【一番高く売れる】トヨタ カローラの買取・査定相場、リセールバリューや高額売却のコツ

 

トヨタ・カローラ

 

 

 

 

SellCaオークションでの高額買取実績

 

 

 

トヨタ・カローラは1966年から販売しているスタンダードクラスの小型乗用車です。

日本人であれば車を知らない人でも、名前を聞いたことがない人はいなのではないでしょうか。

小型普通乗用車の中ではマツダ・ファミリア(1963年~)に次ぐ、2番目に息の長いロングセラーブランドとなっています。

カローラの買取に関する状況は少々特殊です

年式が古ければ必ずしも車の査定額が低くなるとは限りませんその買取の特徴も含めてここではセダンのカローラの歴史や特徴、高額買取のポイントをご紹介していきます!

 

カローラの買取情報

 

SellCaオークションでの高額売却実績

 

SellCaオークションでの高額買取実績

 

 

カローラのグレード、色、オプションなど

 

グレード:1.3LXリミテッド
 

古い車は買取額が低くなる傾向がありますがカローラに限っては例外です

現に1.3LXリミテッドは平成6年の発売で年式は比較的古い方ですが、カローラとしては買取額は比較的高めになる事が多いです

 

オプション:ETC、ナビ
 

カローラは使い勝手が良い機能はついているが、インテリアに余計なものがついていない、シンプルなところが売りでユーザーもエアロなどはつけずノーマルで乗る層に人気があります。

なので一般的に人気のあるETCやナビをつけておけば査定額のプラスにはなりますが大きな加点となるオプションはありません。

 関連記事:車の査定でプラスになりやすいオプションは?

 

色:スーパーホワイトⅡ(白)、ブラックマイカ(黒)
 

白い色のカローラは需要が多く総じて買取額も期待できます

中でもスーパーホワイトⅡという色は人気があって独特の清潔感がある事から幅広い方々の間で人気がある色になりますカローラの定番カラーとも言われています
トヨタの白色ではパールが入ったホワイトパールクリスタルシャインの方が人気がある車種が多いですが、カローラはスーパーホワイトの方が人気があります。

またブラックマイカという色にも定評があってやはりカローラの定番カラーになります

  関連記事:車の色の秘密

 

あなたのカローラはいかがですか?

お車の走行距離や状況によっても価格が大きく異なりますのでまずは査定してもらいましょう!

  関連記事:車の査定で見られるポイント

  関連記事:キズは査定前に直した方がいいの?

 

 

では、ここでカローラを高く売るためにカローラのことをもうちょっと知っておきましょう。

 

カローラの概要

 

カローラのセダンは静粛性が特徴的でSuperCVT-iという変速機を使用しています
このシステムが採用されている都合上車には静粛性がありますし燃費も比較的優れているのです

ガソリン車は1.3リッターと1.5リッターがありどちらも燃費の低さを追求した結果採用されたエンジンになります

タイヤの切れ角にも特徴があり比較的狭い道でも回転しやすい車種になります

走行モードは4種類あってノーマルやエコやスポーツなどから選ぶ事ができますしアクセルやペダルの操作性も優れている車です

外観は特に奇をてらっている訳ではなくどちらかといえばシンプルなデザインに仕上がっています
またインテリアにはあまり余計な物を付けていません
必要最小限の装備だけが実装されていてむしろ操作性や機能性が最重要視されている車になりますその扱いやすさの評価は高く男性からも女性からも幅広く利用されている車で年齢層も幅広いです

カローラの車種名の由来は、ラテン語で「Corolla = 花で作った冠」、英語では「花冠」を意味しており、クラウン、コロナと同じく冠を象徴しています。
一般的には「良くできた普通」という認識をされており、時代ごとに常に手堅く中庸な設計を用いることで、ユーザーの心をつかみ、更には上位志向に応えた装備類の充実、派生モデルの開発を行ってきました。
そのため、日本国内でも海外市場でも人気となり、現在では世界154カ国で販売されるという、大きな成功に結びついています。

 

カローラの歴史

 

セダンのカローラの歴史は古く初代モデルは1966年に登場しています
この当時は2ドアのセダンも多かったのですが1967年には4ドアのモデルも登場しています

更に1970年にもモデルチェンジが行われ初代よりもタンクがやや大型になりました

1979年にもモデルチェンジがありこの時には1,600ccのエンジンが採用されましたヘッドランプが特徴的でカローラとしては初の丸型4灯式が採用されました

1983年のモデルチェンジでは前輪駆動化されましたトヨタはこの時までは前輪駆動には慎重な姿勢を見せていましたがこの時から前輪が採用された形になりますなお1983年のモデルチェンジからセダンは4ドアになりました

1987年のモデルチェンジでは質感が大きく変化しました折しもこの時はバブル景気という事もありエンジンもDOHC化を果たしています

1995年のモデルチェンジでは50キロ近くの軽量化を実現していますサイズ自体はあまり変わらなかったものの従来よりもスリムになった事だけは確実ですその後セダンはしばらくモデルチェンジがありませんでした

2012年になりモデルチェンジが行われますこの時には従来にはなかった1300ccのエンジンが採用されこの時からデザインもスポーティーになり若者向けの車になりました
ヴィッツ型のプラットフォームが採用された事もありコンパクトなデザインになっています

 

 

 

 

 

SellCa車買取コラム編集部
中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

 

SellCaオークションのご利用の流れ

 

  • Step1

    無料査定申込

    無料査定申込 あなたの愛車情報をご入力ください

    あなたの愛車情報を
    ご入力ください。

  • Step2

    査定

    査定 お近くのセルカ提携店にて 査定を受けましょう。査定のお時間は約30分です

    ご指摘の場所への出張査定か
    セルカ提携店にて
    査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分です。

  • Step3

    オークションに出品

    オークションに出品

    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに
    出品します。
    全国最大6000社のバイヤーがオンライン入札!

  • Step4

    売却

    売却

    オークションで最高額にご納得いただけたらバイヤーへ売却!愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。