【一番高く売れる】シボレー コルベットの買取・査定相場、リセールバリューや高額売却のコツ

コルベットの買取実績相場

 

現在の買取参考相場
¥1,546,467〜¥8,085,640
5年落ち以下
¥7,029,040〜¥8,085,640
8年落ち以降
¥1,546,467〜¥1,546,467

コルベットのグレード別買取実績相場

 

グレード 買取価格
1位 Z51 2LT ¥7,029,040〜¥8,085,640

SellCaオークションでの高額買取実績

 

連絡・査定はセルカのみで
最大6000社があなたの車に値付け!

セルカにお申込みをいただくと、セルカと提携している全国6000社の車屋さんにあなたの愛車を見てもらえます。
お客様への連絡はセルカからのみなので、しつこい営業電話をいろんな業者から受けたり、何回も査定を受ける手間がありません。

書類手続きやローンの精算なども
セルカサポートがすべてフォロー!

お車のご売約後に発生する、書類の提出等の諸手続きもセルカのサポート部隊がすべてフォローいたします。
お引渡しからご入金まで、他の業者さんなどと連絡をとっていただく必要は一切ありません。

通常の車買取ではかかる
中間業者の手数料がかかりません!

一括査定などの買取業者はお車を買い取ったあと、車屋さんに再販します。このときにかかる費用や買取業者の利益分がが予め査定額から引かれています。
セルカでは間に入る業者を飛ばして、実際に「この車がほしい!」という方に直接車を買ってもらうことができるため、買取業者が得ていた利益や手数料をお客様に還元できます。

 

 

シボレー コルベットを高く買い取ってもらうコツ

シボレー コルベットの人気グレード

シボレー コルベットは新車では高性能グレードであるZ06が人気です。 中古車市場では、ZR06のほか同じく高性能モデルのZR1に高い需要があります。次点にはエンジンは標準スペックながら外装や足回りが強化されている「グランスポーツ」、最後にZ51とつづきます。 トランスミッションはマニュアル車が人気で買取査定額は高くなりがちです。

いずれの世代も高い運動性能を秘めたハイパフォーマンスモデルの人気が高いといえるでしょう。また、初代のC1や2代目のC2など1980年代までのモデルは、クラシックカーとしての価値が評価され、高値で買取されている傾向がみられるため、グレードが買取に影響することがほとんどありません。ただし、車両の状態が買取に大きな影響を及ぼすことから、年式が古いコルベットは、外装や内装に傷みがないよう大切に保管しておくことをおすすめします。もしも、外装や内装に傷や傷みがある場合でも、車そのものの存在に価値があることが多いため、多少の不具合がある状態であっても買取価格が提示されるでしょう。

コルベットは、5代目にあたるC5から限定車を積極的にリリースしています。特別な装備が豊富な台数限定車もあることから、限定車は高値になる可能性が高いです。例えば、6代目C6に設定された「Z06カーボンリミテッドエディション」、7代目C7に設定されたウェブ限定で注文ができるスペシャルモデル「Z51 3LT RS‐Y(イエロー)」、「Z51 3LT RS‐R(レッド)」、「Z51 3LT RS‐G(グレー)」、「Z06 RS‐Y(イエロー)」、「Z06 RS‐R(レッド)」、「Z06 RS‐G(グレー)」などは、希少なモデルであると評価される可能性が高いため、高額買取になるケースもあるでしょう。

シボレー コルベットの人気オプション

シボレー コルベットのオプションでは、専用ブレーキシステムや高機能ショックアブソーバーなどで足回りが強化される「パフォーマンスパッケージ」が人気です。 ほかにも、標準仕様より多段階なトランスミッションシステムや特殊素材を用いて独自性あるエクステリアにカスタムできるカーボンパッケージにも人気があります。

シボレー コルベットの人気カラー

シボレー コルベットのボディカラーは、「ホワイト」、「ブラック」、「レッド」の人気が高く、次いで「イエロー」、「オレンジ」、「グレー」、「シルバー」などのカラーが続きます。 アメリカンマッスルスポーツカーであるコルベットは、世代を重ねるたびにインテリアの質感を高めている傾向があるため、新しい世代ほど高級感を際立たせる「ホワイト」や「ブラック」の人気が高くなっているといえるでしょう。 「レッド」や「イエロー」などスポーツカーらしさを主張できるカラーも一定の人気があることから、塗装の状態がきれいに保たれていれば、高値で買取されます。

クラシックカーの部類になる1980年代までのコルベットは、ボディカラーが買取に影響することがほとんどありません。 クラシックカーの場合には、ボディのサビや塗装の褪せ・剥げがあると評価が下がってしまう可能性があるため、保管状態に注意しましょう。

シボレー コルベットを高く売るポイント

シボレー コルベットを高く売るためには、外装や内装の状態をきれいにしておくことが重要です。 定期的に洗車をして、ワックスやコーティングを施し、汚れやシミが残らないようにしておきましょう。 内装は、傷や汚れがあると買取時にマイナス評価になってしまう可能性があります。 特に、レザーシートの場合には、レザーの割れ、レザーのカラーによっては色移りなどに注意が必要です。レザーシートは査定でもプラス評価になるポイントであることから、定期的に清掃をして、必要に応じてレザーのメンテナンスをしておくと高く売ることができるでしょう。 正規輸入されたコルベットの場合は、整備手帳(点検整備記録簿)や取扱説明書などの書類が揃っていると査定時の評価が高くなります。書類関連は大切に保管しておきましょう。

シボレー コルベットの特徴

シボレー コルベットの概要

シボレー コルベットは、アメリカの自動車メーカーであるゼネラルモーターズによって1954年に販売が開始されたピュアアメリカンスポーツカーです。 特徴は、アメリカ車ならではの大排気量エンジンとスペック追及にあります。 モデルを経るごとに性能拡大が図られたエンジンは直線では驚異のラップタイムをたたき出します。 一貫してこだわり続けるロングノーズスタイルのボディも特徴で、軽量素材など特殊素材の導入や車重配分を50:50に近似化してきた歴史を持ちます。

シボレー コルベットはスペシャリティカーとしては珍しいロングセラーなモデルでもあります。 その要因には、発売当初からスペシャリティカーでありながら乗用車としても扱えるノーマル仕様とスポーツ性能を追求したハイチューン仕様を兼ね備えてきた多面性があげられます。 アメリカ車の醍醐味として、余裕を感じられる大排気量エンジンで優雅にゆったりロングドライブする愉しみがあります。

他方、純粋にスポーツ性能を求めるユーザー向けにはハイチューンエンジンを提供。 専用サスペンションやブレーキシステムといった操舵性、反応性を高める造りで曲線でも速く走れる正真正銘のスポーツカーを売り出してもいます。 優雅に上品にツーリングするアメリカンなラグジュアリーカーを基本としながら、フェラーリやポルシェに対抗した本格スポーツ仕様も存在するリーズナブルな車、それがシボレー コルベットの特徴です。

シボレー コルベットの歴史

シボレー コルベットは、1953年にコンセプトカーが世界初公開され翌年に販売がスタートしました。 シボレー コルベットは、当時のヨーロッパのスペシャリティカーに負けじと開発されたシボレー初の2シーターレイアウトのオープンカーでした。 そんな初代C1型前期モデルは、大衆車として初めてFRPボディパネルを搭載し抜群のルックスで登場することになります。 販売開始翌年には専用にチューニングした4,343ccV8エンジンをオプションで用意。 1956年には正式にラインナップに追加されるようになりエンジン性能の不満を一蹴するかたちとなりました。 あわせて3速マニュアルミッションも搭載され市場の悪評を覆すと、その後参戦した各種レースで好成績を連発。 車体設計の優良さを名実ともに世間に知らしめたのでした。 1963年には、レーサーモデルをデザインベースとしたC2型へモデルチェンジを果たします。 ただ内面ボディの設計はゼロから新たに開発されオープンカータイプのみだったラインナップにクーペタイプが追加されました。 エクステリアはC5型までつづく伝統のリトラクタブル・ヘッドライトが印象的なスタイルへと大きく変貌します。 1967年には、GTレースに出場するための要件をクリアするために製造された限定20台のL88型エンジン搭載モデルが存在しました。 実馬力500hp以上とも言われた名車で、実際にレースで使用される高品質なガソリン燃料でないと稼働しないという驚異の仕様でも話題となりました。 1968年には3代目C3型へ進化します。 曲線美で彩られた流麗なフォルムと大排気量化が進む強力エンジンが特徴のモデルでした。 1984年から本格的に販売がスタートした4代目C4型では、新規に設計が組まれ車重バランスの調整(49:51)や各種パーツの軽量化が意識された作りとなりました。

C4コルベットは日本でも販売され、クーペとコンバーチブルの2タイプが導入されました。日本に導入されたC4コルベットは最終的にV型8気筒5.7Lエンジンを搭載し、300ps/47.0kgmのパフォーマンスを発揮。左ハンドルのみの設定でした。

1997年になるとリトラクタブル・ヘッドライトを搭載した最後のモデル5代目C5型へ進化します。 車両設計を見直して車重バランスを50:50に近似化したほかホイールベースを短くすることで曲がっても速いコルベットを実現。

ボディは、フルレングスペリメーターフレームに、グラスファイバー製のボディパネルを採用し、アルミブロックのエンジンにしたことで軽量化を実現しています。V型8気筒5.7Lの大排気量エンジンは、最高出力350ps、最大トルク48.8kgmを発生。軽量化されたボディと相まってスポーツカーらしい走りを身に付けています。ラインナップは、2ドアの「ベーシックグレード」、オープンモデルの「コンバーチブル」、高性能モデルの「Z51」を基本に、50周年記念モデルなどが設定されました。

2005年には吊り目のフロントライトが特徴的な6代目C6型へモデルチェンジが行われます。 高性能モデル「Z06」グレードが用意され、迫力あるサウンドを奏でる7Lエンジンは最高出力511馬力に到達。 さらなる高性能モデルとして台数限定で「ZR1」も発売されます。 6.2Lエンジンにスーパーチャージャー機能を搭載したハイスペックマシンで最高出力は647馬力とケタ違いの性能を誇りました。

さらに、C6コルベットでは空力性能が向上しCd値0.28を実現。ボディは、前後オーバーハングの短縮などをしたことで、C5コルベットよりも全長-100mm、全幅-10mm、全高-20mmとしています。トランスミッションは、新開発となるハイドラマチック4速ATとクーペモデルにトレメック製6速MTを設定。サスペンションは、上下不等長アームのダブルウィッシュボーンに横置きリーフスプリングを組み合わせた独立懸架方式としながら、「マグネティックセレクティブライドコントロール」を採用しています。マグネティックセレクティブライドコントロールは、ダンパーに磁性流体を使用したリアルタイムダンピングシステム(連続可変減衰力調整システム)で、路面の状況を検知して乗り心地と最適なコントロール性を確保するシステムです。セッティングは、ツーリングとスポーツの2種類から選択できます。ラインナップは、クーペ、コンバーチブルを基本に、高性能モデルのZ06、ハイパフォーマンスモデルのZR1などが導入されました。

2014年には7代目C7型が誕生します。 フレームワークとエンジンが新規設計され、カーボン素材を用いた車両で重量増加を抑制してあります。 新型エンジンは6.2Lで450馬力と標準グレードでも十分に強力でした。 特別グレードには466馬力まで強化されスポーツ性能を高めた「Z51」、スーパーチャージャー付エンジンで最大650馬力を発揮する「Z06」がラインナップ。 2018年には、さらなるハイチューンモデル「ZR1」が登場し、最高出力766ps、最大トルク96.8kgf・mという驚愕のスペックが話題となりました。

モータースポーツの現場からフィードバックされた技術を投入した7代目C7コルベットは、クーペ、コンバーチブル、Z06、ZR1を基本に、特別仕様車や台数限定車をリリースしています。

2019年4月11日には、ニューヨークのタイムズスクエア付近7番街にて8代目C8コルベットのプロトタイプが公開されました。

2020年、8代目となるC8が日本に導入されました。コルベット史上初となるミッドシップレイアウトを採用したことが最大のトピックです。エンジンは、V型8気筒6.2Lで最高出力502ps、最大トルク637Nmを発生させます。組み合わされるトランスミッションは、シボレー初となる8速のでゅあるクラッチトランスミッションです。ラインナップは、クーペの「2LT」と「3LT」、コンバーチブルを用意しています。

あくなき向上心でハイパワーさとアメリカンなエレガントさを追求し続けるシボレー コルベット。 アメリカ国外でも世界的な人気を誇る車種であることからモデルチェンジ情報など中古車市場価格に影響する最新ニュースからは今後も目が離せません。

シボレー コルベット買取相場の傾向

シボレー コルベットの買取相場は、数十万円から数千万円という幅広い買取価格帯で推移しています。これほど買取相場に幅があるのは、世代や車両の状態が影響しているからです。

世代別の買取相場を見てみると、初代C1コルベットから1980年代のC3コルベットまでは、クラシックカーとしての価値が高い状態となっています。C1コルベットからC3コルベットは、車両のコンディションによりますが、1,000万円前後で買取されているケースが多く見受けられます。

4代目C4コルベットは、外装や内装の状態がきれいに維持されていれば、数百万円で買取される可能性もあるでしょう。しかし、走行距離が伸びていたり、外装や内装のコンディションが良くない場合には数十万円で買い取られているケースも見られます。5代目C5コルベットは、4代目C4コルベットと同様に外装や内装の状態、走行距離によって買取額が変動しているといえるでしょう。C5コルベットの買取相場は、数十万円から数百万円の価格帯が目安となります。

6代目C6コルベットは、乗り心地を司るサスペンションに「マグネティックセレクティブライドコントロール」を採用していたり、新しいトランスミッションを組み合わせたりしたことで、スポーツカーらしい走りを実現していることからも人気があります。そのため、買取相場は数百万円から1,000万円前後です。また、カスタマイズされた車両も流通し、優れた走行性能を発揮するカスタムカーは高値になる傾向が見られます。

7代目C7コルベットは、FRレイアウト最後のコルベットであることや内装の質感が高いことが特徴です。ラグジュアリーなエッセンスが加わったことで、買取相場も高値を維持しています。おおよその相場は500万円前後から1,000万円前後です。

8代目C8コルベットは、2021年時点で現行モデルであることや経過年数が短いことから、高い買取価格帯で推移しています。おおよその買取相場は現時点(2021年7月時点)で1,000万円以上です。今後、流通台数の変化やグレード体型の変更、マイナーチェンジなどにより買取相場が変動する可能性があるといえます。

1950年代から続くコルベットは、外装や内装の状態がきれいに保たれていると高値で買取されることがほとんどです。そのため、定期的に清掃や洗車などのメンテナンスを欠かさずに行い、適宜点検や整備をして良好なコンディションを維持しておくことが高値で買取されるためのポイントといえるでしょう。

そして、アメリカンスポーツカーであるシボレーコルベットを相場よりも高い価格で売却したいのであれば、価格を競り上げていくオークション制度を導入し、多くのバイヤーを抱えるセルカにお任せください。セルカ独自の買取システムを使えば、相場以上の価格で買取できる可能性が高まります。コルベットの売却を考えたときは、セルカにご連絡ください。

コラム編集部
SellCa車買取コラム編集部
中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

SellCaオークションのご利用の流れ

 

  • Step 1

    無料査定申込

    無料査定申込 あなたの愛車情報をご入力ください

    あなたの愛車情報を
    ご入力ください。

  • Step 2

    査定

    査定

    ご自宅で査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分程度です。
    ※エリアによってはお伺いできない場合もありますのでご相談ください。

  • Step 3

    オークションに出品

    オークションに出品

    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに
    出品します。
    全国最大6000社のバイヤーがオンライン入札!

  • Step 4

    売却

    売却

    オークションで最高額にご納得いただけたらバイヤーへ売却!愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。

 

 

 

 

シボレー車種別の買取実績相場

 

車種 買取価格
シボレーカマロ 62.6万円〜474.2万円

 

 

 

 

コルベットと同じボディタイプ別の買取実績相場

 

車種 買取価格
日産 180SX 51.7万円〜74.3万円
BMW 1シリーズ 78.6万円〜98.7万円
BMW 2シリーズ 141.8万円〜257.6万円
ポルシェ 356 344.3万円〜344.3万円
BMW 4シリーズ 229.9万円〜273.9万円
ポルシェ 718ケイマン 667.2万円〜667.2万円
トヨタ 86 78.6万円〜292.9万円
ポルシェ 911 186万円〜1451.6万円
アウディ A5スポーツバック 173万円〜210万円
スバル BRZ 164.7万円〜287.4万円
メルセデス・ベンツ CLAクラス 148.4万円〜148.4万円
メルセデス・ベンツ Cクラス 58.2万円〜462.5万円
メルセデス・ベンツ Eクラス 69.8万円〜471.7万円
日産 GT-R 550.3万円〜1267万円
レクサス LC 801万円〜1009.3万円
BMW M2 338.9万円〜506.7万円
BMW M3 190.6万円〜388.7万円
BMW M4 510.2万円〜768.1万円
BMW M6 98.5万円〜243.3万円
MINI MINI 164.6万円〜164.6万円
レクサス RC 282.3万円〜286.2万円
プジョー RCZ 156.7万円〜226.8万円
アウディ S5 168.9万円〜168.9万円
メルセデス・ベンツ SLK 35.3万円〜35.3万円
アウディ TTクーペ 9.8万円〜314.2万円
BMW Z4 51万円〜215.3万円
マツダ アンフィニRX-7 221.6万円〜221.6万円
スバル インプレッサ 63.3万円〜63.3万円
トヨタ カローラ 67.9万円〜67.9万円
トヨタ カローラレビン 159.5万円〜222万円
キャデラック キャデラックCTSクーペ 156.8万円〜156.8万円
ポルシェ ケイマン 245.1万円〜502.1万円
フォルクスワーゲン ザ・ビートル 75.3万円〜177.5万円
シボレー シボレーカマロ 62.6万円〜474.2万円
日産 シルビア 47万円〜175.6万円
トヨタ スープラ 63.1万円〜520.6万円
日産 スカイライン 42万円〜685.4万円
トヨタ セリカ 10.3万円〜99.1万円
トヨタ ソアラ 50.8万円〜106.9万円
フォルクスワーゲン ニュービートル 8.6万円〜8.6万円
ポルシェ パナメーラ 601.1万円〜601.1万円
日産 フェアレディZ 9.3万円〜429.6万円
トヨタ プリウス 43.9万円〜43.9万円
ポルシェ ボクスター 209.1万円〜209.1万円
フォルクスワーゲン ポロ 10.7万円〜32万円
日産 レパード 81.4万円〜81.4万円

 

 

 

 

人気車種の買取実績相場