【アンフィニMPVの概要】

マツダのアンフィニMPVは1988年に生産が開始され1997年まで販売されていた5ドアミニバン車です。
1991年のマイナーチェンジで日本仕様のみアンフィニMPVとされ、アンフィニ店の専売車種となりました。
アンフィニ(Ẽfini )とはフランス語で「無限」を意味する名詞および形容詞(英語でinfinity/infinite)。
MPVは”Multi Purpose Vehicle”の略で、”ミニバン”という意味です。
日本国外ではMazda 8と呼ばれており、国内でもファンから走行性能の評判が高いミニバンです。
マツダはミニバンと呼ばず、「新しいカテゴリーの多目的高級サルーン」と呼んでいました。
トルクの大きいエンジンで、粘りのある加速も魅力の一つです。
内装では全席にリクライニング機能が施されており、くつろぎやすい車内空間にも定評があります。

【アンフィニMPVの買取、下取り査定で押させるポイント】

マツダのアンフィニMPVは思いのほか価格が付きやすい車種です。
同じようなクラスのトヨタ車と比べてもアンフィニMPVの方がリセールしやすい場合もあります。
ただし、ディーゼル車に限るといっても過言ではないでしょう。ガソリン車の価値はそれほど見込めないようです。
グレードはターボ車がリセールしやすい状況です。ナビゲーション、フロント、リアカメラのオプションは高価格に繋がりやすいです。
内外装の汚れ、傷、臭いなどに注意しましょう。洗車や掃除をするなど、自力で直せるとこは綺麗にしてから査定に出すことをおすすめします。