【注目】フリードの高額売却ランキング

2020年2月20日

 

ホンダフリードは、2008年から製造販売されているコンパクトミニバン。5ナンバーサイズに収まるミニバンが数多くある中でも珍しい、3列シートを備えていながら、全長が4500mmを下回っているところがポイント。


全長が短く、ガラスエリアが広いため、運転がしやすく、取り回しが良いといった特徴を持っています。本当に「サイコーにちょうどいいHonda」のミニバンがフリードです。

 

No.1 2019年式 G・ホンダセンシング

2019年式 G・ホンダセンシング売却実績詳細はこちら

Honda SENSINGは安定の高評価

ホンダフリードランキング第1位は、G・Honda SENSING(2019年式)です。2代目フリードのベーシックグレードの「G」に、Honda SENSINGが装着されたモデルがランキングトップを飾りました。

コンパクトなボディに広いスペースを持つフリードのベースモデル「G」は、必要にして十分な装備を備えているため不足はありません。
また、2019年モデルであることから、先進予防安全システムである「Honda SENSING」が装着されています。

ボディカラーは落ち着きと威厳のあるブラック、走行距離は11,558kmと登録から短い期間で多くの距離を走っていますが、修復歴はありません。

装着されているオプション装備は、社外カロッツェリアナビテレビ、バックモニター、両側電動スライドドアなど快適性を高める装備が装着されています。

多彩なシートアレンジを持つフリードは、リアシートを倒せば車中泊も十分にできる広大なスペースを作り出すことができます。使い方次第では、日本全国クルマでの旅に出かけられるほどです。

 

新しいことはアドバンテージ

ランキング第1位になった2019年モデルのフリードは、新車に近い状態であるにも関わらず、何かしらの理由で手放すことになってしまった可能性が高い車両。
買取において最新のモデルは、「現行型」という大きなアドバンテージとなるため有利になります。
マイナーチェンジやフルモデルチェンジが行われると買取価格が下がってしまう可能性があるため「そろそろかなぁ」といった時期になったら早めに行動を起こすと良いでしょう。

基本となるグレードはベーシックでも、年式が新しく、先進安全予防性能などの先進機能が搭載されている車両は高く評価されるということが、ランキング第1位のフリードからわかります。

 

No.2 2016年式 G エアロ

2016年式 G エアロ売却実績詳細はこちら

熟成した初代フリード

ホンダフリードランキング第2位は、Gエアロ(2016年式)です。初代フリードのモデル末期にあたる2016年式は、マイナーチェンジや改良を重ねたことにより、シャシーやメカニズムが熟成した初代フリードの完成形ともいえる状態。
走り、快適性、使い勝手などのトータルバランスがとれたフリードが見事ランキング第2位を獲得しました。

グレードはG・エアロで、グレード名にもあるようにエアロパーツが装着されスポーティーなエクステリアになっています。さらに、15インチアルミホイールなどスポーティーな印象を高めるパーツやイモビライザー、テレスコピックステアリング、照明付ドリンクホルダー(運転席/助手席)、エアロフォルム・バンパー、カラードサイドシルガーニッシュ、カラードテールゲートスポイラー、クローム調ヘッドライトサブリフレクター、クロームメッキリアライセンスガーニッシュ、15インチアルミホイールなど装備が充実。オプションは、純正ナビテレビ、バックモニター、社外リアモニター、両側パワースライドドア、コンフォートビューパッケージなどが取り付けられ、快適性を高めています。

 

フリードG・エアロが教えてくれること

ボディカラーは不動の人気カラーパール、走行距離は37,742kmで年式相応の距離、修復歴はありません。

ランキング第2位になった理由としては、人気のカラー、スポーティーな純正パーツ、オプションの快適装備が装着されているため、高い金額になったといえるでしょう。
コンパクトカーでも、ミニバンでも、スポーティーな装備や快適装備は売るときに有利であることがフリードランキングから分析することができます。

 

 

No.3 2014年式 G ジャストセレクション

2014年式 ジャストセレクション売却実績詳細はこちら

モデル末期ならではのおいしさ

ホンダフリードランキング第3位は、Gジャストセレクション(2014年式)です。初代フリードのモデル末期がまたもランクイン。
モデル末期は新型を控えていることから、買うことを躊躇うこともあるかもしれません。

しかし、改良を繰り返したシャシー、細かなユーティリティの向上を行ったことで、トータルバランスがアップし完成形となっているのはモデル末期なのです。
成熟した完成形であるにも関わらず、新型が控えていることで値引きして購入することができる場合が多く、メカニズム面でも金額面でもお得なのです。

フリードGジャストセレクションは、ベーシックなGグレードの装備に加え、ディスチャージヘッドライト(ハイ/ロービーム、オートライト機構付)、スライドドアイージークローザー(リア両側)、パワースライドドア(リア左側)、フルオートエアコン、シートバックポケット(助手席)、コンビニフック、運転席用/助手席用バニティミラー付サンバイザー、ドアミラーウインカー、マイクロアンテナなどが追加で装備されています。

 

高額買取の意外な共通点

ランキング第3位になったフリードのボディカラーは落ち着きのあるブラック、走行距離は40,306kmで年式からすると短めの距離、修復歴はありません。
さらに、ナビ装着用スペシャルパッケージ、2列目外側アームレスト、Hondaスマートキーシステム、イモビライザーも装着され快適性が高い装備がプラスされています。

ミニバンは快適性や居住空間の居心地の良さも重要ポイント。ランキング上位になっているフリードを見てみると、快適な居住空間を持っていることが共通点といえるでしょう。

 

 

 

 

セルカで高額売却できる理由

 

1革新的!中間業者大幅スキップ!

革新的!中間業者大幅スキップ 革新的!中間業者大幅スキップ

ご自身で車をオークションに出品できます!

  • 2全国6000社のバイヤー数

    全国6000社のバイヤー数何を売る時でも競れば競るほど値段は上がります! 全国6000社のバイヤー数何を売る時でも競れば競るほど値段は上がります!

    何を売る時でも競れば競るほど値段は上がります!これがオークションの魅力です!

  • 3NO!対面営業! NO!買い叩き!

    NO!対面営業! NO!買い叩き!セルカで競るのは値段のみ営業電話は一切ありません NO!対面営業! NO!買い叩き!セルカで競るのは値段のみ営業電話は一切ありません

    セルカで競るのは値段のみ!営業電話は一切ありません!

  • 4安心の査定力

    安心の査定力 セルカでは提携店、認定査定士を数多く有しているので、バイヤーが安心して入札できます 安心の査定力 セルカでは提携店、認定査定士を数多く有しているので、バイヤーが安心して入札できます

    セルカでは提携店、認定査定士を数多く有しているので、バイヤーが安心して入札できます。

  • 5楽チン手続き!

    楽チン手続き 面倒な手続きは一切不要。SellCa上で査定の依頼から売却の手続きまで、すべて完了します。 楽チン手続き 面倒な手続きは一切不要。SellCa上で査定の依頼から売却の手続きまで、すべて完了します。

    セルカがお車の書類、代金の支払いなど全ての手続きを代行!安心してお取引き頂けます。