【一番高く売れる】レクサス HSの買取・査定相場、リセールバリューや高額売却のコツ

 

 

HSの買取実績相場

 

レクサスHS
現在の買取参考相場
¥277,860〜¥1,385,860
5年落ち以下
¥1,335,640〜¥1,335,640
7年落ち以下
¥1,385,860〜¥1,385,860
8年落ち以降
¥277,860〜¥789,360

 

 

HSのグレード別買取実績相場

 

グレード 買取価格
1位 HS250h バージョンI ¥305,180〜¥1,385,860
2位 HS250h ¥277,860〜¥1,335,640
3位 HS250h ハーモニアス レザーインテリア ¥687,560〜¥687,560
4位 HS250h バージョンS ¥280,060〜¥280,060

 

 

SellCaオークションでの高額買取実績

 

 

連絡・査定はセルカのみで
最大6000社があなたの車に値付け!

セルカにお申込みをいただくと、セルカと提携している全国6000社の車屋さんにあなたの愛車を見てもらえます。
お客様への連絡はセルカからのみなので、しつこい営業電話をいろんな業者から受けたり、何回も査定を受ける手間がありません。

書類手続きやローンの精算なども
セルカサポートがすべてフォロー!

お車のご売約後に発生する、書類の提出等の諸手続きもセルカのサポート部隊がすべてフォローいたします。
お引渡しからご入金まで、他の業者さんなどと連絡をとっていただく必要は一切ありません。

通常の車買取ではかかる
中間業者の手数料がかかりません!

一括査定などの買取業者はお車を買い取ったあと、車屋さんに再販します。このときにかかる費用や買取業者の利益分がが予め査定額から引かれています。
セルカでは間に入る業者を飛ばして、実際に「この車がほしい!」という方に直接車を買ってもらうことができるため、買取業者が得ていた利益や手数料をお客様に還元できます。

 

 

SellCaでご売却いただいたお客様の声

 

HS / HS250h バージョンI
成約日:2019年09月
買取り業者と比較して17万円高い135万円で落札されたので満足しています。又、セルカの対応も親切、丁寧でした。出張査定に来られた業者さんも細かく見てくれて実車の写真も綺麗に取れていました。売切り価格について迷っていた際はセルカのスタッフがアドバイスをして頂き大変参考になりました。会社の同僚にもセルカの事を伝えましたら来年の乗り換え時に使って見たいとの事でした。

 

レクサス HSを高く買い取ってもらうコツ

 

レクサス HSの人気グレード

 

レクサス HSには以下の4グレードが用意されていました。

ベースグレード
バージョンC
バージョンI
バージョンL

このうちもっとも人気が高いのは「バージョンI」です。
ベースグレードを除くモデルの中では、主にインテリアの質感にこだわったグレードで、価格帯も中間に位置するため中古車市場でもよく見かけるグレードです。
次点で「ベースグレード」「バージョンL」と続きます。
新車価格が最低でも400万円を超え、レクサスブランドでもあるため人気が高いことは間違いありません。
しかし、安全装備が充実している反面、新車価格が「ベースグレード」より100万円以上高い「バージョンL」はあまり購入したユーザーも多くなかったようです。
そもそも基本的な安全装備は、全グレードで標準搭載されていることもあり、あまり高度な装備を必要としていないユーザーも多かったようです。
「バージョンC」はプラズマクラスターを採用していますが、特筆するような内容はその程度。
結果的に「ベースグレード」かもしくはインテリアの質感を向上させる「バージョンI」に人気が集中しました。
なお、すべてハイブリッドモデルであり、エンジン性能などには差はありません。
あくまでも一部機能による違いはありませんが、「ベースグレード」「バージョンI」を売却検討中の方は、高額査定につながる可能性もあることを覚えておくおいいでしょう。

 

レクサス HSの人気カラー

 

レクサス HSの人気カラーはブラック系とホワイト系の2色です。
全部で10色のカラーバリエーションがあったHSですが、ダントツで人気があるのが上記の2色になります。
途中でボディカラーのラインナップ変更があった関係で、年式によって人気のボディカラーが若干変わってくるものの、この2色の系統であればまずリセールバリューは高く見積もって間違いありません。
特にブラック系の「グラファイトブラックガラスフレーク」は人気が高く、現行レクサス車両でも抜群の人気を誇っています。
別の車両では設定されている「ホワイトノーヴァガラスフレーク」と併せて非常に人気が高いボディカラーであるとともに、レクサスを代表するカラーでもあります。
ガラスフレークとは簡単に説明するとガラス繊維のことで、軽度な傷なら自己修復が可能とされているのです。
もちろん限界はあるものの、通常のクリアコートよりも美観を損なうことがないため、仮に有償色であったとしてもよく選ばれます。
HSに「ホワイトノーヴァガラスフレーク」の選択肢はありませんが、色味が近いホワイト系がよく選択されていたのです。
どちらもレクサスらしい高級感を醸し出すボディカラーであることから非常に人気が高く、リセールバリューも圧倒的に高い傾向にあります。


レクサス HSの人気オプション

 

レクサス HSの人気オプションは「バックモニター」と「本革シート」です。
安全性能が「バージョンL」以外は基本的な内容に限定されているため、購入者の多くは新車購入時に必要な安全機能をオプション購入していることがほとんどです。
特に車両後方をみることができる「バックモニター」は人気が高く、駐車時などに役立つ機能でもあります。
内装の質感を高める「本革シート」の人気も高く、どちらも新車購入時にしか装備できないことが前提なので、装備されている個体の価値は高いといえます。
ただし、「本革シート」に関しては査定時の状態が大きく買取価格に影響を与えるでしょう。
汚れや破れなどがないかを日頃から確認しておき、少しでも新品に使い状態を維持しておくことをおすすめします。
ほかにも「純正ドライブレコーダー」や「純正アルミホイール」なども人気が高いオプションのひとつです。
レクサスは総じて純正オプションだけで高額になりがちなので、装備している個体は効果書き取りが期待できると考えていいでしょう。

 

 

 

レクサス HSの特徴

 

レクサス HSの概要


レクサス・HSは 2009年7月に 販売が 開始された ハイブリッド車専用4ドアセダンです 。

当時 日本には レクサス・ES ( 日本名 : ウィンダム ) や ・ LS ( 日本名 : セルシオ ) など レクサスブランド車を 逆輸入する 形で トヨタ車として 販売が 行われる ことが 多かった 中 、 この HSは レクサスブランドのみで 販売を 行う 形態が とられた 車種でも あります 。

ハイブリッドモデル専用車でありながらも プリウスの ような ハッチバックスタイルを 採用せず 、 限りなく セダンスタイルに 近い デザインと なって いる ことも 特徴と なって おり 、 全体的な フォルムは トヨタ・アルテッツァを 意識した デザインと なって います 。

また 、 レクサスブランドは GS ( 日本名 : アリスト ) や LSを はじめとして 大型ボディーの 車種が 多かった 中 、 HSは プリウスなどと同じ プラットフォームを 採用して いる 事から 道路事情が 狭い 国にも 配慮した 設計と なって いる 事が 特徴です 。

販売開始当初は ハイブリッドカーブームという 事も あり 、 納車までに 半年 以上が 掛かる 時期も あるほど 人気の 高い 車種でしたが 、 他車種に ハイブリッドシステムが 導入された ことを きっかけに 販売が 伸び悩んで いき 、 2013年の マイナーチェンジを 境に レクサスブランドとしては 珍しい 日本専用車種と なりました 。

原因はアメリカ市場での販売不振であり、HSの生産を終了した2012年にフルモデルチェンジした6代目ESがハイブリッド化したものの、後継車種という立ち位置ではありませんでした。
円高による不採算の増加、前年に登場した価格を抑えたモデルであるCTの登場が追い打ちになったことも忘れてはいけません。
日本では翌年にマイナーチェンジが施され、ボディ剛性の向上を目的とした溶接方法の見直しや、新機能の追加がなされ、日本国内だけでも製造・販売が続いたのです。

その後も 日本国内専用車として 販売が 続けられましたが 、 兄弟車である SAIの 販売終了に 続いて 2018年3月に 日本でも 販売が 終了して います 。

 

レクサス HSの魅力


レクサス HSの魅力はハイブリッド車の特性を生かした機能の数々と、環境に配慮したコンセプトです。
2014年の一部仕様変更後、HSは災害時に強い車の側面も持つようになりました。
災害時に非常用電源として利用できるAC100V・1500Wのアクセサリーコンセントをオプション設定に追加。
場所はセンターコンソールの後方とラゲッジスペースに1か所ずつ用意されました。
災害時に強い車で、HS同様に非常用電源の役割を果たす車として代表的なのは、日産 リーフ、ノートがよく挙がります。
電気自動車ではないため双方完全に電気を動力とはしていませんが、ハイブリッドシステムを駆動するためのバッテリー容量が大きいため、これらの役割を実現することができているのです。
この機能は非常時だけはなくアウトドアや長期旅行でも役立つものとして、現在でも多くの車でオプション装備で装備されることがある機能です。

また、ハイブリッドモデルであるため、走行面における環境性能が高いほか、インテリアの一部に植物由来のエコプラスチックを採用するなどの配慮がなされました。
採用箇所は仕様変更のたびに少しずつ拡大していき、環境への配慮がなされている車として注目が集まりました。
もちろん走行性能が劣っていたり、環境面の配慮から内装が質素になったりということはありません。
レクサスらしい高級感や存在感はそのままに、これからの車づくりに対する疑問を市場に投げかけたという意味では、短期間とはいえその存在自体が重要であった1台と言えます。

 

レクサス HSの歴史


レクサス・HSは 、 2009年に アメリカ ・ デトロイトで 行われた モーターショーに 初めて 出展されました 。

この クラスの 自動車は 、 既存の ガソリンモデルと ハイブリッドモデルを 併売する ことが 一般的でしたが 、 HSの 場合には プリウスと 同様に ハイブリッド専用モデルとして 発表され 欧州で 普通乗用車として 分類される 中では 、 初めての ハイブリッド専用車種の 販売と なりました 。

日本では 、 2009年7月に 販売が 開始され セレブリティーにおける 1つの ステータスであった ハイブリッドカーである ことや 価格を 抑えた 高級車として 販売台数を 伸ばして いき 、 納期に 半年を 要する 時期も あったほど 人気の 車種と なります 。

2012年に レクサス・ESが フルモデルチェンジを 行い 、 ハイブリッドモデルの 販売を 開始すると 徐々に 販売台数が 減少して いき 、 結果として ESに 吸収される 形で 北米向けの 販売を 終了する ことに なります 。
その不振ぶりはすさまじく、2011年に10,663台を売上ていたのに対し、2012年はそのわずか27%の2,864台しか販売できていなかったのです。
ハワイでの販売も同年12月に撤退をし、度重なる円高による不採算も手伝って日本国内のみで販売される、レクサスでは珍しい1台になりました。

北米向けの 販売終了が 終了した 後も 日本では 継続して 販売が 行われ 、 2013年1月には マイナーチェンジを 行い これに 合わせる 形で 日本レクサス専用車種として 販売が 行われる ように なりました 。

この 際 、 溶接スポット箇所を 増やし 静音材を 追加するなど ボディー剛性の大きな 改善を 試み 、 SAIとの 差別化を より 明白な ものに して いく 改良が 行われました 。
また、インテリアの一部も見直しが図られています。
具体的にはインテリアカラーの追加やフロントドアのガラス素材の変更がそれにあたります。
エアコンにも高濃度イオン発生装置を採用するなど、室内空間の質向上に大きく手が加えられました。
同時に燃費性能の見直しも図られ、システムや電子制御系統の改良によってJC08モードでの燃費が20.6km/Lまで向上したのです。

その後も 2014年 ~ 2016年にかけて 、 年次改良が 行われ 災害時でも 家庭用電気製品の 使用が 行える よう アクセサリーコンセントなどの オプションを 追加するなど 設備の 充実を 図る 改良が 行われて きましたが 、 トヨタ・カムリなど 同クラスの 車種にも ハイブリッドモデルが 設定され 販売が 伸び悩んで いった 事から 、 残念ながら 2018年3月をもって 販売が 終了する ことに なりました 。
厳密には差別化が図られており、最後の仕様変更になった2016年まで継続して各種機能の改良と追加がなされています。
例えばシート素材をファブリックとL texと呼ばれるもののコンビネーションにしている点、機能性の高いガラスの採用と標準装備化が挙げられます。
しかし、ハイブリッド車としての物珍しさが薄れてしまった点、同クラスの車の中でも新車価格が高額であったことから集客回復ができずに終わってしまいました。
ちなみに、HSの製造・販売終了にともなって姉妹車のトヨタ SAIも製造・販売を終了しています。
ブランドが分かれたことでコンセプトの違いから差別化が進み、HSのほうが上位扱いされることも多々ありましたが、基本的な部品や機能、プラットフォームは共有していました。
しかし、SAIの最上位グレードであった「G-Aパッケージ」とHSの「ベースグレード」の価格帯が非常に近かったこと、そして400万円という絶妙に手が届きにくい新車価格が影響して販売不振であったことは間違いありません。
結果的にSAIの方が先に生産を終了し、続いてHSの生産が終了し、姿を消しました。

生産の 終了に 伴い 現在では 、中古市場でのみ 購入する ことの できる 車種となりましたが 、 質感が高く市場での 人気も 高い ことから 、 高額な 買取査定を 受ける 可能性が 十分に ある 車種と いえるでしょう 。

 

レクサス HS買取相場の傾向

 

レクサス HSの買取相場の傾向は比較的安定した形で推移しており、特別高くはないもののリセールバリュー自体は悪くない傾向にあります。
レクサス初のハイブリッド車ということで登場当時の人気の高さもあいまって、今でも一定の支持層がいる車です。
新車購入ができなくなって3年ほどの歳月が経過していますが、個体自体は比較的新しいものもまだ流通しており、中古購入しても充分長期間で楽しめる車でもあります。
HSは、車両形状自体は昨今不人気のあおりを受ける中型セダンですが、レクサスのネームバリューとその機能性の高さから、大きな値崩れを起こさずにいる珍しい車です。
SUV人気の陰で販売不振に悩まされるセダンやクーペの中でも、レクサスの名を持つ車は別格なようで、HSよりも古い車であっても高いリセールバリューを誇っているケースも珍しくありません。
もっとも高い場合の買取価格は全体的に新車価格の半分程度であり、おおむね200万円前後となることが一般的です。
もちろん、事故や傷がないことが前提ですが、セダンにしては高い買取相場といえるでしょう。

HSの場合、今後の買取相場は徐々に下落する可能性もあります。
原因は年式と走行距離です。
すでに中古車でしか手に入らなくなったHSを、新車の状態同然で購入したいユーザーは少なくありません。
レクサスを購入するユーザーの傾向でもあるのですが、新車価格では手が届かない場合も中古車であれば購入できることが多いため、そこで購入に踏み切るパターンです。
少なくとも3年落ちが確定しているHSですが、走行距離が浅い個体ほど高額査定になる可能性が高い状態です。
もちろんその分買い手も早く見つかります。
このように、年式が高くなっていくと車そのものの市場価値が低下するとともに、故障のリスクが高まるため必然的に買取価格も下がっていきます。
また、走行距離も増えていけば行くほど足回りやエンジンが消耗していくため、HSを売却しようと考えている場合は早めの決断がカギを握っていると考えていいでしょう。

すでに走行距離もそれなりに高くなってしまっている場合の買取については、中古車買取オークションのセルカにご相談ください。
セルカでは全国6,000店もの中古車買取店と提携しているため、HSの本当の価値を判断してくれる店舗が簡単に見つかります。
実際、2013年式で走行距離が6.5万kmの「バージョンI」が134.8万円で落札された事績も。
同じ状態で一般の中古車買取店に依頼しても、買取価格は50~60万円台が関の山なところ、その倍の価値をつけてくれる中古車買取店を見つけることができました。
大切な愛車を少しでも高く売りたいのなら、中古車買取オークションのセルカまでご相談ください。

 

 

コラム編集部
SellCa車買取コラム編集部
中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

SellCaオークションのご利用の流れ

 

  • Step 1

    無料査定申込

    無料査定申込 あなたの愛車情報をご入力ください

    あなたの愛車情報を
    ご入力ください。

  • Step 2

    査定

    査定

    ご自宅で査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分程度です。
    ※エリアによってはお伺いできない場合もありますのでご相談ください。

  • Step 3

    オークションに出品

    オークションに出品

    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに
    出品します。
    全国最大6000社のバイヤーがオンライン入札!

  • Step 4

    売却

    売却

    オークションで最高額にご納得いただけたらバイヤーへ売却!愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。

 

 

 

 

レクサス車種別の買取実績相場

 

車種 買取価格
CT 46.6万円〜282.4万円
GS 12.2万円〜279.3万円
IS 38.1万円〜361.5万円
LC 801万円〜1009.3万円
LS 32.1万円〜1163.4万円
LX 777.4万円〜1086.6万円
NX 264.9万円〜486.3万円
RC 282.3万円〜286.2万円
RX 99.9万円〜717.6万円
UX 368.8万円〜436.1万円

 

 

 

 

HSと同じボディタイプ別の買取実績相場

 

車種 買取価格
BMW 4シリーズ 207.9万円〜268万円
プジョー 5008 26.8万円〜26.8万円
BMW 5シリーズ 11.9万円〜391.4万円
BMW 7シリーズ 18.9万円〜407.6万円
アウディ A3セダン 63.5万円〜201.7万円
アウディ A4 9.4万円〜211.8万円
アウディ A5スポーツバック 42.2万円〜399.1万円
スバル BRZ 154.2万円〜154.2万円
メルセデス・ベンツ CLAクラス 110.4万円〜762.1万円
メルセデス・ベンツ Cクラス 6.1万円〜376.2万円
メルセデス・ベンツ Eクラス 6.8万円〜405.4万円
レクサス GS 12.2万円〜279.3万円
レクサス IS 38.1万円〜361.5万円
レクサス LS 32.1万円〜1163.4万円
BMW M3 477.3万円〜477.3万円
BMW M5 291.4万円〜291.4万円
BMW M6 412.3万円〜412.3万円
アウディ RS4 386.6万円〜386.6万円
アウディ S4 73.2万円〜73.2万円
トヨタ SAI 21.8万円〜134.9万円
スバル WRX S4 133.8万円〜347.8万円
トヨタ アクア 76.6万円〜76.6万円
マツダ アクセラ 52.7万円〜100.9万円
マツダ アテンザスポーツ 32.9万円〜32.9万円
マツダ アテンザセダン 11.9万円〜189.3万円
トヨタ アリオン 7.5万円〜91.4万円
トヨタ アリスト 5.7万円〜8.5万円
トヨタ アルテッツァ 8.2万円〜8.2万円
スバル インプレッサ 14.3万円〜138.1万円
トヨタ カムリ 13.1万円〜315.2万円
トヨタ カローラ 6.7万円〜17.9万円
トヨタ カローラアクシオ 10.3万円〜89.2万円
トヨタ クラウン 3.3万円〜329.8万円
日産 グロリア 99.9万円〜99.9万円
日産 シーマ 7.3万円〜9.6万円
フォルクスワーゲン ジェッタ 10.1万円〜10.1万円
ホンダ シビックハイブリッド 16.9万円〜16.9万円
日産 シルフィ 17.4万円〜28.5万円
日産 スカイライン 2万円〜511.1万円
トヨタ セルシオ 6.9万円〜43.5万円
日産 ティアナ 68.8万円〜174.4万円
日産 ノート 46.8万円〜46.8万円
フォルクスワーゲン パサート 56.4万円〜56.4万円
ポルシェ パナメーラ 482.9万円〜482.9万円
日産 フーガ 3.4万円〜158万円
トヨタ プリウス 7.5万円〜246.1万円
トヨタ マークII 10.2万円〜136.6万円
トヨタ マークX 11.1万円〜192.9万円
日産 マキシマ 6.4万円〜6.4万円
スバル レガシィ 9.2万円〜9.2万円

 

 

 

 

人気車種の買取実績相場