【注目】エブリイワゴンの高額売却ランキング

2020年3月12日

 

エブリィワゴンは商用バンモデルのエブリィに乗用車の快適性を備えた軽キャブワゴンです。

1999 年に初代モデルが発売され、 2005 年に 2 代目へと進化しましたが、軽自動車で初めて後部座席にパワースライドドアを採用。
2015 年に 3 代目へとモデルチェンジした際は、軽キャブワゴンで初めての装備となる衝突被害軽減ブレーキを採用、これまで軽自動車に新しい基準を創り出してきた歴史のある車です。
軽キャブワゴンとして室内長・室内幅・室内高のすべてが軽キャブワゴンで最大クラスの広い室内空間もエブリィワゴンの魅力。

 

No.1 2017年式 P Zターボ

2017年式 P Zターボ売却実績詳細はこちら

スズキエブリイワゴン PZ ターボは 660cc の直列 3 気筒ガソリンターボエンジンが採用されています。

外装は 14 インチのアルミホイールが標準となり、フロントメッキグリルやメッキフォグランプベゼル、ルーフエンドスポイラーが装備され上質さを演出。後席の左側のドアがパワースライドドアとなり、軽く引くだけでスライドドアが開閉します。
ヘッドライトがオートレベリング機能付きのディスチャージヘッドランプでオートライトシステム、ハロゲンフォグランプも
PZ ターボの標準装備となっています。

 

✔年式と走行距離

2017 年式で走行距離は 11,580km 、修復歴はありません。
年式もまだ新しく走行距離もまだまだ走り始めといった感じ。

 

オプションなど

カスタマイズ箇所が社外のホイールやダウンサスのほか、前後バンパーが社外品に交換され何とオーバーフェンダーが装着され他のエブリィワゴンとは外観の印象が大きく異なっています。
内装にもレカロシートが装備された充実のカスタマイズがされた
1 台です。

 

✔2017年式 P Zターボ が高く売れた理由

高額買取り 1 位となった理由は年式が新しく走行距離が少ない点と、カスタマイズされていることも評価されたのでは。
エアロが組まれダウンサスで車高も下がりレカロシートも装備されているので、内外装の印象が他のエブリィワゴンより傑出していますね。

 

No.2 2016年 P Zターボ

2016年式  P Zターボ売却実績詳細はこちら

エブリィワゴンの高額買取り 2 位となったグレードは PZ ターボで、ボディーカラーはシルバーとなっています。
1 位と同じグレードとボディーカラーですね。

 

✔年式と走行距離

2016 年式で走行距離は 12,388km で修復歴はありません。
年式の割に走行距離は少なめになっています。

 

✔オプションなど

追加装備は社外ナビが追加のみですが、 PZ ターボは 14 インチのアルミホイールやフロントメッキグリル、ディスチャージヘッドランプやフォグランプなど装備は揃っているので、特に必要な装備はないといったところでしょうか。

 

✔2016年式 P Zターボが高く売れた理由

高額買取り 2 位となり 1 位になれなかった理由は、 1 位に比べるとやや年式が古く走行距離が多い点と、カスタマイズ内容が挙げられそうです。
内外装共に大きくカスタマイズされた
1 位に比べ、こちらのエブリィワゴンはシンプルな状態のままですので、カスタマイズ内容も評価に影響していそうです。

 

 

No.3 2013年式 J Pターボ

2013年式 J Pターボ売却実績詳細はこちら

エブリイワゴンの JP ターボは、エブリイワゴンのベースモデルとなっています。

価格を抑えよりお求めやすいグレードとなっているため、後部座席のドアがパワースライドドアではありませんが、スライドドアを半分程度閉めるとあとは自動で閉まるドアクローザー式になっています。
ホイールはキャップ付き
13 インチで、マニュアルレベリング機能付きハロゲンヘッドランプとなっているものの、エアコンはオートエアコンが装備。速度が 15Km/h を超えると自動でドアロックされるなど、他の車種のベースモデルに比べると装備が豪華な仕様です。

 

✔年式と走行距離

2013 年式で走行距離は 35,200km 、修復歴はありません。
年式もやや古くなっていますが、年式の割に少ない走行距離になっています。

 

✔オプションなど

オプションや追加装備は特にありませんが、 JP ターボはエブリィワゴンのエントリーモデルながら、他の車種のエントリーモデルに比べ装備が充実しています。
追加装備やオプションがなくても快適に使えるワゴンになっています。

 

✔2013年式 J Pターボが高く売れた理由

高額買取り 3 位となった理由は、年式が 2013 年式と 1 位や 2 位に比べやや古くなっている点と走行距離の多さが挙げられるでしょう。
加えてグレードもエントリーグレードになっているので、その点も考慮されての評価なのでしょうね。

 

No.4 2010年式 P Zターボ

2010年式 P Zターボ売却実績詳細はこちら

エブリィワゴンの高額買取り 4 位となったグレードは PZ ターボで、ボディーカラーはホワイトとなっています。

 

✔年式と走行距離

2010 年式で走行距離は 60,740km となっていますが、修復歴はありません。
年式もやや古く走行距離も多い印象。

 

✔オプションなど

追加装備はカロツェリア社外ナビにサブウーハーが搭載され、より音楽を楽しめる装備に。
他にも社外ハンドルやスズキスポーツサス、
LED ウィンカードアミラーに交換され、軽くカスタマイズされた内容となっています。

 

✔2010年式 P Zターボが高く売れた理由

高額買取り 4 位となった理由は、やはり 2010 年という年式の古さと走行距離の多さが評価された結果なのでしょう。
1 位、 2 位とグレードは同じものの、年式や走行距離でやや不利で 4 位となったのではないでしょうか。

 

 

セルカで高額売却できる理由

 

1 革新的!中間業者大幅スキップ!

革新的!中間業者大幅スキップ 革新的!中間業者大幅スキップ

ご自身で車をオークションに出品できます!

  • 2 全国6000社のバイヤー数

    全国6000社のバイヤー数何を売る時でも競れば競るほど値段は上がります! 全国6000社のバイヤー数何を売る時でも競れば競るほど値段は上がります!

    何を売る時でも競れば競るほど値段は上がります!これがオークションの魅力です!

  • 3 NO!対面営業! NO!買い叩き!

    NO!対面営業! NO!買い叩き!セルカで競るのは値段のみ営業電話は一切ありません NO!対面営業! NO!買い叩き!セルカで競るのは値段のみ営業電話は一切ありません

    セルカで競るのは値段のみ!営業電話は一切ありません!

  • 4 安心の査定力

    安心の査定力 セルカでは提携店、認定査定士を数多く有しているので、バイヤーが安心して入札できます 安心の査定力 セルカでは提携店、認定査定士を数多く有しているので、バイヤーが安心して入札できます

    セルカでは提携店、認定査定士を数多く有しているので、バイヤーが安心して入札できます。

  • 5 楽チン手続き!

    楽チン手続き 面倒な手続きは一切不要。SellCa上で査定の依頼から売却の手続きまで、すべて完了します。 楽チン手続き 面倒な手続きは一切不要。SellCa上で査定の依頼から売却の手続きまで、すべて完了します。

    セルカがお車の書類、代金の支払いなど全ての手続きを代行!安心してお取引き頂けます。