2018年6月14日

元中古車買取営業マンが教えます!一般の方が知らないオートオークション会場の仕組み!愛車買取りオークションSellCa

元中古車買取営業マンが教えます!一般の方が知らないオートオークション会場の仕組み!

 

日本の中古車業界の根幹になっている、業者専門のオートオークションについての解説です。実は日本で走っている中古車のほとんどは、この業者用中古車オークションを通っています。

 

どういう事でしょうか。詳しく説明していきます。

 

まず、業者専門の中古車オークションが利用されるのはどういう時か。

そちらをご説明いたします。

 

①中古車買取店が車を買取りした時

 

実はほとんどの車はオークションに出品されています。「直接販売しているから高い!」という謳い文句を良く目にしますが、実際ほとんどの車はオークションに出品へ向かいます。

 

なぜ、中古車買取り業者がオークションへ出品するのか。

 

中古車買取専門の業者は、文字通り、買取専門です。よって、仕入れた車を売るのはオークションへ出品するしかほぼ選択肢は有りません。

 

また、最近は販売にも力を入れている買取業者がありますが、それでもほとんどの車はオークションへ出品されます。

 

「え、再度お客さんに売った方が業者オークションで売るより利益あるんじゃないの?」と思われた方、おっしゃる通りです。

 

しかし、店頭に並べている車が売れる確率は低いのです。また、中古車は寝かせば寝かせるだけ、市場価格が下がっていくので、あまり長期間店頭に並べておくわけにはいきません。

 

よって、中古車買取業者も、その買い取った車を換金しないと、次に車を買取りできないため、小売りよりは利幅が少ないが、ほぼ確実に売れるオークションへ出品するのです。

 

なので、中古車買取業者の利益は、業者用オークションで売れた金額-お客様から買った金額という事になります。

 

②新車販売ディーラーが車を下取りした時

 

特に、自社で取り扱っていない中古車を買い取りしたときは、基本的に業者用オークションに出品しています。

 

これはほとんど解説はいらないでしょう。正規ディーラーの場合、メーカーとの販売契約があるため、他メーカーの車は基本的には売る事が出来ません。よって、他社ブランドを仕入れたときは、オークションへ出品するのが普通です。

 

 

③店頭に並べている車が長期間売れない時

 

中古車販売店が車を仕入れて店頭に並べているが、数か月間売れなかった中古車はオークションに出品される事が多いです。

 

中古車相場は、古くなればなるほど、価値が落ちて行きます。それは、在庫として中古車販売店が店頭に並べている時も同じで、店頭に置けば置くほど、中古車の車両価値は下がっていきます。

 

よって、ある一定の期間で見切りをつけて、長期在庫をオークションへ出品し、換金するというのが一般的です。

 

 

④卸御者の存在(オークション間で車を転売し続ける)

 

業界特有かもしれませんが、中古車市場の場合、オークションに出品されている車を、転売業者が仕入れ、他のオークション会場に出品して、差額で儲ける、という業者も多いのです。

 

最近はヤフオクやメルカリを駆使して、安く仕入れ、他のサイトに出し、高くで売って利益を出しているユーザーがいるようですが、中古車業界では昔から、あるオークション会場で仕入、別の会場に出し、利益を出している人が多くいます。

 

その人たちのお蔭で、日本の中古車相場はある程度安定しているのかも知れません。というくらい、その業者数は多い様です。

 

 


この様に、中古車業界では、オークションが中古車業者のビジネスモデルにおいて、無くてはならない存在となっています。

 

一般消費者からすると、買取業者が直接ユーザーに売ればもっと安くで買えるのに、とかオークション会場間で儲けている人がいるから、最終ユーザーに届くときには、価格が上がっているんじゃないの?と思う人もいますが、一概にはそうとは限りません。

 

しかし、SellCaのサービスは、一括中古車査定よりも手間がかからず、今までの買取業者が買い取った時の様に、一般ユーザーに行きわたるために、あらゆる業者を通す必要もなく、数千社があなたの車を取り合いしてくれるので、今までよりユーザーが得をすることはほぼ間違いないでしょう。

ぜひ一度SellCaにご相談ください!

SellCaは、数多くの業者と提携しているので、最大数千社からの入札があり、一回の出品で最高値がつきます!数多くの業者の見積もりを個々に取らなくても、SellCaなら査定も1度きり。面倒な営業電話等もありません。ぜひ一度SellCaへご相談ください!