【一番高く売れる】フォルクスワーゲン シャランの買取・査定相場、リセールバリューや高額売却のコツ

 

シャランの買取実績相場

 

現在の買取参考相場
¥263,200〜¥2,911,700
3年落ち以下
¥2,911,700〜¥2,911,700
7年落ち以下
¥1,302,910〜¥1,466,840
8年落ち以降
¥263,200〜¥425,800

 

 

シャランのグレード別買取実績相場

 

グレード 買取価格
1位 TSI ハイライン ¥2,911,700〜¥2,911,700
2位 TSI コンフォートラインブルーモーションテクノロジ ¥263,200〜¥1,466,840
3位 TSI ハイラインブルーモーションテクノロジー ¥425,800〜¥1,302,910

 

 

SellCaオークションでの高額買取実績

 

 

連絡・査定はセルカのみで
最大6000社があなたの車に値付け!

セルカにお申込みをいただくと、セルカと提携している全国6000社の車屋さんにあなたの愛車を見てもらえます。
お客様への連絡はセルカからのみなので、しつこい営業電話をいろんな業者から受けたり、何回も査定を受ける手間がありません。

書類手続きやローンの精算なども
セルカサポートがすべてフォロー!

お車のご売約後に発生する、書類の提出等の諸手続きもセルカのサポート部隊がすべてフォローいたします。
お引渡しからご入金まで、他の業者さんなどと連絡をとっていただく必要は一切ありません。

通常の車買取ではかかる
中間業者の手数料がかかりません!

一括査定などの買取業者はお車を買い取ったあと、車屋さんに再販します。このときにかかる費用や買取業者の利益分がが予め査定額から引かれています。
セルカでは間に入る業者を飛ばして、実際に「この車がほしい!」という方に直接車を買ってもらうことができるため、買取業者が得ていた利益や手数料をお客様に還元できます。

 

 

 

 

フォルクスワーゲン シャランを高く買い取ってもらうコツ

 

フォルクスワーゲン シャランの人気グレード

 

フォルクスワーゲン シャランは3つのラインナップで展開されている車です。
現行モデルは2代目にあたりますが、すでに11年にもわたる長きにわたって販売されていることから、モデルチェンジが期待されています。
しかし、執筆時点でその情報はなく、新型シャランの登場はもう少しお預けになりそうです。

現行シャランでもっとも人気が高いのは、中間グレードのTSIコンフォートラインです。
エントリーモデルであるTSIトレンドラインと比較すると、本体価格は30万円ほどの差。
しかし、安全性能やメーカーオプションが装着不可能などの理由からTSIコンフォートラインのほうがよく選ばれる傾向にあります。
また、上位グレードであるTSIハイラインとは価格差が80万円ほどとかなり差がついています。
もちろん、TSIハイラインにしかついていない装備もあるものの、不安の残る安全装備はオプション設定でTSIコンフォートラインにも装備できるのです。
オプション費用を追加しても価格差は60万円ほどあるため、人気がTSIコンフォートに集中しています。
ちなみに、TSIハイラインにはシートヒーターがついていたり、レザーシートのメーカーオプションが追加できたりとできる幅は広いです。
しかし、ミニバンという車の性質上そこまでの機能を求める人が少なく、TSIコンフォートラインが人気になる理由なのです。

ただし、TSIトレンドラインとTSIハイラインも人気がないわけではありません。
いずれも使い勝手はいい車なので、自分の予算や好み、必要な装備で選ぶといいでしょう。

 

フォルクスワーゲン シャランの人気カラー

 

フォルクスワーゲン シャランの人気カラーは上位3つがホワイト、ブラック、シルバーです。
特にダントツの人気を誇るのが「ピュアホワイト」で、見た目も手入れもどちらも魅力的な1台でもあります。
続く「ディープブラックパールエフェクト」「ホワイトシルバーメタリック」も人気が高く、この3色だけで全体の約7割の需要があるのです。
世界的にもこの3色は人気で、「ピュアホワイト」は根強い人気を誇っています。

家族での利用を想定したミニバンであるシャランで、この3色が選ばれるのはある意味当然と言えるでしょう。
どの車でもそうですが、ホワイト、ブラック、シルバーが無難な3色としてよく選ばれる傾向にあります。
シンボルカラーでなかったり、スポーツカーのようなイメージ重視の車では少し状況は異なりますが、どの車でも悩んだらこの3色を選ぶといいでしょう。
ただし、人気カラーでも日頃から手入れを欠かさないようにしましょう。
汚れや傷が目立ってしまうと、査定でマイナス評価になってしまう可能性があります。
特にシャランのような輸入車は減額幅が大きい、輸入車専用の査定基準が適用されるため注意が必要です。

 

フォルクスワーゲン シャランの人気オプション

 

フォルクスワーゲン シャランにはメーカーオプションがあるものの、ディーラーオプションはあまり設定されていません。
基本的に性能ごとにグレードのラインナップがされているため、別でオプション設定がほとんどないのです。
ただし、TSIコンフォートラインにはセーフティーパッケージが設定されています。
TSIハイラインには標準装備されている、レーンキープアシストなどの予防安全技術のパッケージです。
これを装備することで、安全性に関してはTSIハイラインとTSIコンフォートラインは同格になると考えていいでしょう。
言い換えれば、セーフティーパッケージがついているTSIコンフォートラインは中古車市場でも人気が高いと言えます。

ほかのオプションでは、ルーフボックスやスキー&スノーボードホルダーなど車載性を向上させるオプションが人気です。
ミニバンという車両形状で、アウトドアでの活躍も期待されるシャランならではの人気のオプションでしょう。
安全装備はもちろんのこと、荷物をたくさん積むようなことが多いと非常に重宝します。
後付け可能とは言え、中古車であれば最初からついているもののほうが人気が高いので、もし取り付けていれば査定時に色がつくでしょう。

 

 

 

フォルクスワーゲン シャランの特徴

 

フォルクスワーゲン シャランの概要

 

フォルクスワーゲン シャランは、1995年に登場したミニバンです。
エクステリアは、周囲と調和する大人しいデザインが特徴です。
高速時の衝突安全性に配慮して車両前方が大きく傾斜しており、長めに伸びたフロント部分がクラッシャブルゾーンとなることでドライバーの命を守ります。
インテリアでは、3列シート7人乗り、両側スライドドア、シンプルに整理された実用性重視のインパネ、ゆったり乗れる柔らかで上質なシートなどが特徴です。
シートにはサイドラゲッジやカップホルダーなどを搭載し利便性にも配慮が見られます。
携帯電話などの電子デバイスと連携してあらゆる情報をひとめで確認できる「フォルクスワーゲンコネクト」といった先進のIoT技術も搭載されてきました。
パーキングスペースの検索や燃料残量モニタリング、アシスタンスコールなど多くの機能を内蔵する便利な機能となっていました。

ハイテク技術は安全面でも活かされ、車両間隔の検知や横滑り防止、コーナーセンサー、駐車時のリアビューカメラ機能の搭載などにつながっています。
エンジンは、税金の安い低排気量モデルが中心なのが特徴です。
ダウンサイジングターボチャージャー技術を駆使して、実排気量以上の大きな性能を発揮。
エンジンや車体の軽量化、空気抵抗低減への工夫と相まって比較的低燃費にもなっています。
足回りでは、省スペース性や低コストで優位なストラット式を長らく採用。

乗り心地では、接地性のしっかりした高速安定性の感じられるフィーリングとなっており、ふわふわと落ち着かない印象はありません。
車両内部に数多くセットされたエアバッグの効果もあって内張りは厚く、車内の静粛性は高くなっています。
新車価格は高級ミニバン並みですが、その上品なデザイン、高い安全性能から中古車市場で人気があるモデルとなっています。

 

 

フォルクスワーゲン シャランの魅力

 

フォルクスワーゲン シャランの魅力は高い使い勝手にあります。
3列シートで7人乗りという大きさですが、シートアレンジが豊富で非常に使い勝手がいい車としても知られています。
同じフォルクスワーゲンのゴルフトゥーランと比べてもシート形状の違いから使い勝手には大きな差があるのです。
ゴルフトゥーランが一部独立式のリアシートなのに対して、シャランは全席独立式なので、シートアレンジのバリエーションが豊かなのは言うまでもありません。
またリアドアも、ゴルフトゥーランがヒンジ式なのに対してシャランは電動スライドドアです。
使い勝手を考えれば、シャランに軍配が上がります。
同じメーカーの車でもここまで差があるのは驚きです。

安全性能が非常に高いのもシャランの魅力です。
TSIコンフォートライン以上に予防安全機能が標準装備になりますが、車先進国の老舗メーカーなだけにその機能は充実しています。
使い勝手だけではなく、安全機能にも注目して作られた、乗りやすい・扱いやすい車と言えるでしょう。

 

フォルクスワーゲン シャランの歴史

 

フォルクスワーゲン シャランは、1995年に登場したミニバンです。
ヨーロッパでのミニバン市場参入を目指して1991年からフォードと共同開発。
当時売れていたルノーのミドルサイズラグジュアリーミニバン「Espace」に対抗すべく1995年に早速市場へ投入すると15年の間に670,000台ほどを売り上げるロングセラーモデルへと成長しました。

初代フォルクスワーゲン シャラン(7M型)は、1995年~2010年までのあいだ3つのフェーズにわたって販売されていました。
エクステリアは、全長×全幅×全高で、4,620 mm~4,634 mm、1,810 m、1,732 mm~1,762 mm、ホイールベースは2,835 mm~2,841 mmほどでした。
エンジンは、1995年~2000年では直列型4気筒1.8L~2.0L(最高出力116ps~150ps)、VR6型6気筒2.8L(174ps)、ディーゼルエンジンで、直列型4気筒1.9L(最高出力90ps~110ps)が用意されていました。
なかでもVR6型エンジンは、フォルクスワーゲンが開発した挟角V型エンジンで6気筒でありながら非常にコンパクトなエンジンサイズに抑えることができ、車両内部のスペースを省略できるメリットがあったほか、エンジン振動の静粛性の面でも利点がありました。

2000年~2004年には、VR6型エンジンの最高出力が204psへアップ。
ディーゼルエンジンでは、2003年以降のモデルで最高出力が131psにアップしています。

2004年~2010年には、ディーゼルエンジンで2.0L/最高出力140psモデルが追加され、1.9TDIモデルに最高出力150psモデルが登場しています。
駆動方式はFF、サスペンションは前輪がマクファーソン式ストラット、後輪にはセミトレーリングアーム式を搭載していました。
制動系は、前輪にベンチレーテッドディスクブレーキ、後輪にディスクブレーキを採用し、アンチロックブレーキシステムや電子制御制動力配分装置を内蔵していました。
スクウェアベースのシンプルなフロントマスクからルーフまで大きく傾斜しており、空気抵抗を弱める働きをしていたほか、万が一の衝突安全性を確保する構造になっていました。
大人しく真面目、非個性ともいえるデザインでオーナー層問わず人気を集めました。

つづく2代目フォルクスワーゲン シャラン(7N型)は、フォルクスワーゲン パサート(B7型)をベースに開発がスタートし、2010年にスイスジュネーブモーターショーにてコンセプトモデルが発表されました。
エクステリアは、全長×全幅×全高で、4855mm、1910mm、1750mm、ホイールベースは2920mmで車重は1830kgほどでした。(2011年発売モデル「TSIコンフォートライン」グレード)
エンジンは、直列型4気筒1.4L~2.0L(最高出力150ps~200ps)、ディーゼルエンジンでは、直列型4気筒2.0L(最高出力140ps~170ps)をラインナップ。
日本にも2011年から1.4Lモデルが投入されています。
駆動方式はFF、サスペンションは前輪がマクファーソン式ストラット、後輪に4リンク式を搭載。

他のフォルクスワーゲン車のデザインを踏襲したやや吊り目型のスクウェアなランプ、シャープなグリル、レバー形状のテールランプといったおしゃれなルックスへ変貌しています。

 

フォルクスワーゲン シャランのライバル車

 

フォルクスワーゲン シャランのライバルとして、同門のゴルフトゥーラン以外にもいくつかのライバルがあります。
その中でも、国産車のライバルとしてよく挙げられるのがトヨタ アルファードです。

日本ではメジャーなアルファードは、排気量こそシャランに勝っているものの、それ以外の性能はほぼ同じです。
乗車定員もシャランが7人、アルファードが8人と多いのも差ではあります。
見た目のスマートさを求めるのならシャラン、走りも捨てたくないのであればアルファードを選択するといいでしょう。
ただし、シャラン最大の魅力であるシートアレンジの面においてはアルファードは勝てません。
アウトドアで車を休憩の空間として使いたいのであればシャランを選ぶといいでしょう。

そのほか、ホンダ オデッセイもライバルに上がります。
見た目がアルファードよりもオデッセイに近いこともあって、シャランのライバルにされることがよくあります。
オデッセイの新型と比べると乗り心地はシャランの勝利ですが、燃費性能はオデッセイの大勝。
車の何を重視するかにもよりますが、購入する際には違いを知っておき、慎重に選ぶことをおすすめします。

 

フォルクスワーゲン シャラン買取相場の傾向

 

フォルクスワーゲン シャランの買取相場の傾向は、グレードによってやや異なります。
すべてに共通して言えることは、3年落ち以内なら200万円ほどのリセールバリューがあること、そしてここ最近高水準で買取価格が落ち着いている点です。
また、すべてのグレードで、査定前に注意したいのが内装のきれいさです。
シャランは使い勝手のいい室内空間が売りの1台なので、室内が汚れていたり、シートの破れや大きな傷があると減点対象になってしまいます。
アウトドアなどで汚れてしまったら、すぐに掃除して常にきれいな状態を維持することをおすすめします。
それでは人気3車種ごとに買取相場を見ていきましょう。

 

フォルクスワーゲン シャランTSIトレンドラインの買取相場の傾向

 

エントリーモデルであるTSIトレンドラインは、2015年のマイナーチェンジで新たに追加された1台で、年式はそれほど古くない特徴があります。
新車価格に対してのリセールバリューは、年式や走行距離、状態にもよりますが1/3~2/3が相場です。
価格で言えば250万円が関の山なのですが、これは上位モデルのTSIコンフォートライン、TSIハイラインよりも安全機能が少ないことが大きな要因と言えるでしょう。
また、設定できるオプションも少ないものの、高いシートアレンジで自由な空間を求めている人からは高い人気があります。

 

フォルクスワーゲン シャランTSIコンフォートラインの買取相場の傾向

 

中間グレードとなるTSIコンフォートラインは、古いものではすでに販売開始から10年以上経過していることもあって買取価格は個体によってバラバラです。
リセールバリューは高くても2/3程度ですが、価格で見ると260万円前後とTSIトレンドラインよりも高めです。
TSIコンフォートラインは非常に人気で、安全性能も高く、そしてその他の機能性も充分なので中古車市場でも人気があります。
個体数がほかのグレードよりも多いためなかなか高額買取にはつながりにくいですが、人気のオプションやアクセサリーがついていればそれなりに色はつくと考えていいでしょう。

 

フォルクスワーゲン シャランTSIハイラインの買取相場の傾向

 

上級グレードのTSIハイラインは新車価格が450~500万円と、シャランの中ではもっとも高いため、中古車市場では数は少なめです。
と言ってもまったくないわけではなく、ミニバン人気が根強い日本ではまだ数は多いと考えた方がいいでしょう。
リセールバリューは新車価格の半分前後。
TSIコンフォートラインよりは高いものの、リセールバリューは低めです。
先にもお話したとおり、TSIハイラインで装備されている予防安全機能はオプションでTSIコンフォートラインにも装備できるためです。
ただ、TSIコンフォートラインにはどうしても装備できないシートヒーターやパワーテールゲートなどの機能が欲しい人に人気もあります。
TSIハイラインも一定の人気はあるので安心して査定に出しましょう。

 

 

コラム編集部
SellCa車買取コラム編集部
中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

 

SellCaオークションのご利用の流れ

 

  • Step 1

    無料査定申込

    無料査定申込 あなたの愛車情報をご入力ください

    あなたの愛車情報を
    ご入力ください。

  • Step 2

    査定

    査定

    ご自宅で査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分程度です。
    ※エリアによってはお伺いできない場合もありますのでご相談ください。

  • Step 3

    オークションに出品

    オークションに出品

    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに
    出品します。
    全国最大6000社のバイヤーがオンライン入札!

  • Step 4

    売却

    売却

    オークションで最高額にご納得いただけたらバイヤーへ売却!愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。

 

 

 

 

フォルクスワーゲン車種別の買取実績相場

 

車種 買取価格
アップ! 6.4万円〜205.1万円
イオス 32.7万円〜32.7万円
ゴルフヴァリアント 6.8万円〜85.5万円
ゴルフトゥーラン 41.8万円〜221.8万円
ザ・ビートル 61.5万円〜236.2万円
ジェッタ 10.1万円〜10.1万円
ティグアン 8.8万円〜418.2万円
トゥアレグ 225.3万円〜225.3万円
ニュービートル 5.3万円〜24.6万円
パサート 56.4万円〜56.4万円
パサートヴァリアント 45万円〜332.8万円
ポロ 8.1万円〜142万円
ルポ 34.3万円〜34.3万円

 

 

 

 

シャランと同じボディタイプ別の買取実績相場

 

車種 買取価格
マツダ CX-7 26.4万円〜26.4万円
マツダ MPV 11.7万円〜24.9万円
日産 NV200バネットワゴン 18.9万円〜18.9万円
メルセデス・ベンツ Rクラス 28.9万円〜28.9万円
メルセデス・ベンツ Vクラス 148.5万円〜468.7万円
トヨタ アイシス 11.6万円〜97.8万円
トヨタ アルファード 61.8万円〜512.1万円
トヨタ イプサム 5.8万円〜8.3万円
トヨタ ウィッシュ 8.4万円〜8.4万円
トヨタ ヴェルファイア 22.4万円〜471.7万円
トヨタ ヴェルファイアハイブリッド 212.5万円〜491.7万円
トヨタ ヴォクシー 4万円〜316.2万円
トヨタ エスクァイア 98.4万円〜281.3万円
トヨタ エスティマ 5.6万円〜223.4万円
トヨタ エスティマハイブリッド 11.9万円〜247万円
ホンダ エリシオン 6.6万円〜12.3万円
ホンダ エリシオンプレステージ 22.8万円〜22.8万円
日産 エルグランド 2.6万円〜271.5万円
ホンダ オデッセイ 1.4万円〜235.6万円
ホンダ オデッセイハイブリッド 160.6万円〜264万円
トヨタ シエンタ 65.4万円〜157万円
ホンダ ステップワゴン 4.5万円〜239.7万円
ホンダ ステップワゴンスパーダ 12.6万円〜259.4万円
トヨタ スペイド 20.3万円〜20.3万円
日産 セレナ 2.4万円〜244.9万円
スズキ ソリオ 20.9万円〜20.9万円
トヨタ タウンエースノア 12.7万円〜12.7万円
トヨタ タンク 127.3万円〜127.3万円
三菱 デリカD:5 9.6万円〜330.6万円
トヨタ ノア 4.2万円〜236.1万円
トヨタ ハイエースバン 45.5万円〜269.7万円
トヨタ ハイエースレジアス 2万円〜11.8万円
トヨタ ハイエースワゴン 15.4万円〜247万円
メルセデス・ベンツ ビアノ 17.4万円〜17.4万円
マツダ ビアンテ 36.8万円〜36.8万円
トヨタ プリウス 161.3万円〜161.3万円
トヨタ プリウスα 42.7万円〜48.7万円
日産 プレサージュ 2.4万円〜6.4万円
マツダ プレマシー 4.9万円〜70.1万円
マツダ ボンゴフレンディ 6.5万円〜6.5万円
トヨタ ライトエースバン 15.3万円〜15.3万円
日産 ラフェスタ 6.3万円〜6.3万円
トヨタ レジアスエースバン 289.3万円〜297万円
スズキ ワゴンR 68.3万円〜68.3万円

 

 

 

 

人気車種の買取実績相場