2018年5月29日

中古車買取店からすると「とにかく安く仕入れたい」のが本音。そのため、直接販売店が査定に来る一括査定などでは、何かと金額を引き下げるような巧みな営業トーク・交渉術をしてきます。

 

営業の押しが苦手な方だと、押しの強い営業マンにペースを持って行かれて、満足のいく価格で売れなかったことも多くあるでしょう。

 

そういった査定の交渉道具に使われないように、査定前にしっかりと準備をしておきましょう。

 

 

1.洗車は意味ない?査定の基本は減点方式

 

買取店は安く仕入れたいため、査定は基本的には減点方式です。キズ・へこみ・塗装などをチェックしていき、内装のヘタリや臭いなどもマイナスポイントになります。

 

そのため、洗車をしても査定員が査定をしやすくなりますが、プラスになることはほぼありません。

 

ただ、やはり査定員も人間です。印象は良いほうがマイナス点が少なくなる可能性は無きにしも非ず。簡単な洗車と車内の掃除くらいは行っておきましょう。

 

他にも、タイヤ交換、ワックスがけなどはプラスにはならないですし、むしろお金もかかってしまうため、やらなくてよいでしょう。

 

 

2.絶対ダメ!逆効果になる可能性のあるもの

 

自分ではプラスだと思っていても、査定のプロからするとマイナスになってしまうことがあります。これは非常に危険なので、先に知っておきましょう。

 

・キズやヘコミのDIY

・塗装のDIY

 

基本的にプロではない方の修理というのは高確率でマイナスになります。もし、査定前にちょっとしたキズができてしまったとしても、修理をする以上の価格が戻ることはほとんどありません。そういった場合は何もしないのが一番でしょう。

 

 

3.書類やスペアキーの準備は万全に

 

車検証や自賠責保険証明書は携行が義務付けられていますが、ほかにも下記のような書類がありましたら、準備をしておきましょう。

 

・取扱説明書

・保証書

・整備手帳

・スペアキー(あれば)

 

これらの書類が完備されているだけでプラスになります。しかし、書類がないことで大幅に損することはよくあります。実際に4万円も損になる事もありました。

 

こういったマイナスポイントを少しでも減らすために、事前準備は怠らずに、かつ無駄な出費をしないことも重要になってきますね。

 

 

 

SellCaなら査定も安心!

Sellcaでは仲介業者という立場から極めて中立な視点で査定を行うことができます。更に、販売店は欲しい車をオークション形式で競うため、価格はグングン上がって行きます。是非、出品を迷っている方は査定のお申し込みをしてみてください。

また、数多くの業者と提携しているので、最大数千社からの入札があり、一回の出品で最高値がつきます!数多くの業者の見積もりを個々に取らなくても、Sellcaなら査定も1度きり。面倒な営業電話等もありません。ぜひ一度Sellcaへご相談ください!