【注目】FJクルーザーの高額売却ランキング

2020年1月31日

 

FJクルーザーはトヨタが発売していたSUVで、もともとは2006年から北米市場などで販売されていましたが、逆輸入車の人気の高まりなどから2010年に日本でも販売を開始し、2018年1月まで販売されていました。

観音開きのドアを持つユニークな車体で、全タイプが4WDとなっています。
かつてのランドクルーザーを思わせる丸いヘッドランプやツートンカラー、スペアタイヤをリヤゲートに装着した外観も特徴的です。全タイプで2列シート5人乗りとなっており、撥水シートと防水カーペットとなっており、アウトドアに強い室内です。

予防安全装備Toyota Safety Senseは装備されていませんが、サイズ的に大柄な車のためバックソナーは標準装備されており運転しやすくなっています。

なお、後継車は販売されていません。

 

No.1 2017年式 ベースグレード

2017年式 ベースグレード売却実績詳細はこちら

買取No.1の車は2017年式のベースグレードです。

 

✔ベースグレードが高く売れた理由

色はイエローとホワイト系のツートンです。ホイールは17インチのスチールとなっています。
全タイプ4.0リッターエンジンを搭載し、出力は276馬力、変速機は5速オートマチックとなっています。防水・撥水シートもエントリーグレードながら標準装備となっており、アウトドアで広い用途を誇ります。

この車は年代的に販売台数が少なく貴重な最終型と呼べる年式で修復歴はなく走行距離は10,790kmと短いのが特長で、オプションやアフターパーツを装着していないのでカスタムのベースモデルとして使うのも良いでしょう。

 

No.2 2016年式 オフロードパッケージ

2016年式 オフロードパッケージ売却実績詳細はこちら

買取No.2の車は2016年のオフロードパッケージというグレードです。

 

✔オフロードパッケージが高く売れた理由

色はスモーキーブルーとホワイト系のツートンカラーとなっています。

このグレードはFJクルーザーの中では流通台数が少なく、かなり貴重なものとなっていて、ブルーのボディカラーとの組み合わせは大変少なくなっています。
オフロードパッケージは悪路走行に特化した装備が用意されており、エンジン出力とブレーキを制御して悪路を走りやすくするクロールコントロール、スリップ時に駆動力を適正に配分できるアクティブトラクションコントロール、悪路脱出時に役立つリヤデフロック、ビルシュタイン製のショックアブソーバーが装備されます。

外観とインテリアはベースグレードに準じています。

修復歴はなく、走行距離は14,985kmとなっています。
こちらもオプションやアフターパーツは装着しておらず、カスタムのベースモデルにも使えます。

 

No.3 2013年式 カラーパッケージ

2013年式 カラーパッケージ売却実績詳細はこちら

買取No.3のグレードは2013年式のカラーパッケージというグレードです。

 

✔カラパッケージが高く売れた理由

ボディカラーはホワイトとなっています。この色のみツートンカラーではないことが特徴です。

インテリアもインパネのセンタークラスターとドアトリムがボディカラーに合わせたホワイトになっていることがカラーパッケージならではのポイントです。
ステアリングホイールは本革巻き、シフトノブとトランスファーノブにメタルカラーの加飾が施されています。

エクステリアはベースグレードと変更点はなく、スチールホイールを装着しています。

走行距離は12,260kmと流通しているFJクルーザーでは比較的短い点もメリットです。

 

No.4 2012年式 ベースグレード

2012年式 ベースグレード売却実績詳細はこちら

買取No.4グレードは2012年式のベースグレードのブラックです。

 

✔ベースグレードが高く売れた理由

こちらはかなりのカスタマイズが施されています。
外観部ではクリムソン製のアルミホイール、LEDテールランプ、ピアスボルト付グリル、日本仕様とは異なるデザインの逆輸入モデルコーナーリアバンパーが装備され、インテリアではステアリングホイールはIKURAモデルのREALステアリング、ALPINE9インチモニターと後席モニターが装着され、シフトレバーは4WDレバーともどもICON アルマイト削り出しシフトノブに変更されています。
バランスの取れたカスタマイズで、現在このカスタマイズを施すのはかなり大変ということもあり、魅力的な一台です。

モニターが装着されているため、長距離ドライブにもお勧めです。なお、エンジンスペックや足回りなどには変化がなく、4.0リッター276馬力のままです。

修復歴は無く、走行距離65,480kmとなっています。

 

No.5 2011年式 ベースグレード

2011年式 ベースグレード売却実績詳細はこちら

No.5の買取となったのは2011年製のベースグレードです。

 

✔ベースグレードが高く売れた理由

ボディカラーはベージュとなっています。

USトヨタトレイルチームスペシャルエディションのエンブレムやボンネットのラッピングフィルム、ZEALによる車高調、リアブレーキレンズガード、TRDビートロック調アルミホイール、フジツボのAUTHORIZE Rマフラーを装着しており、非常に迫力のあるカスタマイズとなっています。

インテリアはcarrozzeriaのサイバーナビ、ケンウッドのドライブレコーダー DRV-630を装備し、オートフレンズ製の音響加工&デットニングも施されています。

年式的にボディ同色のセンタークラスターとなります。エンジンに関してチューンはされていません。なお、修復歴があります。

 

 

FJクルーザーの買取お得情報はこちら

 

【一番高く売れる】トヨタ FJクルーザーの買取・査定相場、リセールバリューや高額売却のコツ

 

セルカで高額売却できる理由

 

1革新的!中間業者大幅スキップ!

革新的!中間業者大幅スキップ 革新的!中間業者大幅スキップ

ご自身で車をオークションに出品できます!

  • 2全国6000社のバイヤー数

    全国6000社のバイヤー数何を売る時でも競れば競るほど値段は上がります! 全国6000社のバイヤー数何を売る時でも競れば競るほど値段は上がります!

    何を売る時でも競れば競るほど値段は上がります!これがオークションの魅力です!

  • 3NO!対面営業! NO!買い叩き!

    NO!対面営業! NO!買い叩き!セルカで競るのは値段のみ営業電話は一切ありません NO!対面営業! NO!買い叩き!セルカで競るのは値段のみ営業電話は一切ありません

    セルカで競るのは値段のみ!営業電話は一切ありません!

  • 4安心の査定力

    安心の査定力 セルカでは提携店、認定査定士を数多く有しているので、バイヤーが安心して入札できます 安心の査定力 セルカでは提携店、認定査定士を数多く有しているので、バイヤーが安心して入札できます

    セルカでは提携店、認定査定士を数多く有しているので、バイヤーが安心して入札できます。

  • 5楽チン手続き!

    楽チン手続き 面倒な手続きは一切不要。SellCa上で査定の依頼から売却の手続きまで、すべて完了します。 楽チン手続き 面倒な手続きは一切不要。SellCa上で査定の依頼から売却の手続きまで、すべて完了します。

    セルカがお車の書類、代金の支払いなど全ての手続きを代行!安心してお取引き頂けます。