ランドローバー ディフェンダーの買取価格・査定相場

car Image
ランドローバー ディフェンダー の買取参考相場¥1,849,955 〜 ¥21,041,655
下取り価格¥1,664,960 〜 ¥19,779,155
年式2002年 〜 2023年
走行距離10,000km 〜 600,000km

ディフェンダーのグレード別買取参考相場

※買取相場価格は弊社が独自に統計分析した値であり実際の買取価格を保証するものではありません。
* 分析材料となるデータが少ないため車種別またはメーカー別の参考相場を表示しています。

ディフェンダーの年式別買取参考相場

年式買取参考相場
2002年¥2,267,582¥8,820,720
2004年¥2,341,250¥8,527,750
2005年¥1,971,657¥8,778,024
2020年¥2,620,141¥12,540,551
2021年¥2,588,587¥19,841,940

※買取相場価格は弊社が独自に統計分析した値であり実際の買取価格を保証するものではありません。
※$ランドローバー$ ディフェンダー全体での買取相場価格を表示しております。

ランドローバー・ディフェンダーの高額買取・オークション実績

ディフェンダーの買取情報

chervon-down

ランドローバー ディフェンダーを高く買い取ってもらうコツ

ランドローバー ディフェンダーの人気グレード

ランドローバー ディフェンダーは、ロングホイールベース「110」の人気が高く、次いでショートホイールベースの「90」の順になっています。

ディフェンダーは、1990年に「ディフェンダー」の名が与えらましたが、ディフェンダーとなる前からホイールベース長の違いで「90」、「110」、「127(130)」の3種類をラインナップしていました。

日本に導入されたディフェンダーは、「90」と「110」の2種類です。ショートホイールベースの「90」は3ドア、ロングホイールベースの「110」は5ドアとなっています。

買取りでは、リアシートへのアクセスや積載性の面からロングホイールベースの「110」の人気が高いといえるでしょう。しかし実際の買取額を見ると、ロングホイールベースの「110」とショートホイールベースの「90」の価格差は大きくありません。

ディフェンダーは、ランドローバーが長い時間をかけて積み上げてきた歴史や信頼性が買取りにおいて評価されているため、グレードによる価格差は大きくないといえるでしょう。

ランドローバー ディフェンダーの人気オプション

ランドローバー ディフェンダーの人気オプションは、タフな印象を高める装備や質感を高める装備が人気です。

タフな印象を高める装備には、ヘッドライトガードやサイドステップなどがあります。 また、車両によっては大幅な改造を施し、ポップアップルーフが装着されたディフェンダーも出回っているようです。

2代目ディフェンダーでは、レザーシートやツートーンルーフ、パノラミックルーフなど、多彩なオプションが用意されます。 2代目では、ディフェンダーの特徴でもある背面タイヤのバリエーションも豊富です。

ディフェンダーのオプションについては、純正のみならず、社外品パーツであっても人気があります。そのため、オプションを装着したまま買取査定に出し、トータル評価してもらう方が高値になることもあるでしょう。

ランドローバー ディフェンダーの人気ボディカラー

ランドローバー ディフェンダーは、「ブラック」が非常に高い人気となっています。 次いで、「ホワイト」、「ダークグリーン」や「シルバー」です。

ディフェンダーは、アルミニウムのパリッとしたボディを使っており、ブラックの塗装がされることで、艶やかで高級感かある仕上がりになっています。 本格的なSUVであるディフェンダーは、質感の高い車としての評価もされるため、高級感あるイメージになるブラックが人気だといえるでしょう。

また、エレガントで各パーツのコントラストがはっきりするホワイトも人気です。 人気ボディカラーの「ブラック」と「ホワイト」は、査定においてプラス評価になる要素であるため、ボディカラーに悩んだら「ブラック」か「ホワイト」を選んでおくと良いでしょう。

さらに、本格SUVとしてのキャラクターを際立たせるダークグリーンやシルバーといった塊感を演出するボディカラーも人気です。 ブラックやホワイトといった人気ボディカラーの方が買取りでは有利になりやすいですが、歴史に裏打ちされたディフェンダーの優れた走破性能や信頼性が評価されるため、他のボディカラーであっても大きな値下がりはしにくいです。

ランドローバー ディフェンダーを高く売るためのアドバイス

ランドローバー ディフェンダーを高く売るためには、本格SUVとしての優れた走破性能を発揮できる状態を維持しておくことが大切です。

ディフェンダーは、長い歴史があるだけでなく、世界中から絶大な信頼を集めるSUVであるため、エンジンやトランスミッション、サスペンションや下まわりコンディションを良好な状態にしておくことが高く売るためのコツとなります。

少しでも高い価格で買い取ってもらうためにも、定期点検や走行状態・環境に応じた手入れを実施し、メンテナンスをした証拠を保管しておきましょう。

加えて、シートやインテリアのパネルなど内装をきれいな状態に保ち、サビや汚れがないように外装のメンテナンスしておくと、買取時に高い評価になる可能性が高いです。

ディフェンダーは、定期的な点検・メンテナンス、洗車や車内清掃が高額買取のポイントといえるでしょう。

ランドローバー ディフェンダーの特徴

ランドローバー ディフェンダーツの概要

ランドローバー ディフェンダーは、1948年から製造している本格SUVです。 デビュー当初は「ディフェンダー」という名ではなく、「ランドローバー シリーズ1」として販売されていました。 以降、マイナーチェンジに合わせて「シリーズ2」、「シリーズ3」と車種名を変更していきます。 そして、「シリーズ3」の時に、ホイールベースの長さが車種名として採用され、「ランドローバー 90」や「ランドローバー 110」となりました。その後、ランドローバーから「ディスカバリー」が販売された翌年1990年に「ディフェンダー」という車種名になります。

ディフェンダーは、ランドローバーを代表する本格SUVとなり、世界の軍用車両や警察車両などにも採用されるほどの信頼性が特徴です。 しかし、1948年から続いてきたディフェンダーは、2016年に生産を終了。68年にわたり基本設計を変更することなく作り続けられました。

2019年には2代目となる新型ディフェンダーを発表。2020年から日本でも2代目ディフェンダーの受注を開始しました。 2021年6月現在も2代目ディフェンダーの販売が継続しています。

ランドローバー ディフェンダーの歴史

ランドローバー ディフェンダーは、1948年「ランドローバー シリーズ1」として登場した本格SUVです。オフロードをはじめとした悪路走破性能に優れたラダーフレームを採用し、アルミニウムで作られたボディを採用しています。頑丈なボディ、無骨なスタイル、優れた走破能力によって、世界中の軍用車両や警察車両に多く採用されました。

バリエーションは、ホイールベースの長さの違いで、90インチのショートホイールベース、110インチのミディアムホイールベース、127インチのロングホイールベースの3種類を展開。また、ピックアップトラックやバンの製造も行われていました。

改良を重ね「シリーズ3」として販売されている途中で、車種名を「ランドローバー 90」、「ランドローバー 110」、「ランドローバー 127」へ変更。同時にサスペンションやインテリアの変更が行われ、モダンなスタイリングとなりました。

そして、1990年に今でも使われている車種名「ディフェンダー(DEFENDER)」に変更します。

1997年、ディフェンダーの正規輸入を開始。導入されたのはショートホイールベースの「ディフェンダー90」で、500台限定で輸入されました。翌年1998年には「ディフェンダー 90SW 50周年記念モデル」が450台限定で輸入されます。

日本に輸入された「ディフェンダー 90/ディフェンダー 90SW 50周年記念モデル」には、4.0リッター(3950cc)のV型8気筒ガソリンエンジンが搭載され、4速ATが組み合わされました。

2002年、「ディフェンダー 110SW」の導入を開始します。また、ダブルピックアップモデルが「ディフェンダーブラック」として50台限定で輸入されました。2003年には、「ディフェンダー 110SE」と「ディフェンダー 110S」の導入を開始します。

日本に導入された「ディフェンダー 110」は全て2.5リッター直列5気筒のディーゼルターボエンジンが搭載され、5速MT、右ハンドルのみとなっています。

2013年、衝突安全性能や排気ガス規制への対応が難しくなったことを理由に、2015年末をもって生産することを発表。2016年1月に最後のディフェンダーがラインオフし、68年にわたり続いてきたディフェンダーの生産が完全終了となりました。

しかし、2018年、ランドローバー70周年記念として「ディフェンダー ワークスV8」を発表。5.0リッターV型8気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載し、150台限定で販売されました。

2019年、フランクフルトモーターショーで新型となる「ディフェンダー(DEFENDER)」をワールドプレミアします。新型ディフェンダーは、42度の傾斜を駆け下りるダイナミックなパフォーマンスを披露してモーターショーの会場に登場しました。

2代目ディフェンダーは、無骨なシルエットを継承し、一目でディフェンダーとわかるタフなデザインを採用。また、スタイリングのみならず、走行性能においても従来型に引けをとらない走破能力を備えています。また、ユーザーの好みに合わせたパーソナライズをすることも特徴です。

2代目ディフェンダーのデリバリーは、5ドアの「ディフェンダー 110」から始まり、3ドアのショートホイールベース「ディフェンダー 90」、商用車モデルを展開する予定であることが発表されました。

2020年、日本でも2代目ディフェンダーの受注が開始されます。バリエーションは、「90(ナインティ)」と「110(ワンテン)」の2種類で、「ディフェンダー 90」が3ドア5人乗り、「ディフェンダー 110」が5ドア5人乗りもしくは3列目を追加して5+2シートにすることが可能です。グレードは、「DEFENDER」、「S」、「SE」、「HSE」と、製造開始から1年間限定の「FIRST EDITION」を用意。

さらに、日本市場向けとして、「ディフェンダー」もしくは「ディフェンダー SE」をベースモデルとした「CURATED SPEC(キュレイテッドスペック)」を展開。キュレイテッドスペックは、「90 ファブリックシート仕様」、「90 レザーシート仕様」、「110 ファブリックシート 5人シート仕様」、「110 ファブリックシート 7人シート仕様」、「110 レザーシート 7人シート仕様」の5種類となっています。

2代目ディフェンダーでは、フローリングに丈夫なラバー素材を採用しているため、汚れても清掃しやすく、アウトドアなどにも対応しています。また、ルーフの走行時積載重量は最大168kg、停車時は最大300kgとなっているため、さまざまな用途の荷物を積みこむことも可能です。

さらに、2代目ディフェンダーでは多様なパーソナライゼーションをすることができ、170種類にもおよぶ豊富なアクセサリーから、目的や好みに合わせて装備を選択できます。それだけでなく、オプションや機能を盛り込んだ4種類のアクセサリーパック「EXPLORER PACK(エクスプローラーパック)」、「ADVENTURE PACK(アドベンチャーパック)」、「COUNTRY PACK(カントリーパック)」、「URBAN PACK(アーバンパック)」も展開しています。

エンジンは、2.0リッター直列4気筒インジニウムガソリンエンジン(最高出力300ps/最大トルク400Nm)を搭載。スタートストップ機能や回生エネルギーの再利用など、最新テクノロジーを多数採用しています。

さらに、2代目ディフェンダーでは、エマージェンシーブレーキ、レーンキープアシスト、クルーズコントロール機能を装備した先進運転支援システム(ADAS)を取り入れているのも特徴です。

2代目ディフェンダーのインフォテインメントシステムには、「Pivi Pro」を採用します。タッチスクリーンにより直観的かつユーザーフレンドリーな操作が可能です。また、音声での操作も充実し、常時インターネットに接続されているため、多様なオンラインサービスを車内で楽しむことができます。さらに、AIがドライバーの好みのルートを学習し、ドライバーに合わせたルート案内をすることも可能です。

加えて、Software-Over-The-Air(SOTA)テクノロジーが進化し、リモートでアップデート情報を受信できる14の独立モジュールを搭載。ディーラーでのアップデートの必要がなく、迅速に車両の更新をすることができます。

ボディは、軽量アルミニウムのモノコック構造としており、新しいアーキテクチャー「D7x」を採用。ランドローバー史上最も頑丈なボディ構造となっています。従来のラダーフレーム構造と比較して、3倍のねじり剛性を確保しながら軽量化を実現しているのです。ディフェンダーファンの間で賛否両論あるモノコックボディですが、優れた走行性能によってディフェンダーファンも納得できる仕上がりになっています。

走行面では、ランドローバー伝統のフルタイム4輪駆動(AWD)を採用しているため、砂地や草地、雪道などの厳しい環境・路面でも前輪と後輪のトルク配分を調整し、安定した走りを実現。路面状況に応じてサスペンション、トランスミッション、トラクションなどの車両設定を自動制御するテレイン・レスポンス2には、「オンロード」・「草/砂利/雪」・「泥/轍」・「砂地」・「岩場」・「渡河走行」の6種類のモードがあり、オンロードとオフロードの両方で卓越した走りを発揮します。また、ランドローバー初となる、「コンフィギュラブル・テレイン・レスポンス」で、用途や好みに合わせてドライバー自身がテレイン・レスポンスの設定をカスタマイズすることも可能です。

ディフェンダー 90にオプションとして設定され、ディフェンダー110に標準装備となる電子制御エアサスペンションは、快適性と走行性を両立。標準高より40mm低い車高から、最大で標準車高+145mmまで、幅広い範囲で車高を設定することができ、乗り降りをスムーズにするだけでなく、オフロードでの走破性を高いレベルまで引き上げます。

本格的なSUVの条件となる最大渡河水深は900mmを実現し、3Dサラウンドカメラとウェイドセンシングが水深の把握をサポートしてくれます。

2代目ディフェンダーの日本デビュー当時のラインナップは、「ディフェンダー 90」と「ディフェンダー 110」の2種類。両モデル共に「ディフェンダー」、「ディフェンダー S」、「ディフェンダー SE」、「ディフェンダー HSE」の4グレード展開となっています。

ランドローバー ディフェンダー買取相場の傾向

ランドローバー ディフェンダーの買取相場は、2021年6月時点で、初代・2代目共に300万円以上となっています。

初代ディフェンダーは、1948年から続いてきた長年の歴史があるモデルであることから、希少性やブランド性が評価されるため、高値で買取りされている傾向です。 また、ラダーフレームを採用している初代モデルは、ホイールベース長の違いによる価格差は大きくありません。

2代目ディフェンダーも現時点(2021年6月時点)でホイールベース長による買取額の差は大きくないようです。 今後、時間の経過とともに、価格変動があるかもしれません。

アルミニウムのモノコックボディを採用した2代目ディフェンダーは、ボディ骨格に大きな変更があったものの、長い時間をかけて積み上げてきたディフェンダーブランドという信頼性が日本のみならず世界中で評価されているため、高額買取されているといえるでしょう。

今後流通台数が多くなると予想できる2代目ディフェンダーは、数多くのオプションから好みのアイテムを選ぶことができます。 オプションには、レザーシートやサンルーフなど買取時にプラス評価となる装備もあるため、高額買取を狙うのであれば、プラス評価となるアイテムを装着しておくと良いでしょう。

その他にもサイドマウントギアキャリア、エクスペディションルーフラック、デプロイアブルルーフラダー、インフレータブルウォータープルーフオーニング、ポータブルシャワーシステム、バイクキャリア(自転車用)、シートバックパック、インテグレーテッドエアコンプレッサー、ペットパックなど多数のアイテムが純正オプションとして用意されています。

ディフェンダーの個性やユーティリティを向上させる純正オプションは、買い取ってもらうときに高い評価となりますいため、必要に応じて装着しておくと良いでしょう。

また、エンジンやサスペンションなど機械系のメンテナンスをして、ディフェンダーが持つポテンシャルをフルに発揮できる状態を維持しておくと、買取りでも高い評価を受けられるでしょう。 ディフェンダーは、装備の充実度だけでなく、定期的な点検や整備、走行状態や使用環境に応じたメンテナンスを欠かさずに行い、良好なコンディションをキープし続けておくことが大切です。 整備した記録となる「点検整備記録簿」をはじめ、「保証書」や「取扱説明」などの書類関連は失くさずに大切に保管しておきましょう。

そして、より高額で売却したいのであれば、独自の買取システムを導入しているセルカにおまかせください。 セルカなら、ディフェンダーを求める多くのバイヤーが、オークションによって買取額を競り上げていきます。買取額が上がっていくという新しい売却体験をできるのは、セルカ独自のシステムでなければできません。 あなたもセルカが提供する新しい買取システムで新しい売却体験をしてみませんか。

セルカで売却いただいたお客様の声

chat-img
お客様より
90の売却していただいたユーザーの車種画像
ディフェンダー / 90成約日:2024年1月
売約までの手順は分かりやすく対応して頂いた。思い入れのある車で有り、必要な次の方にきちんと届けて貰える事が最大のメリットだと思います。決して簡単に扱える車では無いため今回対応して頂き感謝して居ますが、是非次の方へ安全に乗り継いで欲しいと思います。

セルカのオークションは簡単!安心!最高値!

star_img

連絡・査定はセルカのみで
最大7,000社が
あなたの車に値付け!

star_img
連絡・査定はセルカのみで最大7,000社があなたの車に値付け!

セルカにお申込みをいただくと、セルカと提携している全国の車屋さんにあなたの愛車を見てもらえます。
バイヤー登録数は7,000社!
お客様への連絡はセルカからのみなので、しつこい営業電話をいろんな業者から受けたり、何回も査定を受ける手間がありません。

star_img

書類手続きやローンの
清算などもセルカサポートが
すべてフォロー!

star_img
書類手続きやローンの精算などもセルカサポートがすべてフォロー!

お車のご売約後に発生する、書類の提出等の諸手続きもセルカのサポート部隊がすべてフォローいたします。
お引渡しからご入金まで、他の業者さんなどと連絡をとっていただく必要は一切ありません。

star_img

通常の車買取ではかかる
中間業社の手数料が
かかりません!

star_img
通常の車買取ではかかる中間業者の手数料がかからない

一括査定などの買取業者はお車を買い取ったあと、車屋さんに再販します。
このときにかかる費用や買取業者の利益分が予め査定額から 引かれています。
セルカでは間に入る業者を飛ばして、実際に「この車がほしい!」という方に直接車を買ってもらうことができるため、買取業者が得ている利益や手数料をお客様に還元できます。

コラム編集部
監修SellCa車買取コラム編集部中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

ご利用の流れ

  • ステップ1
    無料査定申込み
    無料査定申込み
    フォーム、お電話にてお気軽にお申し込みください。
    お申込み後、担当より査定のお日にちのご連絡を差し上げます。
    しつこい営業電話はありません。
  • ステップ2
    査定
    査定
    ご自宅で査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分程度です。
    ※エリアによってはお伺いできない場合もありますのでご相談ください。
  • ステップ3
    オークションに出品
    オークションに出品
    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに出品すると、お客様の愛車をバイヤーが競り合います。バイヤー登録数はなんと7,000社。
  • ステップ4
    売却
    売却
    オークションで最高額を入札したバイヤーへ売却!
    愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。
    ※売却の際、必要書類をご準備いただきます。

車買取のおすすめコラム

その他のSUV・クロスカントリー・ライトクロカン(ランドローバー)の買取実績一覧

その他のピックアップトラック(ランドローバー)の買取実績一覧

その他のSUV・クロスカントリー・ライトクロカン(ランドローバー)の買取実績一覧

その他のピックアップトラック(ランドローバー)の買取実績一覧

ランドローバーの車種別買取参考相場

※買取相場価格は弊社が独自に統計分析した値であり実際の買取価格を保証するものではありません。
* 分析材料となるデータが少ないため車種別またはメーカー別の参考相場を表示しています。

中古車買取メーカー一覧

国内車メーカー一覧
輸入車メーカー一覧

ボディタイプごとの買取価格・査定相場一覧

セルカで高額売却できる理由

star_img
中間業者を大幅スキップ
star_img

セルカ独自の流通フロー

セルカは中古車流通の一般的なフローをスキップし高額売却を実現する革新的サービスです。

star_img

全国7,000社のバイヤー数

star_img
全国7,000社のバイヤー数

バイヤー数の数では日本有数!満足のいく取引が多数行われています。

star_img

安心の査定力

star_img
安心の査定力

セルカでは提携店、認定査定士を数多く有しているので、バイヤーが安心して入札できます。

star_img

買い叩き対面営業なし

star_img
買い叩き対面営業なし

セルカで競るのは値段のみ!営業電話は一切ありません!

star_img

楽ちん手続き

star_img
楽ちん手続き

セルカがお車の書類、代金の支払いなど全ての手続きを代行!安心してお取引き頂けます。

icon_phone
電話でお問い合わせ
9:00〜19:00
icon_bord_white
無料査定依頼
24時間受付