トヨタ プリウスの買取価格・査定相場

car Image
トヨタ プリウス の買取参考相場¥26,100 〜 ¥4,650,430
下取り価格¥23,490 〜 ¥4,371,405
年式2003年 〜 2023年
走行距離0km 〜 550,000km

プリウスのグレード別買取参考相場

※買取相場価格は弊社が独自に統計分析した値であり実際の買取価格を保証するものではありません。
* 分析材料となるデータが少ないため車種別またはメーカー別の参考相場を表示しています。

プリウスの年式別買取参考相場

年式買取参考相場
2003年¥140,000¥528,000
2004年¥65,551¥546,864
2005年¥3,274¥637,779
2006年¥59,720¥641,256
2007年¥82,765¥1,357,950

※買取相場価格は弊社が独自に統計分析した値であり実際の買取価格を保証するものではありません。
※$トヨタ$ プリウス全体での買取相場価格を表示しております。

トヨタ・プリウスの高額買取・オークション実績

プリウスの買取参考相場と傾向

chervon-down

2022年12月に5代目プリウスが発表され、23年からは新型が街を走ってはいますが、まだまだ市場での流通数は少ないです。さらに新車の受注がストップしてしまうほど納期が伸びているせいもあり、中古車市場の現行型はプレミア価格となっている個体がほとんど。新車の価格を下回っている個体を見つけることの方が難しいような状況です。

中古車市場の流通台数で見ても、先代の4代目が市場の中心となっているのは明らかです。その数は、5代目のザッと10倍にもおよぶ約5000台。まずは4代目の買取相場から見てみましょう。

4代目は15年12月にデビューし、22年まで約7年間販売されてきました。マイナーチェンジは18年の12月に実施され、ここで外装デザインが大きく変更されています。買取相場もこのマイナーチェンジ前後で変わる場合が多くみられます。

年式の新しいほうから見ると21年の6月に一番最新の一部改良が行われていますが、この世代は23年現在まだ車検が残っていることもあり200万円を超える買取が多くなります。もちろん走行距離などの条件で個体によって金額は変わりますが、全体的に高額買取が期待できるでしょう。

21年6月以前の後期型になると、少し買取相場は下がります。19~20年式は後期型では一番流通量が多く、中古車市場の価格帯は150~230万円くらいがボリュームゾーンとなっています。買取は100万円を超えてくる個体が多くなるものの、21年以降の年式に比べると安価になります。これは車検が切れる点と、流通台数の多さが原因と考えられます。

16~18年の前期型はさらに台数が多くなり、23年11月現在で約3000台が流通しています。中古車相場は110~190万円くらいがボリュームゾーンで、買取相場は50~100万円くらいが目安となるでしょう。4代目の前期型と後期型のリセールに差が生じている理由には、前述の新車の受注ストップが大きく影響しています。即納できる高年式車の需要が、通常時よりも多くなっているといえるでしょう。

3代目もまだ流通量は多く、3000台ほどが中古車市場で取引されています。買取相場はかなり安くなってしまい、50万円を超えればいいほうだといえるほど。これは、流通台数が多いことが影響していると考えられます。2代目になると、台数は激減します。数十台規模の流通量ですが、買取は10万円ほどとなる場合が多くなるでしょう。

初代に関しては、価値が上がってきています。25年も前のモデルということもあり、ネオクラシックの世代に入ってきているということ。そして、なにより世界初の量産ハイブリッドカーという珍しさが、価値を上げています。もうほとんど流通していないという点も、プレミア化する要因となっているでしょう。買取では、3代目の相場を超える場合も十分に考えられ、個体の状態によっては4代目に迫る高額買取も期待できるかもしれません。

プリウスの買取時の注意点

chervon-down

ハイブリッドカー全般にいえることではありますが、駆動用バッテリーのニッケル水素電池、もしくはリチウムイオン電池には寿命があります。プリウスの場合は、一般的には走行距離20万km、製造から10年くらいが寿命の目安とはいわれていますが、これはあくまで目安。その個体によって使用状況が異なるため、バッテリー性能の低下度合いはわかりにくいのも事実です。

一番確実なのは、日頃の定期点検をディーラーやハイブリッド専門店で行ってもらい、バッテリー診断も同時にしてもらうことです。そうすれば、バッテリーの消耗度合いも把握できますし、売却時期もある程度は目安がつくでしょう。プリウスの要ともなるハイブリッドシステムのバッテリーですから、クルマの価値が必要以上に下がらないよう気を配っていましょう。

 

◆車種の概要
「21世紀に間に合いました」のキャッチフレーズで登場したプリウスは、1997年の12月に初代が発売。世界初の量産ハイブリッドカーとして世界中から注目を集めた、エポックメイキングなクルマでした。それから代を重ねるごとにハイブリッドならではの低燃費性能に磨きをかけ、常に世界トップクラスの燃費性能を誇ってきました。

現行5代目が登場したのは2022年の12月。初代の登場から四半世紀を経て、プリウスはそれまでのファミリー向けセダンから、パーソナルカーへと立ち位置を変えることになります。まるでスーパーカーのように寝かされたフロントウインドーや低い着座位置のコックピットなど、スポーツカーと見紛うほどのスタイリング。そして、ひとつひとつの操作すべてがシームレスにつながる感覚のドライブフィール。ハイブリッドカーにファントゥドライブを感じさせる存在へと進化しました。

そんな5代目プリウスは登場から人気がまったく収まることはなく、1年近く経った23年11月現在でも、いまだ新車受注はストップしたままです。

プリウスを高く買い取ってもらうコツ

chervon-down

前述のバッテリーの状態を確認できるようにするという意味でも、定期点検の記録簿は通常のエンジン車よりも重要視されます。必ず点検整備は忘れないようにしましょう。

4代目や3代目に関しては流通台数が多いため、なかなか好条件を引き出すことが難しくなってきます。少しでもきれいに保つことを心がけることが高額買取につながるでしょう。

ここからはプリウスの人気グレードや、カラー、装備などを詳しく見ていきます。

プリウスの人気グレード

いま中古車市場の中心となっている4代目のグレード構成は、上位からA、S、Eの3種類。エンジンやバッテリーなどのパワートレイン系はすべて共通で、装備の差がグレード間の違いとなっていました。

このうち廉価グレードのEはビジネス用ですので、一般的にはAとSの2種が多く流通しています。上位のAには、Aプレミアムという最上級グレードが設定され、本革シートなどの高級装備が与えられていました。さらにAプレミアム、A、Sには、それぞれツーリングセレクションというグレードが設定され、合成皮革のシートや17インチの専用ホイールが装着されています。

モデル末期の22年では、新車販売構成比ではSが35%以上、ADAS(先進安全運転支援システム)系のオプションを標準化した特別仕様車のSが25%以上、そしてSのツーリングセレクションが10%と、上位がほぼSグレードで占められていました。

一方で中古車の状況を見てみると、人気グレードはやはり上級グレードとなります。Aプレミアムや、Aツーリングセレクションの人気が高く、これらのグレードは買取でもいい条件を引き出しやすくなります。販売台数ではSが多いこともあり、中古車の流通台数はSが約3000台に対し、Aは約1500台とおよそ半分。中古車の販売価格平均では40~60万円ほどAのほうが高くなっています。

Aの一番大きなメリットは、ADASが発売当初から標準装備になっていた点です。Sでは前期型がオプション扱いで、後期型では標準化しています。4代目プリウスのADASは、発売当初の最高技術が奢られていました。トヨタセーフティセンスPと呼ばれるシステムで、その頃ではまだ珍しかった全車速追従型のレーダークルーズコントロールが含まれています。

ほかには駆動用のバッテリーにも違いがあり、Sのニッケル水素電池に対し、Aはリチウムイオン電池が採用されていました。フロントウインドーに映り込むヘッドアップディスプレイも、Aだけに備わる先進装備でした。

グレードを問わず、ツーリングセレクションも人気のあるグレードです。ノーマルはホイールが15インチに対し、17インチにサイズアップしている点が人気の理由で、2インチの違いは見栄えがかなり変わってきます。乗り心地を重視するなら15インチですが、中古車市場での人気は17インチのほうが高くなります。このあたりも買取額のプラスにつながるでしょう。

プリウスの人気カラー

白、黒、シルバーの人気が高いのは、ほかのクルマと同様です。白にソリッドとパールの2色を用意しているところもトヨタの王道ですが、どちらも人気が高くなっています。

3代目以前と比べ4代目はスポーティ感が増しているスタイリングもあってか、派手目なカラー設定も人気でした。赤や青、蛍光イエローなどもありましたが、流通台数は少なくなっています。買取額は、白、黒、シルバーに敵わないかもしれませんが、確実に需要がある色ともいえるでしょう。

プリウスの人気オプション

4代目プリウスは、歴代で初めて4WDのE-Fourが設定されました。寒冷地では特に需要が高い4WDですが、この4代目が一気にシェアを伸ばした地域もありました。前輪のスリップを検知して稼働するスタンバイ4WDではありますが、雪上などの滑りやすい路面でも安定した走りを提供してくれる、安心感の高いシステムです。

ADASのトヨタセーフティセンスや、クリアランスソナーなどの安全系装備は人気のオプションです。これらはメーカー出荷時にしか付けられないため、装備している個体も多くなります。

ハイブリッドカーならではのオプションとして人気が高いのは、アクセサリーコンセントです。屋外でも100V 1500Wまでの給電が可能になる装備で、家電製品がクルマで使えるようになります。特にアウトドアシーンでは人気のあるアイテムですが、災害時などにも役にたつ装備ですので需要が多いオプションといえるでしょう。

セルカで売却いただいたお客様の声

chat-img
お客様より
Sツーリングセレクションの売却していただいたユーザーの車種画像
プリウス / Sツーリングセレクション成約日:2024年2月
実際に利用したことのある知人から勧められたのがキッカケでした。口コミを見ても良い事が多かったので、まずはどんな感じか車の査定を依頼することにしました。連絡が早くて翌日には査定に来ていただけました。色々と車の状況を調べていただき一連の流れも丁寧に説明して下さいました。 オークション出品時など出品されている時の状況も都度メールで通知があります。売却後の連絡も丁寧で最後まで安心できます。
chat-img
お客様より
Sツーリングセレクションの売却していただいたユーザーの車種画像
プリウス / Sツーリングセレクション成約日:2024年2月
最初から最後まで丁寧な対応を頂きありがとうございます。ただ、成約後の金額について手数料及び税込、税抜が混在しやや分かり難い点がありましたの改善を望みます。売却車両は走行距離も20万㎞を超えておりハイブリットシステムのエラーが出ている車両で値段が付くかどうか心配なところもありましたが、結果的に満足いく価格で買い取って頂きました。ありがとうございます。
chat-img
お客様より
Sセーフティプラスの売却していただいたユーザーの車種画像
プリウス / Sセーフティプラス成約日:2024年2月
今まで車の売却にはいろいろ面倒な手続きや時間を要することが多いと考えていたが、ITを活用して上手くシステム化されており、またスタッフにも手際良く進めてもらえたので、想像以上にスムーズに進行し満足できる結果が得られた。
chat-img
お客様より
Gの売却していただいたユーザーの車種画像
プリウス / G成約日:2024年1月
色々他社で査定をして頂いたが、なかなか自身の希望する金額に届かず頭を抱えておりましたところ、セルカさんには1番高額な査定をして頂いたので感謝しております、ありがとうございます、またよろしくお願いします
chat-img
お客様より
Sの売却していただいたユーザーの車種画像
プリウス / S成約日:2024年1月
他社より数十万高く買い取っていただけたので、満足です。個人で数社相見積もりとるよりもオークションに出すことでより高値で売れるのでオススメです。また、不明点等、丁寧に対応いただき、サポート面も充実していました。

セルカのオークションは簡単!安心!最高値!

star_img

連絡・査定はセルカのみで
最大7,000社が
あなたの車に値付け!

star_img
連絡・査定はセルカのみで最大7,000社があなたの車に値付け!

セルカにお申込みをいただくと、セルカと提携している全国の車屋さんにあなたの愛車を見てもらえます。
バイヤー登録数は7,000社!
お客様への連絡はセルカからのみなので、しつこい営業電話をいろんな業者から受けたり、何回も査定を受ける手間がありません。

star_img

書類手続きやローンの
清算などもセルカサポートが
すべてフォロー!

star_img
書類手続きやローンの精算などもセルカサポートがすべてフォロー!

お車のご売約後に発生する、書類の提出等の諸手続きもセルカのサポート部隊がすべてフォローいたします。
お引渡しからご入金まで、他の業者さんなどと連絡をとっていただく必要は一切ありません。

star_img

通常の車買取ではかかる
中間業社の手数料が
かかりません!

star_img
通常の車買取ではかかる中間業者の手数料がかからない

一括査定などの買取業者はお車を買い取ったあと、車屋さんに再販します。
このときにかかる費用や買取業者の利益分が予め査定額から 引かれています。
セルカでは間に入る業者を飛ばして、実際に「この車がほしい!」という方に直接車を買ってもらうことができるため、買取業者が得ている利益や手数料をお客様に還元できます。

コラム編集部
監修SellCa車買取コラム編集部中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

ご利用の流れ

  • ステップ1
    無料査定申込み
    無料査定申込み
    フォーム、お電話にてお気軽にお申し込みください。
    お申込み後、担当より査定のお日にちのご連絡を差し上げます。
    しつこい営業電話はありません。
  • ステップ2
    査定
    査定
    ご自宅で査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分程度です。
    ※エリアによってはお伺いできない場合もありますのでご相談ください。
  • ステップ3
    オークションに出品
    オークションに出品
    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに出品すると、お客様の愛車をバイヤーが競り合います。バイヤー登録数はなんと7,000社。
  • ステップ4
    売却
    売却
    オークションで最高額を入札したバイヤーへ売却!
    愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。
    ※売却の際、必要書類をご準備いただきます。

車買取のおすすめコラム

その他のセダン(トヨタ)の買取実績一覧

トヨタの車種別買取参考相場

※買取相場価格は弊社が独自に統計分析した値であり実際の買取価格を保証するものではありません。
* 分析材料となるデータが少ないため車種別またはメーカー別の参考相場を表示しています。

中古車買取メーカー一覧

国内車メーカー一覧
輸入車メーカー一覧

ボディタイプごとの買取価格・査定相場一覧

セルカで高額売却できる理由

star_img
中間業者を大幅スキップ
star_img

セルカ独自の流通フロー

セルカは中古車流通の一般的なフローをスキップし高額売却を実現する革新的サービスです。

star_img

全国7,000社のバイヤー数

star_img
全国7,000社のバイヤー数

バイヤー数の数では日本有数!満足のいく取引が多数行われています。

star_img

安心の査定力

star_img
安心の査定力

セルカでは提携店、認定査定士を数多く有しているので、バイヤーが安心して入札できます。

star_img

買い叩き対面営業なし

star_img
買い叩き対面営業なし

セルカで競るのは値段のみ!営業電話は一切ありません!

star_img

楽ちん手続き

star_img
楽ちん手続き

セルカがお車の書類、代金の支払いなど全ての手続きを代行!安心してお取引き頂けます。

icon_phone
電話でお問い合わせ
9:00〜19:00
icon_bord_white
無料査定依頼
24時間受付