【注目】マークXの高額売却ランキング

2020年2月12日

 

マークXは、マークⅡの後継モデルとして登場したミドルサイズセダンです。

同モデルは、2019年12月で生産終了し、事実上トヨタ カムリに統合されました。マークⅡ登場が、1968年ですので、通算すると半世紀以上販売されていたモデルですね。

 

 

No.1 2016年式 250G Sパッケージ

2016年式 250G Sパッケージ売却実績詳細はこちら

第1位になったのは、250G Sパッケージモデルです。同モデルは、マークⅡ時代に販売されていたツアラーシリーズに近いグレードとなってます。
2500㏄V型6気筒エンジン搭載で、最高出力203psです。スポーツ性重視のFR駆動でもあります。

エクステリアでは、専用のエアロを装備し、ライト類にもスモーク塗装をあしらうことで、他グレードと差別化が図られたモデルですね。
250FR駆動シリーズで、最上位グレードの250G Sパッケージイエローラベルについで、2番目のグレードです(新車価格で)。

 

✔年式は2016年

2016年式ということは、一度目のマイナーチェンジ後のモデルで、且つ2度目のマイナーチェンジ直前のモデルとなってます(中期型)。
同モデルは、エクステリアのディテールが大幅に意匠変更され、ボディ合成も高められたアップデート後の車両ですね。

 

✔エクステリアカラーはパール

エクステリアカラーは、3コートホワイトパールクリスタルシャインです。
透明感のあるパールカラーですね。

 

✔走行距離は17,512km

走行距離が、同年式で17,512kmというのは非常に少ないのではないでしょうか?

 

✔ 250G Sパッケージ が高く売れた理由

250G Sパッケージというスポーツ志向のグレードである点に、マイナーチェンジ後(中期型)という部分、そして17,512kmという低走行が買取り価格第1位の大きな理由でしょう。

 

No.2 2013 年式 350S

2013年式 350S売却実績詳細はこちら

マークXの中でも350Sグレードは、3500ccと排気量の大きいモデルになります。
ラインアップは、ベースの350Sとプレミアムになります。

同モデルは、ベースモデルとなっていますね。当時のレクサスIS350と同じパワートレインが搭載されている点が最大の特徴です。

それ以外にも、より大きいクラスのクラウン・アスリートの制動パーツも採用され、マークXにゆとりの走行性能を与えています。

3500㏄V型6気筒エンジンを搭載し、318psの最高出力です。FR駆動モデルとなっています。

 

年式は2013

2012年に一度マイナーチェンジが行われていますので、第1位同様に中期型となります。

 

✔エクステリアカラーはパール

第1位同様に、エクステリアカラーは、3コートホワイトパールクリスタルシャインです。

 

走行距離は8,427km

同モデル最大の魅力であるのが、走行距離ではないでしょうか。8,427kmは、年式からしてもかなりの低走行でしょう。

 

その他高額買い取りの理由

バックモニター&サイドモニター・クリアランスミラー・アウターミラー・純正18インチアルミ・純正ドライブレコーダーが、最初から装備されている点は、加点となるのではないでしょうか。
また寒冷地仕様というのは、後からチョイスしづらい装備もあるので、必要な地域では好まれる装備ですね。

 

✔350Sが高く売れた理由

2012年式にしては、非常に低走行モデルである点が、第2位の最大の理由でしょう。第1位との価格差は、年式と、もしかすると3500ccという高排気量が理由かもしれませんね(ランニングコストやハイオク仕様などにより)

 

 

No.3 2014年式 250G Sパッケージ

2014年式 250G Sパッケージ売却実績詳細はこちら

買取り額第1位と同様のグレードですね。同モデルが、3位になった理由は何かをここでは検証してみたいと思います。
同グレードは、250FR駆動シリーズで、最上位グレードの250G SパッケージG’Sについで、2番目のグレードです(新車価格で)。

2500㏄V型6気筒エンジン搭載で、最高出力203psです。スポーツ性重視のFR駆動でもあります。

 

年式は2014年

2012年に一度目のマイナーチェンジをしていますので、第1位同様中期型ですね。

 

✔エクステリアカラーはワインレッド

エクステリアカラーは、ダークレッドマイカメタリックです。
ワインレッドのような色合いになっています。筆者の想像でありますが、このカラーがもしかしたら3位の理由の1つかもしれません。

 

走行距離は37,924km

走行距離は、年式にしては低走行ではないでしょうか。
登録から現在までの年間平均走行距離は、5,500kmほどとなっています。

 

その他高額買い取りの理由

バック&サイドモニター・パーキングセンサー・クルーズコントロールなどが装備されているのは、加点になるのではないでしょうか?
また社外ドライブレコーダーが装備されている点も、現在では必需品となっていますので加点となるでしょう。

 

✔250G Sが高く売れた理由

同モデルは、まずエクステリアカラーが、人気の黒、白系で無かった点と、走行距離が第1位、第2位と比べるとかなり多くなっていしまっている点が、第3位の理由ではないかと予想します。

 

No.4 2010 年式 250G Sパッケ-ジリラックスセレクション

2010年式 250G Sパッケージリラックスセレクション売却実績詳細はこちら

250G Sパッケージ リラックスセレクションは、250Sをベースモデルに、運転席・助手席パワーシートやブラック専用シート、ステアリングやシフトノブに専用革&木目などを採用した特別仕様車です。
さらに同モデルは、Sパッケージですので、エクステリアもスポーティーな仕様になっています。

当時の250シリーズの中で、最高グレード(新車価格で)のモデルであります。

2500㏄V型6気筒エンジン搭載で、最高出力203psです。スポーツ性重視のFR駆動でもあります。

 

✔年式は2010

マークXは、2009年から販売開始されていますので、初期のモデルであるといえますね。

 

✔エクステリアカラーはブラック

エクステリアカラーは、ソリッドブラックとなっています。

 

✔走行距離は63 ,469 km

走行距離は、年式にしては低走行ではないでしょうか。
登録から現在までの年間平均走行距離は、6,000㎞強です。

 

✔その他高額買取の理由

ドライブレコーダー TZ-D002が搭載されています。またdamd designのエアロがインストールされていていますので、人気の同エアロが、綺麗な状態で装着されていたのであれば、加点になるのではないでしょうか。

 

✔250G Sパッケージが高く売れた理由

同時の250シリーズで最高グレードである点と、年式の割りに低走行である点が、第4位の最大の理由ではないでしょうか。

 

 

マークX高額買取のコツはこちら

 

【一番高く売れる】トヨタ マークXの買取・査定相場、リセールバリューや高額売却のコツ

 

セルカで高額売却できる理由

 

1 革新的!中間業者大幅スキップ!

革新的!中間業者大幅スキップ 革新的!中間業者大幅スキップ

ご自身で車をオークションに出品できます!

  • 2 全国6000社のバイヤー数

    全国6000社のバイヤー数何を売る時でも競れば競るほど値段は上がります! 全国6000社のバイヤー数何を売る時でも競れば競るほど値段は上がります!

    何を売る時でも競れば競るほど値段は上がります!これがオークションの魅力です!

  • 3 NO!対面営業! NO!買い叩き!

    NO!対面営業! NO!買い叩き!セルカで競るのは値段のみ営業電話は一切ありません NO!対面営業! NO!買い叩き!セルカで競るのは値段のみ営業電話は一切ありません

    セルカで競るのは値段のみ!営業電話は一切ありません!

  • 4 安心の査定力

    安心の査定力 セルカでは提携店、認定査定士を数多く有しているので、バイヤーが安心して入札できます 安心の査定力 セルカでは提携店、認定査定士を数多く有しているので、バイヤーが安心して入札できます

    セルカでは提携店、認定査定士を数多く有しているので、バイヤーが安心して入札できます。

  • 5 楽チン手続き!

    楽チン手続き 面倒な手続きは一切不要。SellCa上で査定の依頼から売却の手続きまで、すべて完了します。 楽チン手続き 面倒な手続きは一切不要。SellCa上で査定の依頼から売却の手続きまで、すべて完了します。

    セルカがお車の書類、代金の支払いなど全ての手続きを代行!安心してお取引き頂けます。