【一番高く売れる】ポルシェ ケイマンの買取・査定相場、リセールバリューや高額売却のコツ

 

ケイマンの買取実績相場

 

現在の買取参考相場
¥2,451,300〜¥5,020,860
5年落ち以下
¥5,020,860〜¥5,020,860
7年落ち以下
¥3,346,580〜¥4,115,075
8年落ち以降
¥2,451,300〜¥3,351,960

 

 

ケイマンのグレード別買取実績相場

 

グレード 買取価格
1位 ¥2,451,300〜¥3,351,960

 

 

SellCaオークションでの高額買取実績

 

 

連絡・査定はセルカのみで
最大6000社があなたの車に値付け!

セルカにお申込みをいただくと、セルカと提携している全国6000社の車屋さんにあなたの愛車を見てもらえます。
お客様への連絡はセルカからのみなので、しつこい営業電話をいろんな業者から受けたり、何回も査定を受ける手間がありません。

書類手続きやローンの精算なども
セルカサポートがすべてフォロー!

お車のご売約後に発生する、書類の提出等の諸手続きもセルカのサポート部隊がすべてフォローいたします。
お引渡しからご入金まで、他の業者さんなどと連絡をとっていただく必要は一切ありません。

通常の車買取ではかかる
中間業者の手数料がかかりません!

一括査定などの買取業者はお車を買い取ったあと、車屋さんに再販します。このときにかかる費用や買取業者の利益分がが予め査定額から引かれています。
セルカでは間に入る業者を飛ばして、実際に「この車がほしい!」という方に直接車を買ってもらうことができるため、買取業者が得ていた利益や手数料をお客様に還元できます。

 

 

SellCaでご売却いただいたお客様の声

 

ケイマン / S
成約日:2019年11月
高値がつくとも思わず、オークションに出してみたところ、想像以上の高値がつき、大変満足しています。手続きもLINEからでき、レスポンスもはやく通常の中古車買取店へ売却するよりも手間なく進めることができました。

 

SellCaイチオシ!注目のポルシェ ケイマン高額買取実績紹介

 

お客様の声はこちら

 

ここでご紹介するのは、2012年式の2代目ケイマンの買取事例。走行距離は44,667km、グレードがスポーティーな「ケイマンS」、ボディカラーがキャララホワイトです。
内装や外装に大きなキズや汚れがなく、全体的に良い状態であるため、高額買取を期待できます。
加えて、社外ナビテレビ、バックモニター、コンフォートパッケージ、スポーツクロノパッケージ、スポーツステアリングホイル(パドルシフト付き)、ダイナミックコーナーリングライト(バイキセノン)、クルーズコントロール、シートヒーター(前席左右)、パークアシスト(リア)、ドライブレコーダー、ETCと人気オプションや快適・安全装備が充実しています。

 

 

ベーシックなケイマンよりも排気量が大きく、スポーティーで力強い機敏な走りが魅力のケイマンSは、ポルシェのブランドイメージそのものであるため、人気があるといえるでしょう。
また、スポーティーなケイマンSのイメージを引き立てるスポーツクロノパッケージやスポーツステアリングが装着されているのも高評価のポイント。
加えて、グレーの内装が高級感と上質感を際立てています。ポルシェの高級スポーツカーというイメージを具現化したケイマンSは、時間が経過しても評価が落ちにくいため、高額買取できるのです。

しかし、他社での買取見積額は260.0万円というイマイチな評価でした。そこで、セルカの買取システムを利用したところ、72.5万円アップの332.5万円まで価格がアップに成功。
ここまで価格アップできたのは、セルカがオークション制度を導入しているからです。セルカには、ケイマンSを求める声が多く、今回の車両の場合109件の入札があったため、買取価格の大幅アップを実現できました。これは、買取店を100件以上回って買取額の比較をするのと同じことです。
実際に買取店を100件以上回るのは難しいことですが、セルカなら買取店を100件以上回るのと同じことが自宅でできます。

 

 

 

ポルシェ ケイマンを高く買い取ってもらうコツ

 

ポルシェのミッドシップスポーツクーペ「ケイマン」

 

ポルシェ ケイマンは、オープンカーであるポルシェ ボクスターのクーペバージョンとして2005年に登場しました。デビュー以降、ポルシェのエントリースポーツモデルとして高い人気を誇るシリーズへ成長。ポルシェの代名詞でもある911と並んでポルシェのスポーツモデルを牽引しています。

ケイマンは、エンジンを車体中央寄りに配置するミッドシップレイアウトにより、優れた車両重量バランスを実現。
重たいパーツであるエンジンをホイールベース内に収めているため、ハンドリング性能やブレーキング性能が優れており、比較的軽量なスポーツクーペに仕上げられていることが特徴です。

 

ポルシェ ケイマン高額買取のコツ

 

ポルシェ ケイマンを高く買い取ってもらうためには、スポーツカーメーカーであるポルシェの2ドアスポーツカーの性能、質感の良いマテリアルが使われた室内空間、スポーティーなスタイリングを良い状態に維持しておくことがポイントです。

座席すぐ後ろにエンジンを搭載するミッドシップレイアウトの2ドアクーペケイマンは、優れた重量バランスのスポーツカーであると同時に、重心が低い水平対向エンジンによる安定した走行性能が魅力です。しかし、エンジン、サスペンション、ブレーキなどの走行性能に不具合があると価値が下がってしまいます。

ポルシェ ケイマンは、新車販売価格と比較すると値落ち幅が大きく感じますが、時間が経過しても数百万円の評価額になることが多いため、リセールバリューが高いモデルといえます。
そのため、少しでもリセールバリューを良くするために、走行を司るエンジン、トランスミッション、サスペンション、ブレーキなどの機械系のコンディションは、良好な状態にしておくことが大切です。

12ヶ月および24ヶ月の法定点検をはじめ、走行距離や使用状況に応じた消耗品・部品交換をして、ケイマンが持つ優れた走行性能を惜しみなく発揮できるようにしておくと、買取時に高い評価を得られるでしょう。
点検を確実に実施していた証拠として、法定点検をした際に発行される「点検整備記録簿(メンテナンスノート)」は失くさず保管しておいてください。
また、「保証書」や「取扱説明書」も大切に保管しておきましょう。買取時には、書類3点(点検整備記録簿・保証書・取扱説明書)が揃っているとプラス評価になります。

スポーツカーとしての評価とラグジュアリークーペとしての評価をされるポルシェ ケイマンは、内装や外装の状態をきれいにしておくと買取時の評価が良くなることがあります。

レザーシートやソフトパッドなど質感が高いマテリアルを使用していることが多いケイマンは、レザーやインテリアパネルの擦れや切れがあると買い取ってもらうときにマイナス評価になる可能性が高いです。よって、室内の清掃やレザー・ソフトパッドのメンテナンスをしておき、きれいな状態を維持しておきましょう。

外装は、ボディの傷やへこみがあると査定時に減点されてしまいます。しかし、車を走らせるときに受けてしまう飛び石や飛散物による被害を避けるのは難しいです。
飛び石や飛散物など通常使用による傷などは、買取時に大きなマイナス点になることはありません。
ただし、あまりにも傷やへこみが大きいと査定に影響します。大きな傷やへこみができてしまい、今後もしばらく乗り続けるのであれば修理をした方が良いです。
しかし、すぐに売却する予定がある場合は、修理をせずに買取査定を受けましょう。修理をしないとマイナス評価になりますが、修理にかけた費用とマイナス評価額を比較すると、マイナス評価額の方が少額で済むことが多いです。

飛び石などによる小さな傷や塗装の剥がれは、そのままにしておいても査定に大きな影響はありません。
ただし、ボディに飛び石の被害を受け、塗装が剥がれたり、ボディパネルが錆びてしまったりすると大きなマイナス点になります。よって、飛び石によって塗装が剥がれてしまった場合、タッチペンなどを使ってボディパネルが錆びないようにしておきましょう。

飛び石などによる小さな傷や塗装の剥がれは、運転中に気づかないことがあります。そのため、定期的に洗車をして、いち早く傷や塗装の剥がれを発見し、ボディパネルの被害が拡大しないようにしましょう。また、定期的に洗車をして、ワックスやコーティングを施してきれいな状態を維持しておくと、大切にしてきたことが伝わり、高い評価になることがあります。
少しでも高く買い取ってもらうために、定期的なメンテナンスを欠かさずにしておきましょう。

 

 

 

ポルシェ ケイマンの特徴

 

ポルシェ ケイマンの人気グレード

 

ポルシェ ケイマンの人気グレードは、スポーティーグレードの「ケイマンS」が人気です。
また、走行性能を極めた「GT4」やスポーツグレード「GTS」も高い人気を維持しています。トランスミッションは、ティプトロニックやPDKといったAT、またはMTが用意されています。

 

ポルシェ ケイマンの人気オプション

 

ポルシェ ケイマンの人気オプションは、スポーツクロノパッケージ、PASM、ポルシェエントリー&ドライブシステムです。
スポーツクロノパッケージは、ポルシェ定番の人気オプションで、スポーティーなドライビングを際立たせ、走行モードを「ノーマル」、「スポーツ」、「スポーツプラス」、「インディビジュアル」に切り替えることが可能。
ダッシュボードにはストップウォッチが装着され、スポーティーなインテリアを演出してくれます。

ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネジメント(PASM)は、車高が10mm低くなります。
また、ケイマンS初採用のPASMスポーツサスペンションでは、車高が20mm低い設定です。PASMは、電子制御のダンパーシステムで、走行安定性、快適性、パフォーマンスを高めます。

ポルシェエントリー&ドライブシステムは、いわゆるスマートキーで、鞄やポケットにキーをしまったままドアロックやエンジンスタートの操作ができます。小さなことですが、意外と便利な機能であるため、装着しておいて損がないでしょう。

 

ポルシェ ケイマンの人気ボディカラー

 

ポルシェ ケイマンの人気ボディカラーは、上品さが際立つホワイト系と高級感あるブラック系です。
どちらも、スタンダードカラー(メタリックなし)とメタリックカラーをラインナップしていますが、買取評価において、大幅な価格差がありません。
また、その他の人気ボディカラーとして、イエローやレッドなど、スポーツカーらしい存在感を際立たせる原色系ボディカラーの評価も高いです。一般的な大衆車や乗用車で低い評価になってしまうボディカラーでも、ポルシェのスポーツモデルであることから、買取評価において十分な価格が提示される傾向が見受けられます。

 

ポルシェ ケイマンの概要

 

ポルシェ ケイマンは、ポルシェのミッドシップオープンカーであるボクスターのクーペバージョンとして、2005年にデビューしたミッドシップスポーツクーペです。車種名は、爬虫類「ケイマン(Caiman)」が由来で、ポルシェのデザインやフォルムにぴったりの命名といえるでしょう。

エクステリアは、離れ目でフェンダーアーチが強調されたスタイリングにより、いかにもスポーツカーらしいプロポーションを描き出しています。
エンジンは、ホイールベース(前後車輪間)の中央よりも若干後ろ側に配置したミッドシップレイアウトを採用。駆動方式は後輪駆動としています。
ポルシェの代表モデル「911」に近いスタイリングであるものの、ミッドシップレイアウトにより、車両重量バランスが優れていることが特徴。
ポルシェ 911よりも潜在能力が高く、911のポジションを守るため、ケイマンの性能を落としたといわれています。

 

ポルシェ ケイマンの歴史

 

オープンモデルよりも高額な価格設定で登場した初代ケイマン(987C型)

 

ポルシェ 初代ケイマンは、2005年に販売を開始しました。ミッドシップオープンカーであるボクスターのクーペバージョンであることから、基本コンポーネンツをボクスターと共有しています。
最初にラインナップしたのは「ケイマンS」で3.4L水平対向6気筒エンジンを搭載しています。
翌年2006年には、エントリーグレードにあたる「ケイマン」が登場。ベースグレードになった「ケイマン」は、2.7Lの水平対向6気筒エンジンを搭載し、ケイマンSと差別化されています。
2009年にマイナーチェンジを行い、エントリーグレードのケイマンのエンジンを2.9Lへアップし、ケイマンSのエンジン排気量を若干アップして出力の向上を図りました。
2010年には、ケイマンの頂点に位置する「ケイマンR」がデビュー。エンジンは、ケイマンSと同じ3.4L水平対向6気筒エンジンですが、アルミ製のドアや軽量シートを採用するなど、徹底的な軽量化により、ケイマンSよりも55kg軽くなっていることが特徴。大人1人分に相当する軽量化により運動性能も向上しています。

 

運動性能に磨きをかけ、バリエーションを広げた2代目ケイマン(981C型)

 

2012年に2代目ケイマンがモーターショーで発表され、2013年から販売がスタートしました。ボクスターのクーペバージョンという立ち位置は変わらず、ボクスターのコンポーネンツを基本としてクーペ化しています。
エントリーグレードの「ケイマン」には、2.7L水平対向6気筒エンジンが搭載され、最高出力265PS、最大トルク280Nmを発生。先代よりも200ccのダウンサイジングしましたが、出力は10PSアップしています。

中間グレードの「ケイマンS」には、3.4L水平対向6気筒エンジンを搭載し、最高出力315PS、最大トルク360Nmを発生させます。出力は初代よりも5PSアップしました。
また、2代目ケイマンでは、スポーティーグレードの「GTS」、スパルタンなスポーツモデル「GT4」もラインナップしています。

 

2021

 

2016年にオープンモデルのボクスターとともに、「718シリーズ」に統合された3代目ケイマン。
ケイマン史上初となる水平対向4気筒ターボエンジンを搭載しています。

ベースグレードの「ケイマン」には、2.0L水平対向4気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力300PS、最大トルク380Nmを発生。スポーティーグレードの「ケイマンS」には、2.5L水平対向4気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力350PS、最大トルク420Nmを発生します。
2017年にはスポーツグレードの「GTS」を導入。ケイマンSと同様に2.5L水平対向4気筒ターボエンジンを搭載しています。
ただし、最高出力365PS、最大トルク430Nmにまで引き上げられていることが特徴です。

2019年には、運動性能を極めた「GT4」をリリース。718ケイマンで唯一、自然吸気エンジンを搭載しています。心臓部には4.0L水平対向6気筒エンジンが搭載され、最高出力420PS、最大トルク420Nmを発揮。自然吸気エンジンならではの豊かな吹け上がりと、ポルシェらしい水平対向6気筒エンジンのサウンドや鼓動を感じられる生粋のスポーツモデルです。

 

ポルシェ ケイマン買取相場の傾向

 

ポルシェ ケイマンの買取相場は、数百万円以上になることがほとんどです。
2005年にデビューした初代ケイマンであっても、内装・外装や機械系のコンディションが良好な状態に維持されていれば、一般的な乗用車のスポーティーモデル以上の買取額が提示されます。

もともとポルシェは、リセールバリューが高いことで知られていますが、ポルシェのコンパクトミッドシップスポーツカーであるケイマンも例外なくリセールバリューが高いポルシェのひとつです。

ケイマンの場合、年式が古く走行距離が伸びていても、十分な買取額が提示される傾向が見られます。そのため、メンテナンスや手入れをしておけば、高額買取を狙うことができるでしょう。

ポルシェ ケイマンの買取りの動向をグレード別に見てみると、スポーツ性能を極めた「GT4」やスポーツグレードにあたる「GTS」が高値で取引されています。
一方、ベーシックなグレードにあたる「ケイマン」やスポーティーグレードの「ケイマンS」は、額面だけを見るとスポーツモデルに及ばないものの、十分な買取額が提示されているため、残存価額が高いといえるでしょう。

一般的に中古車市場では、フルモデルチェンジによって新型車になると、前型の車の価値が大きく下がることが多くあります。
しかし、ケイマンの場合には、新しい型に変わったことの影響が大きくありません。
そのため、一般的な車のように、「フルモデルチェンジ前に売却しなければ、高額買取が難しい」というルールが当てはまりません。ケイマンは、リセールバリューが良いものの、時間の経過とともに価値が徐々に下がっていくことに変わりはないため、売却しようか考えている場合には、早めに買い取ってもらう方が良いでしょう。

スポーツカーメーカーのポルシェが作る2ドア2シータースポーツクーペのケイマンは、日本国内だけでなく、世界的に需要があります。
需要があるということは、高額買取を狙えるということですが、売却先を間違えてしまうと安く買い叩かれてしまうこともあるため注意が必要です。

一般的に、車を少しでも高値で売却するためには、より多くの買取業者に評価してもらい、買取額を比較して売却先を決めます。
しかし、買取業者に問い合わせたり、査定をしてもらったりするのは、時間と手間がかかるため非常に面倒です。

最小限の時間と手間で高額買取をしてもらいたいのであれば、新しい画期的な買取システムを導入しているセルカにお任せください。
セルカなら、中間業者を大幅にスキップできるため、中間手数料を大幅にカットできます。また、セルカにはポルシェのスポーツモデルであるケイマンを求めるバイヤーが多くいるため、より高値で売却することができるのです。あなたも新しい買取システムを導入しているセルカで、「手間をかけずに高額で買い取ってもらった」という売却体験をしてみませんか。

 

 

 

 

コラム編集部
SellCa車買取コラム編集部
中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

 

SellCaオークションのご利用の流れ

 

  • Step 1

    無料査定申込

    無料査定申込 あなたの愛車情報をご入力ください

    あなたの愛車情報を
    ご入力ください。

  • Step 2

    査定

    査定

    ご自宅で査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分程度です。
    ※エリアによってはお伺いできない場合もありますのでご相談ください。

  • Step 3

    オークションに出品

    オークションに出品

    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに
    出品します。
    全国最大6000社のバイヤーがオンライン入札!

  • Step 4

    売却

    売却

    オークションで最高額にご納得いただけたらバイヤーへ売却!愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。

 

 

 

 

 

 

ケイマンと同じボディタイプ別の買取実績相場

 

車種 買取価格
日産 180SX 51.7万円〜74.3万円
BMW 1シリーズ 78.6万円〜98.7万円
BMW 2シリーズ 141.8万円〜257.6万円
ポルシェ 356 344.3万円〜344.3万円
BMW 4シリーズ 229.9万円〜273.9万円
ポルシェ 718ケイマン 667.2万円〜667.2万円
トヨタ 86 78.6万円〜292.9万円
ポルシェ 911 186万円〜1451.6万円
アウディ A5スポーツバック 173万円〜210万円
スバル BRZ 164.7万円〜287.4万円
メルセデス・ベンツ CLAクラス 148.4万円〜148.4万円
メルセデス・ベンツ Cクラス 58.2万円〜462.5万円
メルセデス・ベンツ Eクラス 69.8万円〜471.7万円
日産 GT-R 550.3万円〜1267万円
レクサス LC 801万円〜1009.3万円
BMW M2 338.9万円〜506.7万円
BMW M3 190.6万円〜388.7万円
BMW M4 510.2万円〜768.1万円
BMW M6 98.5万円〜243.3万円
MINI MINI 164.6万円〜164.6万円
レクサス RC 282.3万円〜286.2万円
プジョー RCZ 156.7万円〜226.8万円
アウディ S5 168.9万円〜168.9万円
メルセデス・ベンツ SLK 35.3万円〜35.3万円
アウディ TTクーペ 9.8万円〜314.2万円
BMW Z4 51万円〜215.3万円
マツダ アンフィニRX-7 221.6万円〜221.6万円
スバル インプレッサ 63.3万円〜63.3万円
トヨタ カローラ 67.9万円〜67.9万円
トヨタ カローラレビン 159.5万円〜222万円
キャデラック キャデラックCTSクーペ 156.8万円〜156.8万円
フォルクスワーゲン ザ・ビートル 75.3万円〜177.5万円
シボレー シボレーカマロ 62.6万円〜474.2万円
シボレー シボレーコルベット 154.6万円〜808.6万円
日産 シルビア 47万円〜175.6万円
トヨタ スープラ 63.1万円〜520.6万円
日産 スカイライン 42万円〜685.4万円
トヨタ セリカ 10.3万円〜99.1万円
トヨタ ソアラ 50.8万円〜106.9万円
フォルクスワーゲン ニュービートル 8.6万円〜8.6万円
ポルシェ パナメーラ 601.1万円〜601.1万円
日産 フェアレディZ 9.3万円〜429.6万円
トヨタ プリウス 43.9万円〜43.9万円
ポルシェ ボクスター 209.1万円〜209.1万円
フォルクスワーゲン ポロ 10.7万円〜32万円
日産 レパード 81.4万円〜81.4万円

 

 

 

 

人気車種の買取実績相場