【一番高く売れる】米国トヨタ タンドラの買取・査定相場、リセールバリューや高額売却のコツ

タンドラの買取実績相場

 

現在の買取参考相場
¥414,200〜¥5,258,100
5年落ち以下
¥3,202,620〜¥5,258,100
7年落ち以下
¥976,750〜¥2,997,900
8年落ち以降
¥414,200〜¥960,100

タンドラのグレード別買取実績相場

 

グレード 買取価格
1位 クルーマックス SR5 ¥2,997,900〜¥5,258,100
2位 クルーマックス リミテッド ¥2,016,420〜¥2,016,420
3位 ダブルキャブ SR5 ¥960,100〜¥960,100

SellCaオークションでの高額買取実績

 

連絡・査定はセルカのみで
最大6000社があなたの車に値付け!

セルカにお申込みをいただくと、セルカと提携している全国6000社の車屋さんにあなたの愛車を見てもらえます。
お客様への連絡はセルカからのみなので、しつこい営業電話をいろんな業者から受けたり、何回も査定を受ける手間がありません。

書類手続きやローンの精算なども
セルカサポートがすべてフォロー!

お車のご売約後に発生する、書類の提出等の諸手続きもセルカのサポート部隊がすべてフォローいたします。
お引渡しからご入金まで、他の業者さんなどと連絡をとっていただく必要は一切ありません。

通常の車買取ではかかる
中間業者の手数料がかかりません!

一括査定などの買取業者はお車を買い取ったあと、車屋さんに再販します。このときにかかる費用や買取業者の利益分がが予め査定額から引かれています。
セルカでは間に入る業者を飛ばして、実際に「この車がほしい!」という方に直接車を買ってもらうことができるため、買取業者が得ていた利益や手数料をお客様に還元できます。

 

 

米国トヨタ タンドラを高く買い取ってもらうコツ

米国トヨタ タンドラの人気グレード

トヨタ タンドラの人気グレードは、流通台数が多い中間グレードの「SR5」、TRD(トヨタ・レーシング・デベロップメント)が手がけた「TRD PRO」、2014年以降に登場した「1794エディション」です。トヨタ タンドラは、ベーシックな「SR」以上のグレードであれば、高額買取される可能性があると言っても過言ではありません。

トヨタ タンドラのグレードは、商用車として使われることが多い「SR」、SRをベースにメッキグリルやフォグランプなどが装備される「SR5」、ドアハンドルやミラーにクロームパーツを採用しレザーシートなどのインテリア装備を充実させた「リミテッド(LIMITED)」、リミテッドよりも快適装備を充実させた最上級グレードの「プラチナム(PLATINUM)」、特別な装備を与えられた「1794エディション」、TRDの専用装備が与えられた「TRD PRO」があります。これらのグレードのうち、装備が充実した「SR5」以上のモデルが日本の中古車市場で人気です。

また、トヨタ タンドラのキャビンスペースの違いによる人気は、4ドアの「クルーマックス」が圧倒的に人気です。次いで4ドアの「ダブルキャブ」、2ドアの「レギュラーキャブ」の順になります。

トヨタ タンドラは、内装・外装の状態、追加装備の有無、メカニズムのコンディションによって、買取額が大幅に変動するのが特徴です。内装・外装や機械系の状態が良く無骨さを強調した装備が追加されていれば、高値で買取される可能性が高くなります。また、一般的な乗用車では年式が新しく、走行距離が短いほど高額買取となりますが、トヨタ タンドラの場合は、年式が古く、走行距離が不明の状態であっても高額買取されることがあります。

米国トヨタ タンドラの人気オプション

トヨタ タンドラの人気オプションは、無骨でタフな印象を高めるオプションが人気です。高額買取されているトヨタ タンドラに装着されている装備を見てみると、大径ホイールやオフロード用タイヤ、リフトアップをしてある車両の人気が高く、高額で取引されている傾向が見られます。

また、エクステリアのカスタマイズがされていると、プラス評価になる可能性があります。例えば、フロントグリルを純正のメッキグリルから、ブラックやマッドブラックに変更したり、ガードを追加したりするとタフな印象が強まるため、買取時に高い評価を受けやすくなるでしょう。

トヨタ タンドラの場合、純正オプションだけでなく、社外パーツであっても高い評価になります。そのため、社外品でカスタマイズしてある場合は、カスタムした状態で買取りしてもらう方が高額買取になる可能性が高いでしょう。

米国トヨタ タンドラの人気ボディーカラー

トヨタ タンドラのボディカラーは、「ブラック」の人気が高く、次いで「ホワイト」、「ブルー」、「グリーン」の人気が高いです。

ブラックは、人気ボディカラーの定番色ですが、トヨタ タンドラのタフな印象やメッキパーツとのコントラストがハッキリと出るだけでなく、ブラックアウトしたグリルやライトまわりなどのカスタマイズとの相性も良いため人気が高いといえるでしょう。無骨でありながら高級感や存在感を演出できるブラックは、トヨタ タンドラとの相性が良いカラーです。また、長期間にわたり保有していても飽きにくいカラーであるため、高い評価を受けています。

ホワイトは、無骨なトヨタ タンドラをエレガントに演出できるボディカラーであるため、一定の人気があります。ブルーは明るいブルーが人気で、グリーンはダークなモスグリーンのようなグリーンが人気です。ブルーやグリーンは、トヨタ タンドラタフさに加え、独自の存在感を強調するカラーであるため、一定の人気があります。

米国トヨタ タンドラ の特徴

米国トヨタ タンドラの概要

トヨタ タンドラは1999年に登場したフルサイズピックアップトラックです。
車体サイズは全長6m級の巨体で搭載されるエンジンも大排気量です。

ボディ形状は、2ドア3人乗りタイプの「レギュラーキャブ」、2ドア+小型ドア6人乗りの「ダブルキャブ」、4ドア5人乗りの「クルーマックス」が長らく設定されてきました。

荷台タイプはグレードによって「スタンダード」のほか「ショート」や「ロング」バージョンが存在します。

グレード構成は、廉価版の「SR」、荷台を短くした「SRS」、標準仕様の「SR5」、充実装備の「Limited」、さらにサンルーフなど豪華装備の「Platinum」、その他特別グレードというラインナップになっています。

カスタムパーツも多く流通しており、サイドステップやリフトアップキット、各種ホイールやタイヤ、荷台カバーなどが長らく定番となっています。

トヨタが誇る先進的な安全性能も順次搭載されており、大きな車体でも運転を支援する機能が数多く用意されているため安心できます。

日本ではスポーツカー以上に絶滅危惧種といわれるピックアップトラック。
幸か不幸か、その希少性がユーザーの独自性発揮にも貢献しています。

米国トヨタ タンドラの歴史

トヨタ タンドラは1999年に登場したフルサイズピックアップトラックです。
1992年に発売されたトヨタ初のフルサイズピックアップトラックモデル「T100」の課題を解決すべく誕生しました。

T100が他社のフルサイズピックアップトラックよりもボディサイズやエンジン性能で劣っていた点を改良し、タンドラではボディサイズやエンジン排気量クラスが拡大されることになります。
結果、T100では2.7L~3.4Lだったエンジンラインナップは、タンドラでは3.4Lと4.7Lに拡大されました。
そのうち3.4Lモデルも2005年には4.0Lエンジンに拡大されます。

初代トヨタ タンドラのボディサイズは、ボディタイプによって異なりますが、全長5,525mm~5,845mm、全幅1,910mm~2,024mm、全高1,791mm~1,905mmと非常に大きいです。
ちなみに、2021年時点で日本で販売されているトヨタの大型SUVランドクルーザーのボディサイズは、全長4,950mm、全幅1,980mm、全高1,880mm。ピックアップトラックのハイラックスのボディサイズが、全長5,340mm、全幅1,855mm、全高1,800mmです。このように比較をしてみるとトヨタ タンドラがいかに大きなボディサイズかわかるでしょう。
アメリカのピックアップトラック市場で戦うために誕生したフルサイズピックアップトラックがトヨタ タンドラなのです。

2007年には初のフルモデルチェンジを行い2代目へ進化します。
エンジンは新たに5.7Lの大排気量モデルが追加されました。
これによって他社のライバル車より優れた販売成績を残すことに成功しました。
市場へのさらなる台数供給にむけて生産体制の拡充が図られるも、オイルショック(原油高)と金融危機勃発による消費者の節約志向などから販売に苦戦します。

2010年には4.7Lエンジンは4.6Lの新型エンジンに変更されます。
その後、景気がやや回復したことに合わせて2014年にはマイナーチェンジが行われました。
インフォディスプレイやBluetooth接続機能、リアカメラ、各種の安全機能が搭載されます。
足回りも改良されて乗り心地がさらに向上しているほか、4.6Lエンジンを筆頭に性能アップが図られました。
さらに最高級グレード「1794Edition」やオフロード性能をさらに追求した「TRD PRO」モデルが追加されます。
これによって4.0Lエンジンは後に廃止となりました。

タンドラは日本には長らく正式導入されていませんが業者による独自輸入によって走行距離がほとんどない新車同様の車が販売されています。
逆輸入の場合、日本の車検制度への適用(車両のカスタマイズ)や車を仕入れる手続きに100~200万円ほどかかると言われています。
多少のハードルはありますが、日本で正式には未発売の希少種に乗れるため個性を発揮したいユーザーには向いているといえるでしょう。

2代目トヨタ タンドラのボディサイズは、「クルーマックス」が全長5,820mm、全幅2,030mm、全高1,925mm~1,935mm。「ダブルキャブ」が全長5,820mm~6,295mm、全幅2,030mm、全高1,925mm~1,935mm。「レギュラーキャブ」が全長5,330mm~5,820mm、全幅2,030mm、全高1,925mm~1,935mmとなっています。ボディサイズは初代よりも若干拡大されました。
エンジン排気量は4.6L~5.7Lで、最高出力が310ps~381ps、最大トルクが443Nm~544Nmです。乗車定員はボディタイプによって異なるため3名~6名となっています。
2代目トヨタ タンドラがデビューした2007年は、シャープなヘッドライトと太いメッキパーツで縁取りされたフロントグリルが特徴的でした。しかし、2014年の大幅なマイナーチェンジにより、グリルのサイズが拡大し、横方向への広がりやグリル面積が増えたことで、押し出し感が強調されています。

また、2014年以降グレード体系の整理も行われ、「SR」、「SR5」、「リミテッド(LIMITED)」、「プラチナム(PLATINUM)」、「1794エディション」の5グレードとなりました。2015年にはTRDの専用装備が与えられた「TRD PRO」を追加。合計6グレードとなっています。
それぞれのグレードの違いは次の通りです。
「SR」はベーシックなグレードにあたり、前後バンパー、ドアミラー、ドアハンドルが樹脂パーツになっています。アメリカでは商用車として使われることがほとんどです。「SR5」は、日本市場でも見ることが多いグレードで、クロームのフロントグリルなどの加飾がされています。
「リミテッド(LIMITED)」は、インテリアに上質な装備が加わり快適性を重視したグレードです。具体的な装備としては、ドアハンドルやドアミラーがクローム仕上げになり、レザーシートが装着され、シートヒヒーターなどの快適性を高める装備が加えられています。
「プラチナム(PLATINUM)」は、快適装備を充実させているリミテッド(LIMITED)の上級バージョンで、メモリー機能や大径ホイールなどを標準装着。よりラグジュアリーな仕様となっています。
「1794エディション」は、2014年以降に設定された新しい最上級ラグジュアリーグレードです。インテリアには、茶色系のレザーシートを装備し、シートヒーターやシートクーラーが装備されます。また、ウッド調パネルを採用したダッシュボードやステアリング、JBLサラウンドシステム、電動サンルーフ、”1974″ロゴが付された20インチホイールなど、高級感ある装備や特別装備がおごられています。
「TRD PRO」は、SR5をベースにトヨタのレーシング部門でもあるTRD(トヨタ・レーシング・デベロップメント)が専用チューニングを施したグレードです。ベースモデルよりも伸縮性を高めたビルシュタイン製ショックアブソーバーが四輪全てに装備されています。インテリアには、レッドステッチを施したパーツやプレミアムサウンドシステムなど特別な装備が与えられています。

2021年5月には、3代目となる新型タンドラが発表されました。デビュー時期は現時点(2021年6月時点)で公開されていません。

米国トヨタ タンドラ買取相場の傾向

トヨタ タンドラの買取相場は、数十万円から数百万円までと幅広い価格帯になっています。頑丈な造りのフルサイズピックアップトラックであるトヨタ タンドラは、時間が経過しても高い価格で買取りされる可能性が高いモデルといえるでしょう。

実際の買取りでは、年式が新しく走行距離が短い車両の方が高額買取になっている傾向ですが、年式が古く走行距離が不明であっても、車両の状態が良好に保たれていれば高値で買取りされています。

年式や走行距離に関わらず、高額買取されるためには、内装や外装の状態、機械系のコンディションを良好な状態に保っておくことが大切です。

内装は、インテリアのパネルやシートなどを定期的に掃除してきれいな状態にしておきましょう。外装は、洗車をしてワックスやコーティングを施しておくことをおすすめします。またトヨタ タンドラは、メッキパーツが使われているため、メッキパーツのくすみがないようにメンテナンスしておきましょう。

トヨタ タンドラだけではありませんが、塗装に色褪せや剥げがあると買取時にマイナス評価になってしまいます。屋内に保管しておくことが難しい場合には、塗装の褪せや剥げにも注意が必要です。さらに、トヨタ タンドラでオフロードを走行したときは、ボディや下まわりがサビないよう、洗浄してサビ止めを塗布するなどのメンテナンスをしておきましょう。

トヨタ タンドラは、大排気量のエンジンで大きな車体を動かします。車を動かすときに不具合やトラブルがないよう、エンジンオイルの交換やオイルフィルターの交換を定期的にしておきましょう。

定期的な洗車・清掃、メンテナンスをして良い状態にしておけば、初年度登録から10年以上が経過しても百万円以上で買取りされることがあります。時間が経っても高い価格で買取りされるのは、日本のみならず海外で人気と信頼があるトヨタ タンドラだからこそといえるでしょう。

トヨタ タンドラは、カスタマイズされている車両であっても高額買取されるケースが多いです。純正カスタムパーツはもちろん、社外パーツによるカスタマイズも高値になることがあります。高額買取されているカスタマイズパーツは、タイヤ、ホイール、サスペンション、グリル、ガードなどです。社外品であってもカスタマイズした状態のままで買取りしてもらうと良いでしょう。

そして、さらに高値での買取りを希望するのであれば、多くのバイヤーが評価をするセルカでの売却がおすすめです。セルカならトヨタ タンドラを求める多くのバイヤーをかかえています。さらに、中間業者をスキップできるため、より高値での売却が可能です。あなたのトヨタ タンドラを高値で買取りしてもらいたいのであれば、セルカにお任せください。

コラム編集部
SellCa車買取コラム編集部
中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

SellCaオークションのご利用の流れ

 

  • Step 1

    無料査定申込

    無料査定申込 あなたの愛車情報をご入力ください

    あなたの愛車情報を
    ご入力ください。

  • Step 2

    査定

    査定

    ご自宅で査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分程度です。
    ※エリアによってはお伺いできない場合もありますのでご相談ください。

  • Step 3

    オークションに出品

    オークションに出品

    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに
    出品します。
    全国最大6000社のバイヤーがオンライン入札!

  • Step 4

    売却

    売却

    オークションで最高額にご納得いただけたらバイヤーへ売却!愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

タンドラと同じボディタイプ別の買取実績相場

 

車種 買取価格
プジョー 5008 289.3万円〜333.4万円
トヨタ C-HR 136.1万円〜216.1万円
マツダ CX-3 111万円〜177.8万円
マツダ CX-5 74.2万円〜265.8万円
マツダ CX-8 302.7万円〜323.5万円
トヨタ FJクルーザー 197.2万円〜377.6万円
メルセデス・ベンツ GLAクラス 136.2万円〜139.7万円
メルセデス・ベンツ GLC 297.3万円〜446.7万円
メルセデス・ベンツ GLE 460.1万円〜924.4万円
メルセデス・ベンツ GLKクラス 142.5万円〜158.5万円
メルセデス・ベンツ GLS 601.3万円〜642.7万円
メルセデス・ベンツ GLクラス 92.2万円〜500.4万円
メルセデス・ベンツ Gクラス 229.8万円〜1648.4万円
レクサス LX 777.4万円〜1086.6万円
MINI MINI 47.8万円〜97.1万円
メルセデス・ベンツ Mクラス 47.5万円〜287.4万円
レクサス NX 264.9万円〜486.3万円
アウディ Q3 138.6万円〜171.8万円
アウディ Q5 117.1万円〜376.2万円
アウディ Q7 175.4万円〜516.4万円
トヨタ RAV4 26万円〜359万円
レクサス RX 99.9万円〜717.6万円
レクサス UX 368.8万円〜436.1万円
BMW X1 39.9万円〜320.7万円
BMW X2 342万円〜342万円
BMW X3 18.3万円〜531.1万円
BMW X4 295.4万円〜593.3万円
BMW X5 44.1万円〜785.8万円
BMW X6 324.1万円〜376万円
ボルボ XC60 151万円〜452.1万円
ボルボ XC90 36.5万円〜557.3万円
三菱 アウトランダー 8.8万円〜132.1万円
トヨタ ヴァンガード 36.1万円〜157.8万円
ホンダ ヴェゼル 83.7万円〜240.5万円
日産 エクストレイル 5.7万円〜200.2万円
フォード エクスプローラー 25.2万円〜331.8万円
ホンダ エレメント 119.6万円〜119.6万円
ポルシェ カイエン 38.7万円〜877.9万円
キャデラック キャデラックエスカレード 18.6万円〜889.3万円
トヨタ クルーガーV 25万円〜29.1万円
クライスラー・ジープ ジープ・ラングラーアンリミテッド 103.3万円〜593.1万円
日産 ジューク 25.6万円〜116.8万円
フォルクスワーゲン ティグアン 25.9万円〜418.2万円
日産 デュアリス 8.5万円〜91.5万円
日産 テラノ 19万円〜19万円
フォルクスワーゲン トゥアレグ 225.3万円〜225.3万円
トヨタ ハイラックスサーフ 3.1万円〜119.3万円
トヨタ ハリアー 8.8万円〜481.1万円
トヨタ ハリアーハイブリッド 59.1万円〜282.2万円
スバル フォレスター 5.1万円〜271.7万円
ポルシェ マカン 353.9万円〜715.8万円
日産 ムラーノ 13万円〜157.2万円
トヨタ ラッシュ 23万円〜101.2万円
トヨタ ランドクルーザー100 77.2万円〜123.4万円
トヨタ ランドクルーザー60 45.1万円〜134.8万円
トヨタ ランドクルーザー80 61.5万円〜106万円
トヨタ ランドクルーザープラド 39.2万円〜504.2万円

 

 

 

 

人気車種の買取実績相場