718ボクスターの買取実績相場

現在の買取参考相場
¥2,848,926〜¥10,822,338
3年落ち以下
¥3,184,089〜¥10,822,338
5年落ち以下
¥2,848,926〜¥7,765,064

別グレードの買取参考相場

グレード 買取相場価格
718ボクスター ¥2,848,926〜¥10,977,483
718ボクスターS ¥3,465,817〜¥9,553,535
718ボクスターGTS ¥4,694,004〜¥14,978,203

連絡・査定はセルカのみで
最大6000社があなたの車に値付け!

セルカにお申込みをいただくと、セルカと提携している全国6000社の車屋さんにあなたの愛車を見てもらえます。
お客様への連絡はセルカからのみなので、しつこい営業電話をいろんな業者から受けたり、何回も査定を受ける手間がありません。

書類手続きやローンの精算なども
セルカサポートがすべてフォロー!

お車のご売約後に発生する、書類の提出等の諸手続きもセルカのサポート部隊がすべてフォローいたします。
お引渡しからご入金まで、他の業者さんなどと連絡をとっていただく必要は一切ありません。

通常の車買取ではかかる
中間業者の手数料がかかりません!

一括査定などの買取業者はお車を買い取ったあと、車屋さんに再販します。このときにかかる費用や買取業者の利益分がが予め査定額から引かれています。
セルカでは間に入る業者を飛ばして、実際に「この車がほしい!」という方に直接車を買ってもらうことができるため、買取業者が得ていた利益や手数料をお客様に還元できます。

ポルシェ 718ボクスターを高く買い取ってもらうコツ

ポルシェ 718ボクスターの人気グレード

ポルシェ 718ボクスターの人気グレードは「ベースグレード」と「S」の2つです。
718ボクスターから水平対向ターボエンジンが搭載され、事実上のダウンサイジングを受けて名称が変更されました。
同じエンジンを搭載するモデルに 718ケイマン がありますが、こちらはトップ部分は開かない、オーソドックスなボディ形状をしています。
718ボクスターの「ベースグレード」と「S」の違いは排気量です。
「ベースグレード」が2.0Lなのに対し、「S」は2.5Lに設定されました。
718ボクスターにはもう1台「GTS」も存在していますが、2017年発売とまだ新しく、中古車市場ではあまり流通していません。
そもそも、ポルシェそのものの流通台数が少ないことも関係しているかもしれませんが、中古車市場にそれなりの台数出てくるのはもう少し先になる可能性もあるでしょう。
対して、現在流通している2種類は、新車価格が比較的リーズナブルなため生産台数もそこそこ存在しています。
結果、「ベースグレード」と「S」が中古車市場のボリュームゾーンとなっているのです。
人気車種なのでグレードによるリセールバリューに大きな差はありませんが、金額面を見ると「S」が、新車価格からの残価率でいえば「ベースグレード」が高額買取には優位な状況です。

ポルシェ 718ボクスターの人気カラー

ポルシェ 718ボクスターの人気カラーはホワイト系、ブラック系とレッド系の3色です。
レッド系以外のボディカラーは、ほかの車でも選ばれるボディカラーであり、非常に人気が高いもの。
特にホワイト系はソフトトップとのグラデーションや、汚れの目立ちにくさが人気の理由になっています。
また、清潔感と高級感を両立させることができるボディカラーでもあるので、ポルシェのような高級輸入車では特に人気の高いボディカラーなのです。
ブラック系も同様に高級感を醸し出せるボディカラーではあるものの、ちょっとした汚れでも目立ってしまう可能性があります。

また、レッド系が上位に入っていますが、これはスポーツカー特有の傾向といっていいでしょう。
多少派手なボディカラーであっても受け入れられやすいことから選ばれることもあり、目立ちたいというオーナーには人気のカラーです。
スポーティーでアクティブな印象から購入希望者も多く、ほかの車に比べてリセールバリューが高いという特徴もあります。

また、718ボクスターは内装色も選択できる仕様です。
ボディカラーとの組み合わせ次第で印象が様変わりしますが、特に人気が高い「アゲートグレー」「ブラック/クレヨン」であれば高価買取も狙えるでしょう。

ポルシェ 718ボクスターの人気オプション

ポルシェ 718ボクスターのオプションについては、大前提として押さえておくべきことがあります。
それは標準装備はほぼなにもついていないという点です。
718ボクスターの新車価格は、ほかのポルシェのラインナップよりもリーズナブルで、購入のハードルが低そうに見えます。
しかし、一般の自動車の間隔で購入すると、その機能の乏しさにびっくりすることでしょう。
現在では主流になったオートエアコンもオプションでの購入になるので無理はありません。
つまり、オプションが数多くついている718ボクスターは、言い換えれば多額の費用を追加していることになります。
そのなかでも特に「オートエアコン」「スポーツクロノ・パッケージ」「レーンチェンジアシスト」の3つが人気があります。
また、トランスミッションの変更ができ、AT限定免許でも運転可能になる「PDK(ポルシェ・ドッペルクップリング)」もオプションですが、装備して入れば高額買取を期待していいでしょう。
標準仕様が6速MTであることから購入をあきらめている購入希望者から人気があるからです。
これ以外のオプションについても高い人気を誇るものがたくさんあります。
査定の際にどんなオプションがついているのかを査定員に伝えてチェックしてもらいましょう。

ポルシェ 718ボクスターの特徴

ポルシェ 718ボクスターの概要

ポルシェ 718 ボクスターは、 2016 年に登場したロードスタースタイルのオープンカーです。
エクステリアは、ポルシェ伝統の離れ目で出目金な楕円形ヘッドランプ、アッパーグリルレスなマスク、フロントスカートと後輪付近には大きなエアインテークが開けられ、車両の前後のオーバーハングが短く整えられたスタイリングが特徴的です。
ボンネット先端には、金色に輝くロゴマークが付与されており、オープンカーな車体全体からは強い主張が感じられます。
インテリアは、 2 シーターで交際相手やパートナーとの 2 人だけの空間を愉しむのにぴったりです。

ステアリングやエアダクト、シフトやセンターコンソール、ドアトリム付近などにシルバーメッキが見られ、全体的にはスポーティなデザインながら高級感も感じられる内装に仕上げられます。
エンジンを中央に搭載したミッドシップ構造が特徴的で、車体後部のトランクのほかフロントボンネットを開けるとそこには 2 つ目のトランクルームが存在します。
そのため思いのほか大量の荷物を積載でき、日常のお買い物からおみやげ付きのちょっとしたドライブ旅行まで幅広く活用できる車です。

エンジンは、剛性が高く回転や重量バランスに優れる堅牢な水平対向型を搭載。
伝統の 6 気筒ナチュラルエンジンから 4 気筒ターボエンジンが主力なモデルへと変貌をとげています。
エンジンサウンドは変化しましたが出力性能は先代を上回っており、準ライトウェイトスポーツカーとして軽快な走りを堪能することができます。

足回りでは、前後輪ともに軽量・省スペースでハンドリング性能に優れるマクファーソンストラット式サスペンションを長らく採用してきました。
これに電子制御式の可変ダンパー「ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネジメントシステム」(オプション)を組みあわせるとコンフォートな乗り心地の「ノーマルモード」、引き締まった設定で操舵に対して俊敏な反応を見せる「スポーツモード」とスイッチ 1 つで切り替えて走行できます。

ブレーキは前後輪ともに制動力の強いディスク式を搭載し、フロントが軽い車体でも瞬時にストップ&スタートをきることが可能です。
電動式のトップは時速 50km/h であれば走行中であっても開閉することができ、開閉作業にかかる時間はおよそ 9 秒ほどと突然の悪天候にも問題なく対応できる仕様となっています。

購買層の傾向や中古車市場の動向としては、シングルの若者からミドル世代、子育てを終えたシニア世代に人気で、ポルシェブランドのネームバリューも相まってリセール時の残価率は高めになっています。

ポルシェ 718ボクスターの魅力

ポルシェ 718ボクスターの魅力は、耐久性が非常に高いこと、一般的なスポーツカーよりも活躍できる場面が多いことの2点です。
耐久面に関しては、輸入車がから壊れやすいというイメージを持っている人もいるでしょう。
実際、海外自動車メーカーの車の耐久性に関しては、懐疑的な人が多いことも事実です。
しかし、ポルシェは昔から耐久性が高いことで夢いな自動車のブランド。
2017年にアメリカで実施されたユーザー向けの調査では、レクサスと同率1位を獲得するほど高い耐久性を評価された形です。
アメリカでは数十年前に生産されたポルシェ車が現在も現役で走り続けているケースもあり、高評価の理由が垣間見えます。
もちろんこの評価は718ボクスターでも当てはまっていて、高い耐久性と高級感で人気を博しているのです。

もうひとつの魅力である日常生活でも使える点では、ポルシェの車設計が関係しています。
一般的なスポーツカーは車高が低く設計される傾向にあります。
少しでも速く走るためには必要な要素ではあるものの、その代償として高い低い縁石などに引っかかりやすいという欠点があるのです。
日常的に乗るにははばかられることが多いスポーツカーですが、ポルシェに関しては車高がやや高く設定されています。
日本のように縁石があったり、坂道が多かったりする道路事情でもボディを傷つけずに走ることができます。
また、スポーツカーでは採用されないラゲッジスペースもあるため、荷物の搬入もでるのが特徴です。
車庫の出し入れや乗り降りのしやすさが、ポルシェが長い時代で受け入れられている理由でもあります。

もちえん、走行性能はポルシェらしさが出ています。
比較的安価であるとはいえ、ポルシェらしさは失っていません。
ダウンサイジングしたとはいえ、その出力は最低でも300ps。
市販されている乗用車の比ではありません。
ダウンサイジングされたことで不安を抱かれた時期もありますが、決してポルシェの名に恥じない走行性能を持っていることに変わりはないのです。
これらの要素が相まって、中古車市場では高い人気を誇り続けており、リセールバリューも高いのが特徴です。
また、ポルシェのネームバリューからくる希少価値の部分でも非常に人気が高く、中古車の中には新車同様の価格で販売されているものもあるほど。
流通台数がそもそも多くないことも関係していますが、使い勝手の良さから手にしたい購入希望者はあとを絶ちません。
中古車であっても頑丈で壊れにくいことから、比較的簡単な手入れで高額査定につながることも少なくないでしょう。

ポルシェ 718ボクスターの歴史

初代ポルシェ 718 ボクスター( 982 型)は、 1996年から3世代にわたって販売されてきたポルシェ ボクスター の後継モデルとして2016年に誕生しました。
「 718 」は、 1957 年に登場して以来レーシング界で活躍した「ポルシェ 718 」のネームに由来しています。

デザインは先代を踏襲しながらも、ヘッドランプには LED ディタイムランニングライトを装着した新仕様となっています。

エクステリアは、全長 × 全幅 × 全高で、 4379mm 、 1801mm 、 1281mm 、ホイールベースは 2475mm で車重は 1345kg ほどでした。 (2016 年発売モデル「ボクスター(ベース)」グレード ) エンジンは、先代の 6 気筒から水平対向型 4 気筒 2.0L~2.5L ターボへダウンサイジングされましたが最高出力では 300ps~365ps へとパワーアップを果たしました。 発売当初は、 2.0L (最高出力 300ps )を搭載するベースグレードと 2.5L ( 350ps )を搭載する「ボクスター S 」グレードのみでしたが 2017 年に 2.5L(365ps) の「ボクスター GTS 」が追加されました。

2019 年には伝統の水平対向型 6 気筒 4.0L を搭載した「スパイダー」も発表されています。
駆動方式は MR (ミッドエンジン・リアドライブ)で、車体中央寄りにエンジンを配置し後輪で動く車になります。 サスペンションは前後輪ともにマクファーソンストラット式サスペンションを搭載。
軽量・省スペース・低コストで軽快な走りや優れたハンドリング性能を生み出す良質な設計になっていました。 インテリアでは、先進のポルシェコミュニケーションマネジメントシステムを標準搭載。
タッチパネル式となっており、スマートフォンを操作する感覚で容易に扱うことができました。
ラゲッジスペースは車体の前後にトランクルームを合計 2 か所搭載。

電動トップは 9 秒ほどで開閉でき、走行中の突然の悪天候でも時速 50km/h 以下であれば操作することが可能でした。

2018 年 5 月発売モデルからは、従前はオプションとされていたスポーツエグゾーストシステムやパークアシスト機能が標準装備されるようになり、より魅力的なモデルとなりました。

ポルシェ 718ボクスター買取相場の傾向

ポルシェ 718ボクスターの買取相場は高い水準にあることが多いです。
一般的にスポーツカーの人気は低迷状態で、なかなか高額査定につながりにくい現実があります。
背景には世界的なSUVブームと環境意識の高まり、それに付随する燃費性能の向上があります。
SUVブームの全盛期は過ぎているものの、高い走破性と使い勝手の良さから今でも人気が高く、世界中の自動車メーカーが新たなSUVの開発を進めているのです。
その一方で今まで権勢を誇っていたセダンやクーペの人気は低下。
スポーツカーは後者に近い車なので、人気が急激に下がってしまっても無理はないのです。
しかし、ポルシェブランドの車は根強い人気を誇っており、やや中古車市場での価値は下落したものの、高い人気を誇っていることに間違いはありません。
また、一方で耐久性の高さから長年乗り続けるオーナーも多く、1度購入すると長期にわたって愛用できることから人気が高いという魅力もあるのです。
718ボクスターも例外ではなく、3年落ちのモデルがほかの車よりも高額で買い取られる傾向にあります。

環境性能・燃費性能に関してもポルシェの名を冠している以上、あまり重視されていないと思っていいでしょう。
そもそもスポーツカーを好んで購入する人は燃費などよりも走行性能に注目しがち。
環境性能・燃費性能については二の次という考え方が一般的です。
ポルシェのオーナーのボリュームゾーンがその一帯にあることも関係しており、あまり世間のトレンドに流されないのがポルシェ車共通の強みでもあります。

ただし、無条件で高額買取が実現するわけではありません。
いかに耐久性が高いとはいえ、走行距離がかさんでいれば、その分のダメージは間違いなくかかっています。
それに比例してエンジン性能も徐々に低下することが多く、しっかりとしたメンテナンスができていなければ高額査定につながりにくいというポイントがあるのです。
また、718ボクスターはトップ部分の開閉機能に不備がないかなど、一般の乗用車にはないポイントで査定される傾向にあることも忘れてはいけません。
定期的なメンテナンスはもちろんのこと、洗車などで綺麗にしておくことをおすすめします。
走行距離がそれなりにある車に関しては、足回りを重点的にメンテナンスするといいでしょう。
独自のサスペンションなどを採用している関係で、足回りに故障があると買取査定で大幅な減額をくらってしまうこともあります。
定期点検でも車検でも、必ずディーラーや整備交渉など、しっかりとした点検と対応をしてもらい、その時に付けてもらった記録簿は残しておきましょう。
点検記録簿があれば、査定員が目で見えない箇所の安全性が証明できるため、まとめておくことをおすすめします。

コラム編集部
SellCa車買取コラム編集部
中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

SellCaオークションのご利用の流れ

  • Step 1
    無料査定申込
    無料査定申込 あなたの愛車情報をご入力ください
    あなたの愛車情報を
    ご入力ください。
  • Step 2
    査定
    査定
    ご自宅で査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分程度です。
    ※エリアによってはお伺いできない場合もありますのでご相談ください。
  • Step 3
    オークションに出品
    オークションに出品
    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに
    出品します。
    全国最大6000社のバイヤーがオンライン入札!
  • Step 4
    売却
    売却
    オークションで最高額にご納得いただけたらバイヤーへ売却!愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。

車買取に関するおすすめコラム

 

ポルシェ車種別の買取参考相場

車種 買取価格
718ケイマン ¥2,862,736〜¥18,783,094
718ボクスター ¥2,848,926〜¥14,978,203
911 ¥4,890,000〜¥84,813,611
カイエン ¥4,890,000〜¥22,107,012
ケイマン ¥782,019〜¥12,562,862
パナメーラ ¥4,890,000〜¥28,472,505
ボクスター ¥219,610〜¥9,143,759
マカン ¥1,582,016〜¥15,707,980

718ボクスターと同じボディタイプ別の買取参考相場

車種 買取価格
180SX ¥604,201〜¥5,557,173
360 ¥4,890,000〜¥27,975,058
488スパイダー ¥14,994,283〜¥40,593,715
4シリーズ ¥470,958〜¥8,377,394
718ケイマン ¥2,862,736〜¥18,783,094
718ボクスター ¥2,848,926〜¥14,978,203
86 ¥244,293〜¥7,604,621
911 ¥4,890,000〜¥84,813,611
A5 ¥89,204〜¥6,952,125
A5スポーツバック ¥163,766〜¥6,586,932
BRZ ¥437,566〜¥4,414,505
C4 ¥113,198〜¥1,833,565
CL ¥225,005〜¥3,801,643
CLK ¥84,328〜¥2,116,395
Cクラススポーツクーペ ¥68,801〜¥431,638
GT-R ¥4,890,000〜¥40,471,587
i8 ¥2,945,168〜¥24,044,373
LC ¥469,533〜¥21,934,884
M2 ¥1,717,805〜¥9,502,654
M3 ¥763,538〜¥15,095,875
M4 ¥4,890,000〜¥22,466,127
MR2 ¥4,890,000〜¥8,884,526
NSX ¥1,506,288〜¥16,668,702
R8 ¥4,890,000〜¥21,265,884
RC ¥836,850〜¥7,821,895
RCZ ¥188,753〜¥3,591,663
S5 ¥590,654〜¥2,360,042
S5スポーツバック ¥913,396〜¥7,843,355
S660 ¥579,625〜¥5,891,217
SC ¥108,222〜¥4,022,876
SL ¥374,538〜¥10,817,798
SLK ¥33,085〜¥5,863,426
TTクーペ ¥4,890,000〜¥6,124,933
TTロードスター ¥73,138〜¥4,897,804
X6 ¥608,722〜¥6,873,620
イオス ¥4,890,000〜¥1,991,144
カリフォルニア ¥5,593,207〜¥17,086,946
カリフォルニアT ¥4,890,000〜¥41,833,512
カローラレビン ¥4,890,000〜¥6,248,396
キャデラックCTSクーペ ¥617,411〜¥1,478,231
グラントゥーリズモ ¥4,890,000〜¥19,537,174
ケイマン ¥782,019〜¥12,562,862
コペン ¥81,736〜¥3,414,755
ゴルフカブリオ ¥323,546〜¥4,801,421
ゴルフカブリオレ ¥4,890,000〜¥1,951,937
ザ・ビートル ¥249,142〜¥4,666,723
シボレーカマロ ¥4,890,000〜¥8,775,826
シボレーコルベット ¥694,052〜¥13,209,188
シルビア ¥4,890,000〜¥8,396,947
スープラ ¥4,890,000〜¥15,465,812
セリカ ¥4,890,000〜¥5,850,654
ソアラ ¥4,890,000〜¥6,620,441
ニュービートルカブリオレ ¥89,245〜¥1,909,501
パサートCC ¥224,439〜¥1,437,241
マスタング ¥4,890,000〜¥20,284,205
ロードスター ¥4,890,000〜¥5,049,396