【MR2の概要】

トヨタ・MR2は1984年から1999年まで生産していた日本の自動車メーカーで初の市販ミッドシップ車です。

MR2の車名の由来は英語で「Midship Runabout 2seater」の頭文字から創作された造語です。

ポジションとしてはマークIIブリットの後継車種として位置づけられ、日本国内専売車として販売されました。

発売当初はカーオブザイヤーなどを受賞するも、あまり好調とはいえない売れ行きでしたが、ほどなくしてバブル景気に突入とともに大ヒットとなりました。

2代目もボディデザイン、シャシー、エンジンなど全てを改良、初代の走行性能の低さを見事克服し、自他共認めるスポーツカーとして生まれ変わりました。 その結果、日本一速い、加速力のあるスポーツカーとなり、初代を超える売れ行きとなりました。

後継モデルMR-Sの登場に伴い1999年に販売終了です。

【MR2の買取、下取り査定で押させるポイント】

トヨタ・MR2は販売終了して既に15年以上経過していますが、今でも根強いファン層に人気があります。しかし、グレードによっては全く値がつかないので、注意も必要です。まずはミッションですが、ATはもう売れません。基本は廃車ですが、部品取りの可能性もあります。逆にMTであれば、底値は非常に高く、海外でも需要があります。基本的には国内需要ですので、低走行、内外装の状況が良好、修復歴なしとなると100万以上の買取もありえるでしょう。