【一番高く売れる】アウディA5スポーツバックの買取・査定相場、リセールバリューや高額売却のコツ

 

 

 

 

 

SellCaオークションでの高額買取実績

 

 

 

アウディ A5スポーツバックは、2009年に登場した5ドアクーペです。

「美しさとスポーティな走りと実用性の融合」をテーマに開発され、若年層からミドル世代を中心に高い人気を誇っているモデルになります。

リアウィンドウ上部まで開くハッチバックスタイルを取り入れた4ドア+バックドア構造をもつスポーティクーペとなっており、クーペにありがちな不便さを軽減する工夫が凝らされています。

今回は、そんな一風変わったスポーティクーペ、アウディ A5スポーツバックの中古車買取相場と高く買取してもらうコツについてご紹介します。

 

【アウディ・A5スポーツバックの中古車買取情報】

 

アウディ・A5スポーツバックは中古車市場でも人気があり高値がついている車種です。

中古車買取オークションのセルカでも脅威の高額買取額でアウディ・A5スポーツバックを売却されている方がたくさんいらっしゃいます。

SellCaオークションでの高額買取実績

 

 

アウディ・A5スポーツバックの人気のグレード、色、オプションなど

 

グレード 

2.0TFSI2.0TFSIクワトロ スポーツ

 

アウディ A5スポーツバックの新車市場では、都市部ではFF仕様の2.0TFSI、地方では4WD仕様の2.0TFSIクワトロが人気です。

一方、アウディ A5スポーツバックの中古車市場でも同様の傾向ですが特にスポーティな仕様の2.0TFSIクワトロ スポーツが人気となっています。

 

オプション

S-Lineパッケージ、セーフティパッケージ、バーチャルコックピット、ダンピングコントロール付きスポーツサスペンション

 
 

アウディ A5スポーツバックのオプションでは、ハイチューンモデル「S」シリーズのような風貌に仕立て上げられる高級パッケージ「S-Lineパッケージ」が人気です。

ラグジュアリーなままで良いというオーナーには安全機能の詰まったセーフティパッケージ、目線を殆ど動かさずに地図情報などを確認できるようになるバーチャルコックピット、このほか見た目に影響の大きいLED関連オプションも人気が高くなっています。

 

アイビスホワイト(白:LY9C)、グレイシアホワイトメタリック(白:LS9R)、ミトスブラックメタリック(黒:LY9T

 

アウディ A5スポーツバックのカラーでは、メタリックペイントで高級感と輝きあふれるブラックカラーを中心に、綺麗目で清楚なアイビスホワイトにも人気が集まっています。

いわゆる「色物(いろもの)」でないカラーで、老若男女問わず好まれやすいカラーであることからリセールバリューが高くなっています。

これらのカラーである場合、他色と比較して買取査定額が5%程度上乗せされることが多くなっています。

 

あなたのアウディ・A5スポーツバックはいかがですか?

お車の走行距離や状況によっても価格が大きく異なりますのでまずは査定してもらいましょう!

 

査定依頼

 

では、ここでアウディ・A5スポーツバックを高く売るためにアウディ・A5スポーツバックのことをもうちょっと知っておきましょう。

 

【アウディ・A5スポーツバックの概要】

 

アウディ A5スポーツバックは、2009年に登場したです。

日本にも2010113日より正式に導入販売がなされるようになりました。

「美しさとスポーティな走りと実用性の融合」をテーマに開発されエクステリアは、4ドアクーペスタイルに大きく開くテールゲートが特徴的なハッチバッククーペとなっています。

リアウィンドウの上部両端を起点に大きく開くテールゲートは積載性に優れ、可倒式のリアシートを倒せばミニワゴンであるかのような広大なラゲッジルームへ早変わりします。

サイドからみたルックスが非常に美しく、フロントからリアにかけての曲線美が非常にクールです。

インテリアでは、しっかりとした広さが確保されたリアシートを搭載。

決して緊急用やお子様用などではなく、大人4人がしっかり乗れる利便性を備えています。

インストゥルメンタルパネルのレイアウトはベースであるアウディ A5とほぼ同じ機能的で洗練された仕様を踏襲しており使いやすくなっています。

エンジンは、特徴です。

足回りでは、5リンク式やトラペゾイダル式、ウィッシュボーン式へと変遷を辿ってきており乗り心地はモデルを経るごとに向上しています。

オプションには可変減衰力ダンパーのダンピングコントロール付きスポーツサスペンションが用意され乗り心地をさらに向上させることができました。

クーペスタイルのクールで美しいスタイリングに4ドア+大開口テールゲート+可倒式リアシートの利便性を組み合わせ、乗り心地もラグジュアリーという万能性を誇るのがアウディ A5スポーツバックです。

 

アウディ・A5スポーツバックの歴史

 

初代アウディ A5スポーツバック(型)は、20099月に本国ドイツでの販売がスタートすると翌年2010113日から日本国内でも販売が解禁されました。

エクステリアは、全長×全幅×全高で、4710mm1855mm1390mm、ホイールベースは2810mmで車重は1710kgほどでした。(2010年発売モデル「2.0TFSIクワトロ」グレード)

エンジンは、直列型4気筒2.0L(最高出力211ps)をラインナップ。

駆動方式は、当初は4WDのみ、サスペンションは前輪に5リンク式、後輪にはトラペゾイダル式を搭載していました。

前後輪ともにスタビライザーが装着されており、車体のロールを抑え高い走行安定性を誇る仕様となっています。

トランスミッションには、デュアルクラッチ式のSトロニックを搭載。

マニュアルミッションであるかのようなダイレクトなシフト感覚を味わうことができます。

エンジンにはアイドリングストップ機能とエネルギー回生システムが組み込まれており、優れた燃費性能も兼ね備えたモデルでした。

つづく2代目アウディ A5スポーツバックは、20174月に日本国内へ導入されました。

4WD仕様だけだった駆動方式にFF仕様が加わったほか、燃費性能が4WD仕様でも20%以上向上しているなど大幅な進化となりました。

エクステリアは、全長×全幅×全高で、4750mm1845mm1390mm、ホイールベースは2825mmで車重は1530kgほどでした。(2017年発売モデル「2.0TFSIスポーツ」グレード)

エンジンは、直列型4気筒2.0L(最高出力190ps~252ps)へとパワーアップ。

駆動方式はFF4WDとなり、サスペンションは前後輪ともにウィッシュボーン式、ブレーキは前後輪ともベンチレーテッドディスク式へと変更になっています。

安全性能の強化も図られ、歩行者検知機能付き自動ブレーキ「アウディ プレセンスシティ」を標準搭載するようになりました。

このようにフルモデルチェンジやマイナーチェンジで大幅な機能強化や魅力的なデザインがなされると中古車査定相場に大きな影響が出ることがあります。

お車の売却を検討されているかたは、お早めに一度ご相談されるとよいでしょう。

 


査定依頼

 

SellCa車買取コラム編集部
中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

 

SellCaオークションのご利用の流れ

 

  • Step1

    無料査定申込

    無料査定申込 あなたの愛車情報をご入力ください

    あなたの愛車情報を
    ご入力ください。

  • Step2

    査定

    査定 お近くのセルカ提携店にて 査定を受けましょう。査定のお時間は約30分です

    ご指摘の場所への出張査定か
    セルカ提携店にて
    査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分です。

  • Step3

    オークションに出品

    オークションに出品

    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに
    出品します。
    全国最大6000社のバイヤーがオンライン入札!

  • Step4

    売却

    売却

    オークションで最高額にご納得いただけたらバイヤーへ売却!愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。