2019年12月25日

 

車を売ろうかなと思った時、まず気になるのが「この車の相場は一体いくらくらいなのか?」ですよね。
車の相場を知ることは車を高額で買取ってもらうためにも必要な情報となります。

本日は車の相場を調べる方法について説明していきますね。

 

なんで車の買取相場を知る必要があるのか

 

車の相場は売却をする前に必ず知っておきたい情報です。
相場を知っていれば買取の営業マンが出した買取額が妥当なのか、まだまだ交渉余地があるのか、判断することができます。

相場を知らないと査定をした営業マンが初めに行った値段が全てだと思い、損をしてしまう可能性があります。
査定後に営業マンが提示する買取額は「交渉の余地」を残した金額である場合が多いので即決しないように気を付けましょう。
自分の車の買取相場を知っていれば、営業マンが駆け引きをしているかどうかも落ち着いて判断することができます。

大切な愛車を高く買い取ってもらうためにも、相場はしっかり調べてから交渉に臨みましょう。

 

 

どうやって車の買取相場を調べればいいのか

 

✔サイトでシミュレーションしてみる

 

大手買取店や自動車ディーラーのサイトなどでは車の車種と年式を入れるとだいたいの買取相場がでてくるシミュレーションフォームがあります。
これでざっくりの買取相場はわかるでしょう。

しかし、車の査定額は車のグレードや、修復歴、走行距離、オプション、色などにより大きく変わってきます。

安易にこの結果を愛車の買取相場と思い込むのは危険です。
車種によっては色が違うだけで何十万も査定額が異なる場合があります。

 

 

✔買取サイトから想像してみる

 

シミュレーションより手間はかかりますが、車の買取サイトに掲載されている買取実績から自分の車と同じ車種、グレード、色を探し、想像してみるのもありでしょう。

実際に買取られた車なので、より現実的な金額を知ることができます。
しかし、走行距離によって大きく前後するので、1年間で1万キロ以上走行している場合はマイナスになると考えてください。

さらに注意しないといけないのは、車の査定額は日々下がるということです。

同じ年式でもすでに買取られている車よりは、査定額は低くなることは必須ですので、シミュレーションと、実際の買取額を比べて想像をしてみてください。

 

✔査定を受けてみる

 

一番確実なのは実際に車の査定を受けてみることです。
しかし、一括査定に申し込んだり、車買取店に直接行ってみたりすると怒涛の営業攻撃にあってしまうかもしれません。

当然ですが「売らないけど金額だけ、、、」と伝えると、50万円~80万円みたいな本当にざっくりした金額しか教えてもらえない可能性があります。
ちょっとでも売る意志を伝えると営業マンに火をつけるので、塩梅がむずかしいところです。

ディーラーにお世話になっている方は点検のタイミングなんかで営業マンに査定をお願いしてみるのがいいでしょう。
普段からお世話になっている営業マンであればお客様に不利益な営業はしないはずなので、一括査定や買取店のように営業をゴリゴリしてくることもないはずです。

 

✔車買取オークションの相場を見てみる

車買取の営業マンが提示する買取額ではなく「本当の流通相場」を知るには車の買取オークションに出してみるのが一番です。

一括査定や、大手車買取店、自動車ディーラーが提示する査定額は流通の手数料が引かれた金額なので車そのものの価値ではないからです。

 

車の買取オークションでは、その車を最終的に買取りたいバイヤーが直接、車の値段をつけてくれるので車そのままの価値を知るとこができます。
相場を知りたいだで、オークションに出品するのは少し手間なので、公開している売却実績を見てみるのがおすすめです。

 

車買取オークションの売却実績一覧はこちら→

 

売約日も公開しているので一番近い日を探せばだいたい買取相場はわかります。
もちろん、こちらも日にちがたつと車の価値は下がることは念頭に入れておいてください。

特に特殊で流通台数が少なく、相場がない車(キャンピングカーや改造車など)は買取業者によって査定額に大きなバラつきがあるので全国のバイヤーが一斉に車を見てくれるオークションに出品しないと、相場を知ることは難しいでしょう。

まだ公開されていない実績もあるので、SellCaに連絡していただければオークションでより近い買取実績をご紹介することも可能です。