【一番高く売れる】ポルシェ 356 買取相場、高額売却のコツ

356の買取実績相場

 

現在の買取参考相場
¥3,442,660〜¥3,442,660
8年落ち以降
¥3,442,660〜¥3,442,660

356のグレード別買取実績相場

 

グレード 買取価格
1位 356A ¥3,442,660〜¥3,442,660

ポルシェ  356は、1948年に登場した小型のスポーツカーです。
のちにポルシェのフラッグシップモデル「ポルシェ 911」へと系譜が続くクラシカルカーで現代となっては現存する車体がごく一部に限られています。

そのため中古車市場に流通することは稀で、出品されているポルシェ 356の価格は「応相談」とされていることがほとんどでプレミア価格で取引されることも少なくありません。

今回は、そんな希少種ポルシェ  356の中古車買取相場と、高く買取してもらうコツについてご紹介いたします。

ポルシェ 356 の買取情報

ポルシェ・356のグレード、色、オプションなど

グレード:356A、356C

ポルシェ 356で人気があるのは、356Aと356Cです。
それぞれフォルクスワーゲンとの技術契約によって試作販売期間から安定した量産体制に入った初期のモデルと、最も最後となったモデルになります。

歴史的価値が高く国民的人気ともなった子供向け某名探偵アニメにも登場するほど知名度が高い356A、現代でも乗れる走行性能とATE製4輪ディスクブレーキの安全性、配置が工夫され給油やオイル交換などメンテナンス時の利便性も増している356C。

いずれも中古車市場に出回る機会は非常に少なく、プレミア価格がつくことがほとんどとなっています。

オプション:本革シート、センターロック式ホイール、サンルーフ、電動ウォッシャー、エアコン

非常に古い車であるため、快適性を高められるオプションがあるだけで買取価格はぐっとアップします。

エアコンは、純正オプションは存在しない時代でしたがオーナーの手によって後付けされている場合には、リセールのしやすさから大幅な買取査定額アップが望めます。

  関連記事: 車の査定でプラスになりやすいオプションは?

色:ブラック(黒:6013)、アイボリー(白:6004)、シルバーメタリック(銀:6006)、シグナルレッド(赤:6011)

ポルシェ 356のエクステリアカラーは、スタンダードカラーとスペシャルカラーが用意されていました。
スタンダードカラーではアイボリーとシルバーメタリックが人気で、次いでルビーレッド(赤:6002)も人気があります。スペシャルカラーではブラック、標準色よりも明るく輝く赤が印象的なシグナルレッドが大変人気です。

とはいえ、存命の車体の数が限られているため状態を問わず高額査定されがちなのも事実です。

それでも外装の汚れや内装の落とせるシミは落とし、車内を掃除機でクリーニングしておくと好印象を持たれます。
査定員も人間ですので、現状渡しされるよりも大切に掃除やメンテナンスをして乗っていたことが伝わってくればおのずと査定額アップにつながるはずです。

ご自身で追加したパーツの関連書類やこれまでの整備記録が分かるもので証明できればなおグッドです。

関連記事: 車の色の秘密

あなたのポルシェ・356 はいかがですか?
お車の走行距離や状況によっても価格が大きく異なりますのでまずは査定してもらいましょう!

  関連記事: 車の査定で見られるポイント

関連記事: キズは査定前に直した方がいいの?

では、ここでポルシェ・356を高く売るためにポルシェ・356のことをもうちょっと知っておきましょう。

関連記事: 輸入車高額売却のポイント

ポルシェ・356の概要

ポルシェ  356は、1948年に登場したボルシェブランド初の小型スポーツカーです。
最初に製造された356.001型(1台生産のみ)はエンジンを車体中央寄りに搭載したミドシップレイアウトでしたが、以降は現代に通じるリアエンジンレイアウトが採用されています。

小柄な車体に強力なリアエンジン・リアドライブ、2シート、丸目のフロントライト、車体後方の急こう配、短いオーバーハングといった現代の特徴は当初から発現していました。

ボディ製造に使用された素材も、当初のアルミニウム製ボディから鋼鉄製となり非常に頑丈なボディ剛性という特徴も後に生まれました。

車体スタイルは、2シーターのクーペとオープンカータイプであるロードスター、カブリオレと多彩なラインナップを誇りました。

エンジン構成では、当初からすでに最高出力モデルに「カレラ」の冠(かんむり)が用いられていました。
空冷4気筒のエンジンはチューンナップの度合いで複数の種類が存在。

重さ1000kg未満の車体は、時速100kmを軽く超える最高時速をたたき出します。(最高出力モデルでは時速200km)

制動系では、最終モデル356Cは4輪ともディスクブレーキが採用されており、面倒な調整なく乗りこなせます。

内装はクラシックカーということもあってエアコンが用意されていないなど現代での使用に課題はありますが、レプリカモデルなどから流用が可能で、搭載車にはさらなる高額査定がなされる場合が多いです。

ポルシェ・356の歴史

ポルシェ  356は、1948年に登場したコンパクトなスポーツカーです。

1931年に創業したドイツの自動車メーカー・ポルシェは、はじめは他社の車両開発を請け負う会社でした。
さらなる発展を目指して、創業者であったフェルディナント・ポルシェ博士やその息子、当時すでに長年の車両開発経験のあったカール・ラーベ、エルヴィン・コメンダ技術士らによって自社生産が企図されるようになります。

1938年に、原型となるフォルクスワーゲン・ベルリンローマ速度記録車が開発されると、その後、第2次世界大戦の勃発によって開発状況は前途多難を極めるも終戦後の1948年、ポルシェ 356.001が誕生しました。
エンジンを中央に搭載したミッドシップモデルのオープンカー(ロードスタースタイル)でボディはアルミニウム製など、のちに続くモデルとは異なる仕様でした。エンジンは1,131ccの空冷水平対向型4気筒OHVエンジンを搭載。40馬力、トルク7.0kgmながら600kgを下回る軽い車体は最高時速は135kmを記録するハイスペックマシンでした。

ちなみに、たった1台しか製造されておらず現在はポルシェ本社近くの博物館にて保管・展示されています。

1948年7月には、クーペスタイルの車両が完成します。
戦後間もない時期で、コスト削減を強いられた開発環境のなか、フォルクスワーゲン・ビートルと共通の設計を多く取り入れることで量産化をめざしました。
1086ccのエンジンはリアに配置され、現代のポルシェ 911の原型ともいえる姿が誕生します。4輪独立トレイリングアームにトーションバースプリングを組み合わせたサスペンションにドラムブレーキを履いたシャシーにアルミ製ボディが溶接され、独特の輝きを放っていました。ボディサイズは全長3,870mm、全幅1,660mm、全高1,300mmと非常にコンパクトに設計されています。
それでもプロトタイプを含めて50台という生産実績に終わり完全な量産化には至りませんでした。

1949年9月、本格的な量産化にむけてフォルクスワーゲンと技術提携すると、同社の生産ラインを利用しシリーズ合計10,678台もの試作機(356プレA)が製造販売されました。
ボディの鉄製化、1.1~1.5Lのエンジンラインナップと度重なる改良、トランスミッション、サスペンション、内外装にいたるまで試行錯誤が長く続いた世代でもありました。

1955年10月、量産モデルとして356A型の生産が開始されます。
エクステリアではカーブ上のフロントガラスとなったのが印象的で、インテリアでは本革シートがオプションで追加できました。

エンジンは1.3L~1.6Lで、最高グレード「カレラ」ではついに100馬力を達成します。合計20,607台が生産され356B型へと歴史をつなぎました。
356B型では、1.6L~2.0Lのエンジンがラインナップされ、給油口の配置変更、時刻表示、電動ウォッシャーなど内外装において利便性の向上が見られます。
グレードによってはドラムブレーキではなくディスクブレーキが採用されるようになり、メンテナンスの容易性も向上しています。

最上位グレード「2000GS」では130psを発揮。
産台数は総勢31,192台に及び、日本にも正規輸入がなされました。

1963年7月には、最後のモデルとなる356C型へマイナーチェンジがなされます。
すべてのモデルで4輪ディスクブレーキとなり、ドアパネルアームレストも標準装備となりました。

1965年までの短期間に16,674台もの車を生産販売し一定の成功を得ます。その後、ポルシェ 911へとその系譜をつなぎ渡すこととなりました。

コラム編集部
SellCa車買取コラム編集部
中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

SellCaオークションのご利用の流れ

 

  • Step 1

    無料査定申込

    無料査定申込 あなたの愛車情報をご入力ください

    あなたの愛車情報を
    ご入力ください。

  • Step 2

    査定

    査定

    ご自宅で査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分程度です。
    ※エリアによってはお伺いできない場合もありますのでご相談ください。

  • Step 3

    オークションに出品

    オークションに出品

    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに
    出品します。
    全国最大6000社のバイヤーがオンライン入札!

  • Step 4

    売却

    売却

    オークションで最高額にご納得いただけたらバイヤーへ売却!愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。

 

 

 

 

 

 

356と同じボディタイプ別の買取実績相場

 

車種 買取価格
日産 180SX 51.7万円〜74.3万円
BMW 1シリーズ 78.6万円〜98.7万円
BMW 2シリーズ 141.8万円〜257.6万円
BMW 4シリーズ 229.9万円〜273.9万円
ポルシェ 718ケイマン 667.2万円〜667.2万円
トヨタ 86 78.6万円〜292.9万円
ポルシェ 911 186万円〜1451.6万円
アウディ A5スポーツバック 173万円〜210万円
スバル BRZ 164.7万円〜287.4万円
メルセデス・ベンツ CLAクラス 148.4万円〜148.4万円
メルセデス・ベンツ Cクラス 58.2万円〜462.5万円
メルセデス・ベンツ Eクラス 69.8万円〜471.7万円
日産 GT-R 550.3万円〜1267万円
レクサス LC 801万円〜1009.3万円
BMW M2 338.9万円〜506.7万円
BMW M3 190.6万円〜388.7万円
BMW M4 510.2万円〜768.1万円
BMW M6 98.5万円〜243.3万円
MINI MINI 164.6万円〜164.6万円
レクサス RC 282.3万円〜286.2万円
プジョー RCZ 156.7万円〜226.8万円
アウディ S5 168.9万円〜168.9万円
メルセデス・ベンツ SLK 35.3万円〜35.3万円
アウディ TTクーペ 9.8万円〜314.2万円
BMW Z4 51万円〜215.3万円
マツダ アンフィニRX-7 221.6万円〜221.6万円
スバル インプレッサ 63.3万円〜63.3万円
トヨタ カローラ 67.9万円〜67.9万円
トヨタ カローラレビン 159.5万円〜222万円
キャデラック キャデラックCTSクーペ 156.8万円〜156.8万円
ポルシェ ケイマン 245.1万円〜502.1万円
フォルクスワーゲン ザ・ビートル 75.3万円〜177.5万円
シボレー シボレーカマロ 62.6万円〜474.2万円
シボレー シボレーコルベット 154.6万円〜808.6万円
日産 シルビア 47万円〜175.6万円
トヨタ スープラ 63.1万円〜520.6万円
日産 スカイライン 42万円〜685.4万円
トヨタ セリカ 10.3万円〜99.1万円
トヨタ ソアラ 50.8万円〜106.9万円
フォルクスワーゲン ニュービートル 8.6万円〜8.6万円
ポルシェ パナメーラ 601.1万円〜601.1万円
日産 フェアレディZ 9.3万円〜429.6万円
トヨタ プリウス 43.9万円〜43.9万円
ポルシェ ボクスター 209.1万円〜209.1万円
フォルクスワーゲン ポロ 10.7万円〜32万円
日産 レパード 81.4万円〜81.4万円

 

 

 

 

人気車種の買取実績相場