感も高いため、ファミリーカーとしても人気があります。プラットフォームはプリウスと同様のものを使用しています。

ここ数年他社のハイブリッド化やトヨタ内でのC-HRなどの競合の登場により、プリウス自体が伸び悩んでいるため、全体的な流通量は2015年以降で低迷してきているのが現状です。

米国でも2017年1~9月に売れた最も売れたハイブリッド車に輝きましたが、全体としては前年比の80%程度に落ち込んできています。

プリウスαの現行モデルについて

プリウスαは2011年5月に(ZVM4型)発売されました。当初は4月に発売される予定でしたが2011年3月11日に発生した東日本大震災の影響で東北の工場が被災し、発売を延期せざるを得ない状況となってしまいました。
プリウスαの発売時は2列シートの5人乗りのみの発売でしたが、2012年10月に7人乗りの3列シートを追加しました。7人乗りは重量を抑えるために、軽いリチウムイオン電池を搭載しています。(5人乗りはニッケル水素電池)

7人乗りでは3列目のシートの設置場所を確保するために、電池をセンターコンソールの下に設置しています。この電池の軽量化により、5人乗りと7人乗りの重量の差は10KGとなっており、3列シートでも低燃費が実現されています。

当時は同等サイズのミニバンにハイブリット車がなかったため、発売前からプリウスαには予約注文が殺到し、納車まで半年以上待つ状態でした。

その後、2014年11月にマイナーチェンジを行い、現行のプリウスαとなっています。
マイナーチェンジでは、フロント部分の開口口を大きく広げ、外観は大きく変わりました。

現行モデルは発売からすでに7年が経過しているため、近々フルモデルチェンジを行う予定があると噂されています。
まだ正式に発表はされてませんが、人気車種のフルモデルチェンジなので盛り上がるでしょう。査定価格にも大きく影響しそうなので今後の動向は要注意です。

プリウスα新車の登録台数推移

年間販売台数 前年との比較
2017年 17,610台 -9,630台
2016年 27,240台 -24,880台
2015年 52,120台 -24,410台
2014年 76,530台 -27,480台
2013年 104,010台 -91,162台
2012年 129,848台 +74,727台
2011年 55,121台

プリウスαはプリウスシリーズとして通常のプリウスカテゴリとしてランキングされているので、個別のランキングデータはありません。
発売時の2012年は13万台近く登録されているので、噂されているフルモデルチェンジがとても楽しみですね!

SellCa車買取コラム編集部
中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

SellCaオークションのご利用の流れ

  • Step 1

    無料査定申込

    無料査定申込 あなたの愛車情報をご入力ください

    あなたの愛車情報を
    ご入力ください。

  • Step 2

    査定

    査定 お近くのセルカ提携店にて 査定を受けましょう。査定のお時間は約30分です

    ご指摘の場所への出張査定か
    セルカ提携店にて
    査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分です。

  • Step 3

    オークションに出品

    オークションに出品

    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに
    出品します。
    全国最大6000社のバイヤーがオンライン入札!

  • Step 4

    売却

    売却

    オークションで最高額にご納得いただけたらバイヤーへ売却!愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。

車買取に関するおすすめコラム