ランドクルーザーの買取実績相場

現在の買取参考相場
¥968,500〜¥7,578,980
下取り価格
¥871,650〜¥7,124,241
年式
2007年〜2021年
走行距離
1万km〜12万km

SellCaオークションでの高額買取実績

ランドクルーザーのグレード別買取参考相場

グレード 買取相場価格
AX ¥749,052〜¥6,772,899
AX Gセレクション ¥968,500〜¥9,042,871
ZX ¥1,474,532〜¥12,093,582
ZX 60thブラックレザーセレクション ¥1,813,203〜¥4,678,953
ZX ブルーノクロス ¥1,369,250〜¥8,916,447
ZX G-フロンティア ¥3,174,259〜¥10,238,664

連絡・査定はセルカのみで
最大6000社があなたの車に値付け!

セルカにお申込みをいただくと、セルカと提携している全国6000社の車屋さんにあなたの愛車を見てもらえます。
お客様への連絡はセルカからのみなので、しつこい営業電話をいろんな業者から受けたり、何回も査定を受ける手間がありません。

書類手続きやローンの精算なども
セルカサポートがすべてフォロー!

お車のご売約後に発生する、書類の提出等の諸手続きもセルカのサポート部隊がすべてフォローいたします。
お引渡しからご入金まで、他の業者さんなどと連絡をとっていただく必要は一切ありません。

通常の車買取ではかかる
中間業者の手数料がかかりません!

一括査定などの買取業者はお車を買い取ったあと、車屋さんに再販します。このときにかかる費用や買取業者の利益分がが予め査定額から引かれています。
セルカでは間に入る業者を飛ばして、実際に「この車がほしい!」という方に直接車を買ってもらうことができるため、買取業者が得ていた利益や手数料をお客様に還元できます。

SellCaでご売却いただいたお客様の声

ランドクルーザー / AX Gセレクション
成約日:2018年07月
ランクルは輸出に強いと聞いてましたが、 自分で輸出することも出来ないので、 輸出業者さんが多いSellCaに出品してみました。 もともと買取店にも5社程度の一括査定をしていたのですが、 そこからさらに20万円程度上回り良かったです!
ランドクルーザー / ZX
成約日:2021年06月
ディーラー下取り金額が低すぎて買取店に相談しました。その金額より大幅にアップした金額で落札されびっくりです。これで新車購入が決定しました。実際に落札金額が振り込まれるまで不安でしたが、手続き方法や疑問点にも丁寧にお答えしていただき助かりました。また次に車を売却するときは利用させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トヨタ ランドクルーザーを高く買い取ってもらうコツ

 

トヨタ ランドクルーザーの人気グレード

 

トヨタ ランドクルーザーは現在中古車市場のボリュームゾーンが200系のモデルです。
歴史が長く派生車種も多いランドクルーザーは一般的に「◯代目」とは呼ばずに「◯系」と呼ぶため、本記事でも同表記とします。
200系のラインナップは以下のとおりです。

ランドクルーザー GX
ランドクルーザー AX
ランドクルーザー AX Gセレクション
ランドクルーザー ZX

2007年から14年間の長きにわたって製造・販売されていましたが、新車・中古車共に人気が高く、国産SUVの代名詞でもあります。
特に人気が高いのは最上位グレードの「ZX」であり、高い走破性のほかに追及されるラグジュアリーさも人気を支える理由のひとつです。
そのほかのグレードも人気はありますが、昨今のSUV人気の高さから中古車で最上位グレードをお得に購入したい人が増えています。
ランドクルーザーは日本が誇る代表的な自動車でもあるため、国内外問わず人気があります。
そのため、国内販売用でも輸出用でも高値で買い取られる傾向にあり、特に状態のいいものであれば新車価格に近い金額で買い取ってもらえるでしょう。
グレードも重要ですが、SUVというタイプのためコンディションにも大きく左右されることを覚えておきましょう。

 

トヨタ ランドクルーザーの人気カラー

 

トヨタ ランドクルーザーには、8色用意されており、「ダークレッドマイカメタリック」のような奇抜なカラーリングも用意されています。
遊び心満載のSUVなので自分の好みのカラーで選んでもいいですが、リセールバリューを気にするのであれば「ホワイトパールクリスタルシャイン」「ブラック」「シルバーメタリック」が無難です。
この3色は一般的に「無難なカラー」「王道」と言われるほどよく選ばれるボディカラーです。
汚れや傷が目立ちにくく、手入れの手間が省けることから昔から人気があるカラーとして有名で、ランドクルーザーも同じようにこの3色がよく選ばれます。
また、ひと昔前までは海外では嫌われていたこの3色が、最近になって人気が出てきたため、グレード同様輸出用でも同じ条件の個体が高価買取の対象になっているのです。

美観を損ないにくいのは間違いないのですが、手入れが不要なわけではありません。
ついつい手を抜きがちなこの3色ですが、査定の直前に限らず日頃からきれいにしておくことを心がけておきましょう。
特に悪路走行をする場合は小傷や汚れに要注意です。
走行後には洗車をするなどして、汚れがまだ取りやすいタイミングでの手入れを欠かさないことをおすすめします。

 

トヨタ ランドクルーザーの人気オプション

 

トヨタ ランドクルーザーには多くのオプションがありますが、特に人気が高いのは「ムーンルーフ」です。
車高が高いため解放感がないわけではありませんが、特に子どもがいる家庭では「ムーンルーフ」ひとつで車酔いが軽減されることもあります。
日本国内ではそれほど需要がないのですが、輸出用として査定されると大幅な買取額アップにつながることもあります。
ちなみにUVカット機能も付いていおり、開閉も電動なのでアウトドアをよくするひとにも人気が高いのが特徴です。

「セーフティモニター」や「ドライブレコーダー」もついていれば査定額アップのきっかけになります。
特に大柄なランドクルーザーはバック駐車に難しさを覚える人もいます。
そんな時にあると便利なのが「セーフティモニター」です。
「ドライブレコーダー」とあわせてもそんなに高額なオプションではないので、リセールバリューを狙いつつ自身の安全を確保できる必要不可欠な装備と言えるでしょう。
あらゆる道で使いたいのであれば「寒冷地仕様」の選択もありです。
悪路走行を得意とする動力性能や高い耐久性と相性も抜群なので、装備するデメリットはないでしょう。
ランドクルーザーをあらゆるシーンで使いたい購入希望者に人気があるのでぜひともつけておくことをおすすめします。

 

 

トヨタ ランドクルーザーの特徴

 

トヨタ ランドクルーザーの概要

 

トヨタ ランドクルーザーは「ランクル」の愛称で親しまれているトヨタの代表的SUVです。
発売開始からすでに半世紀以上が経過しているにも関わらず、その頑丈さで多くの人を虜にしてきました。
現行モデルとなる最新型、300系が2021年6月10日に発表されるとたちまち予約が殺到し、納車まで5年待ちの自体を招くほどの人気を誇っています。

長い歴史を持つランドクルーザーは、一貫して堅牢な車体と高い走破性でさまざまなシーンで活躍しています。
ルーツを戦時中のジープに持つため、強固なボディはランドクルーザーの名を冠する前から脈々と受け継がれて来ました。
最新モデルの300系でも、ラダーフレーム構造を採用したオフロード特化型の車として製造されており、ランドクルーザーの特徴をしっかりと持っています。

全長が5m近い大柄のボディですが、非常に乗りやすく運転をサポートする機能も数多く準備されているため女性でも運転しやすい1台です。
国産SUVの代名詞でもある一方、世界中での人気も高く、とにかく頑丈なことから東南アジアなどの地域でもランドクルーザーはよく乗られています。
また、欧米市場でも高い人気を誇るなど、名実ともに日本を代表するSUVと呼べます。
現在中古車市場に多いのは1世代前の200系ですが、こちらも非常に人気があり、14年間フルモデルチェンジされることなく自動車市場に存在していました。
オプションも豊富で、自分の使い勝手に合わせてカスタマイズできるのもランドクルーザーの人気の秘訣でもあります。

 

トヨタ ランドクルーザーの歴史

 

トヨタ ランドクルーザーは、その原型が第二次世界大戦中に作られた変わった歴史を持っています。
「外観がジープに似ていない頑丈な車を作れ」という無理難題の結果生まれた、車と予備にはお粗末なものが、戦後にトヨタがジープBJ型として警察予備隊(現:自衛隊)に納車してもらうために製造されたのが始まりです。
BJ型は排気量の違う2種類の設定でしたが、エンジンの大きさが両極端だっただけではなく、車両大きさもまったく違い、今から見れば同一車種と呼んでいいのかすらわからないモデルになっていたのです。
ちなみに警察予備隊には入札の結果、三菱自動車のウイリス・シープが採用されたため、BJ型は国家地方警察に導入され、パトロールカーに採用されました。
1954年、消防用車両を製造した際に初めて「ランドクルーザー」の名前がつけられ、現在まで受け継がれています。

最初のモデルチェンジは1955年で20系と呼ばる型式に変更され、後年、現在の姿に近いステーションワゴンスタイルのランドクルーザーになりました。
それまでは主にソフトトップ、ハードトップのオープン形式のモデルと、ピックアップ、晩、消防用シャシの計5種類のラインナップでした。
現在のランドクルーザーよりも小型の車ではあるものの、シボレーのエンジンのコピーを搭載していたこと、6気筒によるパワーが4気筒のジープよりも勝っていたことからヒットします。

ランドクルーザー史上もっとも長く販売されたのが1960年にフルモデルチェンジされた40系です。
すでに20系ランドクルーザーの一部が30系の型番を使用していたことから、40系と呼ばれます。
40系ランドクルーザーは1984年までに24年間、国内外で製造販売され超ロングセラーモデルとなりました。
生産開始当初は輸出優先で製造されていましたが、のちに国内向けの製造も始まり、国内でも市販車として大きく活躍の場を広げます。
1974年にはランドクルーザーでは初となるディーゼルエンジンモデルが投入され、これがランドクルーザーの転換点になりました。
突然ディーゼルエンジンモデルが追加されたのは、オイルショックによる「やむを得ない」事情が絡んでいますが、結果としてこれがランドクルーザーのスタンダードとなったのです。
また、多くの国に輸出されたことからバリエーションが豊富で、40系ランドクルーザーから派生したランドクルーザープラドや、さらにその派生車種であるFJクルーザーが誕生しました。

40系ランドクルーザーが製造されていた期間に、55型、56型と呼ばれる別のランドクルーザーも製造されています。
北米市場を意識した1台で、40系ランドクルーザーよりも全体的に丸みを帯びたフォルムが印象的です。
ただし55型・56型にはディーゼルエンジンがなかったため、販売が振るわず生産を終了しました。

続く 60系ランドクルーザー は1980年から10年間生産されました。
モデルとなったのは56型ランドクルーザーで、それまでの武骨なデザインから大きく路線変更したことで、現在のランドクルーザーに近いデザインへと変貌。
フェンダーミラーからドアミラーに変更されたり、ハイルーフ仕様車の設定など、60系で現在のランドクルーザーの基礎が出来上がりました。
ボディはそれまでのランドクルーザーよりも大幅に大型化し、居住性の向上が図られたほか、インテリアもアップグレードされます。
ボディサイズは大型化したといっても現行モデルよりは小ぶりで、現在でも60系ランドクルーザーは、現行モデルよりも小型で扱いやすいことから人気があるのです。
エンジンはディーゼルエンジンが採用され、ランドクルーザーのすべての基礎が詰め込まれていると言っても過言ではないでしょう。

80系ランドクルーザー は1989年から生産を開始しました。
ひと回り大きくなったボディサイズで存在感を増したほか、ラグジュアリーさを追求した内装でSUVへと路線を変更した世代でもあります。
60系と同時進行で生産されていた70系ランドクルーザーとは性格が異なるために新たにラインナップに加わったのです。
70系ランドクルーザーがいわゆるヘビー級として業務・事業用の性格が強いのとは反対に、80系は普段使いを意識した機能になっています。
機能面で現行モデルに近づいた60系から受け継いだランドクルーザーのコンセプトが、80系でオフローダーからSUVに変更になったのです。
また、この80系ランドクルーザーの派生車種に、 レクサス LX があります。

1998年から製造・販売された 100系 、続く2007年から製造・販売を開始したランドクルーザーは、共通してSUVとしての性格をより求められたデザインや性能に変更された一方で、昨今自動車業界を取り巻く環境性能への配慮も同時に行われました。
特に 200系 はこれまでの歴代ランドクルーザーのいいところを採用しつつ、最新装備を多く載せていることから人気が高まり、最終的な全世界での販売目標は年間10万台に設定されました。
高いボディ剛性や走破性はそのままに内装はさらに豪華に変更され、四輪駆動システムが採用されるなど、新たな進化をしたのも200系ランドクルーザーからです。
安全性能の面でも「Toyota Safety Sence」が搭載されるなど、長い歴史の中で変わっていった交通事情・法律事情にも対応して、現在に至ります。

2021年に発表された300系ランドクルーザーが現行モデルに変わったことで、200系の新車販売は終了しました。
しかし、現在の中古車市場のボリュームゾーンは200系ランドクルーザーであることから、まだまだ需要があることは言うまでもないでしょう。
今後の300計ランドクルーザーも、今までのランドクルーザーのように時代や世相にあわせて大きく進化していくことが期待されています。

 

トヨタ ランドクルーザー買取相場の傾向

 

トヨタ ランドクルーザーの買取相場の傾向は、非常に高い水準で推移していると言えます。
昨今、空前のSUVブームにあって、もともとほかのボディタイプであった車がSUV化しても到底及ばない歴史と伝統、信頼の上にランドクルーザー今でも選ばれる車であり続けます。
そのリセールバリューは非常に高く、3年落ち以内のものであれば新車価格とほぼ同等の価格で買い取ってもらえることも珍しくありません。
5年落ち、7年落ちと年数を経ても大きな価格変動は起きず、最底辺でも新車価格の1/3はあると思っていいでしょう。
もちろん、事故歴・修理歴がないことが前提になりますが、多少古いぐらいのランドクルーザーでは、査定に大きな影響があるとは言えないのです。

その代わり、車の状態に関してはかなり厳しくチェックされることを覚悟しておきましょう。
ランドクルーザーはすべてのモデル・系統でタフさを売りにしている車です。
アウトドアでの活躍はもちろん、オフロードでの走行を楽しむオーナーも珍しくありませんし、車の特性上それが可能です。
つまり、アウトドアやオフロード走行で受けたダメージが残っていないかが、ランドクルーザーの買取査定では大きなカギを握ることになります。
ボディの汚れや傷、足回りの状態はもちろんのこと、舗装された道路より負荷がかかるオフロード走行をメインにしていると、エンジンそのものにダメージが入っていることも珍しくありません。
オーバーホールまでする必要があるかまでは個体にもよりますが、法定点検や車検の際にきちんと見てもらっておくといいでしょう。
ランドクルーザーにとってエンジンの能力は大きな問題です。
少しでもいい状態を保てるようにオイル交換をまめにしたり、細かく点検に出して入念にチェックしてもらうなどの処置は必要不可欠です。

また、内装のきれいさも買取査定に大きく影響します。
ランドクルーザーは実用性はもとより、高級SUVとしてのラグジュアリーさや機能性も持ち合わせている車。
シートの破れやフロアマットの汚れは査定時に大きな減点対象となる可能性も否めません。
日頃から掃除や手入れ、シートを守るための工夫をしていれば、破れたり汚れたりして査定時にがっかりすることもないので何かしらの対策をしておくことをおすすめします。

そして少しでも高くランドクルーザーを売りたいのであれば、中古車買取オークションのセルカへご連絡ください。
査定1回で提携する中古車買取店全6,000社から希望の買取価格がオークション形式で入札されます。
一番高いところが決まればあとはそこで売却するだけなので非常に手軽です。
また、途中で買取店から直接勧誘の電話がかかってくることもないので、安心してお任せいただけます。
普通に査定に出しても悪い値段はつかないでしょうが、少しでも高くランドクルーザーを売りたいなら、セルカまでご相談ください。

 

 

 

 

コラム編集部
SellCa車買取コラム編集部
中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

SellCaオークションのご利用の流れ

  • Step 1
    無料査定申込
    無料査定申込 あなたの愛車情報をご入力ください
    あなたの愛車情報を
    ご入力ください。
  • Step 2
    査定
    査定
    ご自宅で査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分程度です。
    ※エリアによってはお伺いできない場合もありますのでご相談ください。
  • Step 3
    オークションに出品
    オークションに出品
    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに
    出品します。
    全国最大6000社のバイヤーがオンライン入札!
  • Step 4
    売却
    売却
    オークションで最高額にご納得いただけたらバイヤーへ売却!愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。

車買取に関するおすすめコラム

 

トヨタ車種別の買取参考相場

車種 買取価格
86 ¥244,293〜¥7,604,621
bB ¥3,309,625〜¥1,454,785
C-HR ¥710,000〜¥4,902,634
FJクルーザー ¥3,309,625〜¥5,963,253
iQ ¥3,309,625〜¥6,945,919
MIRAI ¥580,554〜¥3,825,696
MR-S ¥3,309,625〜¥5,645,153
MR2 ¥3,309,625〜¥8,884,526
RAV4 ¥126,214〜¥5,380,527
SAI ¥147,318〜¥2,754,959
WiLL VS ¥112,402〜¥804,757
アイシス ¥3,309,625〜¥2,088,495
アクア ¥105,174〜¥2,745,653
アベンシスワゴン ¥165,615〜¥2,164,615
アリオン ¥76,444〜¥2,185,378
アリスト ¥3,309,625〜¥3,917,491
アルテッツァ ¥3,309,625〜¥2,828,036
アルファード ¥3,309,625〜¥15,957,249
イスト ¥3,309,625〜¥1,201,332
ヴァンガード ¥175,614〜¥1,951,915
ウィッシュ ¥3,373〜¥1,966,620
ヴィッツ ¥3,309,625〜¥2,438,568
ヴェルファイア ¥110,680〜¥9,139,330
ヴェルファイアハイブリッド ¥488,622〜¥14,601,387
ヴォクシー ¥3,309,625〜¥4,621,493
エスクァイア ¥532,196〜¥3,766,128
エスティマ ¥23,660〜¥3,625,281
エスティマハイブリッド ¥21,526〜¥6,508,493
オーリス ¥60,943〜¥3,120,167
カムリ ¥65,952〜¥4,713,480
カルディナ ¥63,921〜¥1,515,440
カローラ ¥52,922〜¥2,216,843
カローラアクシオ ¥3,309,625〜¥2,528,381
カローラフィールダー ¥30,238〜¥2,276,627
カローラルミオン ¥3,309,625〜¥1,934,097
カローラレビン ¥3,309,625〜¥6,248,396
クラウン ¥3,309,625〜¥7,183,761
シエンタ ¥3,309,625〜¥3,601,419
スープラ ¥3,309,625〜¥15,465,812
スプリンター ¥284,823〜¥1,180,691
スペイド ¥74,929〜¥2,078,311
セリカ ¥3,309,625〜¥5,850,654
セルシオ ¥3,309,625〜¥2,802,703
センチュリー ¥3,309,625〜¥22,842,213
ソアラ ¥3,309,625〜¥6,620,441
ダイナトラック ¥143,844〜¥4,848,958
タウンエースバン ¥3,309,625〜¥5,290,069
タンク ¥202,436〜¥2,219,516
ノア ¥3,309,625〜¥3,998,052
ハイエースワゴン ¥3,309,625〜¥7,018,064
ハイラックス ¥197,350〜¥6,456,635
ハイラックスサーフ ¥51,492〜¥3,563,066
パッソ ¥3,309,625〜¥2,044,373
ハリアー ¥3,309,625〜¥4,294,915
ハリアーハイブリッド ¥314,523〜¥4,619,798
ピクシスジョイ ¥344,724〜¥1,493,126
ピクシストラック ¥679〜¥1,744,867
ピクシスバン ¥3,309,625〜¥2,234,122
ピクシスメガ ¥234,409〜¥2,370,720
プリウス ¥3,309,625〜¥5,168,868
プリウスPHV ¥220,226〜¥4,353,846
プリウスα ¥166,185〜¥3,847,450
ブレイド ¥14,116〜¥1,431,151
プレミオ ¥3,309,625〜¥2,984,267
ポルテ ¥3,309,625〜¥1,687,913
マークII ¥3,309,625〜¥5,044,214
マークX ¥3,309,625〜¥7,301,808
マークXジオ ¥3,309,625〜¥1,209,222
ライトエースバン ¥3,309,625〜¥3,008,270
ラウム ¥3,309,625〜¥623,565
ラッシュ ¥103,208〜¥1,855,589
ランドクルーザー ¥3,309,625〜¥12,093,582
ランドクルーザー100 ¥3,309,625〜¥7,191,526
ランドクルーザー60 ¥3,309,625〜¥8,387,116
ランドクルーザー80 ¥217,014〜¥7,587,570
ランドクルーザープラド ¥3,309,625〜¥9,175,547
ルーミー ¥281,287〜¥2,568,520
レジアスエースバン ¥3,309,625〜¥5,004,892

ランドクルーザーと同じボディタイプ別の買取参考相場

車種 買取価格
A4オールロードクワトロ ¥302,484〜¥5,270,549
CX-3 ¥462,247〜¥3,007,395
CX-5 ¥253,227〜¥4,400,972
CX-7 ¥195,083〜¥875,024
CX-8 ¥928,210〜¥5,484,630
FJクルーザー ¥3,309,625〜¥5,963,253
GLAクラス ¥547,698〜¥5,166,517
GLC ¥1,431,011〜¥9,780,351
GLE ¥784,249〜¥9,102,371
GLKクラス ¥401,404〜¥3,701,180
GLS ¥2,110,674〜¥10,515,105
GLクラス ¥56,970〜¥10,381,135
Gクラス ¥3,309,625〜¥21,753,598
LX ¥3,309,625〜¥20,944,869
Mクラス ¥3,309,625〜¥5,423,936
NX ¥1,106,699〜¥7,073,429
Q3 ¥309,364〜¥4,180,340
Q5 ¥375,761〜¥7,011,285
Q7 ¥99,789〜¥10,436,600
RAV4 ¥126,214〜¥5,380,527
RX ¥358,804〜¥10,046,467
SQ5 ¥1,157,790〜¥9,118,703
UX ¥1,421,401〜¥7,009,419
X1 ¥85,326〜¥5,301,990
X2 ¥969,607〜¥5,623,453
X3 ¥236,521〜¥8,282,966
X4 ¥1,086,038〜¥8,553,596
X5 ¥97,407〜¥10,633,935
X6 ¥608,722〜¥6,873,620
XC60 ¥197,019〜¥8,125,472
XC90 ¥74,360〜¥8,439,815
アウトランダー ¥54,651〜¥2,942,093
ヴァンガード ¥175,614〜¥1,951,915
ヴェゼル ¥420,809〜¥4,071,433
ウルス ¥3,309,625〜¥57,427,885
エクストレイル ¥3,309,625〜¥3,839,694
エクスプローラー ¥9,204〜¥7,050,712
エレメント ¥77,378〜¥2,118,644
カイエン ¥3,309,625〜¥22,107,012
キャデラックSRXクロスオーバー ¥491,152〜¥4,254,788
キャデラックエスカレード ¥3,309,625〜¥26,542,813
サファリ ¥298,014〜¥3,997,369
ジープ・コンパス ¥356,277〜¥4,807,501
ジープ・パトリオット ¥3,309,625〜¥2,178,881
ジープ・ラングラー ¥49,213〜¥7,702,866
ジープ・ラングラーアンリミテッド ¥3,309,625〜¥10,976,081
シボレータホ ¥3,309,625〜¥5,022,494
ジムニーシエラ ¥3,309,625〜¥4,440,027
ジューク ¥94,175〜¥2,843,000
スカイラインクロスオーバー ¥242,602〜¥2,703,000
タンドラ ¥3,309,625〜¥11,013,103
ティグアン ¥3,309,625〜¥18,277,076
ディスカバリースポーツ ¥1,136,611〜¥7,285,939
ディフェンダー ¥2,120,563〜¥6,628,096
デュアリス ¥104,483〜¥1,417,169
テラノ ¥343,569〜¥857,483
トゥアレグ ¥146,093〜¥5,826,011
トリビュート ¥91,721〜¥357,015
ハイラックスサーフ ¥51,492〜¥3,563,066
ハリアー ¥3,309,625〜¥4,294,915
ハリアーハイブリッド ¥314,523〜¥4,619,798
フォレスター ¥28,260〜¥4,476,131
マカン ¥1,582,016〜¥15,707,980
ムラーノ ¥63,090〜¥1,910,241
ラッシュ ¥103,208〜¥1,855,589
ランドクルーザー ¥3,309,625〜¥12,093,582
ランドクルーザー100 ¥3,309,625〜¥7,191,526
ランドクルーザー60 ¥3,309,625〜¥8,387,116
ランドクルーザー80 ¥217,014〜¥7,587,570
ランドクルーザープラド ¥3,309,625〜¥9,175,547
レンジローバーイヴォーク ¥600,437〜¥8,558,498
レンジローバースポーツ ¥696,092〜¥14,251,640