【ピクシスジョイの概要】

ピクシスジョイは2016年に登場した軽トールワゴンおよび軽クロスオーバーSUVです。
ピクシスジョイの車名の由来は英語の「Joy = 楽しみ」からきていて、ユーザーの生活に楽しさ・喜びを提供したい、という想いで命名されました。

ダイハツのOEM供給を受けて販売されていて、同社のキャストがベースとなっています。軽トールワゴンはレトロセダン風(F)とスポーツモデル(S)の2種類があり、軽クロスオーバーSUV(C)は1種類のみとなっています。
各モデルで性能に違いがあり、CタイプはクロスオーバーSUVとあり走破性の高いモデルとなっており、Fシリーズは外装・内装が豪華仕様でカラーバリエーションも豊富、Sシリーズは専用エアロパーツが用意されています。
スマートアシストIIを採用し、安全性も高いです。

現状ではトヨタもピクシスシリーズの販売にあまり力を入れていないのか、街中でもあまり見かけません。
ただ、種類が豊富かつ価格も安価なため、軽自動車ブームの今にはもってこいの車種の1つといえます。

【ピクシスジョイの買取、下取り査定で押させるポイント】

発売して1年の現状ではほぼ中古車市場には新古車くらいしかありません。そのため、リセールバリューもなんとも言い難いですが、現状売ろうと思っている方は70~120万前後で買い取るところが多いようです。
元となったダイハツキャストはかなり高価格で買取られており、新古車などもあるが全体としては流通量が少ない。その割に需要が高く、リセールバリューが高い傾向にあります。
キャストほど有名ではないため、価格は少し落ちる傾向にあるでしょう。