XC60の買取実績相場

現在の買取参考相場
¥197,019〜¥4,869,185
3年落ち以下
¥1,698,844〜¥4,869,185
5年落ち以下
¥759,881〜¥2,914,372
7年落ち以下
¥691,521〜¥2,436,454
8年落ち以降
¥197,019〜¥1,033,167

別グレードの買取参考相場

グレード 買取相場価格
T5 LE ¥245,408〜¥1,571,161
T5 ¥331,586〜¥1,907,211
T6 SE AWD ¥363,950〜¥1,138,554
T6 AWD ¥551,745〜¥2,259,962
T6 AWD SE ¥386,588〜¥2,754,206
T6 AWD Rデザイン ¥651,790〜¥7,101,576
D4 SE ¥852,599〜¥3,243,742
T5 AWD SE ¥1,111,286〜¥3,048,317
D4 クラシック ¥1,016,955〜¥3,771,532
T5 AWD クラシック ¥759,881〜¥4,016,363
D4 AWD モーメンタム ¥2,015,419〜¥6,057,476
D4 AWD Rデザイン ¥2,234,411〜¥6,258,647
D4 AWD インスクリプション ¥1,985,696〜¥7,189,622
T5 AWD モーメンタム ¥1,709,670〜¥5,095,775
T5 AWD インスクリプション ¥1,698,844〜¥6,400,511
T8 ツインエンジン AWD インスクリプション ¥3,291,604〜¥8,125,472
T5 Rデザイン ¥405,967〜¥3,006,708
T5 SE ¥197,019〜¥2,685,598

SellCaオークションでの高額買取実績

連絡・査定はセルカのみで
最大6000社があなたの車に値付け!

セルカにお申込みをいただくと、セルカと提携している全国6000社の車屋さんにあなたの愛車を見てもらえます。
お客様への連絡はセルカからのみなので、しつこい営業電話をいろんな業者から受けたり、何回も査定を受ける手間がありません。

書類手続きやローンの精算なども
セルカサポートがすべてフォロー!

お車のご売約後に発生する、書類の提出等の諸手続きもセルカのサポート部隊がすべてフォローいたします。
お引渡しからご入金まで、他の業者さんなどと連絡をとっていただく必要は一切ありません。

通常の車買取ではかかる
中間業者の手数料がかかりません!

一括査定などの買取業者はお車を買い取ったあと、車屋さんに再販します。このときにかかる費用や買取業者の利益分がが予め査定額から引かれています。
セルカでは間に入る業者を飛ばして、実際に「この車がほしい!」という方に直接車を買ってもらうことができるため、買取業者が得ていた利益や手数料をお客様に還元できます。

SellCaでご売却いただいたお客様の声

XC60 / T5 LE
成約日:2018年10月
買取専門店で120万円くらいと言われたのですが、もっと高く売りたいと思いオークションに挑戦することにしました。 オークション中は入札があるとメールが飛んでくるのですが、はじめはあまり入札がはいらず「大丈夫か!?」と思っていましたが、 終了間際にポンポン入ってきてどんどん高騰して大興奮でした。 買取店より20万円以上も高くなり大満足です。ありがとうございました。

ボルボ XC60を高く買い取ってもらうコツ

ボルボ XC60の人気グレード

ボルボ XC60は中古車市場でも数が少なく、新車価格はエントリーモデルでも600万円を超える価格設定になっています。
最上級グレードであるT8 ツインエンジン AWD インスクリプションに至っては944万円という価格なので、なかなか中古車として登場することはありません。
したがって、全体的にすべてのグレードで人気が高いという特徴があります。
その中でも特に、エントリーモデルであるT5 AWD モーメンタムは、一定の人気を誇り、中古車市場でも比較的数が存在します。

通常、エントリーモデルはそれほど人気がなく、中古車市場でも高値をつけることはありません。
しかし、XC60は少し事情が異なります。
少しお話したとおり、まだまだ中古車としての流通台数が多くないことも影響していますが、エントリーモデルでも高い機能性を持っているからです。
コンフォートシートやシートヒーターは、XC60の場合、全車標準装備となっており、オプションなしでも十分快適なドライブを楽しむことができます。
また、安全性能も高いため、わざわざ上級グレードを600万円以上のお金を出して買う必要性を感じない人も少なくないのです。

一方で、ほかのグレードがまったく人気がないわけではありません。
数は少ないものの、D4 AWD モーメンタムや、D4 AWD インスクリプションは高い人気があり、高いリセールバリューが期待できます。
ただし、年式が古すぎるなどの事情があると買取価格が大幅に下がってしまうので、一概にすべてのXC60が当てはまる話ではありません。

ボルボ XC60の人気カラー

ボルボ XC60のボディカラーのラインナップはグレードごとに少しずつ異なっています。
そのため、一概に何色が人気とは言えませんが、どのグレードも共通してブラック系、ホワイト系、シルバー系の3色は人気が高い傾向にあります。
この3色はほかの車でも「無難なボディカラー」とされており、XC60も例外ではありません。
全体的に落ち着いたカラーラインナップのXC60のボディカラーなので、あまりボディカラーで遊ぶといったことはできないと考えた方が良いでしょう。

この3色がほぼすべての車で例外なく人気の理由は、汚れや傷が目立ちにくいことが上げられます。
ブラックは傷が目立つものの汚れは比較的目立たず、逆にホワイトは傷が目立ちにくい代わりに砂埃などの汚れが目立つ特性があるのです。
シルバーはどちらも目立ちにくいため、車種を問わず人気のカラーでもあります。

ただしどのカラーも、まったく手入れをしなくてもいいわけではありません。
特に査定前は、きちんと洗車とワックスがけをしておきましょう。
車の外観が汚いと、査定でマイナス評価を受けることは珍しくありません。
メタリック系のカラーはワックスに要注意ですが、日頃からきちんと手入れをしておくことをおすすめします。

ボルボ XC60の人気オプション

ボルボ XC60のオプションは、すでに高いパフォーマンスを誇るXC60の性能をさらに向上させてくれます。
特に人気なのは、電子制御式の4輪エアサスペンションです。
通常、フロントはダブルウィッシュボーン式を、リアはマルチリンク式を採用しており、これだけでも充分に乗りやすさを感じることができます。
しかし、エアサスペンションにすることで、車体に伝わる振動をさらに緩和でき、より一層高い走行性能を発揮することができるのです。
メーカーオプションにつき、新車購入時のみ取り付け可能なので、希少価値は高めです。

このほか、リアシートのシートヒーターや電動パノラマガラス・サンルーフなど、XC60の使い勝手を向上させる機能がオプションとして人気があります。
ただでさえ新車価格が高額のXC60にこれらのオプションがついていれば、かなりの高額査定も期待できるでしょう。

ボルボ XC60の特徴

ボルボ XC60の概要

ボルボXC60は、スウェーデンの自動車メーカーボルボから2009年に登場したコンパクトなクロスオーバーSUVです。
初代は2.0Lや2.5L、3.0Lなど多様なエンジン構成でしたが2017年に登場した2代目からは2.0Lのみとなりました。
グレード構成は、ターボエンジンの「T5」、スーパーチャージャーターボの「T6」、プラグインハイブリッドの「T8」が主流です。
車体の大きさは、SUVのなかではコンパクトで運転しやすいサイズとなっています。
思い通りに操れるハンドリング性能とSUVとしての上質な乗り心地や積載性能に加え、魅力的なエクステリアデザインを兼ね備えています。

エンジンはターボ技術やハイブリッド技術を活用して実用十分な性能を確保しており、日常生活では不便はしないでしょう。
なかでもディーゼルエンジンが人気で燃費などランニングコストの低さと高い環境性能から広く支持されています。

高い安全性能を社是として成長してきたボルボのカラーが色濃く見られ、ドライバーのほか車外の人の安全も考慮された無数の先進安全性能パッケージが標準装備されるモデルでもあります。
ボルボXC60は、高い安全性能と魅力的なエクステリアデザインが特徴的なプレミアムコンパクトなSUVとしてボルボの人気を支えています。

ボルボ XC60の魅力

ボルボ XC60最大の魅力は、コンセプトでもあるミドルクラスSUVという点にあります。
高い走破性と実用性で世界中でブームになっているSUVの中でも、ミドルクラスは特に人気があります。
その中にあって、XC60は、日本での発売開始からわずか1年間で500台を売り上げたのです。
エントリークラスで600万円を超える車としては異例の販売台数です。
また、日本に先駆けて発売されたヨーロッパでも高い人気を獲得。
1年で6万台という記録的大ヒットをした1台でもあります。

ミドルクラスSUVということで、乗り心地は非常によく、リアシート周辺のスペースも広く確保されています。
荷室も大容量なので、どんなシーンでも活躍できる車でもあるのです。
また、リアシートは前方向に倒し切ることも可能で、これにより荷室を拡張してさらに大きなものを載せることもできます。
もともと背が高いため、窮屈さを感じることも、荷物の積み下ろしのやりにくさを感じることもまずないと言えるでしょう。

エンジンは2.0Lであるものの、パワーは十分。
ダブルウィッシュボーン式とマルチリンク式のサスペンションで、快適な乗り心地も提供しています。
オプションで4輪エアサスペンションに変更すれば、さらに快適になることま間違いなしの1台です。

ボルボ XC60 の歴史

ボルボXC60は2009年にデビューしたプレミアムコンパクトSUVです。
ボルボV70やXC70をベースに開発され、全身を手に取るように操れる絶妙なサイズ感と高級感のあるエクステリア、高い安全性能を特徴としています。

初代は、低速時であれば衝突を未然に防ぐことができる独自技術「シティ・セーフティ」を初めて搭載。危険を察知して自動的にブレーキが作動するほかエンジン出力を抑える仕組みが採用された画期的なシステムでした。そのほかフロント及びサイドから包み込むエアバッグは万が一の際に搭乗者を防御。ボルボの代名詞である「安全性」を具体的に体現する仕様で人気化に貢献しました。
それまでステーションワゴンやセダンが有名だったボルボでしたが、XC60の大ヒットでSUVメーカーとしても高い技術を持っていることが立証されました。

2015年にはディーゼルエンジンモデルを追加。
課題だった燃費性能の不安を払拭し、さらに人気が出ることとなります。

2017年には2代目にフルモデルチェンジ。
プレミアムコンパクトSUVにふさわしい高級感あふれるエクステリアに変更され人気は継続。
エンジンを2.0Lにダウンサイジングしたことでガソリン車でも燃費が向上します。
効率的にチューニングされたエンジンは実用十分な性能でパワフルさを失っていません。
高級かつハイパワーな他車からの乗り換えユーザーでも満足しうるハイパワーと燃費を両立できるハイブリッドモデルも用意されています。

価格帯は、初代の490万円~720万円クラスから600~900万円クラスへ高級化しましたがターゲットユーザーからの評価は好評で安全性能の進化にも定評があります。
16種類以上にも及ぶ先進的な安全運転支援技術「インテリセーフ」が標準装備されたXC60はドライバーを安心・満足させる機能でいっぱいです。
「ボルボ設計の原則~常に安全でなければならない~」という理念を忠実に守り続け世界をリードしてきたボルボの安全性能は注目に値するでしょう。

ボルボ XC60のライバル

ボルボ XC60が位置するミドルクラスSUVには、強力なライバルたちがひしめいています。
特に同じ輸入車ブランドであるBMWの X3 とメルセデス・ベンツの GLC はその筆頭と言えるでしょう。
またアウディの Q5 も、XC60の強力なライバルと目されています。

さまざまな面で差別化できるものの、もっとも大きな違いは走行性能にあります。
BMWやメルセデス・ベンツ、アウディも、高い走行性能で人気を博しているブランドではあるものの、SUVというジャンルに関してはXC60が群を抜いて高いと言えるでしょう。
ほかの車が走ることだけに特化しているとすれば、XC60は安定した走りが得意という位置づけです。
ただし、これは裏を返せばこれといった走りの特徴がないとも言えます。
SUVというジャンルである以上、走りの良さを求めるのは少し違うかもしれませんが、独特の走りを楽しみたいのであればXC60以外が選択肢に残るでしょう。

ただし、いずれの車も、SUVとしての機能は本物なのでXC60以外が「SUVとして劣っている」わけではありません。
どの車にも、それぞれのいい箇所があり、悪い箇所もあることを覚えておきましょう。

ボルボ XC60のハイブリッドモデル

環境性能を重視するボルボが、2020年4月に発表した「B5 AWD モーメンタム」および「B5 AWD インスクリプション」は、世界に衝撃を与えた1台と言えるでしょう。
ボルボ XC60でのラインナップが始まり、B5の名が冠されたそれが世界に登場したからです。
48Vという、日本の大型トラックの2倍に相当する電圧を要するものの、電動自動車を積極的に開発するボルボらしさが表現された1台に仕上がっています。

特筆すべきはその静粛性で、30~160km/hでなおかつ3000rpm以下でトルクが安定化した場合、それまで4気筒で動いていたエンジンが2気筒化するようにできているのです。
ストップアンドゴーの多い日本の公道で、それを体感するのは難しいものの、高速道路ではその静かさに圧倒されるドライバーも少なくありません。
変更された遮音材やエンジンの部品もその一端を担ってはいますが、やはり電気で動いていることが最大の要因と言えます。

また、ハイブリッドモデルであるため燃費性能は高く、ディーゼルエンジンのD4シリーズを凌ぐ低燃費化を実現しています。
カタログ数値では一般道で11.5km/L、高速巡行では14.7km/Lと車格のわりに高い燃費性能を誇っているのです。
一般道をメインで走るのであれば、D4よりもハイブリッドモデルのほうに軍配が上がります。
近い将来、ボルボは完全な電気自動車を開発すると予測されています。
XC60 B5はその先駆けとなりうるのでしょうか。
今後の展開に注目です。

ボルボ XC60買取相場の傾向

ボルボ XC60の買取相場の傾向として、初代と2代目で買取価格に大きな差があることが上げられます。
2017年に2代目が登場したXC60ですが、それ以前のモデルとは約2倍近い差が開いているのが現状です。
XC60には、輸入車専用の査定基準が適用されることで買取額が大幅に下落してしまうのですが、もうひとつ、XC60の買取額が一定しない原因があります。
それは、中古車市場に台数が少ないことです。

中古車市場に台数が少ないとなれば、当然早い者勝ちになるのですが、一方でそれを査定する側はXC60をよく知らないまま査定しているケースも少なくありません。
XC60特有の良さが理解されないままに査定されるために、正しく評価されていないのです。
当然、XC60の良さがわからないまま書面上の査定基準にだけ照らし合わされてしまうと、買取額は大幅に下がってしまいます。
輸入車の場合、年式×走行距離1万kmが一般的な減点方法なので、初代XC60の買取額が大幅に下落してしまうのです。
一方の2代目XC60は、発売開始から4年が経過しているとはいえ、現行モデルであり、走行距離も比較的浅いものが多いです。
そのため、初代ほどの値下がりはしないのが現実とも言えるでしょう。

もちろんグレードによっても、買取価格は大きく変わります。
2代目XC60で一番人気のD4 AWD モーメンタムであれば、最高で500万円近い価格をたたき出した実績もあります。
ほかのグレードも軒並み400万以上の買取価格が普通で、それを下回るケースはあまりありません。
しかし、初代XC60では、高くても250万円台が関の山。
あまりにも状態が悪いと100万円を大幅に下回ってしまうケースもあるのです。
新車価格から比較すると目も当てられない結果になってしまうこともありますが、日頃からしっかり手入れをしておけば、100万円を切ってしまうことはそうそうないでしょう。
洗車やワックスがけはもちろんのこと、車内の清掃もきちんとしておくことで評価は大きく変わります。
特にアウトドアでの活躍が多いXC60では、内装のきれいさは、査定に大きく影響します。
走行距離が浅く年式も新しいに越したことはありませんが、リセールバリューは決して低くないのでできる範囲でいい状態を維持できるようにしましょう。

では、XC60を高く売るにはどうしたらいいかですが、輸入車専門の中古車買取店に見積もりをもらうと効果的です。
しかし、身近にそういった店舗がない場合は、問い合わせだけで一苦労する場合もあります。
そんなときは、ぜひセルカの中古車オークションをご利用ください。
提携する全国6,000社があなたの車を見て買取額をオークション形式で決めていきます。
実際、2017年式のXC60 T5 AWD インスクリプションが、450万円で落札された事例もあります。
もちろん、輸入車専門の中古車買取業者も多数提携しているので、売り手が買取店を探す手間も省けるのです。
正しい価値判断をしてほしい、少しでも高くXC60を売りたい場合は、ぜひセルカにご一報ください。

コラム編集部
SellCa車買取コラム編集部
中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

SellCaオークションのご利用の流れ

  • Step 1
    無料査定申込
    無料査定申込 あなたの愛車情報をご入力ください
    あなたの愛車情報を
    ご入力ください。
  • Step 2
    査定
    査定
    ご自宅で査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分程度です。
    ※エリアによってはお伺いできない場合もありますのでご相談ください。
  • Step 3
    オークションに出品
    オークションに出品
    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに
    出品します。
    全国最大6000社のバイヤーがオンライン入札!
  • Step 4
    売却
    売却
    オークションで最高額にご納得いただけたらバイヤーへ売却!愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。

車買取に関するおすすめコラム

 

ボルボ車種別の買取参考相場

車種 買取価格
S60 ¥11,884〜¥5,054,551
XC60 ¥197,019〜¥8,125,472
XC90 ¥74,360〜¥8,439,815

XC60と同じボディタイプ別の買取参考相場

車種 買取価格
A4オールロードクワトロ ¥302,484〜¥5,270,549
CX-3 ¥462,247〜¥3,007,395
CX-5 ¥253,227〜¥4,400,972
CX-7 ¥195,083〜¥875,024
CX-8 ¥928,210〜¥5,484,630
FJクルーザー ¥357,600〜¥5,963,253
GLAクラス ¥547,698〜¥5,166,517
GLC ¥1,431,011〜¥9,780,351
GLE ¥784,249〜¥9,102,371
GLKクラス ¥401,404〜¥3,701,180
GLS ¥2,110,674〜¥10,515,105
GLクラス ¥56,970〜¥10,381,135
Gクラス ¥357,600〜¥21,753,598
LX ¥357,600〜¥20,944,869
Mクラス ¥357,600〜¥5,423,936
NX ¥1,106,699〜¥7,073,429
Q3 ¥309,364〜¥4,180,340
Q5 ¥375,761〜¥7,011,285
Q7 ¥99,789〜¥10,436,600
RAV4 ¥126,214〜¥5,380,527
RX ¥358,804〜¥10,046,467
SQ5 ¥1,157,790〜¥9,118,703
UX ¥1,421,401〜¥7,009,419
X1 ¥85,326〜¥5,301,990
X2 ¥969,607〜¥5,623,453
X3 ¥236,521〜¥8,282,966
X4 ¥1,086,038〜¥8,553,596
X5 ¥97,407〜¥10,633,935
X6 ¥608,722〜¥6,873,620
XC60 ¥197,019〜¥8,125,472
XC90 ¥74,360〜¥8,439,815
アウトランダー ¥54,651〜¥2,942,093
ヴァンガード ¥175,614〜¥1,951,915
ヴェゼル ¥420,809〜¥4,071,433
ウルス ¥357,600〜¥57,427,885
エクストレイル ¥357,600〜¥3,839,694
エクスプローラー ¥9,204〜¥7,050,712
エレメント ¥77,378〜¥2,118,644
カイエン ¥357,600〜¥22,107,012
キャデラックSRXクロスオーバー ¥491,152〜¥4,254,788
キャデラックエスカレード ¥357,600〜¥26,542,813
サファリ ¥298,014〜¥3,997,369
ジープ・コンパス ¥356,277〜¥4,807,501
ジープ・パトリオット ¥357,600〜¥2,178,881
ジープ・ラングラー ¥49,213〜¥7,702,866
ジープ・ラングラーアンリミテッド ¥357,600〜¥10,976,081
シボレータホ ¥357,600〜¥5,022,494
ジムニーシエラ ¥357,600〜¥4,440,027
ジューク ¥94,175〜¥2,843,000
スカイラインクロスオーバー ¥242,602〜¥2,703,000
タンドラ ¥357,600〜¥11,013,103
ティグアン ¥357,600〜¥18,277,076
ディスカバリースポーツ ¥1,136,611〜¥7,285,939
ディフェンダー ¥2,120,563〜¥6,628,096
デュアリス ¥104,483〜¥1,417,169
テラノ ¥343,569〜¥857,483
トゥアレグ ¥146,093〜¥5,826,011
トリビュート ¥91,721〜¥357,015
ハイラックスサーフ ¥51,492〜¥3,563,066
ハリアー ¥357,600〜¥4,294,915
ハリアーハイブリッド ¥314,523〜¥4,619,798
フォレスター ¥28,260〜¥4,476,131
マカン ¥1,582,016〜¥15,707,980
ムラーノ ¥63,090〜¥1,910,241
ラッシュ ¥103,208〜¥1,855,589
ランドクルーザー ¥357,600〜¥12,093,582
ランドクルーザー100 ¥357,600〜¥7,191,526
ランドクルーザー60 ¥357,600〜¥8,387,116
ランドクルーザー80 ¥217,014〜¥7,587,570
ランドクルーザープラド ¥357,600〜¥9,175,547
レンジローバーイヴォーク ¥600,437〜¥8,558,498
レンジローバースポーツ ¥696,092〜¥14,251,640