【一番高く売れる】フォルクスワーゲン ティグアンの買取・査定相場、リセールバリューや高額売却のコツ

 

ティグアンの買取実績相場

 

現在の買取参考相場
¥88,220〜¥4,181,960
3年落ち以下
¥2,810,140〜¥4,181,960
8年落ち以降
¥88,220〜¥671,200

 

 

ティグアンのグレード別買取実績相場

 

グレード 買取価格
1位 TDI 4モーション Rライン ¥4,181,960〜¥4,181,960
2位 TDI 4モーション Rライン ブラックスタイル ¥3,612,060〜¥3,612,060
3位 TSI ハイライン ¥2,810,140〜¥2,810,140
4位 スポーツ&スタイル ¥259,400〜¥671,200
5位 トラック&フィールド ¥88,220〜¥88,220

 

 

SellCaオークションでの高額買取実績

 

 

連絡・査定はセルカのみで
最大6000社があなたの車に値付け!

セルカにお申込みをいただくと、セルカと提携している全国6000社の車屋さんにあなたの愛車を見てもらえます。
お客様への連絡はセルカからのみなので、しつこい営業電話をいろんな業者から受けたり、何回も査定を受ける手間がありません。

書類手続きやローンの精算なども
セルカサポートがすべてフォロー!

お車のご売約後に発生する、書類の提出等の諸手続きもセルカのサポート部隊がすべてフォローいたします。
お引渡しからご入金まで、他の業者さんなどと連絡をとっていただく必要は一切ありません。

通常の車買取ではかかる
中間業者の手数料がかかりません!

一括査定などの買取業者はお車を買い取ったあと、車屋さんに再販します。このときにかかる費用や買取業者の利益分がが予め査定額から引かれています。
セルカでは間に入る業者を飛ばして、実際に「この車がほしい!」という方に直接車を買ってもらうことができるため、買取業者が得ていた利益や手数料をお客様に還元できます。

 

 

 

 

フォルクスワーゲン ティグアンを高く買い取ってもらうコツ

 

フォルクスワーゲン ティグアンの人気グレード

 

フォルクスワーゲン ティグアンは、6種類のグレードがラインナップされています。
それぞれ「コンフォートライン」、「ハイライン」、そして「 Rライン」の3種類で、さらにガソリンエンジン(TSI)とディーゼルエンジン(TDI)に分かれているのです。
ディーゼルエンジンのモデルには、すべて「4モーション」という名前がついています。
名前のとおり、4輪駆動方式に変更されており、ディーゼルエンジンはすべてこの駆動方式になります。

もっとも人気なのは、最上位のディーゼルエンジンモデルである、TDI 4モーション Rラインです。
新車も中古車も同じぐらい人気が高く、輸入車には珍しい低価格の車でもあります。
この下に、TDI 4モーション ハイライン、TSII Rラインと続きます。
すべてディーゼルエンジン車両というのも驚きです。

ハイラインとRラインでは基本的な装備は同じです。
しかし、Rラインは専用の装備をいくつか備え付けており、オプションで追加できる装備にも差があります。
例えば純正では19インチのホイールが、オプションで20インチを選べるのはRラインのみです。
詳しくは後述しますが、特別なオプションが多い最上位モデルであるRラインが査定で高く評価されるのもよくわかります。
もちろん、ハイラインやコンフォートラインに人気がないわけではありません。
リセールバリューも全体的に2/3はあるので、どのグレード・どのモデルを選んでも大赤字になるということはないでしょう。

 

フォルクスワーゲン ティグアンの人気カラー

 

フォルクスワーゲン ティグアンには6色のボディカラーが用意されています。
この中で一番人気なのは、「オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト」です。
ほかの車同様、ホワイト系が一番人気ですが、こちらは有償色で64,800円と非常に高額です。
しかしその分、中古車市場でも高く買い取られており、新車購入の際はぜひ選びたいボディカラーになっています。

続く2番人気もホワイト系の「ピュアホワイト」であり、そのすぐあとに「ディープブラックパールエフェクト」がランクイン。
いずれも無難なボディカラーの代名詞であり、買っても売っても間違いないボディカラーとも言えるでしょう。
ただし、「オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト」と「ディープブラックパールエフェクト」は名前のとおりパール系なので、日頃のお手入れには注意が必要です。
コンパウンド入りワックスでは塗料に含まれるパール素材が失われてしまう可能性があります。
少し費用がかかっても、専用のワックスでお手入れするようにしましょう。

 

フォルクスワーゲン ティグアンの人気オプション

 

フォルクスワーゲン ティグアンには、輸入車特有の豊富なオプションがあり、どれを装備するか非常に悩むポイントでもあります。
中古車市場では、このオプションの有無は査定に大きく影響することも珍しくありません。
特に、人気のオプションがそろっている個体の買取価格は非常に高くなる傾向にあります。

代表的なものに、アップグレードパッケージがあります。
LEDヘッドライトやスマートキー、パワーテールゲートや17インチアルミホイールがセットになったオプションです。
ティグアンに限った話ではありませんが、国産車には標準装備されているものが輸入車ではオプションというのも珍しい話ではありません。
その意味では、アップグレードパッケージは、つけた方が良いという半端なものではなく、つけるべきオプションと言えます。
また、同様の理由で安全機能を向上させるセーフティパッケージも、人気のオプションです。

カーナビは2種類ありますが、おすすめはDiscover Proです。
画面の大きさが大きいことに加えて、Composition Mediaよりもできることが多いのもおすすめする理由でもあります。
中古車でもDiscover Proがついたティグアンを選ぶことをおすすめします。

 

 

 

フォルクスワーゲン ティグアンの特徴

 

フォルクスワーゲン ティグアンの概要

 

フォルクスワーゲン ティグアンは、2008年に登場したショートミディアムサイズのSUVです。
エクステリアは、フォルクスワーゲン トゥアレグよりもコンパクトにまとめられた適度なボディサイズとワイルドなルックスが特徴的です。
インテリアは、フォルクスワーゲンらしいシンプルで簡素な造りで、高級感よりも使いやすさを重視した気の利いたレイアウトが特徴的となっています。
ルーフコンソールには小物を収納することができ、後部座席では、フロントシート裏に備え付けられたトレイ型のテーブルやカップホルダーを利用することができ物の置き場に困りません。
リアシート自体も広く、足元もゆったりできるスペースが確保されています。
背もたれは角度調整することができ、大柄な人でも余裕を持ってくつろぐことができる仕様となっています。

エンジンは、ダウンサイジングターボ技術による軽量化&ハイパワー化&低燃費化が図られ、アイドリングストップやブレーキエネルギー回生システムといった時代先進の技術も積極的に取り入れられてきています。
トランスミッションは、多段DSGが組み合わされ効率的にエンジン出力を用いることで気持ちの良い走りと低燃費を体感することができるようになっています。
足回りは、SUVとしては硬くガッチリと引き締められており、コーナリング時にもフワフワしたりせずに果敢に進行方向へボディを寄せていく高い安定性を誇っています。

加えてオプションで、ダンパーや電動ステアリングの特性を電子制御できるアダプティブシャシーコントロール「DCC」を用意するなど最先端のシャシー技術を堪能できるようにも配慮されてきたモデルでもあります。

フォルクスワーゲン ゴルフをSUVにしたようなCセグメントクロスオーバー ティグアンは、VWブランドにこだわりをもつ若年層やシニア層に人気となっています。

 

フォルクスワーゲン ティグアンの魅力

 

フォルクスワーゲン ティグアン最大の魅力は、デザイン性と実用性の2つあります。
日本車にはない高級感あふれるデザインは、インテリアだけではなくエクステリアにも感じられるでしょう。
同じフォルクスワーゲンのゴルフをモチーフにしているため、いかにデザイン性が高いかがよくわかるでしょう。

一方で、モチーフとなったゴルフよりも車高が高く、乗りやすさの評価が高いのもティグアンの特徴です。
TSIは1.4Lガソリンエンジンとおとなしい仕様に見えますが、まったくもってそんな印象はありません。
また、ディーゼルエンジンであるTDIは2.0Lに排気量がアップしており、より力強い走りを実現しています。
もちろんTDIは4WD仕様であることも関係していますが、見た目とは裏腹の力強さに驚く人も多いでしょう。
安定した走行性能は、山道でも大きく振れてしまうこともなく運転出来ること間違いなしです。

見た目だけではなく、車に求められる性能も高いティグアン。
小さいから馬力がないということはなく、どんなシーンでも活躍できるポテンシャルの高い車でもあるのです。

 

フォルクスワーゲン ティグアンの歴史

 

初代フォルクスワーゲン ティグアン(5N型)は、2008年9月30日から日本国内販売がスタートしました。
エクステリアは、全長×全幅×全高で、4460mm、1810mm、1690mm、ホイールベースは2605mmで車重は1640kgほどでした。(2008年発売モデル「トラック&フィールド」グレード)
グレード構成は、オフロード仕様の「トラック&フィールド」が先行導入され、2009年3月に街乗り仕様の「スポーツ&スタイル」も国内導入されるようになりました。
エンジンは、直列型4気筒1.4L~2.0L(最高出力150ps~200ps)をラインナップ。
駆動方式はFF、4WD、サスペンションは前輪にマクファーソン式ストラット、後輪には4リンク式を搭載。
ゴルフをベースとしているだけあって、接地性に優れるキビキビとした走りを堪能することができました。
SUVにありがちなフワフワとした揺らぎやもっさりとした重苦しさは少なく、思いのほか軽快な走りを見せるサスペンションセッティングとなっていました。

2012年11月には、ブルーモーショングレードが登場。
1.4Lのダウンサイジングターボエンジンを搭載し、アイドリングストップ機能やブレーキエネルギー回生システムを組み込んだことで実用性能の維持と優れた燃費性能を同時に実現しています。
2013年9月の改良では、燃費性能を維持しながらエンジン出力をアップ。
2014年11月には、地方で人気の4WDモデルに廉価グレードの「2.0 TSI Leistung(ライストゥン) 4Motion」が追加されています。
販売面では主に欧州で大ヒットを記録。

およそ8年のモデルサイクルを終えると、つづく2代目フォルクスワーゲン ティグアン(AD1型)が2016年に登場しました。
2代目ティグアンでは、Modular Transverse Matrix platform(MQBプラットフォーム)を採用して製造することで部品の共通化を進め、車両価格の抑制と主要技術の共有が広く行われるようになりました。
日本にも2017年から導入、販売がスタートしています。
エクステリアは、全長×全幅×全高で、4500mm、1840mm、1675mm、ホイールベースは2675mmで車重は1540kgほどでした。(2017年発売モデル「TSIハイライン」グレード)
先代と比べると全長と全幅が長くなった一方で、全高が短くなってよりスポーティな印象になってきています。
デザインでは、先代はヘッドランプとフロントグリルがきっちりと分かれていたのと比べ2代目ではフロントグリルとヘッドランプが一体化したような斬新なルックスが採用されています。
日本向けモデルのエンジンには、直列型4気筒1.4L(最高出力150ps)をラインナップ。
2018年8月発売モデルからはディーゼルエンジン仕様のTDIシリーズが追加され、こちらは直列型4気筒2.0L(最高出力150ps)を発揮。
駆動方式はFF、4WD、サスペンションは車体のロールを抑えるスタビライザー付きで前輪にマクファーソンストラット、後輪に4リンク式を搭載。
コーナリング時のロールが少なく、SUVにありがちなフワフワとしたクッション性は抑制されています。
高速安定性に優れ、車体のウェイトバランスが崩れた状態でブレーキをかけても走行レーンが乱れにくい仕様となりました。
ステアリング奥にあるスピードメーターには、最新のインフォディスプレイを搭載。
センターコンソールを見るのと比較して、目線をほとんど動かさずに様々な情報を確認することができるため便利かつ安全です。
インテリアは高級過ぎずスポーティ過ぎずという絶妙なバランスで彩られ、乗るたびに違った印象を受ける飽きの来にくいデザインとなっています。
車体が長く、横幅も広がったことで後部座席のスペースやラゲッジルームが拡大。
後部座席もスライド式で前後に位置調整が可能で、助手席を折りたたむこともできるようになっています。

先進の安全性能では「フォルクスワーゲンオールイン・セーフティ」が用意され、アダプティブクルーズコントロールやレーンキープ&レーンチェンジアシスト、プリクラッシュブレーキシステム、リアトラフィックアラート、ドライバー疲労検知システムなど多数の技術が盛り込まれています。

 

フォルクスワーゲン ティグアン買取相場の傾向

 

フォルクスワーゲン ティグアンは、エンジン型式とグレードで買取相場が大きく異なります。
ただ、大きく買い叩かれてしまうようなことはなく、一定のリセールバリューを誇っているのです。
これは、ティグアンの新車価格が大きく関係しています。

通常輸入車には、輸入車専用の査定基準が適用されます。
国産車よりも大きな減点に苦しめられる輸入車は多く、3年落ちでも新車価格の1/3以下などということも珍しくありません。
しかし、このルールが適用されるのは新車価格が1000万円を超える車のみ。
ティグアンは最上位モデルのTDI Rラインでも550万円前後なので、このルールでもそれほど大きな減点をされることがないのです。
以上を踏まえたうえで、各グレードの買取相場を見ていきましょう。

 

ティグアン TSI/TDI Rラインの買取相場の傾向

 

まずは最上位モデルであるRラインの買取相場の傾向です。
ガソリンエンジンであるTSIは、新車価格の半分以上がおおよその買取相場です。
一方、ディーゼルエンジンのTDIは1/2~2/3と大きく差が開いています。
TDIは排気ガスの問題で日本での登場が約1年遅れた背景があるものの、昨今のSUVブームも手伝って非常に人気があります。
また、TDIは全グレードで4WD仕様のため、アウトドア派には文句なしの性能を誇っていることも人気の理由と言えそうです。
また、新車価格も、ほかの輸入車に比べて高くはないこと、中古車市場にある個体でも年式が浅いことも買取価格が高い理由でもあるでしょう。

 

ティグアン TSI/TDI ハイラインの買取相場の傾向

 

続いて、真ん中のグレードであるハイラインの買取相場の傾向です。
といっても、Rラインの買取相場と大きく異なる点はなく、TSIが新車価格の半分以上、TDIが1/2~1/3が買取価格の相場です。
新車価格ではRラインを30万円ほどの違いはあるものの、大きな装備の差はなく、予算の都合上こちらを選ぶ人も少なくありません。
走りもRラインと大きく変わることはなく、エクステリアの違い程度なので、そこまでこだわりがない人には魅力的な1台と言えるでしょう。
ただ、今後のリセールバリューを考えると、どうしても最上位モデルのRラインには劣ってしまいます。
今後手に入れる可能性があるならば、リセールバリューも加味してRラインを選択することをおすすめします。

 

ティグアン TSI/TDI コンフォートラインの買取相場の傾向

 

最後はエントリークラスであるコンフォートラインです。
エンジン性能は、TSI・TDIともに上位クラスと変わらないのがフォルクスワーゲンらしいところですが、買取相場はやや趣が違います。
最低でも新車価格の半分はあったリセールバリューですが、コンフォートラインは半額以下~1/2を少し上回る結果となっています。
いかに人気の車種とはいえ、エントリーモデルなだけに流通数が多いのが買取価格が低くなってしまった大きな原因でしょう。
とはいえ、ほかの車よりもリセールバリューが高いことは間違いありません。
人気のSUVでもあるので、いいコンディションでキープしていれば高く買い取ってもらえることは間違いないでしょう。

 

 

コラム編集部
SellCa車買取コラム編集部
中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

 

SellCaオークションのご利用の流れ

 

  • Step 1

    無料査定申込

    無料査定申込 あなたの愛車情報をご入力ください

    あなたの愛車情報を
    ご入力ください。

  • Step 2

    査定

    査定

    ご自宅で査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分程度です。
    ※エリアによってはお伺いできない場合もありますのでご相談ください。

  • Step 3

    オークションに出品

    オークションに出品

    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに
    出品します。
    全国最大6000社のバイヤーがオンライン入札!

  • Step 4

    売却

    売却

    オークションで最高額にご納得いただけたらバイヤーへ売却!愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。

 

 

 

 

フォルクスワーゲン車種別の買取実績相場

 

車種 買取価格
アップ! 6.4万円〜205.1万円
イオス 32.7万円〜32.7万円
ゴルフヴァリアント 6.8万円〜85.5万円
ゴルフトゥーラン 41.8万円〜221.8万円
ザ・ビートル 61.5万円〜236.2万円
ジェッタ 10.1万円〜10.1万円
シャラン 26.3万円〜291.2万円
トゥアレグ 225.3万円〜225.3万円
ニュービートル 5.3万円〜24.6万円
パサート 56.4万円〜56.4万円
パサートヴァリアント 45万円〜332.8万円
ポロ 8.1万円〜142万円
ルポ 34.3万円〜34.3万円

 

 

 

 

ティグアンと同じボディタイプ別の買取実績相場

 

車種 買取価格
プジョー 5008 289.3万円〜333.4万円
トヨタ C-HR 136.1万円〜216.1万円
マツダ CX-3 111万円〜177.8万円
マツダ CX-5 74.2万円〜265.8万円
マツダ CX-8 302.7万円〜323.5万円
トヨタ FJクルーザー 197.2万円〜334.7万円
メルセデス・ベンツ GLAクラス 136.2万円〜139.7万円
メルセデス・ベンツ GLC 297.3万円〜446.7万円
メルセデス・ベンツ GLE 460.1万円〜924.4万円
メルセデス・ベンツ GLKクラス 142.5万円〜142.5万円
メルセデス・ベンツ GLS 601.3万円〜642.7万円
メルセデス・ベンツ GLクラス 92.2万円〜500.4万円
メルセデス・ベンツ Gクラス 229.8万円〜1648.4万円
レクサス LX 777.4万円〜1086.6万円
MINI MINI 47.8万円〜97.1万円
メルセデス・ベンツ Mクラス 47.5万円〜287.4万円
レクサス NX 264.9万円〜486.3万円
アウディ Q3 138.6万円〜171.8万円
アウディ Q5 117.1万円〜257.3万円
アウディ Q7 175.4万円〜516.4万円
トヨタ RAV4 26万円〜316.7万円
レクサス RX 99.9万円〜717.6万円
レクサス UX 416.1万円〜436.1万円
BMW X1 39.9万円〜320.7万円
BMW X2 342万円〜342万円
BMW X3 18.3万円〜531.1万円
BMW X4 295.4万円〜368.9万円
BMW X5 44.1万円〜725.7万円
ボルボ XC60 151万円〜452.1万円
ボルボ XC90 36.5万円〜557.3万円
三菱 アウトランダー 8.8万円〜132.1万円
トヨタ ヴァンガード 36.1万円〜157.8万円
ホンダ ヴェゼル 83.7万円〜240.5万円
日産 エクストレイル 5.7万円〜200.2万円
フォード エクスプローラー 25.2万円〜331.8万円
ホンダ エレメント 119.6万円〜119.6万円
ポルシェ カイエン 38.7万円〜877.9万円
キャデラック キャデラックエスカレード 18.6万円〜889.3万円
トヨタ クルーガーV 25万円〜29.1万円
クライスラー・ジープ ジープ・ラングラーアンリミテッド 103.3万円〜593.1万円
日産 ジューク 25.6万円〜116.8万円
米国トヨタ タンドラ 299.8万円〜299.8万円
日産 デュアリス 8.5万円〜91.5万円
日産 テラノ 19万円〜19万円
フォルクスワーゲン トゥアレグ 225.3万円〜225.3万円
トヨタ ハイラックスサーフ 3.1万円〜119.3万円
トヨタ ハリアー 8.8万円〜481.1万円
トヨタ ハリアーハイブリッド 59.1万円〜282.2万円
スバル フォレスター 5.1万円〜271.7万円
ポルシェ マカン 353.9万円〜715.8万円
日産 ムラーノ 13万円〜157.2万円
トヨタ ラッシュ 23万円〜101.2万円
トヨタ ランドクルーザー100 77.2万円〜123.4万円
トヨタ ランドクルーザー60 45.1万円〜134.8万円
トヨタ ランドクルーザー80 61.5万円〜106万円
トヨタ ランドクルーザープラド 39.2万円〜504.2万円

 

 

 

 

人気車種の買取実績相場