【高年式車を高く売る】高額買取のポイント

2019年12月30日

 

車は年式が新しいもの、つまり高年式車の方が高い買取査定額がつきやすいです。
これは年式が新しいものほど購入後のトラブルが少なかったり、新しい車両の方が比較的売れやすいことなどが理由ですが、高年式車ならすべて高く買い取ってもらえるわけではありません。

ここでは、そんな高年式車をより高く買い取ってもらえるコツについてご紹介します。

高年式車のほうが高価買取されやすい理由を説明

 

冒頭でもご紹介しましたが、高年式車ほど買取査定額は一般的に高くなる傾向にあります。

その要因を挙げると、主に下記の通りです。

 

・新しい車両ほど現在故障しているリスクが低いため
・新しいものほど各種部品の劣化が少なく今後のメンテナンスにかかる費用も低くなるため
・3年落ちや5年落ちなど比較的新しい車種の方が売却の際に買い手がつきやすいため

 

まとめると単純に年式の新しい車両の方が劣化も少ないことから部品など壊れにくく、実際に買取査定をするお店側としても買い手がつきやすいことからお店側も買取査定額を高く提示できます。

しかし、高年式車であっても買取査定額がそれほど高くない場合もございます。

たとえば、車両のリセールバリューが低かったり個性的なカラーである場合などです。

一般的に黒などの万人受けしやすいカラーなど人気のボディーカラーである方が買取査定額にプラスとなりやすく、車種もバンや貨物車などの用途を選ぶ車両より軽自動車やコンパクトカーなど人気のボディータイプや車種を選ぶ方が買取時にその他の車種に比べて高い査定額がつきやすい傾向にあります。

ちなみに、古い車であってもその年代を代表するスポーツカーであったり希少性の高い車両に関しては値段が落ちづらく、逆にプレミアがつく車両も存在します。

車両の購入時に購入費用が高くても売却時まで考慮することでトータルで得をする場合があるので、高年式車のうちに乗り換えを考えている場合はリセールバリューに注目して車種を選ぶようにしましょう。

 

高年式車がより高額に買取されるためのコツとは?

 

高年式車は古い車より高価買取されやすいのは事実ですが、ただ買い取ってもらうよりもひと工夫した方が高く買取してもらえる可能性があります。

たとえば、先ほどご紹介した購入前にリセールバリューの高い車両を選ぶこともコツの1つです。

ここではそんな購入時の車種選択以外で既にある高年式車をより高く買い取ってもらうためのコツについてご紹介します。

 

✔買取前の清掃が大切

買取オークションでは査定時に内装をより綺麗に仕上げるだけでも査定額が異なります。

ただし、これはあくまで印象だけのため整備履歴など確認などで車両に問題がないかしっかり確認をされますが、できる限り車を綺麗に見せるためにも掃除は大切です。。

また、喫煙車が査定でマイナスになるようにペットなど車両に染み付いたにおいが原因で査定額が下がることもありますので、日頃から車のにおいケアーも意識しましょう。

 

✔定期点検はきちんと行い記録を残そう

点検には法定12ヶ月点検や車検だけでなく、カーディーラーや自動車工場などが行う6ヶ月点検などがございます。
他にも一定距離や期間ごとのオイルなどの定期部品の交換もありますが、オイル交換と合わせて6ヶ月点検などの点検を合わせて行うことをオススメします。

この際大切なのが、記録簿をしっかりと保管しておくことです。

これらの点検記録簿やメンテナンスノートは買取時も確認されますので、車両のケアーがしっかりされているのかすぐにわかります。

一般的に3年程度の高年式車ではそれほど大きなトラブルが起こる可能性は低いため点検を疎かにしがちですが、
トラブルがなくとも定期的な点検を欠かさない方が高価買取とトラブルの予防にも有効と言えるでしょう。

 

✔走行距離と年式のバランスも大切

新しい車両ほど走行距離が少なく高価買取が期待できますが、ただ走行距離が少なければ良い訳ではございません。

車は走行しなくてもエンジンなどに使われるゴム性の部品は劣化しますし、エンジン内部は長期間走行しないと油膜がなくなり再始動時におけるエンジン内部が磨耗し、
エンジンからのメカノイズが酷くなる原因にも繋がります。

つまりは、走行しなさすぎても車に悪いということです。

とはいえ、過走行の車両に比べると走行距離の全くない車両の方が買取額が高いでしょう。

ただし、日常的に使う車の使用を控えるよりも使わない車両をできるだけ使用する方が簡単と思いますので、もし車を全く使わない近くがある場合は週に1度はエンジンをかけてあげることから始めてみてはいかがでしょうか?

 

高額買取が期待できる買取先は?

高年式車をより高く買い取ってももらうためのコツを簡単に3つご紹介しましたが、買取先を変えるだけで買取額が変化する場合もございます。
たとえば、新車を購入する場合その新車を購入するディーラーでの下取りが一般的ですが、下取りよりもその車両を主に扱う専門店の方がより高価に売却できる可能性があります。

 

特に、新車を購入するメーカーと現在乗っている車両のメーカーが異なる場合はディーラーに頼らず、他で買取に出した方がいいでしょう。

また、高年式車でなく古い車でも買取先の選択は大切であり、特にスポーツカーや旧車など特定のニーズのある希少車の場合は買取査定額が大幅に変わる恐れもあるので注意が必要です。

高年式車の場合は査定額にそれほど差がつくものではありません。ただし、メーカーや新たに購入する車両など様々な状況に応じて高価的な買取先がございますので、損をしないよう複数の買取査定を行うのも大切です。

 

まとめ

今回は比較的に買取査定で有利と言える高年式車について、より高く買取してもらうコツをご紹介しました。

高年式車であっても外装や内装、買取先によって買取額は変化するものです。

古い車ほど大きく買取額が変化することはないにしても、できるだけ高値で買取してもらうためには日頃から車両をしっかり管理し自身にあったお店で買い取ってもらうことが重要となります。

リセールバリューなど購入時から買取額を考慮して賢い車両購入が一番ですが、今ある車両の価値をできる限り下げないことも重要ですので、定期点検などできることから始めてみてはいかがでしょうか?

 

セルカで高額売却できる理由

 

1 革新的!中間業者大幅スキップ!

革新的!中間業者大幅スキップ 革新的!中間業者大幅スキップ

ご自身で車をオークションに出品できます!

  • 2 全国6000社のバイヤー数

    全国6000社のバイヤー数何を売る時でも競れば競るほど値段は上がります! 全国6000社のバイヤー数何を売る時でも競れば競るほど値段は上がります!

    何を売る時でも競れば競るほど値段は上がります!これがオークションの魅力です!

  • 3 NO!対面営業! NO!買い叩き!

    NO!対面営業! NO!買い叩き!セルカで競るのは値段のみ営業電話は一切ありません NO!対面営業! NO!買い叩き!セルカで競るのは値段のみ営業電話は一切ありません

    セルカで競るのは値段のみ!営業電話は一切ありません!

  • 4 安心の査定力

    安心の査定力 セルカでは提携店、認定査定士を数多く有しているので、バイヤーが安心して入札できます 安心の査定力 セルカでは提携店、認定査定士を数多く有しているので、バイヤーが安心して入札できます

    セルカでは提携店、認定査定士を数多く有しているので、バイヤーが安心して入札できます。

  • 5 楽チン手続き!

    楽チン手続き 面倒な手続きは一切不要。SellCa上で査定の依頼から売却の手続きまで、すべて完了します。 楽チン手続き 面倒な手続きは一切不要。SellCa上で査定の依頼から売却の手続きまで、すべて完了します。

    セルカがお車の書類、代金の支払いなど全ての手続きを代行!安心してお取引き頂けます。