【一番高く売れる】トヨタ センチュリーの買取・査定相場、リセールバリューや高額売却のコツ

 

 

連絡・査定はセルカのみで
最大6000社があなたの車に値付け!

セルカにお申込みをいただくと、セルカと提携している全国6000社の車屋さんにあなたの愛車を見てもらえます。
お客様への連絡はセルカからのみなので、しつこい営業電話をいろんな業者から受けたり、何回も査定を受ける手間がありません。

書類手続きやローンの精算なども
セルカサポートがすべてフォロー!

お車のご売約後に発生する、書類の提出等の諸手続きもセルカのサポート部隊がすべてフォローいたします。
お引渡しからご入金まで、他の業者さんなどと連絡をとっていただく必要は一切ありません。

通常の車買取ではかかる
中間業者の手数料がかかりません!

一括査定などの買取業者はお車を買い取ったあと、車屋さんに再販します。このときにかかる費用や買取業者の利益分がが予め査定額から引かれています。
セルカでは間に入る業者を飛ばして、実際に「この車がほしい!」という方に直接車を買ってもらうことができるため、買取業者が得ていた利益や手数料をお客様に還元できます。

 

 

 

 

トヨタ センチュリーを高く買い取ってもらうコツ

 

トヨタ センチュリーの人気グレード

 

トヨタ センチュリーは、1967年から現在まで長きにわたって愛され続けている国内最高級セダンです。
半世紀以上の歴史を持つにもかかわらず、フルモデルチェンジは2度しかされておらず、現行モデルで3代目に当たります。
皇室や内閣総理大臣を乗せて走るイメージが強いですが、この車はそもそもオーナーが運転するために作られたものではありません。
オーナーもしくはメインとなる人物は後部座席に座り、運転手は別のドライバーというスタイルが一般的です。

とはいえ、走行性能が著しく低いわけではありません。
グレード展開も、現行モデルはベースグレード一択ですが、先代モデルのコラムシフトは、センチュリーの中でも高い人気を誇っています。
2005年に初登場したコラムシフトは、AI-SHIFTと呼ばれるスムーズなシフトチェンジを可能にした1台です。
同時期に発売されたフロアシフトも同じように、快適なドライブを楽しめる設計がされています。

実はセンチュリーには、厳密な意味でグレードわけがありません。
コラムシフトとフロアシフトの違いはシフトレバーの形状だけであり、それ以外の違いはまったくないのです。
つまりどのグレードを選んでも大きな差はなく、シフトの違いひとつで選択することになるのです。
中古車市場で言えば、フロアシフトのほうが台数が存在します。

現行モデルである3代目センチュリーは、先ほどもお話したとおりベースグレードだけ。
選ぶ楽しみはないものの、どのグレードでも安定した存在感のある走りができるのでそこまで落ち込む必要はないでしょう。

 

トヨタ センチュリーの人気カラー

 

トヨタ センチュリーのイメージとして、ブラックのボディカラーはすぐに思い浮かぶでしょう。
テレビのニュースで天皇皇后両陛下が乗車されている映像には、必ずこのカラーになっています。
また、公官庁で採用されているセンチュリーも圧倒的にブラックが多いことは、車好きのみならず知っていることでしょう。
ここからもわかるとおり、センチュリーのダントツ人気はブラックである「神威(かむい)」となっています。

センチュリーのボディカラーは現行モデルで4色あり、「神威」「摩周(ましゅう)」「精華(せいか)」「飛鳥(あすか)」と和名で呼ばれています。
それぞれエターナルブラック、シリーンブルーマイカ、レイディエントシルバーメタリック、ブラッキッシュレッドマイカのことです。
個人所有者が少ないため、人気カラーと言われてもその台数が少ないものの、高級感あふれる「神威」は、センチュリーのコンセプトによくあっているため人気が高いと思われます。

 

トヨタ センチュリーの人気オプション

 

トヨタ センチュリーにはいくつかのオプションが存在します。
と言っても走行性能等に関するオプションはなく、すべて内装・外装に限定されているのです。
特に注目すべきは、「極美革(きわみがわ)」と呼ばれる本革内装オプション。
標準仕様でも高級感のあるウールファブリック以外に選べる唯一のオプションですが、費用が54万円とかなり高額に設定されています。
肌触りのいいウールファブリックに対して、高級感を引き立てたい人にはおすすめです。

そのほか、フロアマットも「丹後緞通(たんごだんつう)」と呼ばれる特別なものがあり、センチュリーにさらなる上質感を与えてくれます。
このフロアマットは、レクサスLCでも採用されている高級品で、価格は32万円以上します。
エクステリアではフェンダーポールとサイドバイザーがおすすめ。
特に鼻の長いセンチュリーには、フェンダーポールがあると、衝突のリスクを下げることもできます。
さらに読書灯やランバーサポートクッションといった、乗り心地や乗車時の快適さを向上してくれるものも、人気のオプションです。

 

 

 

トヨタ センチュリーの特徴

 

トヨタ センチュリーの概要

 

トヨタ・センチュリーは日本の技術の総結集といってもよいほどの高い技術力とこだわりを持って作られた車です。
国の要人たちがこれまで幾度となく重要な場面で使用してきた車ですから、ある意味では国の歴史と共に歩んできた車種といえるかもしれません。

そんなトヨタ・センチュリーは新車で買うとなると、とても一般家庭で手に負えるような金額ではありません。

それは企業にとっても同じことがいえますから、公用車として採用するにしても費用をどのように支払うのかは検討の余地があるでしょう。

中古車市場に目をやると、歴史も長いだけにたくさんの車両情報が記載をされておりまして、2019年10月18日現在で中古車検索サイトカーセンサーにて調査をしたところ、153台分のデータが記載されておりました。

ただし、トヨタ・センチュリーは非常に注意が必要な車種です。
というのも新車で買う際には物凄く高値がつくにも関わらず、いざ買取となるとガクッと査定金額が元の出した金額より下がるからです。

下手したら数万円の値段しかつかないこともあります。

そのため、高額売却を狙っているのであれば、そもそもトヨタ・センチュリーを選択するのは間違いであることが分かります。

 

トヨタ センチュリーの魅力

 

トヨタ センチュリー最大の魅力は、最高級セダンの名にふさわしい性能がそろっていることです。
センチュリーはほかの高級車と違い、オーナー自身がハンドルを握ることを主眼に置いていません。
ゲストのための車というコンセプトから、安全に走ることができることに注力して作られているのです。
そのため、5.0Lという大きな排気量であるにもかかわらず走りそのものはおとなしい印象です。
センチュリーの目的は、ゲストを安全に目的地まで運ぶことなので、奇抜な走行性能が不要なのが主な理由と言えるでしょう。

反面、室内空間の快適さは、国内外の車にかかわらず非常に高い次元で設計されています。
いかに安全に、いかに快適にゲストを過ごさせるのか、それこそがセンチュリーの課題でもあります。
3代目となった現行センチュリーでもそのコンセプトは変わらず、発売開始から今日に至るまで一貫して考え抜かれていることでもあるのです。

それゆえに、センチュリーはほかのトヨタ車とは違うラインで製造されています。
1日に完成する台数はわずか3台ともいわれるほど作り込まれたこの車は、ほぼすべての工程が手作業で行われているのです。
過去にはセンチュリー専用の工場も存在しており、トヨタがいかに力を入れて製造販売しているのかがよくわかる話でしょう。
現在もこの作業は継続されており、量産では実現不可能な内装・外装にこだわった生産が続けられています。
新車価格が1000万円を超える理由も、これらの工程を踏まえれば至極当然と言えるでしょう。

 

トヨタ センチュリーの歴史

 

トヨタ・センチュリーは、非常に息の長いモデルであると同時に、フルモデルチェンジは2度しかしておらず、昔ながらの流れを大切にしつつ、進化を続けるセダン車です。
日本の伝統的な美意識を元に作られたデザインは日本人の心をいとめ、現在まで販売が続く原点となりました。
また、時の内閣総理大臣・佐藤栄作の公用車として愛用されるなど、これまで数々の歴史を紡いできました。
フルモデルチェンジこそ、初代モデルの販売開始から約30年後という途方もない先の話になりますが、その間に幾度となくモデルチェンジは果たされます。

2代目への移行時はデザインの大きな変動はなく、むしろエンジン性能や内装に関して大きく取り上げられました。
また、内装に使用されているシートやパネルは職人によって手作りで作られたものが使用されるなど、尋常ではないこだわりを見せています。

そして、2018年にはついに3代目モデルが発表され、販売が開始することとなりました。
デザインの根本的な部分は変わっていませんが、やはり職人のこだわるがたくさん詰まったような芸術作品ともいえる仕上がりになっています。
現在も新車が販売されておりますが、ホームページを覗くとまさにセンチュリーといわんばかりの日本の美学が至るところに詰まった車であることを感じられる最高傑作でしょう。

2018年にはグッドデザイン賞にも輝いています。
最高級のこだわりを持って作成しただけあって、お値段も最高峰に相応しい価格となっており、19,962,963円からの車両価格となっております。
個人で所有するという人はよほどのお金持ちでなければいませんから、基本的には公の組織が購入・利用することがメインになるでしょう。

 

トヨタ センチュリーのライバル車

 

最高級セダンであるセンチュリーは、言わずもがな日本国内でのライバルは存在しません。
そもそも「ドライバーのことをあまり考慮しない車」であること自体が稀有な存在であり、センチュリーが唯一無二の存在である証拠でもあります。
このタイプの車は世界的にも珍しく、ライバルはほぼ不在と言ってもいいでしょう。
ただ、強いてライバルを据えるとすれば、メルセデス・ベンツが製造販売するマイバッハSクラス、そしてロールスロイス ファントムが候補となります。

メルセデス・ベンツ マイバッハSは、Sクラスとは異なる専用の設計がされている1台で、マイバッハの名を冠した車としては2代目です。
センチュリーとの大きな違いは「マイバッハモード」と呼ばれる走行アシスト機能。
この機能をオンにすることで、振動や騒音を大幅にカットでき、乗り心地をより一層高めることができます。

もう1台のロールスロイス ファントムは、言わずと知れた高級車。
ラグジュアリーコンセプトを全面に押し出す一方で、近年の自動車事情に合わせたビジネスモデルへのシフトも注目されています。
歴史は1925年から続いており、世界的にも古い部類に入る、名門中の名門の車でもあります。
ただし価格はセンチュリーの比ではなく、新車価格はディーラー公式HPによれば5680万円です。
消費税を含めてもセンチュリーの3倍近い値段のため、センチュリーよりもオーナー数は少ないのが現状です。

いずれの車も、最高級セダンとして名高い名車であり、新車購入するにはなかなか手が出ない1台でもあります。
3台ともがターゲットを経営者や政界関係者としているため仕方がない面はありますが、中古車市場で探すと、手に入れられる可能性は格段に上がるでしょう。

 

トヨタ センチュリーの維持費

 

トヨタ センチュリーは、最近大きな話題にありました。
それは新型発表などの嬉しいものではなく、公用車として採用されたことに対する疑問から発した報道でした。
そのとき注目されたセンチュリーの維持費ですが、購入を検討している人からすれば確かに気になるポイントでしょう。
燃料代や保険を除いた、税金や車検代に限定すると、自動車税だけで87,000円。
新車登録時は重量税が18,700円、継続検査では25,000円が必要で、消耗部品なども高額になりがちです。
ほかの車とは比較にならないほど高額なので、購入の際は注意をしましょう。

なお、今回保険を除いたのは、新車価格が1000万円を超える車には、任意保険に制限がかかる可能性があるためです。
自賠責保険は期間によって違うものの、任意保険を除いても40~60万円の維持費がかかると考えていいでしょう。
これだけの費用がかかるのであれば、導入した自治体に批判が殺到するのも頷けます。
ただ、トヨタ側はターゲットを富裕層や法人・自治体にしているだけに、あまり維持費に関しては考慮していないことがわかります。
一般家庭で所有するには、ややハードルが高い1台とも言えます。

 

トヨタ センチュリー買取相場の傾向

 

新車価格が税込みで2000万円近いトヨタ センチュリーですが、買取相場は決してそれに比例しているわけではありません。
むしろ、新車時の価格を大幅に下回っており、リセールバリューはかなり低いことがわかります。
年式や走行距離に左右されるものの、先代である2代目センチュリー フロアシフトで高くても200万円以下、コラムシフトでは180万円代が関の山です。
中には400万円台を記録したセンチュリーもありますが、それでも新車価格の1/4とかなり低い金額になっています。
その理由は、一般家庭が所有する車として認知されていないからです。

先にも解説したとおり、センチュリーは天皇皇后両陛下をはじめとする皇族や地方自治体の首長・幹部、法人の代表者が運転手をつけて乗るような車です。
間違っても自分が運転することはなく、維持費も予算や経費から差し引かれることを前提に考えていると考えて間違いないでしょう。
そもそも個人で購入するのではなく、自治体や法人が購入しているため、一般の中古車市場には出てこない可能性も考えられます。

また、そもそもの流通台数が非常に少ないことも関係しているでしょう。
センチュリーは量産ではなく、1台ずつ丁寧に手作業でくみ上げる形で製造ラインが確立されています。
1日に3台しか作れないのも、そういった手組が深く関係しており、乗りたいと思ってすぐに手に入るものでもないのです。
高級車と日本人が共通認識を持っている車なだけに、なかなか手を出す人がいないのが現実でしょう。
中古車買取店も、売るためには価格を安くする必要があり、仕入れ値である買取額をある程度押さえているのです。

とはいえ、個人所有がまったくないわけではありません。
ほかの車と比べて数は少ないものの、特に2代目センチュリー フロアシフトは流通数が多く、手ごろな価格で販売されています。
ただし、走行距離はそれなりに多い個体ばかりで、10万kmを超えるようなものも珍しくありません。
新車価格のことを考えれば、乗りつぶしてから手放すのは至極普通の考え方と言えます。

もし、センチュリーを高く買い取ってもらいたいのであれば、内外装の手入れはもちろんのこと、年式・走行距離が浅いうちに手放すといいでしょう。
リセールバリューは決して高くはないものの、少しでも価値が下がってしまうまえに手放すことをおすすめします。
また、センチュリーを高く買い取ってもらうために、ぜひセルカの中古車オークションを使うことをおすすめします。
普通の中古車買取店では足元を見られてしまうような車でも、全国6,000社のネットワークで予想より高い買取額を実現できるかもしれないからです。
せっかく大枚をはたいて購入したセンチュリーを、賢く手放すために、まずはお気軽にお問い合わせください。

 

 

コラム編集部
SellCa車買取コラム編集部
中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

 

SellCaオークションのご利用の流れ

 

  • Step 1

    無料査定申込

    無料査定申込 あなたの愛車情報をご入力ください

    あなたの愛車情報を
    ご入力ください。

  • Step 2

    査定

    査定

    ご自宅で査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分程度です。
    ※エリアによってはお伺いできない場合もありますのでご相談ください。

  • Step 3

    オークションに出品

    オークションに出品

    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに
    出品します。
    全国最大6000社のバイヤーがオンライン入札!

  • Step 4

    売却

    売却

    オークションで最高額にご納得いただけたらバイヤーへ売却!愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。

 

 

 

 

トヨタ車種別の買取実績相場

 

車種 買取価格
86 78.6万円〜292.9万円
bB 4.9万円〜90万円
C-HR 136.1万円〜216.1万円
FJクルーザー 197.2万円〜377.6万円
iQ 3.4万円〜23.1万円
RAV4 26万円〜359万円
SAI 21.8万円〜134.9万円
WiLL VS 3.5万円〜3.5万円
アイシス 4.7万円〜97.8万円
アクア 2.8万円〜201.3万円
アベンシスワゴン 35.7万円〜35.7万円
アリオン 7.5万円〜91.4万円
アリスト 5.7万円〜8.5万円
アルテッツァ 8.2万円〜8.2万円
アルファード 61.8万円〜512.1万円
イスト 4.1万円〜12.5万円
イプサム 5.8万円〜12.3万円
ヴァンガード 36.1万円〜157.8万円
ウィッシュ 3.2万円〜189.2万円
ヴィッツ 3.1万円〜97万円
ヴェルファイア 22.4万円〜471.7万円
ヴェルファイアハイブリッド 212.5万円〜491.7万円
ヴォクシー 3.4万円〜316.2万円
エスクァイア 98.4万円〜281.3万円
エスティマ 5.6万円〜223.4万円
エスティマハイブリッド 11.9万円〜247万円
オーリス 10.1万円〜19.8万円
ガイア 3.9万円〜3.9万円
カムリ 13.1万円〜315.2万円
カルディナ 9万円〜9万円
カローラ 6.7万円〜67.9万円
カローラアクシオ 10.3万円〜89.2万円
カローラフィールダー 10.3万円〜115.1万円
カローラルミオン 6.1万円〜14.3万円
カローラレビン 108.7万円〜222万円
クラウン 3.3万円〜329.8万円
クルーガーV 25万円〜29.1万円
シエンタ 2.9万円〜169.1万円
スープラ 63.1万円〜520.6万円
スペイド 20.3万円〜63.3万円
セリカ 6万円〜99.1万円
セルシオ 6.9万円〜43.5万円
ソアラ 50.8万円〜106.9万円
ダイナトラック 16.7万円〜119.5万円
タウンエースノア 12.7万円〜12.7万円
タンク 49.5万円〜143.5万円
ノア 4.2万円〜236.1万円
ハイエースバン 18万円〜587万円
ハイエースレジアス 2万円〜11.8万円
ハイエースワゴン 15.4万円〜291.1万円
ハイラックス 340.2万円〜340.2万円
ハイラックスサーフ 3.1万円〜119.3万円
パッソ 1.3万円〜91.7万円
ハリアー 8.8万円〜481.1万円
ハリアーハイブリッド 59.1万円〜282.2万円
ピクシストラック 95.3万円〜95.3万円
ピクシスメガ 90.3万円〜90.3万円
プリウス 5.9万円〜246.1万円
プリウスPHV 82.2万円〜270.3万円
プリウスα 26.3万円〜259万円
ブレイド 10.7万円〜22.8万円
ポルテ 3.6万円〜85.8万円
マークII 8.1万円〜136.6万円
マークX 11.1万円〜192.9万円
マークXジオ 9.5万円〜32.4万円
ライトエースバン 15.3万円〜15.3万円
ラウム 9.9万円〜9.9万円
ラッシュ 23万円〜101.2万円
ランドクルーザー100 77.2万円〜123.4万円
ランドクルーザー60 45.1万円〜134.8万円
ランドクルーザー80 61.5万円〜106万円
ランドクルーザープラド 39.2万円〜504.2万円
ルーミー 126.7万円〜148.9万円
レジアスエースバン 16.5万円〜297万円

 

 

 

 

センチュリーと同じボディタイプ別の買取実績相場

 

車種 買取価格
BMW 4シリーズ 207.9万円〜268万円
プジョー 5008 26.8万円〜26.8万円
BMW 5シリーズ 11.9万円〜391.4万円
BMW 7シリーズ 18.9万円〜407.6万円
アウディ A3セダン 63.5万円〜201.7万円
アウディ A4 9.4万円〜211.8万円
アウディ A5スポーツバック 42.2万円〜399.1万円
スバル BRZ 154.2万円〜154.2万円
メルセデス・ベンツ CLAクラス 110.4万円〜762.1万円
メルセデス・ベンツ Cクラス 6.1万円〜376.2万円
メルセデス・ベンツ Eクラス 6.8万円〜405.4万円
レクサス GS 12.2万円〜279.3万円
レクサス HS 27.8万円〜138.6万円
レクサス IS 38.1万円〜361.5万円
レクサス LS 32.1万円〜1163.4万円
BMW M3 477.3万円〜477.3万円
BMW M5 291.4万円〜291.4万円
BMW M6 412.3万円〜412.3万円
アウディ RS4 386.6万円〜386.6万円
アウディ S4 73.2万円〜73.2万円
トヨタ SAI 21.8万円〜134.9万円
スバル WRX S4 133.8万円〜347.8万円
トヨタ アクア 76.6万円〜76.6万円
マツダ アクセラ 52.7万円〜100.9万円
マツダ アテンザスポーツ 32.9万円〜32.9万円
マツダ アテンザセダン 11.9万円〜189.3万円
トヨタ アリオン 7.5万円〜91.4万円
トヨタ アリスト 5.7万円〜8.5万円
トヨタ アルテッツァ 8.2万円〜8.2万円
スバル インプレッサ 14.3万円〜138.1万円
トヨタ カムリ 13.1万円〜315.2万円
トヨタ カローラ 6.7万円〜17.9万円
トヨタ カローラアクシオ 10.3万円〜89.2万円
トヨタ クラウン 3.3万円〜329.8万円
日産 グロリア 99.9万円〜99.9万円
日産 シーマ 7.3万円〜9.6万円
フォルクスワーゲン ジェッタ 10.1万円〜10.1万円
ホンダ シビックハイブリッド 16.9万円〜16.9万円
日産 シルフィ 17.4万円〜28.5万円
日産 スカイライン 2万円〜511.1万円
トヨタ セルシオ 6.9万円〜43.5万円
日産 ティアナ 68.8万円〜174.4万円
日産 ノート 46.8万円〜46.8万円
フォルクスワーゲン パサート 56.4万円〜56.4万円
ポルシェ パナメーラ 482.9万円〜482.9万円
日産 フーガ 3.4万円〜158万円
トヨタ プリウス 7.5万円〜246.1万円
トヨタ マークII 10.2万円〜136.6万円
トヨタ マークX 11.1万円〜192.9万円
日産 マキシマ 6.4万円〜6.4万円
スバル レガシィ 9.2万円〜9.2万円

 

 

 

 

人気車種の買取実績相場