レクサス LXの買取相場・査定価格

car Image
レクサス LX の買取参考相場¥2,974,947 〜 ¥30,718,183
下取り価格¥2,766,701 〜 ¥29,796,638
年式2015年 〜 2023年
走行距離10,000km 〜 100,000km

※2024年7月現在

直近6ヶ月のセルカ最高買取額

LX

年式2023年8月 (1年落ち)/走行距離16 km/色ブラック/東京都/2024年2月査定

1702.8万円

LXのグレード別買取参考相場

※買取相場価格は弊社が独自に統計分析した値であり実際の買取価格を保証するものではありません。
* 分析材料となるデータが少ないため車種別またはメーカー別の参考相場を表示しています。

LXの走行距離別買取参考相場

走行距離買取参考相場実績
10,000km
537.33281.9万円
20,000km
387.62463.7万円
30,000km
423.91482.2万円
40,000km
395.71388.4万円
50,000km
371.01230.4万円
60,000km
196.21268.3万円
70,000km
415.12876.6万円
80,000km
308.51078.8万円
90,000km
391.8881.8万円

※買取相場価格は弊社が独自に統計分析した値であり実際の買取価格を保証するものではありません。
レクサス LX全体での買取相場価格を表示しております。

LXの年式別買取参考相場

※買取相場価格は弊社が独自に統計分析した値であり実際の買取価格を保証するものではありません。
レクサス LX全体での買取相場価格を表示しております。

レクサス・LXの高額買取・オークション実績

買取情報

レクサス LXを高く買い取ってもらうコツ

レクサス LXの人気グレード

レクサス LXの人気グレードは、「LX 570(8人乗り)」です。 レクサス LXは、単一グレードであるため、グレード選択ができませんが、乗車定員の選択ができます。 レクサス LX570は、3列シート8人乗りが通常の状態で、メーカーオプションを選択すると2列シート5人乗りにできます。 電動格納できる3列シートは、使い勝手の良さや多人数乗車ができる安心感などにより、中古車市場で人気があるといえるでしょう。 実はレクサス LXのように8人乗りが標準仕様というSUVは数が少なく、多くても7人乗りが基本です。 姉妹となるトヨタ ランドクルーザーが8人乗りモデルを設定している関係もありますが、この差別化は非常に魅力的です。 レクサス LXでは通常とは逆に、席数を減らすオプションが追加されており、用途に合わせてシート形状を選択することもできます。 しかし、前述のとおり、3列目は電動で格納できるのであえてオプションで席数を減らすメリットはないでしょう。 リセールバリューから考えても7~8人乗りのSUVのほうが買取価格は高いので、迷ったらそのまま8人乗り仕様のレクサス LXを購入することをおすすめします。 車格も大きく、3列だからといって積載量が減るわけでもありません。

レクサス LXの人気カラー

レクサス LXの人気カラーは「ソニッククォーツ」か「ブラック」の2択です。 中古車市場で数は多いものの、無難なカラーとしても人気が高く、レクサスらしい高級感を演出できることからも選ばれています。 むしろほかのボディカラーを探す方が難しいレクサス LXですが、ないことはないです。 ただ、価格は先に紹介した2色よりも安く抑えられています。 これは言い換えれば中古車として仕入れたときの価格が安いことを意味しています。 現に同じ年式で3万km以上異なるブラック(4万kmと仮定)したとき、1万km弱のほかのボディカラーのレクサス LXよりも50万円ほどの価格差があることがわかりました。 これからリセールバリューも込みでレクサス LXを購入しようと思っているのであれば、「ソニッククォーツ」か「ブラック」の2択になるでしょう。 乗り潰すつもりで別のカラーを選択するのもアリですが、無難にすることも選択肢のひとつとして覚えておいてください。

レクサス LXの人気オプション

レクサス LXの人気オプションは、「マークレビンソン リファレンスサラウンドサウンドシステム」と「リヤシートエンターテインメントシステム」です。 マークレビンソン リファレンスサラウンドサウンドシステムは、「コンサートホールや映画館で体験したあの感動を呼び覚ます」ことを哲学にしているマークレビンソンのオーディオユニットを搭載。 レクサス LXでは、19スピーカーシステムと独自の7.1chサラウンドにより、どの席でも同じ音色とサラウンド感を再現しています。 リヤシートエンターテインメントシステムは、運転席と助手席のシートバックに11.6インチの高精細ディスプレイが設置されるオプションです。 フロントシートのリクライニング角度に合わせて、ディスプレイの角度を調整することができるため、リアシートの乗員が楽に映像コンテンツなどを楽しむことができます。 実はレクサス LXにはオプションが5つしか設定されていません。 人気のもの以外では「おくだけ充電」「285/60R18タイヤ・アルミホイール」「275/50R21タイヤ・アルミホイール(切削光輝)」です。 機能面もドレスアップ面も重視したいなら、これらのオプションも装備しておくといいでしょう。 価値は「マークレビンソン リファレンスサラウンドサウンドシステム」と「リヤシートエンターテインメントシステム」には劣ってしまいますが、まったく価値がつかないわけでもありません。 むしろレクサスにドレスアップ面が追加されることには歓迎する節も一部ではあります。 もしこれらのオプションを持っている場合は、査定時に一緒に査定員に見せるようにしましょう。

レクサス LXの特徴

レクサス LXの概要

レクサス LXは、高級車ブランドレクサスが販売するフラッグシップSUVです。トヨタから販売されているランドクルーザーの姉妹車でもあります。 1996年の初代モデルから3代目の途中までは、アメリカを中心として海外市場専用モデルでしたが、2015年に行われたマイナーチェンジとともに、日本国内においても販売を開始。高級SUVの側面だけでなく、本格的なオフロード性能を備えていることが特徴です。 グレードは「LX570」のみですが、3列シート8人乗りと2列シート5人乗りを選択できます。 3連フルLEDヘッドランプの採用でレクサスらしさをSUVに加えた外観に人気が高まりました。 また、レクサスとしては初となる「LEDシーケンシャルターンシグナル」も搭載。 日本進出にあわせて従来にはない機能がそこかしこに追加されました。 V型8気筒エンジンにはスーパーインテリジェント8速ATが搭載され、動力損失を最小限に抑えた運転を実現しています。 排気量は5.7Lと大型で、この強力なエンジンとの組み合わせも魅力的です。 ドライブモードセレクトスイッチを搭載しており、状況に応じてパワートレインやシャシーの制御をコントロールできます。 自分の思いのままに走れることでも注目度の高い1台であり、ドライバーの好みに合わせてアレンジもできます。 また、「乗降モード」をレクサス車として初めて採用しました。 同乗者の乗り降りの際に車高を自動で調整するシステムのことで、SUVの先入観である「乗り降りしにくさ」を解消しています。 これらの機能からユーザーからの満足度も高く、高級車でありながら高い走破性を持っていることが人気であり続ける理由でもあります。

レクサス LXの魅力

レクサス LXの魅力はその高い走行性能と安全性能にあります。 姉妹車であるランドクルーザーと比較してもその排気量は桁違いに大きく、出力・トルクは377ps/534Nmという数値を記録。 これは同型の車の中でも高い数値に入り、多少の悪路走行でも文句なしの走りができます。 ランドクルーザーと同じく強靭なラダーフレームを採用している関係で、強固なボディも魅力的です。 昨今の高級SUVは軽量化の関係でラダーフレームを不採用とするか、もともと別のモデルだったものをSUVに仕立て上げた関係で、ラダーフレームを採用しているものは実は少ないのです。 事実、世界のSUVの中でもラダーフレームを採用しているのはジープをはじめとする一部車種のみ。 本当の意味でオフローダーと呼べる車は実は少ないと言えるでしょう。 しかし、レクサス LXはあえてラダーフレームを採用。 結果として車両重量は3t近くの重たいボディになったものの、それをものともしないエンジンで解決しています。 燃費はカタログ数値で6.6km/Lとよくはありませんが、オフローダーとしての性能の高さを重視するなら妥当と割り切るべきでしょう。 安全性能の面では、レクサスで初めて「Lexus Safety System+」を日本向けで採用したことから分かるとおり、非常に高い性能を誇っています。 特にオフロード時に制動性能を確保できる「マルチテレインABS&ブレーキアシスト」は魅力的。 道路状況に左右されることなく車とドライバー、そして同乗者の安全を守れる装備が実装されたのです。 もちろん、プリクラッシュブレーキやレーンディパーチャーアラートをはじめとする機能も充実しています。 街乗りでもオフロードでも安全で快適なドライブが楽しめる1台に仕上がっているのです。

レクサス LXの歴史

レクサス初のSUVとして登場したLX

1996年にデビューしたレクサス LXは、レクサス初のSUVとして北米で販売を開始しました。 姉妹車である80系ランドクルーザーとの違いは、本革シートや木目調パネルなどの上質なインテリア装備と専用デザインのエクステリアです。 80系ランドクルーザーに装備される背面のスペアタイヤは、レクサス LXに装着されていません。 発売していた当初こそあまり人気のなかったLX450ですが、現在では見直され、徐々に希少価値が高まっている車でもあります。 特に正規販売されていなかった日本では人気があり、ランドクルーザー80系と同じくカスタマイズのしやすさも手伝って今でも根強い愛好家がいる少し変わった車なのです。

日本では「シグナス」として販売された2代目LX

1998年にフルモデルチェンジをして2代目となったレクサス LXは、4灯のヘッドライトが特徴です。 日本では、「ランドクルーザー シグナス」として販売されました。 室内に本木目パネルやパワーシートなどが奢られ、LEDの車内灯類や暗視カメラなど先進的な装備を装着。 レクサスブランドにふさわしいラグジュアリー装備を惜しげもなく投入しています。 2代目が評価を得たことで、LX470のコードネームを持つこの車がレクサスのSUVとしての展開を後押し。 後年、3代目の途中から市場を日本にも拡大することになったのです。

日本への導入が始まった3代目LX

2007年に3代目となったレクサス LXは、5.7L V型8気筒エンジンを搭載。姉妹車200系ランドクルーザーとの差別化がされています。 2012年には、レクサスのアイコンとなる「スピンドルグリル」を採用。2015年にいよいよ日本への導入を開始します。

日本に導入された「LX570」

2015年に日本へ導入されたレクサス LXは、レクサスのフラッグシップSUVにふさわしい力強さと高級感が融合した内装・外装としています。 また、先進の空調システム「レクサス クライメイト コンシェルジュ」、降車時に自動で車高調整を行う「乗降モード」など、乗員の快適性に配慮した機能を標準装備しました。 エンジンは、トルクフルな5.7L V型8気筒で、8速オートマチック(8 Super ECT)トランスミッションの組み合わせです。 姉妹車200系ランドクルーザーよりも大きい排気量のエンジンと、段数が多いトランスミッションを搭載することで、差別化を図り、ゆとりある走りと快適性を実現しています。 また、レクサス初となるCUSTOMIZEモードを設定したドライブモードセレクトを採用し、オンロードからオフロードまで安定したドライビングを実現。 さらに、ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせ、異なる2つのセンサーで高い認識性能と信頼性を両立し、多面的な安全運転支援を可能にした予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を国内初採用しました。

レクサス LXのライバル車

レクサス LXのライバルは主に海外メーカーのSUVになります。 姉妹車のランドクルーザーと比較されることもありますが、そもそもコンセプトなどがまったく異なるため単純に比較できません。 そのため、想定されるライバルは主に輸入車のSUVになって来るのです。 初代LX450からずっと意識され続けられているであろう車が、メルセデス・ベンツAMG GLSとキャデラック・エスカレードの2台です。 メルセデスベンツ GLSは、2019年に新型が発表された1台で、大きさや燃費性能ではレクサス LXに勝っています。 高級車ブランドであるメルセデス・ベンツが手がけるSUVですが、本格オフローダーとしての側面を持つレクサス LXとは違って主に街乗りをメインに考えられています。 そのため両者を比較するとパワー不足感は否定できず、オフロード走行メインなのであればレクサス LXに軍配が上がるでしょう。 もう1台のライバルであるキャデラック エスカレードは現行モデルは2015年に登場した4代目で、昔は初代LXともよく比較された車です。 車体が大きく排気量も6.2Lと大きいため、パワーの面では圧勝しています。 しかし、アメリカ車特有のOHVエンジンであるためストップアンドゴーの多い日本の交通事情ではなかなかその高い性能を発揮しにくいデメリットがあります。 日本国内で走ることを考えると、レクサス LXのほうに分があると考えていいでしょう。

レクサス LX買取相場の傾向

レクサス LXの買取相場の傾向は乱高下を繰り返しています。 一般的に車の売却におすすめの時期である9月と3月を中心に上がり、それ以外は落ち着いてしまっている印象です。 レクサス LXに関しては、SUVであることから一気に価格が下がってしまうことはないのですが、それでも波があることは覚えておきましょう。 ただ、最近徐々に買取価格が上がりつつあります。 その理由は、4代目レクサス LX発売の噂が現実味を帯びてきたからです。 現在日本で発売されているのはレクサス LXとしては3代目ですが、販売開始からはすでに7年近くが経過しています。 モデルチェンジの周期が比較的早いレクサスにおいて、7年はひとつのターニングポイントでもあります。 また、姉妹車であるランドクルーザーが、2021年6月にフルモデルチェンジがワールドプレミアされたことも、レクサス LXのフルモデルチェンジの可能性を示唆しているのではないかと言われているのです。 ネット上には「内部情報のリーク」と銘打ったものも存在しますが正式な発表はまだありません。 しかし、周期的にもうそろそろモデルチェンジされてもおかしくないこと、姉妹車がモデルチェンジされることを考えるとレクサス LXもそう遠くない未来にモデルチェンジされる可能性もあるのです。 そうなれば中古車市場にはレクサス LXが増える可能性があります。 レクサスブランドであることとSUVという人気の高さからリセールバリューは高く、新車価格の3/4はある個体も珍しくありません。 5年落ち、7年落ちではそこまで行かないながらも、最近の傾向では2/3ほどの買取価格を記録したものもあります。 また、新型LXについてはまだ噂の段階であり、情報を鵜呑みにするにはまだ時期尚早です。 とはいえ、姉妹車のランドクルーザーのワールドプレミアの際に、ほかの車の登場も示唆するレクサス関係者のコメントもあるため、あながち嘘ではなさそうです。 発売時期は2021年秋~2022年秋と開きがありますが、だいたいこのあたりと言われています。 そうなると気になるのは今後の動向です。 現在徐々に上昇傾向にあるレクサス LXの買取相場ですが、今後さらに上昇する可能性があります。 セルカの中古車オークションでも2016年モデルのレクサス LXが780~860万円前後で買い取られています。 走行距離はそれぞれ1万kmずつ異なりますが、大きく値を落とすことなく取引が完了してるのです。 当社独自の買取システムで高額買取が実現しやすい特徴もありますが、今、レクサス LXが売り時とも見て取れます。 新車購入すれば納車までに2~3カ月を要することもあるため、新車購入よりも中古車にニーズがある点を考慮してもかなりの高額なので、手放しを検討している人は今すぐお問い合わせください。 今後問い合わせが増えると価格が下落する可能性があります。 もちろん、正式なモデルチェンジ情報が出てからでも遅くはないので、そのときに備えて手入れをしておくのもいいでしょう。

セルカで売却いただいたお客様の声

chat-img
お客様より
LX600 オフロードの売却していただいたユーザーの車種画像
LX / LX600 オフロード成約日:2024年6月
ディーラーの下取りより40万ぐらい高くなりました!いつも菊池さんにお世話になっているので、やっと貢献できて良かったです。最初はコールが無く少し焦りましたが最後に一気にきてビックリしました!2回目で売れると思っていなかったので良かったです!
chat-img
お客様より
LX600の売却していただいたユーザーの車種画像
LX / LX600成約日:2024年5月
中古車買取市場が、落ち着いた中、担当Nさんに頑張っていただき、まめな、連絡いただきギリギリまで業者さんと交渉していただきました 特殊なくるまでしたが、希望がくに近い金額で成立しました 依頼するのが、もっと早ければ良かったとも考えます 売却は、家族。友人や知り合いにも、オークションセルカを勧めます。 引き続きよろしくお願いします
chat-img
お客様より
LX570ブラックシークエンスの売却していただいたユーザーの車種画像
LX / LX570ブラックシークエンス成約日:2024年5月
あんまり上がらなくて残念😢 でも相場の値段は取れたと思うのでこの金額で及第点です。 セルカさんのサポートで満足しているのは売りに出す速さでした。事業用に現金が欲しかったので、直ぐに現金化できたのにはとても満足しています。
chat-img
お客様より
LX570の売却していただいたユーザーの車種画像
LX / LX570成約日:2024年1月
落札金額は満足しています。元々買取業者を利用するつもりでしたので入金までの時間は前倒しになるとありがたいとは思いますが、利用者側の問題ですので次回利用時はそれも踏まえたスケジュールで動けば良いと考えています。査定の方も分かり易い説明ですし、何よりコールセンターの方の対応が買取業者と比べ物にならないくらい親切丁寧です。また実際のオークションですが動画説明の様に上手くいくのか疑っていましたし、ラスト1分まで動きも少なく諦めモードでしたが最後は一気に跳ね上がりました。かなり興奮もしましたし次回以降も是非利用したいと考えています。
chat-img
お客様より
LX570ブラックシークエンスの売却していただいたユーザーの車種画像
LX / LX570ブラックシークエンス成約日:2023年5月
まず初めに大変よろこんでおります。ありがとうございました。買い取り相場の下落が始まって焦っていましたところ、相場よりも高い値段になり満足しています。オークション途中はあまり金額上がらないなと思いましたが終了間際にドンドン値上がりしてメールの着信が連発したので少し興奮しました。今回は乗り換えの売却ですが数年後売却の際はまた宜しくお願いいたします。担当の方の親切な対応感謝申し上げます。ありがとうございました。

セルカのオークションは簡単!安心!最高値!

star_img

連絡・査定はセルカのみで
最大7,000社が
あなたの車に値付け!

star_img
連絡・査定はセルカのみで最大7,000社があなたの車に値付け!

セルカにお申込みをいただくと、セルカと提携している全国の車屋さんにあなたの愛車を見てもらえます。
バイヤー登録数は7,000社!
お客様への連絡はセルカからのみなので、しつこい営業電話をいろんな業者から受けたり、何回も査定を受ける手間がありません。

star_img

書類手続きやローンの
清算などもセルカサポートが
すべてフォロー!

star_img
書類手続きやローンの精算などもセルカサポートがすべてフォロー!

お車のご売約後に発生する、書類の提出等の諸手続きもセルカのサポート部隊がすべてフォローいたします。
お引渡しからご入金まで、他の業者さんなどと連絡をとっていただく必要は一切ありません。

star_img

通常の車買取ではかかる
中間業社の手数料が
かかりません!

star_img
通常の車買取ではかかる中間業者の手数料がかからない

一括査定などの買取業者はお車を買い取ったあと、車屋さんに再販します。
このときにかかる費用や買取業者の利益分が予め査定額から 引かれています。
セルカでは間に入る業者を飛ばして、実際に「この車がほしい!」という方に直接車を買ってもらうことができるため、買取業者が得ている利益や手数料をお客様に還元できます。

コラム編集部
監修SellCa車買取コラム編集部中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

ご利用の流れ

  • ステップ1
    無料査定申込み
    無料査定申込み
    フォーム、お電話にてお気軽にお申し込みください。
    お申込み後、担当より査定のお日にちのご連絡を差し上げます。
    しつこい営業電話はありません。
  • ステップ2
    査定
    査定
    ご自宅で査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分程度です。
    ※エリアによってはお伺いできない場合もありますのでご相談ください。
  • ステップ3
    オークションに出品
    オークションに出品
    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに出品すると、お客様の愛車をバイヤーが競り合います。バイヤー登録数はなんと7,000社。
  • ステップ4
    売却
    売却
    オークションで最高額を入札したバイヤーへ売却!
    愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。
    ※売却の際、必要書類をご準備いただきます。

車買取のおすすめコラム

人気車種

その他のSUV・クロスカントリー・ライトクロカン(レクサス)の買取実績一覧

レクサスの車種別買取参考相場

※買取相場価格は弊社が独自に統計分析した値であり実際の買取価格を保証するものではありません。
* 分析材料となるデータが少ないため車種別またはメーカー別の参考相場を表示しています。

中古車買取メーカー一覧

国内車メーカー一覧
輸入車メーカー一覧

ボディタイプごとの買取相場・査定価格一覧

セルカで高額売却できる理由

star_img
中間業者を大幅スキップ
star_img

セルカ独自の流通フロー

セルカは中古車流通の一般的なフローをスキップし高額売却を実現する革新的サービスです。

star_img

全国7,000社のバイヤー数

star_img
全国7,000社のバイヤー数

バイヤー数の数では日本有数!満足のいく取引が多数行われています。

star_img

安心の査定力

star_img
安心の査定力

セルカでは提携店、認定査定士を数多く有しているので、バイヤーが安心して入札できます。

star_img

買い叩き対面営業なし

star_img
買い叩き対面営業なし

セルカで競るのは値段のみ!営業電話は一切ありません!

star_img

楽ちん手続き

star_img
楽ちん手続き

セルカがお車の書類、代金の支払いなど全ての手続きを代行!安心してお取引き頂けます。

icon_phone
電話でお問い合わせ
9:00〜19:00
icon_bord_white
無料査定依頼
24時間受付