【注目】メルセデスベンツ Eクラスステーションワゴンの高額売却ランキング

2020年1月29日

 

メルセデス・ベンツ Eクラスステーションワゴンは、ベンツの中では中核クラスになるEクラスのステーションワゴンです。
1993年に初代が登場し、1996年に2代目、2003年に3代目、2010年に4代目、そして2016年に現行型の5代目が登場しました。

 

No.1 2012年式 E250CGIブルーエフィシェンシーワゴン

2012年式 E250CGIブルーエフィシェンシーワゴン売却実績詳細はこちら

E250CGIブルーエフィシェンシーワゴンは、Eクラスステーションワゴンのエントリーモデルとして登場しました。
パワーユニットは、1.8L 直列4気筒直噴ターボエンジンを搭載し、最高出力204ps/5,500rpm、最大トルク31.60kgf・m/2,000rpmとパワフルで有りながら、燃費は10・15モードで11.0km/Lと優秀。

 

インテリアはファブリック素材のシートやパドルシフトレスなど、Eクラスステーションワゴンの他グレードに比べれば装備が簡素になりますが、安全装備ではエアバッグを11箇所装備するなどハイグレードと変わらない充実ぶりです。

 

ステーションワゴンのウリである「積載」については、Eクラスセダンに比べてリアオーバーハングを120mm延長し、広いラゲッジルームを確保。リア側には、重たい荷物の積載による沈み込みを抑える「セルフレベリング機構付きのエアサスペンション」を採用し、車高を維持します。

 

✔E250CGIブルーフィシェンシーワゴンが高く売れた理由

ボディカラーは、リセールバリューの落ち込みが一番少ないホワイト。
年式は2012年とまだ8年落ち。走行距離は約3万kmで年間平均4,000km弱と少ないため、エンジンをはじめ足回りやインテリアなどの劣化も少ないでしょう。
さらに人気オプションのAMGスポーツパッケージがさらに高額買取に繋がったポイントでしょう。

 

No.2 2011年式 E350ブルテックステーションワゴンアバンG

2011年式 E350ブルテックステーションワゴンアバンG売却実績詳細はこちら

E350ブルーテックステーションワゴンアバンギャルドは、パワーユニットにディーゼルエンジンを搭載する唯一のグレードです。
グレード名の「ブルーテック」は、ディーゼルエンジンの排ガスをクリーンにする「ブルーテック」技術を採用していることが由来です。

 

パワーユニットのディーゼルエンジンは3.0L V型6気筒+電子制御式の可変ターボで、最高出力211ps/3400rpm、最大トルク55.1kgf・m/1,600rpmを発揮。7速ATのトランスミッションとの組合せで燃費は、10・15モードで13.4km/Lを実現しています。
大排気量ガソリンエンジンに匹敵する力強さと、2.0Lガソリンエンジン並みの低燃費を兼ね備えています。

 

✔E350ブルテックステーションワゴンアバンGが高く売れた理由

ボディカラーはホワイトやブラックについてリセールバリューが崩れにくいシルバーであることが大きなポイントです。
年式は2011年と9年落ちですが、4世代目とデザインはそこまで古臭くもありません。走行距離も年間平均6,000kmほどなので少なめでもあります。

 

 

No.3 1995年式 E320ステーションワゴンリミテッド

1995年式 E320ステーションワゴンリミテッド売却実績詳細はこちら

E320ステーションワゴン リミテッドは、Eクラスのステーションワゴンとして登場した初代モデルの最終モデルであり、限定モデルです。
登場から25年も経過していますが、限定モデルということで初代のEクラスステーションワゴンが好きな人にとっては、非常に価値ある一台でしょう。

 

限定モデルのリミテッド専用設定としては、ウッドコンビステアリング、ウッドパネル、グレーレザーインテリアなど。分かる人には分かる装備になっています。
その他には、シートヒーター、クルーズコントロール、横滑り防止装置、運転席・助手席エアバッグなどが標準装備されています。

 

パワーユニットは、3.2L 直列6気筒DOHCガソリンエンジン。最高出力225ps/5500rpm、最大トルク32.3kg・m/3750rpmとパフォーマンスは申し分ありません。
1,670kgある重たい車体をストレスなく走らせてくれます。

 

✔E320ステーションワゴンリミテッドが高く売れた理由

ボディカラーが一般受けしずらいブルー、走行距離が約15万kmと過走行、修復歴有り、とどれも買取価格を下げる原因があるにもかかわらず、3位に食い込んだ理由は「リミテッド(限定モデル)」だからでしょう。1995年式の後期型最終モデルというのも加味されているかも知れません。

 

No.4 2004年式 E500ステップワゴンアバンG

2004年式 E500ステップワゴンアバンG売却実績詳細はこちら

E500ステーションワゴン アバンギャルドは、ヘッドライトが丸目四灯デザインの3代目の車種であり、上級グレードになります。
インテリアは、上級グレードらしく本革シートをはじめ、12スピーカーの「harman/kardonサウンドシステム」などを採用しています。

 

運動性能も上級グレードらしく、当時の新開発7速AT「7G-TRONIC」を搭載し、パワーユニットは5.0L V8 SOHCエンジンで、最高出力306ps/5600rpm、最大トルク46.9kgm/2700~4250rpmとパワフル。
さらに電子制御の「AIRマティックDC(デュアルコントロール)サスペンション」採用で、快適性も上級グレードです。

 

✔E500ステーションワゴンアバンGが高く売れた理由

2004年式と約16年落ちで走行距離が約13万kmと過走行となれば、ほとんど買取価格が付かないのですが、ボディカラーが人気のブラックで上級グレードで走りもインテリアも高級であることで4位になったのではないかと思います。

 

 

 

 

セルカで高額売却できる理由

 

1 革新的!中間業者大幅スキップ!

革新的!中間業者大幅スキップ 革新的!中間業者大幅スキップ

ご自身で車をオークションに出品できます!

  • 2 全国6000社のバイヤー数

    全国6000社のバイヤー数何を売る時でも競れば競るほど値段は上がります! 全国6000社のバイヤー数何を売る時でも競れば競るほど値段は上がります!

    何を売る時でも競れば競るほど値段は上がります!これがオークションの魅力です!

  • 3 NO!対面営業! NO!買い叩き!

    NO!対面営業! NO!買い叩き!セルカで競るのは値段のみ営業電話は一切ありません NO!対面営業! NO!買い叩き!セルカで競るのは値段のみ営業電話は一切ありません

    セルカで競るのは値段のみ!営業電話は一切ありません!

  • 4 安心の査定力

    安心の査定力 セルカでは提携店、認定査定士を数多く有しているので、バイヤーが安心して入札できます 安心の査定力 セルカでは提携店、認定査定士を数多く有しているので、バイヤーが安心して入札できます

    セルカでは提携店、認定査定士を数多く有しているので、バイヤーが安心して入札できます。

  • 5 楽チン手続き!

    楽チン手続き 面倒な手続きは一切不要。SellCa上で査定の依頼から売却の手続きまで、すべて完了します。 楽チン手続き 面倒な手続きは一切不要。SellCa上で査定の依頼から売却の手続きまで、すべて完了します。

    セルカがお車の書類、代金の支払いなど全ての手続きを代行!安心してお取引き頂けます。