2018年6月14日

実は、ユーザー車(一般ユーザーからの買取車)を査定するのは、査定の資格を持ったプロだけでは有りません。特に、ディーラーや、一般的な中古車販売店、買取店では、そこまで詳しくない営業マンが査定をしたりします。

 

当然、中には資格を持っていないが、資格保有者並みに、中古車に関しての知識と経験を持ち、同じレベルで中古車を査定する事が出来る人もいれば、本当に、査定に関しては全く知識や経験がない人もいます。

 

ではなぜ、それで車を買い取る事ができるのでしょうか。 

 

 

 

新車を扱うディーラーの場合

 

基本的にお客様が持ち込む車も新車からワンオーナーの車が多く、整備もそのディーラーが請け負っているので、整備記録を確認する事である程度把握できます。

 

また、ワンオーナー車だからこその特権としては、「お客様が修理したことも事故したこともないです。」とさえ教えてくれれば、細かいとこを見ずに査定をし、買取価格を提示できるのです。

 

そうです。ワンオーナー車の特権です。意外と質問に対するオーナーの回答のみで判断することが多いです。

 

 

買取店の場合

 

中古車買取専門店の会社ですので、基本的には研修等を受ける機会も多いです。よって、査定の資格は持っていないですが、査定に関して詳しい人が多い、という表現が良いかと思います。

 

また、これは中古車買取専門店の場合、査定のプロが在籍しているか、あるいはグループ内に査定のプロがいるため、電話等で、質問や相談をしている場合もあります。

 

フランチャイズ等では、本部が査定金額を決めたり、事故車かどうかの判別の相談を乗ってくれたりと、意外と資格がなくても精度の高い査定が出来そうです。

 

 

上記より、細かい傷等はあまり査定には響かず、事故(修復歴の有り無し)が大きく響いてくるのが分かりますね。

 

とはいえ、査定前はあまり細かい傷とかを気にせず、わざわざお金をかけて修理する必要も在りません。

 

ありのままの状況を伝えてくださいね!

 

 

 

SellCaでは認定査定士が査定します!

SellCaは、数多くの業者と提携しているので、最大数千社からの入札があり、一回の出品で最高値がつきます!数多くの業者の見積もりを個々に取らなくても、SellCaなら査定も1度きり。面倒な営業電話等もありません。ぜひ一度SellCaへご相談ください!