【一番高く売れる】トヨタ RAV4の買取・査定相場、リセールバリューや高額売却のコツ

RAV4の買取実績相場

 

現在の買取参考相場
¥260,440〜¥3,590,000
3年落ち以下
¥3,147,200〜¥3,590,000
8年落ち以降
¥260,440〜¥446,640

RAV4のグレード別買取実績相場

 

グレード 買取価格
1位 ¥260,440〜¥446,640
2位 ¥355,640〜¥355,640

SellCaオークションでの高額買取実績

 

トヨタ RAV4(ラブフォー)は、1994年に登場したクロスオーバーSUVです。
車名は「Recreational Active Vehicle 4 wheel drive」から頭文字を取って命名され、その名の通り、楽しみを得られる活動的な四輪自動車として人気を博しました。

ちなみに、初代モデルのCMキャラクターはSMAP・木村拓哉さんが務めていたことで知られています。

2019年4月に発売された5代目からは、「Robust Accurate Vehicle with 4 wheel drive」へと車名の由来が変更されました。

2016年には世界全体で3番目に売れているトヨタ車となり、2017年には世界全体の自動車販売台数ランキングで4位となるなど爆発的な人気を得ています。
今回は、そんなトヨタ RAV4の中古車買取相場と高く買取してもらうコツについてご紹介します。

RAV4の買取情報

SellCaオークションでの高額売却実績

SellCaオークションでの高額買取実績

 

RAV4のグレード、色、オプションなど

グレード:X、G、スタイル、スポーツ、Adventure、ハイブリッドG

トヨタ RAV4の新車市場では、ベースグレード「X」や上級グレード「G」、燃費性能に優れるハイブリッドGが人気です。
トヨタ RAV4はベースグレードでもセーフティセンスといった安全装備は完備されておりパッケージングに優れます。
「G」グレードでは内装にシルバー加飾が施されるほか、シートヒーター付きの合成皮革のシート、本革巻きのステアリングホイール、シフトノブ、パワーバックドアがつくなど豪華装備となっており人気を博しています。

一方、トヨタ RAV4の中古車市場では、コンフォートな仕様の上記「X」「G」や「スタイル」のほか、ダイナミックトルクベクタリングAWDやマルチテレインセレクト、ドライブモードセレクトなど悪路での走破性を高めた仕様の「Adventure」グレードが人気です。

オプション:ナビ、ETC、バックカメラ、ハンズフリーバックドア、インテリジェントクリアランスソナー、フロアマット、サイドバイザー、リアクロストラフィックオートブレーキ、ブラインドスポットモニター

トヨタ RAV4のオプションでは、ナビやETCのほかドライブレコーダーやバックカメラ、ブラインドスポットモニターといった安全装備が人気です。
そのほか、フロアマットやスペアタイヤ、サイドバイザーなども定番人気のオプションとなっています。

  関連記事: 車の査定でプラスになりやすいオプションは?

色:ホワイトパールクリスタルシャイン(白:070)、アティチュードブラックマイカ(黒:218)、グレーメタリック(1G3)、シルバーメタリック(銀:1D6)、アッシュグレーメタリック&アティチュードブラックマイカ(灰&黒:2QW)

トヨタ RAV4のカラーでは、キズや色褪せなどの劣化が目立ちにくいシルバーカラーやグレーカラーが人気です。
Adventureグレードでは専用のツートンカラーが人気で、同じくブラック系やグレー系が人気となっています。
これらのカラーである場合、他色と比較して買取査定額が5%程度上乗せされることが多くなっています。

関連記事: 車の色の秘密

あなたのRAV4はいかがですか?
お車の走行距離や状況によっても価格が大きく異なりますのでまずは査定してもらいましょう!

  関連記事: 車の査定で見られるポイント

関連記事: キズは査定前に直した方がいいの?

では、ここでRAV4を高く売るためにRAV4のことをもうちょっと知っておきましょう。

関連記事: SUV車高額売却のポイント

RAV4の概要

トヨタ RAV4(ラブフォー)は、1994年に登場したクロスオーバーSUVです。
エクステリアは、登場初期の頃は5ナンバーに収まるコンパクトなボディが特徴でしたが、世代を経るごとにボディは大型化され3ナンバーとなっています。

ハリアーやC-HRなどと比べると、街乗り用途というよりはオフロードでの走破性を追求することを重視しているような無骨なデザインが特徴的です。

インテリアは、純粋なオフローダーと比べると機能的でリッチです。
インストゥルメンタルパネルは、機能が厳選されて絞り込まれており、その分1つ1つのスイッチ類は手袋を付けていても扱いやすいような大きめなスイッチとなっていて使いやすくなっています。

シートはファブリックや合成皮革を用いたしっかりした造りとなっていてチープな印象はありません。
足元のスペースもしっかり確保されたリアシートにもリクライニング機構付きのシートが採用されるようになり快適性が増しています。

その後ろには広大なラゲッジスペースを設けており、最大容量は500Lを超えています。
キャンプやゴルフといったアウトレジャー用品をたっぷりと積むことができます。
そのほかにも前列の座席や後部座席、アームレストやドアポケットなど、いたるところにちょっとした収納スペースが設けられるようになり利便性が増しました。

エンジンは、初代から長らく直列型4気筒2.0Lクラスのエンジンを搭載してきました。
5ナンバーサイズだった初代の頃、135ps~180psほどだった最高出力も、ハイブリッド技術の投入などによって200psを超えるようになってきています。(システム総合出力)
これにより、年々拡大されるボディサイズでも比較的軽快に走ることができるようになっています。

トランスミッションは、MT、AT、CVTを採用してきており、足回りでは初代から長らくの間、前輪にマクファーソンストラット式、後輪にダブルウィッシュボーン式サスペンションを搭載してきました。
駆動方式はFFのほかメインとなる4WD仕様車をラインナップ。

駆動力の前後配分を自動的に変化させる電子制御式4WD(ダイナミックトルクコントロール4WD)や、後輪の駆動配分を最適化してカーブをスムーズかつ安全に曲がれるようにするダイナミックトルクベクタリング4WDといった先進の4輪操舵システムを搭載してきました。
走りはオフローダー寄りで特別に乗り心地が良いというわけではないものの十分に上質です。
オフロード仕様では悪路走破性を高めるマルチテレインセレクトやドライブモードセレクト機能を搭載。

泥でぬかるんだ道や砂丘地、岩場やデコボコの激しいがれき路など、路面状況にあったモード選択を行うことでサスペンションやトラクションコントロールを適格に制御することができました。
燃費は、ハイブリッドモデルで25.2km/Lを記録(カタログ値)。

ガソリンエンジンモデルでも10km/Lクラスの実燃費が期待できるエコなモデルとなっています。
高級路線のハリアー、手頃な価格で乗れるCH-R、その間を埋める上質かつ悪路走行性もしっかりした車がRAV4です。

RAV4 の歴史

初代トヨタ RAV4(XA1#型)は、5ナンバーの軽量&コンパクトなSUVとして1994年~2000年の間、販売され人気を博しました。
ボディタイプは3ドアと5ドア版が用意され、デザインはオーソドックスなスクウェア型ヘッドランプに盾形グリルを組み合わせた精悍なマスク、ボックス形状のキャビンが特徴的なライトクロスカントリー車でした。

エクステリアは、全長×全幅×全高で、3705~4115mm、1695~1760mm、1645~1660mmで車重は1180kgほどでした。
エンジンは、直列型4気筒2.0L(最高出力135ps~165psを搭載。
トランスミッションは、4速ATと5速MT、駆動方式はFFと4WDが用意され、サスペンションは前輪がマクファーソンストラット式、後輪にはダブルウィッシュボーン式サスペンションが搭載されていました。
オーナーによるカスタムによってオンロード・オフロードどちらにも変貌できる優れた設計を持ち、軽量かつコンパクトなボディによる運転のしやすさで女性ファンも獲得しました。
ちなみに、CMキャラクターには人気アイドルグループSMAPの木村拓哉さんが登用されて話題となりました。

つづく2代目トヨタ RAV4(XA20W型)は、2000年~2005年にかけて販売されています。
世界的ヒットモデル「カローラ」から多くのコンポーネンツを用いているもののフロントマスクはヘッドランプ、グリルともに拡大された専用設計の仕様となっていました。
ボディタイプは3ドアおよび5ドアモデルの2種類が存在しています。
エクステリアは、全長×全幅×全高で、3760~4155mm、1735mm、1670~1690mm、ホイールベースは2280~2490mmで車重は1160~1350kgほどへと拡大。
車体サイズはすべてのグレードで5ナンバーから3ナンバーサイズへと大きくなりました。
エンジンは、直列型4気筒2.0LL(最高出力125ps~155ps)を搭載。
2000年には低排出ガス車認定制度にて認定車第一号となるなどクリーンなエンジンとなっていました。
海外輸出向けにはディーゼルターボエンジンなども存在しています。
トランスミッションは、4速ATのほか5速MT仕様が存在。
ただ、2003年8月に行われたマイナーチェンジによってMT仕様が廃止されています。
駆動方式は引き続きFF、4WD、サスペンションも前輪がストラット式、後輪がダブルウィッシュボーン式という基本構成が踏襲されていました。

その後は3代目トヨタ RAV4(XA30W型)が2005年~2016年にわたって販売されています。
デザインはキープコンセプトながら、プラットフォーム自体は新型MCプラットフォームを採用。
ボディサイズが拡大されるとともに車体の剛性が増しています。
ちなみにこの代から3ドアタイプが廃止されています。
5ドアタイプのみとなりましたが、最大乗車定員5人版と7人版が存在。
エクステリアは、全長×全幅×全高で、4335~4600mm、1815mm、1685mm、ホイールベースは2560~2660mmで車重は1470~1530kgほどへと大きく拡大されています。
エンジンは、直列型4気筒2.4L(最高出力170ps)を搭載。
国外向けでは2.0L~2.2Lのディーゼルエンジン搭載モデルも存在しました。
トランスミッションは日本仕様車はCVT、海外向けには4~5速ATや5~6速MTが存在。
駆動方式は引き続きFFおよび4WD(電子制御式)、サスペンションの基本方式も先代を踏襲しています。
グレード構成はベースグレードの「X」、豪華装備の「G」、走行性能を重視した「スポーツ」のほか、クールなルックスが特徴の「STYLE」が2008年9月より追加されています。
これに伴い「G」グレードは廃止となりました。

2012年5月には、アメリカでRAV4をベースとした電気自動車「RAV4 EV」が登場。
2012年12月には、日本仕様で改良が見られ、ステアリング協調車両安定制御システム、昼スタートアシスト&ダウンヒルアシストコントロール制御システム、ステアリングにはオーディオスイッチなどを標準装備。
グレード体系を「STYLE」に集約し、グレーメタリック塗装が施された18インチアルミホイールやカラードオーバーフェンダーを装備した「STYLE Sパッケージ」が追加されました。
その後、2013年1月にはアメリカ市場で、3月には欧州市場で4代目トヨタ RAV4(XA40型)が発売されますが、日本では導入されず3代目が売られ続けています。

2015年5月には「STYLE Sパッケージ」が廃止となり、「STYLE」グレード(FF4WD)のみとなりました。
その約一年後には国内向けの生産終了が伝えられ、RAV4は一旦、国内市場から姿を消します。
ちなみに日本未導入に終わった4代目トヨタ RAV4は、デザインが変わりフロントグリル中央のトヨタエンブレムから左右のヘッドランプにかけてつながったユニークな風貌となっていました。
エクステリアは、全長×全幅×全高で、4570mm、1845mm、1545~1565mm、ホイールベースは2660mmで車重は1680kgほどでした。
エンジンは、直列型4気筒2.0L(最高出力151ps)、2.5L(178ps)、
ディーゼルエンジンでは、直列型4気筒2.0L~2.2L(最高出力124ps~150ps)、ハイブリッドモデルでは2.5L+モーター(システム出力197ps)をラインナップ。
トランスミッションは、CVT、6速ATおよびMT、駆動方式はFF、4WD、サスペンションは
前輪がマクファーソンストラット式、後輪がダブルウィッシュボーン式となっていました。
販売面では絶好調で、2016年および2017年において世界のSUV販売台数1位を記録しています。

つづく5代目トヨタ RAV4(XA50型)は、2018年に発表され、日本でも2019年4月10日から販売されるようになりました。
およそ2年ぶりに国内ラインナップに復活したRAV4は、刀の先端を示すような鋭く吊り上がったヘッドランプに上部と下部ともに台形型の大きな雄大なアッパー&ロアグリルをレイアウトした威厳ある風貌へと様変わりしました。
走行性能を重視したグレード「Adventure」では、ロアグリルがラバーバーベル型になっているのが特徴的です。
エクステリアは、全長×全幅×全高で、4610mm、1865mm、1690mm、ホイールベースは2690mmで車重は1630kgほどでした。(2019年発売モデル「Adventure」グレード)
エンジンは、直列型4気筒2.0L(最高出力171ps)のガソリンエンジンと、直列型4気筒2.5L+モーター(システム最高出力2WD:218ps、4WD:222ps)をラインナップ。
トランスミッションはCVT、駆動方式はFF、4WD、サスペンションは前輪がマクファーソンストラット式、後輪がダブルウィッシュボーン式となっています。
ハイブリッドモデルの燃費はカタログ値で脅威の25.2km/Lを記録。

新車時はガソリン車との価格差が大きく、燃料コストで差額を取り返すのは大変ですが、価格の下がった中古車市場ではハイブリッドモデルが人気となっています。
このようにフルモデルチェンジやマイナーチェンジで大幅な機能強化や魅力的なデザインがなされると中古車査定相場に大きな影響が出ることがあります。
お車の売却を検討されているかたは、お早めに一度ご相談されるとよいでしょう。

コラム編集部
SellCa車買取コラム編集部
中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

SellCaオークションのご利用の流れ

 

  • Step 1

    無料査定申込

    無料査定申込 あなたの愛車情報をご入力ください

    あなたの愛車情報を
    ご入力ください。

  • Step 2

    査定

    査定

    ご自宅で査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分程度です。
    ※エリアによってはお伺いできない場合もありますのでご相談ください。

  • Step 3

    オークションに出品

    オークションに出品

    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに
    出品します。
    全国最大6000社のバイヤーがオンライン入札!

  • Step 4

    売却

    売却

    オークションで最高額にご納得いただけたらバイヤーへ売却!愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。

 

 

 

 

トヨタ車種別の買取実績相場

 

車種 買取価格
86 78.6万円〜292.9万円
bB 4.9万円〜90万円
C-HR 136.1万円〜216.1万円
FJクルーザー 197.2万円〜377.6万円
iQ 3.4万円〜23.1万円
SAI 21.8万円〜134.9万円
WiLL VS 3.5万円〜3.5万円
アイシス 4.7万円〜97.8万円
アクア 2.8万円〜201.3万円
アベンシスワゴン 35.7万円〜35.7万円
アリオン 7.5万円〜91.4万円
アリスト 5.7万円〜8.5万円
アルテッツァ 8.2万円〜8.2万円
アルファード 61.8万円〜512.1万円
イスト 4.1万円〜12.5万円
イプサム 5.8万円〜12.3万円
ヴァンガード 36.1万円〜157.8万円
ウィッシュ 3.2万円〜189.2万円
ヴィッツ 3.1万円〜97万円
ヴェルファイア 22.4万円〜471.7万円
ヴェルファイアハイブリッド 212.5万円〜491.7万円
ヴォクシー 3.4万円〜316.2万円
エスクァイア 98.4万円〜281.3万円
エスティマ 5.6万円〜223.4万円
エスティマハイブリッド 11.9万円〜247万円
オーリス 10.1万円〜19.8万円
ガイア 3.9万円〜3.9万円
カムリ 13.1万円〜315.2万円
カルディナ 9万円〜9万円
カローラ 6.7万円〜67.9万円
カローラアクシオ 10.3万円〜89.2万円
カローラフィールダー 10.3万円〜115.1万円
カローラルミオン 6.1万円〜14.3万円
カローラレビン 108.7万円〜222万円
クラウン 3.3万円〜329.8万円
クルーガーV 25万円〜29.1万円
シエンタ 2.9万円〜169.1万円
スープラ 63.1万円〜520.6万円
スペイド 20.3万円〜63.3万円
セリカ 6万円〜99.1万円
セルシオ 6.9万円〜43.5万円
ソアラ 50.8万円〜106.9万円
ダイナトラック 16.7万円〜119.5万円
タウンエースノア 12.7万円〜12.7万円
タンク 49.5万円〜143.5万円
ノア 4.2万円〜236.1万円
ハイエースバン 18万円〜587万円
ハイエースレジアス 2万円〜11.8万円
ハイエースワゴン 15.4万円〜291.1万円
ハイラックス 340.2万円〜340.2万円
ハイラックスサーフ 3.1万円〜119.3万円
パッソ 1.3万円〜91.7万円
ハリアー 8.8万円〜481.1万円
ハリアーハイブリッド 59.1万円〜282.2万円
ピクシストラック 95.3万円〜95.3万円
ピクシスメガ 90.3万円〜90.3万円
プリウス 5.9万円〜246.1万円
プリウスPHV 82.2万円〜270.3万円
プリウスα 26.3万円〜259万円
ブレイド 10.7万円〜22.8万円
ポルテ 3.6万円〜85.8万円
マークII 8.1万円〜136.6万円
マークX 11.1万円〜192.9万円
マークXジオ 9.5万円〜32.4万円
ライトエースバン 15.3万円〜15.3万円
ラウム 9.9万円〜9.9万円
ラッシュ 23万円〜101.2万円
ランドクルーザー100 77.2万円〜123.4万円
ランドクルーザー60 45.1万円〜134.8万円
ランドクルーザー80 61.5万円〜106万円
ランドクルーザープラド 39.2万円〜504.2万円
ルーミー 126.7万円〜148.9万円
レジアスエースバン 16.5万円〜297万円

 

 

 

 

RAV4と同じボディタイプ別の買取実績相場

 

車種 買取価格
プジョー 5008 289.3万円〜333.4万円
トヨタ C-HR 136.1万円〜216.1万円
マツダ CX-3 111万円〜177.8万円
マツダ CX-5 74.2万円〜265.8万円
マツダ CX-8 302.7万円〜323.5万円
トヨタ FJクルーザー 197.2万円〜377.6万円
メルセデス・ベンツ GLAクラス 136.2万円〜139.7万円
メルセデス・ベンツ GLC 297.3万円〜446.7万円
メルセデス・ベンツ GLE 460.1万円〜924.4万円
メルセデス・ベンツ GLKクラス 142.5万円〜158.5万円
メルセデス・ベンツ GLS 601.3万円〜642.7万円
メルセデス・ベンツ GLクラス 92.2万円〜500.4万円
メルセデス・ベンツ Gクラス 229.8万円〜1648.4万円
レクサス LX 777.4万円〜1086.6万円
MINI MINI 47.8万円〜97.1万円
メルセデス・ベンツ Mクラス 47.5万円〜287.4万円
レクサス NX 264.9万円〜486.3万円
アウディ Q3 138.6万円〜171.8万円
アウディ Q5 117.1万円〜376.2万円
アウディ Q7 175.4万円〜516.4万円
レクサス RX 99.9万円〜717.6万円
レクサス UX 368.8万円〜436.1万円
BMW X1 39.9万円〜320.7万円
BMW X2 342万円〜342万円
BMW X3 18.3万円〜531.1万円
BMW X4 295.4万円〜593.3万円
BMW X5 44.1万円〜785.8万円
BMW X6 376万円〜376万円
ボルボ XC60 151万円〜452.1万円
ボルボ XC90 36.5万円〜557.3万円
三菱 アウトランダー 8.8万円〜132.1万円
トヨタ ヴァンガード 36.1万円〜157.8万円
ホンダ ヴェゼル 83.7万円〜240.5万円
日産 エクストレイル 5.7万円〜200.2万円
フォード エクスプローラー 25.2万円〜331.8万円
ホンダ エレメント 119.6万円〜119.6万円
ポルシェ カイエン 38.7万円〜877.9万円
キャデラック キャデラックエスカレード 18.6万円〜889.3万円
トヨタ クルーガーV 25万円〜29.1万円
クライスラー・ジープ ジープ・ラングラーアンリミテッド 103.3万円〜593.1万円
日産 ジューク 25.6万円〜116.8万円
米国トヨタ タンドラ 299.8万円〜299.8万円
フォルクスワーゲン ティグアン 25.9万円〜418.2万円
日産 デュアリス 8.5万円〜91.5万円
日産 テラノ 19万円〜19万円
フォルクスワーゲン トゥアレグ 225.3万円〜225.3万円
トヨタ ハイラックスサーフ 3.1万円〜119.3万円
トヨタ ハリアー 8.8万円〜481.1万円
トヨタ ハリアーハイブリッド 59.1万円〜282.2万円
スバル フォレスター 5.1万円〜271.7万円
ポルシェ マカン 353.9万円〜715.8万円
日産 ムラーノ 13万円〜157.2万円
トヨタ ラッシュ 23万円〜101.2万円
トヨタ ランドクルーザー100 77.2万円〜123.4万円
トヨタ ランドクルーザー60 45.1万円〜134.8万円
トヨタ ランドクルーザー80 61.5万円〜106万円
トヨタ ランドクルーザープラド 39.2万円〜504.2万円

 

 

 

 

人気車種の買取実績相場